語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-06-12)

2004/06/13

 2004-06-12
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

        【英文記事より】 (無料版)  〈No.113〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
◎「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

***********************************************
The New York Times     (2004-05-30)
http://www.nytimes.com/2004/05/30/weekinreview/30kahn.html

中国の時限爆弾:人口老齢化と労働人口不足
CHINA'S TIME BOMB
The Most Populous Nation Faces a Population Crisis
By JOSEPH KAHN
***********************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) BEIJING -- It is tempting, looking at the locomotive that is the Chinese 
economy, to project its astounding rate of growth well into the future. China 
doubled its exports over the past five years, a faster pace of growth than the 
United States, Germany, Japan or Britain ever experienced in their economic 
boom times. By the time today's college graduating class reaches retirement age, 
China may be the world's largest economy.

(2) This is a consensus view, but some scholars are focusing on another statistic. 
Barring a radical shift in social policy, China is on course to age faster than any 
major country in history, as its median age soars from about 32 today to at least 
44 in 2040.

(3) China will mature more in the next generation than Europe has over the past 
century, according to data compiled by the United Nations. It will have to grapple 
with the same age-related fiscal, social and productivity challenges of countries 
with several times its per capita income.

(4) Put another way, China will get old before it gets rich.

(5) "When people say things like we'll be richer than Japan or the United States, I 
never believe a single word," said Li Dongli, a demographer and sociologist at the 
China Population Development Research Center in Beijing. "The burden of our 
population is too large."

(6) Demography may be no surer predictor of destiny than trade data. But of the 
two momentous changes championed by Deng Xiaoping a quarter-century ago, 
coercive population controls and experiments with market economics, the jury is 
still out on which will do more to shape China's long-term potential.

(7) At least in terms of its original mission, limiting the runaway growth of China's 
population through the one-child policy instituted by the government in 1979 has 
been a success. Without it, China today would have a population of 1.6 billion 
instead of 1.3 billion.

(8) But rising longevity and falling fertility have created a new demographic time 
bomb. China's baby boomers are producing children at well below the rate needed 
to maintain the country's population, somewhere from 1.3 children to 1.8 children 
on average per mother. The so-called replacement rate, or the birthrate needed 
to keep the population steady, is on average 2.1 children per mother.

(9) Moreover, a traditional preference for male offspring, especially in the 
countryside, appears to have intensified as parents have fewer children over all. 
Selective-sex abortions are illegal but widespread. China today has the most 
sexually skewed adolescent and young adult populations in the world; boys 
outnumber girls at birth by a ratio of 118 to 100, according to China's 2000 
census. The normal rate is 103 to 105 males for every 100 females.

(10) The impact of these problems is only beginning to be understood, but many 
who have studied the data agree that China's aging will lop multiple percentage 
points off its growth rate, beginning in the middle of the next decade. Some 
demographers and political scientists have also speculated that China's growing 
surplus of men will produce severe social stress, creating an army of bachelors 
that some believe could be more inclined to commit crimes or even wage wars 
than men in more sexually balanced societies.

(11) Just 10 years from now, as China's baby boomers begin to retire, the 
working-age population will begin to shrink, according to "The Graying of the 
Middle Kingdom," a study by Richard Jackson and Neil Howard, both at the 
Center for Strategic and International Studies in Washington. For a country 
struggling with high unemployment and underemployment, the prospect of some 
tightening in the labor market seems welcome. But the decline is expected to 
accelerate, posing a potentially enormous challenge to a country that has built an 
economic miracle on cheap surplus labor.

(12) "In my view this is the biggest challenge China faces in this century: figuring 
out how to deal with an aging society that is still at a low level of development," 
said Hu Angang, an economist at Qinghua University in Beijing.

(13) Mr. Hu sees a triple threat - a shrinking labor pool, competition for capital 
and rising taxes - that may force China to rethink its development model 
altogether. Beijing now devotes only a small percentage of its spending to social 
welfare, and uses private savings held in the state-controlled banking system to 
invest heavily in factories, machinery, real estate and infrastructure.

(14) In the future, the government will either have to redirect spending to 
pensions and health care, or allow individuals to earn a better return on private 
retirement accounts by liberalizing capital markets. Either way, China will not be 
able to depend on state-controlled capital investment to stimulate its industrial 
economy indefinitely.

(15) The United States, Japan and Europe have all seen their birthrates decline. 
They have made the transition to older populations and more consumer-driven 
economies and continued to prosper, though at slower rates of growth. The 
difference for China is that it is aging at warp speed, leapfrogging the long period 
Western countries had to build middle-class societies. In fact, by 2040 it could 
have an older population than the United States, but with only one-third or 
one-fourth the average per capita income.

(16) "We will have the social burden of a rich country and the income of a poor 
country," Mr. Hu said. "No country has faced the same circumstances before."

(17) Nor have many countries faced China's problem of producing too many men 
or too few women. Demographers do not have to guess about what will happen as 
the current generation grows up. Perhaps 15 percent of adult men will be unable 
to marry women in their age group, according to several Chinese and Western 
studies.

(18) The political scientists Valerie M. Hudson of Brigham Young University and 
Andrea M. den Boer of the University of Kent in England make a bold prediction 
about the consequences. They theorize in a recent book, "Bare Branches: The 
Security Implications of Asia's Surplus Male Population," that China's "surplus 
males" could generate high rates of crime and social disorder. China, they write, 
may even become bent on war and conquest.

(19) "The evidence is overwhelming that a large population of unmarried adult 
males is a risk factor for both crime and war," Ms. den Boer said in an interview. 
"The fact that China is an authoritarian country is another risk factor."

(20) Chinese experts say the prediction is outlandish, stereotyping men as natural 
criminals and warriors. Zhang Xiulan, a demographer at Beijing Normal University, 
argues that it also ignores the fact that while there will be more men than 
women, young people in general will be in short supply and high demand. Warring 
cultures tend to be youthful, not aging.

(21) "We're going to have a situation in which every young man has to worry 
about caring for two parents and four grandparents," Ms. Zhang said. "You 
cannot say they will be 'surplus' people we could freely sacrifice in war."

(22) In fact, Mr. Hu and Ms. Zhang argue that China's overall demographic 
problem is still manageable, though only if it starts getting high-level attention.

(23) Chinese authorities could raise the retirement age, which is 55 to 60 for 
professionals, and 50 to 55 for blue-collar workers - lower than in most Western 
countries - to prolong the productivity of the work force. More investment in 
education may allow China to climb the productivity chain faster so that it relies 
less on manual labor and youthful workers. Creating larger, better-regulated 
stock and bond markets and allowing higher returns on private savings could 
create a new financial industry, providing spinoff benefits for all parts of the 
economy, as well as a retirement cushion for today's workers.

(24) But the best and perhaps the only long-term palliative may be to ease the 
one-child policy and once again allow people the freedom to decide how many 
children they want. The notion is still sensitive but no longer heretical in China's 
policy circles.

(25) "I can't see this happening for 5 or 10 years because the leaders are still 
very concerned about overpopulation and unemployment," Ms. Zhang said. "But 
sooner or later, China will need more people."
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 中国経済の驚くべき成長率を、将来に投影することは、それが機関車になっているの
を見るにつけ、誘惑的である。中国は、過去5年間に輸出を倍増させた。それは、アメリ
カ、ドイツ、日本、イギリスが、かつて経済が好調だった時代に経験したよりも速いペース
である。今日大学を卒業する階層が、定年に達するときまでに、中国は、世界最大の経
済圏になるかもしれない。

(2) これは、大方の見方であるが、学者の中には、別の統計に重点を置いている者もい
る。社会政策の急激な変更がなければ、年齢の中央値が、今日の約32歳から2040年
には少なくとも44歳に急上昇するように、中国は、歴史上のどの大国よりも速く老化する
進路に乗っている。

(3) 中国は、国連が編集した資料によれば、次の一世代で、ヨーロッパが過去一世紀で
なしとげた以上に成熟するだろう。一人当たり国民所得が中国の数倍である諸国が、そ
の一世紀に関わった、財政上、社会上、生産性上の難題に、中国は、取り組まなけれ
ばならないだろう。

(4) 言い換えれば、中国は、豊かにならないうちに、老いるだろう。

(5) 「人々が、『我々は、日本やアメリカより豊かになるだろう』と言うようなことを言うとき、
私は、一言も信用しません。我々の人口の重荷は、大き過ぎます」と、北京にあるthe 
China Population Development Research Center(中国人口増加研究センター?)の
人口統計学者であり、社会学者である、Li Dongli氏は、語った。

(6) 人口統計学は、貿易データと同じぐらい、運命についての頼りない予想指標であるか
もしれない。だが、四半世紀前に小平によって支持された、二つの極めて重要な変更
内容、つまり、強制的人口抑制と市場経済に関する実験のうち、中国の長期の潜在力
を形成するために、どちらが、より効果的かに関して、まだ結論は、出ていない。

(7) 少なくとも、その本来の使命の観点からは、1979年に中国政府によって掲げられた一
人っ子政策による人口急上昇の制限は、成功だった。それがなければ、今日の中国は、
13億人ではなくて、16億人の人口を抱えているだろう。

(8) しかし、延びる寿命と下がる出生率は、新しい人口統計学上の時限爆弾を創り出し
てしまった。中国の団塊の世代が子どもを産んでいる率は、同国の人口を維持するため
に必要な出生率を遥かに下回っていて、母親一人当たり平均1.3から1.8の間になってい
る。いわゆる補充率、つまり、人口を安定に保つために必要な出生率は、母親一人当
たり平均2.1人である。

(9) その上、特に田舎では男の子を伝統的に好むが、親が全体的に少子化を選ぶにつ
れ、その傾向が、強まったように見える。性別を選択する中絶は、違法であるが、広く行
われている。今日の中国は、世界で最も性別的に歪んだ青少年および若年成人人口
を有している。中国の、2000年の国勢調査によれば、118対100の割合で、出生時に男
の子が女の子を上回っている。男の子の正常な割合は、女の子100人に対して103人か
ら105人である。

(10) これらの問題の影響は、やっと理解され始められているところだ。しかし、そのデータを
調査した多くの人は、中国の高齢化が、その成長率の数字をかなり減らすであろう、そし
て、その開始は、次の10年の途中だろう、ということで一致している。人口統計学者や政
治学者の中にも、次のように推測した者がいる。つまり、中国の男性過剰の増大傾向
が、大勢の独身の男性を創り出して、厳しい社会的な緊張を生み出すだろうと。そして、
大勢の独身の男性が、男女の比率がもっとバランスの取れている社会の男性より、犯罪
や、賃金戦争さえ起こしかねない傾向をもつ可能性があると信じる人もいる。

(11) Richard Jackson氏 と Neil Howard氏(両氏とも、ワシントンにある国際戦略研究
センター所属)による研究である、「中国の高齢化」によれば、今からわずかに10年後、中
国の団塊の世代がリタイアし始めるにつれて、労働年齢人口が縮小し始める。高い失業
と半失業(訳注:例えば、希望の仕事に就けず、とりあえずファーストフード店のようないわ
ゆる低収入サービス業で働いている状態)と闘っている国にとって、労働市場での若干の
逼迫の見通しは、歓迎されるように思われる。しかし、その減少が、加速して、安い過剰
労働に頼って経済の奇跡を作った国に対して潜在的に非常に大きな難問を突きつける
と予想される。  

(12) 「私の見解では、これは、中国が今世紀に直面する最大の課題です。つまり、まだ
低い発展の段階にある高齢化社会を、どう扱うか、その扱い方を見つけることが、です」
と、北京の精華大学のエコノミスト、Hu Angang氏は、語った。

(13) Hu氏は、三重の脅威 -- 減少する予備労働力、資本の獲得競争、上がる税金 
-- を予想している。それは、中国にその発展モデルを完全に考え直させるかもしれない。
北京は、今、支出のほんの少しの割合だけを社会福祉に向けているだけで、国家管理
の下にある銀行に保有されている民間の貯蓄を、工場、機械設備、社会基盤に重点
的に投資するために使っている。

(14) 将来、政府は、支出を年金と医療に振り向け直すか、資本市場を自由化すること
によって、個人の年金口座への見返りがもっと良くなるのを可能にするか、そのいずれかの
方法を取らなければならないだろう。どのみち、中国は、いつまでもその産業経済を刺激
するために国家管理の資本投下に依存することはできない。

(15) アメリカ、日本、ヨーロッパは、すべて、出生率の減少を経験してきた。それらは、より
高齢化した人口構成とより消費者主導の経済への移行を果たし、より緩やかな成長率
ではあるが、繁栄し続けている。中国にとって違うのは、西洋諸国が、中流階級の社会
を建設しなければならなかった長い期間を飛び越えて、それが、急速に高齢化しているこ
とだ。実際に、2040年までに、中国は、アメリカよりも高齢化した人口構成になる可能性
がある、しかも、それは、一人当たり平均国民所得が、アメリカのわずか1/3か1/4という状
態で、である。

(16) 「我々は、豊かな国の社会的負担と貧しい国の所得を有することになるでしょう。こ
れまで、どの国も、同じ環境に直面したことがありません」と、Hu氏は、語った。

(17) また、多くの国は、男の子を多く産みすぎたり、あるいは、女の子を少ししか生まなさ
すぎたりするという中国の問題に、直面したことがない。人口統計学者は、現世代が、年
齢を重ねるにつれて何が起こるのかについて、推測する必要はない。中国と西洋のいくつ
かの研究によれば、たぶん、成人男子の15%が同年齢層の女性と結婚できないだろう。

(18) 政治学者である、Brigham Young UniversityのValerie M. Hudson氏とイングランド
のthe University of KentのAndrea M. den Boer氏は、その成り行きについて大胆な予
言をしている。彼らは、最近出版された「葉っぱの落ちた枝:アジアにおける男性過剰の
人口構成が持つ安全保障上の意義」という本で、中国の「男性過剰」は、高い割合の
犯罪と社会不安を引き起こす可能性があることを、理論化している。彼らは、「中国は、
戦争や征服に走ろうと決心することさえあるかもしれない」と、書いている。

(19) 「未婚成人男性の人口過剰が、犯罪と戦争の危険因子であるという証言は、圧倒
的迫力があります。中国は、権威主義の国だという事実が、もうひとつの危険因子です」
と、den Boer女史は、インタビューで語った。

(20) その予想は、男性を生まれながらの犯罪者や戦士だとステレオタイプ化して、突飛で
ある、と中国人の専門家は、言っている。北京師範大学の人口統計学者、Zhang 
Xiulan氏は、それは、女性より男性が多くなるにも拘らず、概して若い男性が、供給不足
で引っ張りだこになるだろうという事実を無視してもいるし、戦争をする文化は、老いてい
るのではなく、若いという傾向があるのだ、と主張している。

(21) 「我々は、すべての若い男性が、二人の親と、四人の祖父母の面倒を見なければ
ならない状況を迎えるでしょう。我々が戦争で自由に犠牲にすることができる『余分な』人
間に、彼らがなる、と言うことはできません」と、Zhang女史は語った。

(22) 実際、Hu氏とZhang女史は、中国の全体的な人口統計学上の問題は、それが、
高い程度に注目を集め始めている場合に限ってであるが、まだ処理可能である、と主張
している。

(23) 中国当局は、定年を引き上げるかもしれない。(現在は、専門職の定年は、55から
60歳、ブルーカラー労働者は、50から55歳。ほとんどの西洋諸国よりも低い。労働人口
の生産性を伸ばすためである。) 教育にもっと投資することによって、中国がより速く生産
性の階段を上ることが、可能になるかもしれない。その結果、中国は単純労働や若年労
働力に頼る割合が下がることになる。より大きく、より適切に規制された株式債券市場を
創出し、民間の貯蓄に対してより高い見返りを与えることことによって、今日の労働者の
ための定年のクッションだけでなく、中国経済のあらゆる部分に対する派生的恩恵を提供
する新しい金融産業が、創り出されるだろう。

(24) しかし、最善のそして恐らく唯一の、長期にわたる対応策は、姑息だが、一人っ子
政策を緩和してまた再び国民に何人子どもを望むかを決める自由を認めることかもしれ
ない。その考えは、まだデリケートであるが、もはや、中国の政策研究サークルでは異端で
はない。

(25) 「私は、5年か10年は、この対応策の実施を見ることはできません。指導者たちが、
まだ人口過剰と失業を大変憂慮しているからです。しかし、遅かれ早かれ、中国は、もっ
と多くの国民を必要とするでしょう」と、Zhang女史は、語った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。