語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-06-05)

2004/06/06

 2004-06-05
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

        【英文記事より】 (無料版)  〈No.112〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
◎「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The Times (英)の記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

********************************************
The Times (英)   (2004-05-23)
http://www.timesonline.co.uk/

雅子妃の悲しみ:皇室で何が起こっているのか? 
The sadness of a lonely Crown Princess
Richard Lloyd Parry
********************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) It was obvious from the start that something was not right about Crown 
Prince Naruhito’s press conference. The courtiers of the Imperial Household 
Agency, unbending in matters of punctuality, had scheduled a three o’clock start. 
But it was closer to 3.30pm when the Crown Prince entered the roomful of 
journalists in the Togu Detached Palace in central Tokyo.

(2) As always, the questions had been submitted and vetted days in advance; the 
Prince, seated behind a bouquet of seasonal flowers, read his answers from a 
sheaf of papers. He has made such appearances two or three times a year since 
his youth, but now he seemed almost nervous, stumbling over the earnest 
platitudes which are the staple of Japanese imperial utterance.

(3) He congratulated two other Crown Princes, Frederik of Denmark and Felipe of 
Spain, whose weddings he was about to attend. The words were as neat and 
bland as the Prince’s light blue suit and dark tie – until he was asked about the 
woman who should have been sitting alongside him, his wife, Crown Princess 
Masako.

(4) For the past six months Princess Masako has been ill; people close to the 
couple say she has had a breakdown and been treated with anti-depressants. 
There has been discreet media speculation about the causes of her illness -- the 
stress of being the mother of a two-year old daughter, perhaps or pressure to 
produce an Imperial heir (as a female, Princess Aiko cannot succeed to the 
throne). None of the reporters present would have dared to put any of this 
directly; the question was a discreetly vague one about the Princess’s “current 
condition and prospects”.

(5) Prince Naruhito’s answer was full of emotional superlatives. The princess, he 
said, “regrets from the bottom of her heart” that she could not travel to Europe. 
He himself found it “very regretful”; !I feel,” he said, “that I am wrenching myself 
away as I depart.” Princess Masako, he went on, has “completely exhausted” 
herself in trying to adapt to life as a princess.

(6) In the past, she has been “greatly distressed that she was not allowed to 
make overseas visits for a longtime.  In fact,” he went on, in the sentence which 
has reverberated through the Imperial establishment ever since, “there were 
moves which nullified Masako’s career, and nullified her character based on that 
career”.

(7) The words were spoken calmly, but it is hard to underestimate the violence of 
their impact on the rarefied, protocol-bound world of the Japanese Imperial 
household. “I was quite astounded when I heard,” says Toshiya Matsuzaki, a 
veteran Imperial court reporter.  “In almost 40 years, I have never heard 
anything like that.”

(8) It has brought to the surface a tangle of tensions which have been developing 
within the Imperial Family over the past ten years.  They originate in the crisis 
over the succession; after 126unbroken generations the world’s oldest unbroken 
royal line is running out of heirs.  They raise questions about the Imperial 
Family’s treatment of its women, about how it is funded and administered.  Most 
remarkably, they suggest a generational conflict between Emperor Akihito and 
the son who will one day succeed him.  “His remarks were unprecedented,” said 
Minoru Hamao, a former chamberlain to the Crown Prince’s household.  “He has 
never shown his emotions like this.  The Crown Prince has declared war against 
the Imperial Household.”

(9) The story begins in 1986 when the Crown Prince, then 26, met 22-year old 
Masako Owada at a tea party in the Akasaka Detached Palace in Tokyo.  She 
was a graduate of Harvard and Tokyo universities who had just passed the 
demanding examinations for the fast track of the Japanese Foreign Ministry; he 
was at the age when a Japanese mother will start to worry about a son who does 
not have a regular girlfriend.  Further discreet meetings took place, several at the 
British Embassy under the cover of the Japan-British Society.  The Prince 
proposed; Masako politely declined, embarked on her diplomatic career, and soon 
picked up another Oxford degree.  The Prince remained single.  After further 
proposals, and discreet arm-twisting of her father, a senior Japanese 
ambassador, Masako and Prince Naruhito became engaged.

(10) She married him in a Shinto ceremony in 1993, dressed in a traditional 
12-layered kimono, amid an atmosphere of happy celebration.

(11) Before the wedding the princess-to-be underwent 62 hours of private 
tutorials from protocol experts on such matters as how to walk and the 
appropriate angle of an Imperial bow.  There were Masako dolls and Masako silk 
scarves in the shops, and a rash of optimistic speculation about the tonic effect 
this young woman would have on one of the most closed, conservative and 
controlling institutions in the country.

(12) Never had the palace been home to someone as intelligent, educated and 
ambitious.  Optimists predicted that she would become a role model for young 
Japanese women, uniting femininity, education and tradition.  From the point of 
view of the palace, however, Princess Masako’s intelligence and education were 
secondary to her primary task – to provide an Imperial heir.  Six years passed, 
with no sign of a baby.  In December1999 it was announced that she was 
pregnant; a few weeks later, she miscarried.

(13) Among the many things known among Japanese royal-watchers, but never 
discussed publicly, is that Princess Aiko’s conception a few months later came 
about as a result of fertility treatment.  At the time any disappointment over the 
baby’s sex was outweighed by relief that the couple could at least have children.  
It is widely expected that, in the next few years, the law will be changed to allow 
Princess Aiko to succeed as a reigning empress.  But many legislative and 
political obstacles remain, chief among them the vehement opposition of the far 
Right, and the pressure on 40-year-old Princess Masako is heavier than ever.

(14) In December she formally ceased her official duties.  The Imperial Household 
Agency (IHA), the government bureaucracy that runs the Imperial court, 
reported that she was suffering from shingles , painful blisters caused by the 
herpes virus and often associated with stress.  But conversations with friends a d 
associates close to the Imperial couple suggest that she has suffered a 
breakdown.

(15) Since well before the birth of her daughter, one friend of the couple reports, 
she has not been herself.  Once a keen sports-women, she seems to have lost 
interest in exercise. At a party held for her husband’s 44th birthday in February 
she appeared drawn, and retired after the briefest of appearances.  She has 
consulted specialist, and been prescribed with a low-dosage anti-depressant.  In 
April she spent a month in a holiday home in the mountain resort of Karuizawa 
with her mother and baby.  She suffers from dizziness and headaches, but it is 
clear to those who know her that the problem is more psychological than 
physical.  She has ups and downs, they say, but is essentially as unhappy as she 
was six months ago. 

(16) Anxiety about producing an heir must also be great, especially after the 
IHA’s Grand Steward, Tosio Yuasa, told reporters: “I strongly wish for one more 
child.”

(17) But the biggest reasons may be no more than loneliness.  Palace insiders 
describe a life of quite extraordinary human isolation.  Apart from their 
intermittent official appearances and occasional breaks at a handful of country 
and seaside villas, the couple rarely leave the Togu, the central Tokyo palace 
reserved for the Crown Prince and his household – no discreet dinners at 
fashionable restaurants, no roped-off tables in nightclubs, no weekends spent 
yachting.

(18) Even in their own home, the couple rarely entertain.  IHA security rules 
make it impossible to invite people over on the spur of the moment; the couple 
do almost no regular socializing, outside their immediate family.  The Prince and 
Princess do not even have direct phone numbers of their own – calls must be 
made and received by courtiers to be transferred to the Prince or Princess, if 
appropriate.

(19) Unlike their counterparts in Europe, Japan’s royals have no stable of skiing, 
water-skiing, partying toffs to cavort with and marry.  What is more 
extraordinary, they have no money of official travel are paid for by the state, and 
all of it has to be accounted for.   The Princess has made only a few overseas 
trips – the reason given is that onerous official business is a distraction from the 
task of conceiving a future emperor.  And even if they wanted to escape on a 
private holiday, they do not have the finances.

(20) For Princess Masako, brought up by cosmopolitan, multilingual parents in the 
US and Japan, this is stifling.  It is an open secret that her mother-in-law, 
Empress Michiko, suffered a nervous breakdown in the 1960s after snobbish 
treatment from her aristocratic mother-in-law, in the early 1990s she lost the 
power of speech for several months after another collapse.

(21) Imperial courtiers reported that Emperor Akihito was “surprised” by the 
Prince’s remarks last week.  At the very least, his remarks suggest an 
extraordinary breakdown in communication between the parents and their son 
and daughter-in-law. 

(22) “Masako has become an Imperial drop-out,” says one royal newspaper 
reporter.  “Tb be blunt, she is hostile towards the Emperor and the Empress.  It 
sounds horrible and shocking.  But this is the truth of what’s happening inside the 
Crown Prince’s household and the public doesn’t know adopt it.”

(23) Scrutiny of their press conferences reveals that they have been hinting at 
their unhappiness for while; 18 months ago she spoke of the effort of adjusting to 
a life without foreign travel.  In February, he said outright that pressure to have 
an heir had made her ill.  Royal watchers speculate that the couple were pinning 
their hopes on traveling together to Europe this week.  The Crown Prince’s 
aides, the theory goes, prepared a draft of his more innocurous press conference 
answers.  Then, at the last minute, he added the anguished lines about Princess 
Masako – hence the delay, as the courtiers pleaded with him not to go ahead.

(24) “Masako and the Crown Prince are communicating with the Emperor and 
the Empress through the media,” say one royal reporter.  “This is an 
extraordinary situation.  I don’t think this is good for them and their future.”  But 
of the 700 e-mails sent to the IHA after the press conference was televised, 
most expressed sympathy with the Prince and anger with the bureaucrats.  What 
will come of the showdown is anyone’s guess.  The institutional stubbornness of 
the IHA cannot be underestimated.  On the other hand, Japan has a Prime 
Minister, Junichiro Koizumi, devoted to reforming the country’s sclerotic 
institutions – why not its monarchy too?  Most importantly, it has an 
emperor-in-waiting who is prepared to take unthinkable steps to protect his wife.

(25) “Masako-san,” Prince Naruhito famously said when he was wooing her, “I will 
protect you for my entire life.”  This month, after 11difficult years, he kept his 
promise.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 徳仁皇太子の記者会見(訳注: 5月10日の会見)について何かが正常でないことは、
初めから明白だった。宮内庁当局(時間には厳格である)は、3時の開始を予定してい
た。だが、皇太子が、都心の赤坂御用地内にある東宮御所の会見場をいっぱいに埋め
る記者たちの前に、現れたとき、時刻は3時15分を回っていた。

(2) いつものように、質問は、数日前にあらかじめ提出され、厳しく吟味されていた。皇太
子は、季節の生花を背にして座り、一束の書類から彼の回答を読み上げた。彼は、若い
ときから年に二、三度そのようにして記者会見に現れた。しかし、今回、彼は、日本の皇
室による発言の中核をなす真面目な決まりきった文章に支えながら、ほとんどぴりぴりして
いるといってもよい状態に見えた。

(3) 彼は、二人の他の皇太子、デンマークのフレデリック皇太子とスペインのフェリペ皇太子
にお祝いの言葉を述べた。彼らの結婚式に彼は列席しようとするところであった。その言葉
は、皇太子のライトブルーのスーツと黒っぽいネクタイと同じくらい品よく穏やかであった。た
だ、彼が、彼の横に座っているはずの女性、つまり彼の妻である雅子妃について尋ねられ
るまでは。

(4) これまでの6ヶ月間、雅子妃は、健康を害していた。二人に近い人たちは、彼女は衰
弱しており、抗鬱剤で治療を受けている、と言っている。彼女の病気の原因について、メ
ディアでは控えめな憶測が、なされてきた。 多分2歳の娘の母であることのストレスだろう、
とか、天皇の後継者を産まなくてはならないプレシャー(女子なので、愛子内親王は皇位
を継ぐことができない。)だろう、とかである。出席している記者たちの誰も、これについて敢
て何も直接には質問しようとしなかった。実際の質問は、同妃の「現在の状態と見通し」
についての、目立たないようにぼかされたものだった。

(5) 徳仁皇太子の答えは、感情の入った誇張表現に満ちていた。雅子妃は、ヨーロッパ
を訪問できないことを「心から残念に思っている」と、彼は、語った。彼自身、そのことを「大
変残念に」思った。「私も本当に残念で、出発に当たって後ろ髪を引かれる思いです」と
語った。雅子妃は、皇太子妃としての生活に適応しようとすることに「疲れ切ってしまって
いる」と彼は、続けた。

(6) 過去に、彼女は、「外国訪問をなかなか許されなかったことに大変苦悩して」いた。
彼は、それ以来皇族中に鳴り響いている文章でこう続けた。「それまでの、雅子のキャリア
や、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」    
 
(7) その言葉は、穏やかに発せられたが、日本の皇室という、儀礼に固められたやんごと
ない世界に対するその衝撃の激しさを過小評価することは難しい。「それを聞いたとき、
私は、本当にびっくり仰天しました。ほとんど40年この方、そういうことは全く聞いたことがあ
りません」と、ベテランの皇室ジャーナリストである松崎敏弥氏は、言う。

(8) それは、過去10年間、天皇家内部で膨らんできている、もつれた緊張関係を表面化
させた。それは、皇位継承の危機に端を発している。つまり、世界で最も古く続いている
皇統が、126代に亘り途切れることのなかったにも拘らず、今、後継者を種切れにしつつ
ある。それは、皇室の、女性の取り扱い方についてや、皇室がどのように資金を提供さ
れ、管理されているのかということについて、疑問を提起している。非常に顕著に、それ
は、明仁天皇といつの日か彼の地位を承継する息子との間の世代間紛争の存在を示
唆している。「皇太子様のご発言は、前代未聞でした。殿下は、このような喜怒哀楽をこ
れまで一度も見せられたことはありません。殿下は、天皇家に対して宣戦布告をなさった
のです」と、皇太子家の元侍従である浜尾実氏は、語った。

(9) 話は、1986年に始まる。その年、皇太子(当時26歳)は、東京の赤坂離宮で開かれ
たお茶会で22歳の小和田雅子さんと出会った。彼女は、ハーバード大と東大の卒業生
で、厳しい日本国外務省上級試験に合格したところだった。彼は、日本人の母親が、
決まった恋人のいない息子の心配をし始める歳だった。更に顔を合わせる機会が、慎重
に作られ、そのうち数回は、日英協会を口実にしてイギリス大使館がその場所となった。
皇太子はプロポーズした。雅子さんは、丁重に断り、外交官としてのキャリアに乗り出し、
間もなくもう一つオックスフォードの学位も手に入れた。皇太子は、独身を守った。更なる
プロポーズと、外務次官であった父親の目立たない強力な説得の後に、雅子さんと徳仁
皇太子は婚約した。

(10) 彼女は、1993年に、幸せなお祝いムードの中で、古式ゆかしい十二単を着て神道
形式で彼と結婚した。

(11) 結婚式の前に、将来の皇太子妃は、礼儀作法の専門家から、歩き方や皇室指揮
のお辞儀の適切な角度ような事柄に関して、62時間の一対一の講義を受けた、店で
は、雅子人形や雅子シルクスカーフが売られ、また、日本中でいちばん閉鎖的で、保守
的で、管理的な制度の一つに対して、この若い女性が持つであろう元気づけ効果につい
て一連の楽観的な憶測が流れた。

(12) それまで、宮殿が、知的で、教育があり、野心的である人のいる場所であったことは
一度もなかった。楽観的な人たちは、彼女が、女性らしさと教育と伝統を結びつけて、日
本の若い女性たちのロールモデルになるだろうと予測した。しかし、宮殿の立場からは、雅
子妃の知性と教育は、彼女の主要な仕事 -- 皇位継承者を用意すること -- に対して
は、補助的なものであった。赤ちゃんの兆候なく、6年が過ぎた。1999年の12月に彼女の
妊娠が発表された。数週間後、彼女は、流産した。

(13) 日本の皇室ウォッチャーの間では知られているが、一般には全く議論されていない多
くの事柄の一つに、数ヵ月後の愛子内親王の受胎は、不妊治療の結果生じたということ
がある。そのときには、赤ん坊が女の子であったことについての失望よりも、夫妻が少なくと
も子どもを儲けることができるというほっとした気持ちのほうが、強かった。これから数年で、
愛子内親王が女性の皇位継承者になることを可能にするよう、法律が改正されると広く
予想されている。しかし、多くの立法上及び政治上の障害が、残っている。その第一は、
右翼の激しい反対である。40歳の雅子妃に対するプレッシャーは、今までより大きい。

(14) 12月に、彼女は、公式に公務を中止した。宮廷を運営する政府の官僚機構であ
る宮内庁(IHA)は、彼女が、帯状疱疹に罹っていると公表した。それは、ヘルペス・ウイル
スによって引き起こされ、しばしばストレスと関係のある、痛みの伴う水疱を意味する。しか
し、皇太子夫妻に近い友人や知人との会話の内容は、彼女が衰弱していることを示唆
している。

(15) 娘の誕生のずっと以前から、彼女は、正常ではない、と夫妻のある友人は、公表し
ている。彼女は、かつて熱心なスポーツ・ウーマンだったが、運動に対する関心を失ってし
まったように思われる。 2月に夫の44回目の誕生日を祝って開かれたパーティーで、彼女
は、やつれたように見え、これまで人前に出た中で最も早く退席した。彼女は専門家に
相談し、低服用量の抗鬱剤を処方されている。4月に、彼女は、ひと月、母親と赤ちゃん
とともに、軽井沢という山の中の保養地にある別荘で、休暇を過ごした。彼女は、目眩と
頭痛に苦しんでいるが、彼女を知る人たちには、問題は、肉体的というよりは、精神的な
ものであるということが、明らかである。彼女には、よいときと悪いときの波があるが、基本的
には、6ヶ月前と同様、不調である。

(16) 後継者を産むことについての心配も、大変なものであるに違いない。特に、湯浅利
夫宮内庁長官が記者に、「私は、お子様をもうおひとり強く望んでいます」と、語った後で
は。

(17) しかし、最大の理由は、孤独より他にはないかもしれない。宮殿の部内者たちは、
全く異常な人間隔離の生活を説明する。断続的に公の場に出ることや少数の田舎や
海岸の別荘で時々休暇を過ごすときは別にして、夫妻は、皇太子一家のために用意さ
れた東京都心の宮殿である東宮御所をめったに離れない。ファッショナブルなレストランで
の目立たないディナーはない。ナイトクラブのロープで囲まれたテーブルはない。ヨットで過ご
す週末もない。

(18) 自宅においてさえ、夫妻は、めったに人を招待することはない。宮内庁の警備規則
が、時の弾みで人を招待することを不可能にしている。夫妻は、身内以外では、ほとんど
定期的な人付き合いをしない。皇太子と皇太子妃は、自分たち自身の、直通の電話
番号さえ持っていない。電話は、係りの者がかけたり受けたりしなければならない。適切な
ら皇太子か皇太子妃に転送される。

(19) ヨーロッパの王族と異なり、日本の皇族たちは、スキーをしたり、水上スキーをしたり、
一緒に遊び戯れたり、結婚相手になる上流階級の人たちをパーティーでもてなす場所を
持っていない。さらに異常なことだが、自分自身のおカネを持っていない、1円も。彼らの生
活費と公式訪問の費用は、国によって支払われる。そのすべては、計上されなければな
らない。皇太子妃は、ほんの数回しか外国訪問をしたことがない。言われているその理由
は、わずらわしい公務は、未来の天皇を宿すという仕事の邪魔になるということだ。もし彼
らが、私的な休暇で逃げ出したいと思っても、彼らには、財源がない。

(20) 雅子妃(コスモポリタンで、複数の言語を使える両親によって、アメリカと日本で育て
られた)にとって、これは、息の詰まることである。彼女の義理の母、美智子皇后は、貴族
の出の、彼女の義理の母から尊大な扱いを受けて、1960年代に神経衰弱になったこと
は、公然の秘密である。また、1990年代の前半には、別の衰弱で、彼女は、声が出なく
なった。

(21) 宮内庁当局は、明仁天皇が先週皇太子の発言に「驚かれた」、と公表した。最低
限でも、彼の発言は、両親とその息子、義理の娘とのコミュニケーションに異常な断絶が
あることを示唆している。

(22) 「雅子様は、落ちこぼれた皇族になってしまいました。率直に言って、彼女は、天皇
皇后両陛下に敵意を持っています。それは、恐ろしくまた衝撃的なことに思われます。し
かし、これが、皇太子一家の中で起きていることの真実です。国民は、それについて知り
ません」と、ある皇室担当の新聞記者は話している。

(23) 彼らの記者会見を精密に調べると、彼らが、しばらく彼らの不幸をほのめかしてきたこ
とが、分かる。つまり、18ヶ月前には、彼女は、外国訪問のない生活に慣れるよう努力す
ることを口にした。2月には、彼は、単刀直入に、後継者を産めという圧力が彼女を病気
にしたと語った。夫妻は、今週ヨーロッパ訪問へ一緒に出かけることに自分たちの希望を
繋いでいたと、皇室ウォッチャーたちは、推測している。その見解だとこうだ。皇太子の側
近は、より当たり障りのない記者会見用回答の草稿を用意した。それから、ぎりぎりに
なって、彼は、雅子妃についての苦悩に満ちた数行を加えた。だからあの遅れがあったわ
けだ。宮内庁側が、彼にそうしないよう嘆願したために。

(24) 「雅子様と皇太子殿下は、メディアを通じて天皇皇后両陛下と意思の疎通を図っ
ているのです。これは異常事態です。これは、彼らにとっても彼らの将来にとっても、良いこ
ととは、思いません」と、ある皇室担当記者は、話している。しかし、記者会見がテレビで
放送されたあと宮内庁に寄せられたeメールのほとんどは、皇太子に対する共感と官僚に
対する怒りを示していた。その対決がどうなるのか、誰にも分からない。宮内庁の制度的
な頑固さを過小評価することはできない。他方で、日本には、国の硬直した制度の改革
に熱心な小泉首相がいる。その君主制も改革したらどうだろう? 非常に重要なことだ
が、この国には、妻を守るためには想像もできない手段を取る覚悟のある次期天皇がい
る。

(25)徳仁皇太子が、求愛しているときに、「雅子さん、僕は、一生涯、あなたを守ります」
と言ったことは、よく知られている。今月、11年の難しい年月の後、彼は約束を守った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。