語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版)  (2004-05-22)

2004/05/22

 2004-05-22
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

     【英文記事より】 (無料版)   〈No.111〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
◎「melma!」から、配信しています。
◎来週は、第5週のため、配信はお休みです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The Washington Postの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

***********************************************************
The Washington Post       (2004-05-17)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A31674-2004May16.html

最高時速460km:リニア・モーター・カー、上海で実用化
Faster Than a Speeding Bullet Train
Cutting-Edge Maglev Rail Line Boosts Pride in Shanghai, but Ridership Lags
By Edward Cody
************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) SHANGHAI -- Smoothly, quietly, but relentlessly, the sleek new train picked 
up speed.

(2) Reaching 100 mph, it seemed similar to the fast trains of Europe and Japan. 
But by 200 mph, Shanghai's passing suburbs started to blur in the window. And at 
287 mph, the top speed, passengers could clearly feel that their ride to the 
airport had become a streak into railroad history.

(3) "It's great," said Andrew Suan, 35, an investment adviser on his way to catch 
a flight for Hong Kong. "It's better than Disneyland."

(4) Shanghai's new magnetic levitation train, or maglev, built by German engineers 
for $1.2 billion to cover 20 miles in less than eight minutes, has proved it can 
make an impression, even in a city that lives on superlatives. China's biggest, 
richest, most advanced, most with-it metropolis has scored again, becoming home 
to the fastest and most technologically innovative train in the world.

(5) The addition of maglev transportation has been an important boost to China's 
and Shanghai's idea of themselves as a nation and city zooming toward a 
prosperous future under the stewardship of a forward-looking Communist Party. 
It also has been a key testing ground for ThyssenKrupp and Siemens, the 
German companies that are its main manufacturers -- and that are in the 
bidding for a planned $16 billion high-speed Shanghai-to-Beijing line.

(6) Success here could boost their chances in the competition against French, 
Japanese and other German fast-train firms, as well as the Chinese Railway 
Ministry, for that lucrative project, designed to halve the 14 hours it now takes to 
make the 865-mile trip between China's two main cities. Chinese officials 
originally announced the new rail line would be ready for the 2008 Olympics, but 
that schedule seems to have slipped since President Hu Jintao's government 
took over last year and ordered further studies.

(7) In Shanghai, however, the studies are finished. The airport express became 
the first magnetic levitation line to operate commercially early this year.

(8) Since then, its warp speed and breakthrough technology have attracted 
thousands of admirers and thrill riders, including Premier Wen Jiabao. Proud city 
officials have opened a little museum in the city-end departure terminal to 
explain how the train works: The repelling and attracting forces of powerful 
magnets suspend the carriages above the track and, because that eliminates the 
drag of friction, are able to push them along smoothly at breakneck speeds.

(9) But for most airline passengers landing after long flights from abroad or 
heading out on business trips, the technological marvel has not become the 
automatic answer to their search for a quick, convenient ride to connect the 
futuristic Pudong International Airport with Shanghai's crowded downtown 
skyscrapers.

(10) For the first three months of commercial operation, the maglev ran on an 
abbreviated schedule at less than 20 percent of capacity, city officials calculated. 
The beginning months were further tarnished by reports that the track was 
sinking. But engineers quickly reassured the public that sinking was natural in the 
area's soft soil -- and foreseen in construction -- and that fixing it was only a 
matter of adjusting the tracks.

(11) After cutting prices by a third, to $6 one way, on April 15 and adding runs so 
trains depart every 15 to 20 minutes on an 8:30 a.m. to 5:30 p.m. schedule, the 
city's Maglev Transportation Department Co. has raised its estimates of 
passengers to about 8,000 a day. But that still is only 27 percent of capacity. 
And the latest period measured, the company acknowledged, included the May 
Day holiday week during which many passengers were Chinese tourists taking a 
thrill ride, the way they would at Disneyland.

(12) Angelina Wang, 25, who arrived at Pudong International on a recent day for a 
break from her job at a language school in Switzerland, provided two telling 
explanations for the slack ridership among business and other travelers who are 
the target market.

(13) Asked why she was in an airport taxi line rather than heading for the train, 
Wang at first expressed puzzlement, having forgotten there was such a line a 
10-minute walk away. Her lack of awareness was shared by two Shanghai taxi 
drivers, who did not know how to find the terminal.

(14) According to business sources who participated in the maglev start-up, 
Shanghai authorities have been slow to establish connections with airlines and 
travel agencies so arriving passengers are made aware the high-speed wonder 
awaits them. In addition, they said, signs are inadequate inside the airport to 
guide passengers toward the long corridor leading to the train's departure area.

(15) But Wang said the real reason she preferred a taxi was convenience. With 
suitcases to lug around after a tiring flight, she said, the temptation was to just 
plop into a taxi and give her home address. The alternative, she pointed out, was 
walking with her bags to the train platform, and then changing to a taxi or subway 
once the train arrived at its suburban Pudong departure terminal. Moreover, she 
said, the price of taking a taxi directly from the airport ends up being only a little 
higher.

(16) "It's just easier," she said, turning to board her taxi.

(17) A graying businessman who travels to Shanghai from Europe about once a 
month agreed, saying he has tried the train but prefers a taxi. "The taxi is just 
more convenient," he said as a young traveling companion nodded. "It goes right 
to the hotel."

(18) The city departure terminal was built adjoining an existing subway station at 
Longyang Road, on the edge of Shanghai's new Pudong district. It lies well on the 
eastern side of the Huangpu River, a long taxi ride from the traditional center of 
the city on the river's western bank.

(19) Several extensions have been discussed. For the moment, however, the 
fastest train in the world takes travelers to what amounts to a subway stop on 
the edge of the city. But one regular traveler, who has yet to try the train, 
suggested that still may look good in the years to come as Shanghai's traffic 
steadily worsens and the taxi ride to the airport gets longer and longer.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 上海発 -- 滑らかに、静かに、しかし、執拗に、流線型の新しい列車がスピードを上
げた。

(2) 時速100マイル(約161km)に達し、それは、欧州と日本の高速列車によく似ているよう
に思われた。しかし、時速200マイルにスピードを上げるまでに、上海の過ぎていく郊外
が、窓でぼやけ始めた。そして、最高速度の時速287マイル(約462km)で、乗客は、空
港までの彼らの乗車が、一条の光となって鉄道史に残ったことを、はっきりと感じることがで
きた。

(3) 「素晴らしいです。ディズニーランドよりいいですね」と、香港便に乗るため空港へ行く
途中の投資顧問業Andrew Suan氏は、語った。

(4) 上海の新しいリニア・モーター・カー(ドイツの技術者が、12億ドルで建設し、20マイル
(約32km)を8分未満で繋ぐ。)は、最高を生きる糧にしている都市においてさえ、それ
が、強い印象を与えることができることを証明した。中国で最も大きく、最も豊かで、最も
先進的で、最も現代的な大都市が、また得点し、世界で最も速く最も技術的に斬新な
列車の活躍の場になった。

(5) 輸送手段に、リニア・モーター・カーを加えたことは、進歩的な共産党の管理の下で、
未来の繁栄に向けて急上昇している国や市であると自らを見る中国や上海の考え方に
対する重要な後押しになった。それは、また、その主要製造メーカーであり、160億ドルに
上る上海・北京間高速鉄道計画にも入札しているドイツ企業、ThyssenKrupp と 
Siemensにとっての試験場にもなっている。

(6) ここで成功すれば、あの利益の上がるプロジェクトの獲得を目指す、中国鉄道省だけ
でなくフランス、日本、ドイツの他の高速鉄道メーカーとの競争において、彼らの勝算を高
めることができるだろう。同プロジェクトでは、現在中国の二大都市間(865マイル、約
1400km)の移動に要する14時間を半減することを計画している。中国当局は、もともと、
その鉄道新線は、2008年のオリンピックのための準備である、と発表したが、その予定は、
昨年胡錦涛主席の政府が、政権を引継ぎ、更なる調査研究を命じたために、遅れたよ
うに思われる。

(7) しかし、上海では、その調査研究は、済んでいる。空港特急は、今年早々、商業的
に運転する初めてのリニア・モーター・カーの路線となった。

(8) それ以来、その、瞬く間にさっと走るスピードと画期的な技術が、温家宝首相を含め
何千人というファンとスリルを求める乗客を引き付けた。誇りに思っている市当局は、その
列車がどうやって動くのかを説明するために、市の外れにある発着ターミナルの中に小さな
博物館を開設した。強力な磁石の反発力と引力が、車両を軌道上に浮き上がらせ、そ
して、それが摩擦の抗力を排除するので、猛烈なスピードで滑らかに車両をぐんぐん前進
させることができる。

(9) しかし、長いフライトを終えて外国から帰ってくる、あるいは出張で出かける、ほとんど
の旅客機利用者にとって、その技術的な驚異は、超現代的なPudong国際空港と上海
の殷賑地区の摩天楼を繋ぐ、速くて便利な乗り物の物色への自動的な回答にはならな
かった。

(10) 商業運転開始後の三ヶ月間、リニア・モーター・カーは、短縮されたスケジュールに従
い輸送能力の20%未満で走った、と市当局は、計算した。始めの数ヶ月が、軌道が、沈
降しつつあるという報道でいっそう穢された。しかし、技術者たちは、直ちに、一般市民に
対して、沈降は、同地域のやわらかい地盤では自然なことで、工事中に予見されていた
ことであり、さらに、それを補修することは、軌道を調節するという問題に過ぎない、と言っ
て安心させた。

(11) 4月15日に1/3、つまり片道6ドルにまで、料金を下げ、始発午前8時半から最終午
後5時半まで15分から20分間隔のスケジュールで、列車が発車するように運行本数を増
やして、同市のリニア・モーター・カー運輸部門会社は、予想乗客数を1日約8千人に引
き上げた。しかし、それでもまだ、輸送能力の27%に過ぎない。そして、計測した最新の期
間には、メー・デー休暇の週が含まれ、その間の多くの乗客は、ディズニー・ランドであれば
するように、物珍しさで乗る中国人の観光客だった、と同社は、認めた。

(12) Angelina Wangさん(25)(スイスの語学学校に勤めているが、休暇で最近、Pudong
国際空港に降り立った。)は、ターゲットにしているマーケットである、ビジネス客とその他の
客に共通している、利用者数の停滞に2つの納得のいく説明を与えた。

(13) Wangさんは、その列車に向かわずに、空港のタクシー待ちの行列に並んでいた理由
を問われて、彼女は最初、当惑の感情を表した。歩いて10分離れた所にあのような路
線があることを忘れていたのだ。彼女の意識の欠如は、二人の上海のタクシー運転手に
も共通していた。彼らは、そのターミナルへどうやって行けばいいのか分からなかった。

(14) リニア・モーター・カーの立ち上げに参加した事業関係者たちによれば、上海市当局
は、到着する乗客に、高速の驚くべき物が、彼らを待っていることを分からせるように、航
空会社や旅行者との連絡を確立するのが遅かった。その上、空港内部の標識が、その
列車の発車エリアに至る長い廊下の方へ乗客を導くには不適切である、と彼らは、語っ
た。

(15) しかし、自分がタクシーの方を好む本当の理由は、便利さだ、とWangさんは、語っ
た。疲れた空の旅のあとに、引きずり回さなくてはいけないスーツケースを持っていると、た
だタクシーにどさっと乗り込んで、自宅の住所を告げるだけで済まそうという誘惑に駆られ
る、と彼女は、語った。別の方法は、その列車のホームへバッグを持って歩いていき、それ
から、列車が、郊外にあるPudong発着ターミナルに着いたら直ぐ、タクシーか地下鉄に乗
り換えることだ、と彼女は、指摘した。さらに、空港から直接タクシーに乗ったときの料金
は、結局ほんのちょっと高くなるだけだ、と彼女は、語った。

(16)「その方が、ちょっと楽なんです」と、彼女は、タクシーに乗るために身を翻しながら語っ
た。

(17) 大体月に一度ヨーロッパから上海へ旅行するという年配のビジネスマンも、同意見
で、その列車に乗ってみたが、タクシーの方が好きだと語った。「タクシーの方が、ちょっと便
利です。ホテルまで直で行ってくれますからね」と、彼は、語った。そのとき彼の若い同行者
も頷いた。

(18) 市営発着ターミナルは、Longyang Roadにある現在の地下鉄の駅に隣接して、上
海の新しいPudong地区の端に建設された。それは、Huangpu川の東側を入ったところに
あり、川の西岸にある同市の従来の中心部からタクシーに乗っても長い距離にある。

(19) これまで数回、延長が議論されてきた。が、今のところ、世界最速の列車は、旅行
者を同市の端にある地下鉄の駅を意味する所へ連れて行く。しかし、ある、定期的な旅
行者(まだその列車には乗ったことがない)は、それでも、それは、上海の交通事情がじわ
じわ悪化し、空港までタクシーに乗車する時間がどんどん長くなるにつれて、数年先に
は、好ましく見えるようになるかもしれない、と示唆した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。