語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-05-15)

2004/05/16

2004-05-15
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

     【英文記事より】 (無料版)   〈No.110〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで 
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************************************************
The New York Times        (2004-05-09)
http://www.nytimes.com/2004/05/09/international/asia/09toky.html

2ちゃんねる:日本社会で果たしている役割
Japanese Find a Forum to Vent Most-Secret Feelings
By NORIMITSU ONISH
**********************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) TOKYO, May 8 - In a society in which subtlety is prized above all, 
face-to-face confrontation is avoided, insults can be leveled with verbal nuances 
and hidden meanings are found everywhere, there is one place where the 
Japanese go to bare their souls and engage in verbal combat: Channel 2.

(2) It is Japan's largest Internet bulletin board - the place where disgruntled 
employees leak information about their companies, journalists include tidbits they 
cannot get into the mainstream news media and the average salaryman attacks 
with ferocity and language unacceptable in daily life. It is also the place where 
gays come out in a society in which they mostly remain in the closet, where 
users freely broach taboo subjects, or where people go to the heart of the 
matter and ask, "What's for dinner?"

(3) About 5.4 million people come to Channel 2 each month (http://www.2ch.net), 
many of them several times a day. Founded in 1999, "ni-channeru," as it is called 
here, has become part of Japan's everyday culture as no other Web site has.

(4) News organizations follow it closely to gauge the public mood; big companies 
meticulously monitor how their products or companies are portrayed on it; and 
the police react immediately to threats posted on the site - as they did recently 
when someone wrote about wanting to blow up the Chinese Embassy, prompting 
a sudden increase in security around the building.

(5) Americans are more direct about expressing themselves in person, and they 
can turn to radio talk shows or other media for straight talk. But the choices 
have always been limited in Japan, so Channel 2 has created an entirely new 
type of forum. It plays a role that no single Web site does in the United States.

(6) As with any bulletin board, anonymous users start threads on myriad subjects 
and post comments. Unlike the real Japanese world, where language is calibrated 
according to one's social position, the wording on Channel 2 is often stripped of 
social indicators or purposefully manipulated to confuse readers. Language is also 
raw. "Die!" is a favorite insult - and the comments are blunt, often cruel and 
hurled with studied cynicism.

(7) Although about 20 Web sites attract more users than Channel 2, based on 
March ratings from NetRatings Japan, most of the others are portal or retail 
sites; and while Yahoo Japan also runs a bulletin board, it is not considered as 
influential as Channel 2.

(8) Unlike the other big corporate sites, Channel 2 is run by a single person and 
its contents are shaped entirely by the individual users who post comments. Its 
only source of income is advertising from obscure companies and services.

(9) "Channel 2 has become a brand name in this society and has an influence 
that cannot be measured by numbers," said Akiko Sugiyama, manager of the 
data mining division of Gala, which is hired by big companies to track how they 
are portrayed on the Internet in general and especially on Channel 2.

(10) The manager and founder of Channel 2 is Hiroyuki Nishimura, 27, who started 
a business designing Web pages for customers while studying psychology in 
college. In 1998, he studied for a year at the University of Central Arkansas and, 
influenced by America's Internet culture, created Channel 2.

(11) In an interview, Mr. Nishimura played down Channel 2's significance, saying he 
created it because he had "some free time." Still, he explained that he wanted to 
create a Web page for which others would provide the content - in effect 
creating a community or an open space.

(12) Two incidents shortly after Channel 2 started up signaled the birth of a new 
player in Japanese society. A customer who was verbally abused by a Toshiba 
service representative recorded the conversation and uploaded it onto Channel 
2. Then, a 17-year-old youth, an hour after posting his intentions on Channel 2, 
hijacked a bus in Fukuoka, stabbing one passenger to death.

(13) Channel 2's popularity has continued to rise significantly, to 5.4 million users 
in the latest figures from the 220,000 users that NetRatings recorded in June 
2000, when it began keeping track.

(14) In the United States and Europe, a community spirit was behind the growth 
of the Internet and remains a force. But in Japan, which was late to the Net, it 
has been almost exclusively business driven.

(15) "In that regard, he is unique in the Internet culture and played a big role," 
said Soichiro Nishimura, vice president of NetRatings Japan, referring to Channel 
2's founder, to whom he is not related.

(16) "He started the Web site because he liked it and wanted to play with it. This 
still seems to be his policy. That is, he is doing it because he liked it. This type of 
thinking is unusual in Japan and it is interesting. If I were the owner, I would 
naturally turn it into a business."

(17) The most popular subjects on the site tend to relate to the news. 
Information not found anywhere else is leaked here, like the name of a then 
14-year-old who decapitated an 11-year-old and left the severed head at a 
middle school a few years ago. A popular subject in Japan right now is 
speculation about the real reason Princess Masako has been out of the public 
eye for several months, which mainstream news organizations have covered 
circuitously.

(18) The site also provides a community setting for people wanting to discuss 
topics that are still avoided in public in Japan: gays who may be thinking of 
coming out or people suffering from depression. In a forum in which a father 
discussed whether to tell his child of the family's background as burakumin, an 
outcast group in Japan and a very delicate subject, one user wrote, "As a 
resident of eastern Japan, I've learned that this problem remains a severe one 
only thanks to Channel 2."

(19) But Channel 2 is also a window into Japan's ugly side. Many of the contents 
tend to be nationalistic and xenophobic, especially toward Koreans. When Sony 
and Samsung recently announced a joint project, users attacked Sony for 
cooperating with the South Korean company. "Die, Sony!" read several 
comments. "Die, Koreans!" Many wrote that they hated Koreans, using a 
derogatory term to describe them.

(20) Some see that kind of comment as simply a reflection of a society that has 
grown increasingly conservative and nationalistic. Others say that part of 
Channel 2's culture is to shock by exaggerating.

(21) "They seem to dare to say things that they cannot utter in the real world 
even though that's a little different from their true feelings," said Kaoru Endo, a 
sociology professor at Gakushuin University, referring to users of the Web site. 
"They want to say antagonistic things against Koreans exactly because there is a 
prohibition against saying such things in Japanese society."

(22) On Friday, Mr. Nishimura said he paid $20,000 a month to a company in Palo 
Alto, Calif., to provide a host for the Web site. With the advertisements, Mr. 
Nishimura said he managed to break even.

(23) In keeping with his detachment, Mr. Nishimura said he was bored with his 
Web site and did not believe it was worth enough to attract buyers. Asked about 
Channel 2's role in Japanese society, he said people used it simply to "kill time."

(24) "Many people who write on Channel 2 are stupid," Mr. Nishimura said, making 
a statement that many Channel 2 regulars would agree with but one that will 
surely draw a flurry of attacks. "They cannot change the world by writing about 
it. If they really want to have an impact, there are other things they could be 
doing."
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 5月9日 東京発 -- 微妙さを何よりも尊び、面と向かっての対決を避け、言葉のニュ
アンスで侮辱を加えることができ、裏の意味がいたるところに見出される、そういう社会で、
日本人が、意中を明かして論争しに行くある場所がある。それが、2ちゃんねるである。

(2) それは、日本最大のインターネットの掲示板であり、不満を抱いた会社員が会社の情
報をリークし、ジャーナリストが、主流のニュース・メディアに載せられない話を盛り込み、普
通のサラリーマンが、日常生活では受け容れられない獰猛さと言葉で非難する場所に
なっている。そこはまた、同性愛者が、大抵はクローゼットの中に引っ込んでいる社会で、
カミングアウトし、利用者が、自由にタブーの話題の口火を切り、人々が問題の核心に
迫って、「ディナーは何?」と訊く場所でもある。

(3) 約540万人の人々が毎月2ちゃんねる(http://www.2ch.net)にやってくる。彼らの多く
は1日に数回訪れる。当地で呼ばれている通りに書くなら、「ni-channeru」は、1999年に
設立され、日本の日常の文化の一部になった。他のウェッブサイトはどこもそういうものを
持っていない。

(4) 報道機関は、国民の空気を知るために、それをしっかりフォローしている。大企業は、
その製品や企業自身が、そこでどう書かれているかを細心の注意を払って監視している。
また、警察は、同サイトに書き込まれた脅迫には直ちに対応している。たとえば、最近、
何者かが、中国大使館を爆破したいと書き込んだとき、警察は、大使館の周りの警備を
突然の増強を促して反応した。

(5) アメリカ人は、自分の考えを表明することには、もっと率直であり、あけすけな話には、
ラジオのトーク番組を頼りにすることができる。しかし、日本では、その選択は、いつも限ら
れてきた。だから、2ちゃんねるが、全く新しいタイプの公開討論の場を創り出したわけであ
る。それは、アメリカではどのウェッブサイトも一つとして果たしていない役割を果たしてい
る。

(6) 名を伏せた利用者が、無数の話題についてスレッドをスタートさせ、コメントを書き込
む。現実の日本の世間と違い(そこでは、社会的地位に従って、言葉遣いが、違ってい
る)、2ちゃんねる上での言葉遣いからはしばしば社会的指標がなくなっていたり、あるい
は、読み手を混乱させるために、わざとそれが操作されている。言葉には、また、オブラート
がかかっていない。「死ね!」は、好まれる侮辱の言葉である。書き込みは、あからさまで、
しばしば冷酷であり、考え抜かれた皮肉を使って投げつけられる。

(7) ネットレイティングス社(日本)の3月のネット視聴率調査によると、約20箇所のウエッブ
サイトが、2ちゃんねるより多くの利用者を引き付けているが、他のサイトのほとんどは、ポー
タル・サイトか、リテール・サイトである。ヤフー・ジャパンも、掲示板を運営しているが、それ
は、2ちゃんねるほど影響力があるとは考えられていない。

(8) 企業が運営する他の大きなサイトと異なり、2ちゃんねるは、一個人によって運営され
ている。その内容は、完全に、書き込みをする個人の利用者によって方向付けられてい
る。収益の唯一の源泉は、正体のはっきりしない企業やサービスからの広告である。

(9) 「2ちゃんねるは、この社会でブランドになり、数では計れない影響力を持っています」
と、ガーラのデータ・マイニング部のスギヤマ・アキコ部長は、語った。同社は、大手企業か
ら、彼らが一般にインターネット上で、特に2ちゃんねる上で、どのように表現されているかの
追跡調査を、請け負っている。

(10) 2ちゃんねるを設立し、運営しているのは、西村博之氏(27)である。彼は、大学で心
理学を学んでいるときに、顧客のためにホームページをデザインするビジネスを、始めた。
1998年に彼は1年間セントラル・アーカンソー大学で学び、アメリカのインターネット文化に
影響を受けて、2チャンネルを生み出した。

(11) インタビューで、西村氏は、2ちゃんねるの意義を謙遜して、「暇」があったから創ったと
語った。それでも、他の人たちがそのコンテンツを提供するホーム・ページ、つまり要するに
共同体とか広場を創りたかったのだと説明した。

(12) 2ちゃんねるが開業した直後の二つの出来事が、日本社会の新しいプレーヤーの誕
生を世に知らしめた。東芝のサービス担当者に言葉遣いで暴言を吐かれた顧客が、その
会話を録音して、2ちゃんねるにアップロードしたのだ。次に、17歳の若者が、自分の意図
を2ちゃんねるに載せてから1時間後に、福岡でバスジャック事件を起こし、乗客を1人刺し
殺した。

(13) 2ちゃんねるの人気は、著しく上がり続けている。ネットレイティングス社が2000年6月
(同社の追跡調査開始時)に記録した、利用者数22万人から、最新の数字では540万
人へという増加ぶりである。

(14) アメリカやヨーロッパでは、インターネットの背後には共同体意識が存在していたし、そ
れが今でも力を持っている。しかし、日本では(日本は、インターネットに出遅れた)、それ
は、ほぼ例外なく企業が推進してきた。

(15) 「その点では、彼はインターネット文化の中で独自の存在であり、大きな役割を果た
しました」とネットレイティングス社(日本)のニシムラ・ソウイチロウ副社長は、2ちゃんねるの
創立者(同姓だが関係はない)に言及して、語った。

(16) 「彼が、そのサイトを始めたのは、それが好きだから、それで遊びたいからでした。これ
は、今でも彼の方針のように思われます。つまり、彼は、それが好きだから、やっているので
す。こういうタイプの考え方は、日本では珍しく、大変興味深いです。もし、私が、オー
ナーなら、当然のことながらそれをビジネスに変えるでしょうが」

(17) 同サイトで最も注目を集めるテーマは、ニュースにかかわる傾向がある。他のどこにも
見当たらない情報がここでリークされる。例えば、数年前、11歳の少年の首を切り落とし
切断された頭部を中学に放置した当時14歳の少年の名前がそうだった。日本で目下耳
目を集めている話題は、雅子妃が、数ヶ月間世間の目に触れていない本当の理由につ
いての推測である。それを、大手の報道機関は、遠まわしに取材している。

(18) 同サイトは、また、まだ日本では公然とは避けられる話題について話し合いたい人た
ち(たとえばカミングアウトしようと思っている同性愛者、鬱病に苦しむ人々など)用のコミュ
ニティーも提供している。父親が、自分の子どもに部落民(日本の社会から追放された集
団のことで非常にデリケートなテーマ)であるという家族の背景を教えるべきかどうかを議論
したフォーラムでは、ある利用者が、「東日本に住む住民として、私は、2ちゃんねるのおか
げで初めてこの問題がまだ依然として深刻な問題であることを知りました」と書き込んだ。

(19) しかし、2ちゃんねるは、また、日本の醜悪な面への窓でもある。コンテンツの多くは、
ナショナリスティックで外国人嫌いの傾向がある。特に朝鮮人に対してそうである。ソニーと
サムスンが、最近、合弁事業を発表したとき、利用者たちは、韓国企業と協力することで
ソニーを非難した。いくつかの書き込みには、「ソニー、死ね! 朝鮮人、死ね!」とあっ
た。多くは、彼らを表現するのに軽蔑的な言葉を使い、朝鮮人は嫌いだと書き込んだ。

(20)その種の書き込みを、単にますます保守化しナショナリスティックになった社会の反映と
見ている人もいる。また、誇張してショックを与えることが、2ちゃんねるの文化の一環なの
だと言う人もいる。

(21)「彼らは、それが少し彼らの本当の感情とは少し違っていても、現実の世界で口に出
せないことを敢えて言っているように思われます。彼らは、日本社会でそういうことを言うこ
とは禁じられているというまさにその理由から、朝鮮人に対して敵対的なことを言いたいの
です」と、学習院大学のエンドウ・カオル教授(心理学)は、同サイトの利用者を引き合い
に出して、語った。

(22) 7日に、西村氏は、同サイト用のホスト・コンピューターを用意するために、カリフォルニ
ア州Palo Altoの会社に、月2万ドルを支払っていると語った。広告で、何とか収支トントン
にしていると彼は、語った。

(23) 彼の超然とした性格に従って、西村氏は、自分のサイトには飽きているし、それが買
い手を引き寄せるほど十分に価値があるとは思わないと語った。日本社会での2ちゃんね
るについて訊かれて、彼は、人々は、ただ暇つぶしにそれを利用していると語った。

(24)「2ちゃんねるに書き込む多くの人は、愚かです」と、言って、西村氏は、必ず立て続け
に攻撃を引き寄せる人を除いて、多くの2ちゃんねるの常連なら同意するであろう発言を
行った。「彼らは、それについて書くことによって世界を変えることはできません。彼らが、本
当にインパクトを与えたければ、他のことがあり、それを彼らは実行している可能性もありま
す」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。