語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-05-01)

2004/05/01

 2004-05-01
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

       【英文記事より】 (無料版)  〈No.108〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

********************************************************
The New York Times          (2004-04-23)
http://www.nytimes.com/2004/04/23/international/asia/23JAPA.html

日本人人質、解放後に受ける苦難
THE HOSTAGES
Freed From Captivity in Iraq, Japanese Return to More Pain
By NORIMITSU ONISHI
********************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) TOKYO, April 22 -- The young Japanese civilians taken hostage in Iraq 
returned home this week, not to the warmth of a yellow-ribbon embrace but to a 
disapproving nation's cold stare.

(2) Three of them, including a woman who helped street children on the streets of 
Baghdad, appeared on television two weeks ago as their knife-brandishing 
kidnappers threatened to slit their throats. A few days after their release, they 
landed here on Sunday, in the eye of a peculiarly Japanese storm.

(3) "You got what you deserve!" read one hand-written sign at the airport where 
they landed. "You are Japan's shame," another wrote on the Web site of one of 
the former hostages. They had "caused trouble" for everybody. The government, 
not to be outdone, announced it would bill the former hostages $6,000 for air 
fare.

(4) Beneath the surface of Japan's ultra-sophisticated cities lie the hierarchical 
ties that have governed this island nation for centuries and that, at moments of 
crises, invariably reassert themselves. The former hostages' transgression was to 
ignore a government advisory against traveling to Iraq. But their sin, in a vertical 
society that likes to think of itself as classless, was to defy what people call here 
"okami," or, literally, "what is higher."

(5) Treated like criminals, the three former hostages have gone into hiding, 
effectively becoming prisoners inside their own homes. The kidnapped woman, 
Nahoko Takato, was last seen arriving at her parents' house, looking defeated and 
dazed from tranquilizers, flanked by relatives who helped her walk and bow deeply 
before reporters, as a final apology to the nation.

(6) Dr. Satoru Saito, a psychiatrist who examined the three former hostages 
twice since their return, said the stress they were enduring now was "much 
heavier" than what they experienced during their captivity in Iraq. Asked to name 
their three most stressful moments, the former hostages told him, in ascending 
order: the moment when they were kidnapped on their way to Baghdad, the 
knife-wielding incident, and the moment they watched a television show the 
morning after their return here and realized Japan's anger with them.

(7) "Let's say the knife incident, which lasted about 10 minutes, ranks 10 on a 
stress level," Dr. Saito said in an interview at his clinic on Thursday. "After they 
came back to Japan and saw the morning news show, their stress level ranked 
12."

(8) To the angry Japanese, the first three hostages ? Nahoko Takato, 34, who 
started a nonprofit organization to help Iraqi street children; Soichiro Koriyama, 
32, a freelance photographer; and Noriaki Imai, 18, a freelance writer interested in 
the issue of depleted uranium munitions -- had acted selfishly. Two others 
kidnapped and released in a separate incident -- Junpei Yasuda, 30, a freelance 
journalist, and Nobutaka Watanabe, 36, a member of an anti-war group ? were 
equally guilty.

(9) Pursuing individual goals by defying the government and causing trouble for 
Japan was simply unforgivable. But the freed hostages did get official praise from 
one government: the United States.

(10) "Well, everybody should understand the risk they are taking by going into 
dangerous areas," said Secretary of State Colin L. Powell. "But if nobody was 
willing to take a risk, then we would never move forward. We would never move 
our world forward.

(11) "And so I'm pleased that these Japanese citizens were willing to put 
themselves at risk for a greater good, for a better purpose. And the Japanese 
people should be very proud that they have citizens like this willing to do that."

(12) In contrast, Yasuo Fukuda, the Japanese government's spokesman offered 
this about the captives' ordeal: "They may have gone on their own but they must 
consider how many people they caused trouble to because of their action."

(13) The criticism began almost immediately after the first three civilians were 
kidnapped two weeks ago. The environment minister, Yuriko Koike, blamed them 
for being "reckless."

(14) After the hostages' families asked that the government yield to the 
kidnappers' demand and withdraw its 550 troops from southern Iraq, they began 
receiving hate mail and harassing faxes and e-mail messages. The Japanese, like 
the villagers in Shirley Jackson's "The Lottery," had to throw stones.

(15) Even as the kidnappers were still threatening to burn alive the three 
hostages, Yukio Takeuchi, an official in the Foreign Ministry, said of the three, 
"When it comes to a matter of safety and life, I would like them to be aware of 
the basic principle of personal responsibility."

(16) The Foreign Ministry, held both in awe and resentment by many Japanese, 
was the okami defied in this case. While Foreign Ministry officials are Japan's 
super elite, the average Japanese tends to regard them as arrogant and 
unhelpful, recalling how they failed to deliver in time the declaration of war 
against the United States in 1941 so that Japan became forever known as a 
sneak-attack nation.

(17) Defying the okami are young Japanese people like the freed hostages, 
freelancers and members of nonprofit organizations, who are traditionally held in 
low esteem in a country where the bigger one's company, the bigger one's social 
rank. They also belong to a generation in which many have rejected traditional 
Japanese life. Many have gravitated instead to places like the East Village in 
Manhattan, looking for something undefined.

(18) Others have gone to Iraq looking to report the true story, since Japan's big 
media outlets have generally avoided dangerous places. (Almost all of them left 
Iraq over the last week on a government-chartered plane, leaving Japan's most 
important military mission since the end of World War II essentially ignored by the 
news media.)

(19) Mr. Yasuda -- who was in the second group of hostages and also described 
the stress of his return as far greater than what he felt during his captivity in 
Iraq -- quit his position as a staff reporter at a regional newspaper to report as 
a freelancer in Iraq.

(20) "We have to check ourselves what the Japanese government is doing in 
Iraq," Mr. Yasuda said during an interview Thursday night. "This is the 
responsibility on the part of Japanese citizens, but it seems as if people are 
leaving everything up to the government."

(21) The okami reacted with fury at such defiance. Some politicians proposed a 
law barring Japanese from traveling to dangerous countries; even more of them 
said that the hostages should pay the costs incurred by the government in 
securing their release.

(22) "This is an idea that should be considered," The Yomiuri Shimbun, Japan's 
biggest daily newspaper, said in an editorial. "Such an act might deter other 
reckless, self-righteous volunteers."

(23) When two freed hostages mentioned wanting to stay or return to Iraq to 
continue their work, Prime Minister Junichiro Koizumi angrily urged them "to 
have some sense."

(24) "Many government officials made efforts to rescue them, without even 
eating and sleeping, and they are still saying that sort of thing?" he said.

(25) The comment was revealing, one that would not likely be heard from the 
United States government. Here, the government is now trumpeting "personal 
responsibility" for those going to dangerous areas -- essentially saying that 
travelers shouldn't expect any help from the government to secure their safety 
or get out of trouble.

(26) Again, no Japanese politician dared to speak out against this idea.

(27) Indeed, Mr. Koizumi's handling of the hostage crisis translated into positive 
evaluations in public opinion polls, and the issue diverted attention from Iraq's 
worsening security situation and the fact that Japan's troops, according to this 
country's war-renouncing Constitution, are supposed to be in a noncombat zone.

(28) Grasping Japan's attitude toward them, the hostages found themselves 
under crushing pressure, Dr. Saito said.

(29) According to him, Mr. Imai, the 18-year-old former hostage, registered a high 
blood pressure reading. Ms. Takato, who had a pulse rate of over 120 beats per 
minute, kept bursting into tears. When the doctor told her she had done good 
work in Iraq, she cried convulsively and said, "But I've done wrong, haven't I?"

(30) On Tuesday, Ms. Takato used the tranquilizers Dr. Saito gave her and finally 
left Tokyo for her hometown in Hokkaido. Ms. Takato, the news media reported, 
expressed fear about returning to her family home, but she may as well have 
been talking about returning to Japan. "I feel like going back home quickly, but I'm 
also afraid of going home."
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 4月22日 東京発 -- イラクに人質に取られていた若い日本の民間人3人は、今週
帰国したが、待っていたのは、黄色いリボンの抱擁ではなく、非難する国民の冷たい視線
だった。

(2) 彼ら3人(バグダッドの通りでストリート・チルドレンを助けた女性を含む)は、2週間前、
ナイフを振り舞わす誘拐犯が、喉を掻き切ると脅迫したときに、テレビに現れた。開放から
数日後、18日に日本の地を踏んだのだが、そこは日本特有の嵐の真っ最中だった。

(3) 彼らが降り立った空港で掲げられた、手書きのプラカードには、「自業自得だ!」と書
かれていた。元人質の一人のホームページには、「お前は、日本の恥だ」と、別の書き込
みが、あった。彼らは、みんなに「迷惑を掛けた」のだった。政府も、負けじと、元人質に航
空運賃6千ドルを請求すると発表した。

(4) 日本の超垢抜けた都会の表面の直ぐ下には、何世紀もこの島国を支配し、そして危
機が訪れる度にいつも存在を主張する、階層的な結束が、横たわっている。元人質の行
き過ぎは、イラクへの渡航の自粛を求める政府の勧告を無視したことだった。しかし、自ら
を階級のない社会だと考えたいタテ社会において、彼らの罪とは、日本で「お上」(文字
通りには「より上にあるもの」)と呼んでいるものに反抗したことであった。

(5) 3人の元人質は、罪人のように扱われて、身を隠し、事実上、自宅に閉じ込められた
囚人となってしまった。誘拐された女性、高遠菜穂子さんは、実家に到着するところが最
後に見られたが、その様子は、打ちのめされたようで、また、精神安定剤の作用によって
放心状態になっているように見えた。そして、彼女が、記者団の前に歩いていき、国民に
対する最後の謝罪として深くお辞儀をするのを助けた、彼女の家族たちが、彼女の側面
も守っている様子だった。

(6) 3人の元人質の帰国後2回彼らを診察した精神科医の斉藤学医師は、彼らが耐え
ているストレスは、彼らがイラクで捕らわれていた間に経験したものより「ずうっと重い」と
語った。元人質たちは、彼から最も緊張した瞬間を挙げるように求められて、三つの瞬間
を時間の経過順に挙げた。まず、彼らが、バクダッドに向かう途中で誘拐されたとき、そし
て、ナイフを振り回された出来事が起こったとき、それから、帰国の翌朝テレビ番組を見
て、彼らに対する日本の怒りを理解したときだと、彼に話した。

(7)「ナイフの出来事は、約10分続いたのですが、それを仮にストレス・レベルの10と仮定す
ると、彼らが帰国して、朝の報道番組を見た後は、彼らのストレス・レベルは、12だったの
です」と、斉藤医師は、22日、彼の診療所でのインタビューで語った。

(8) 最初の3人の人質(イラクのストリート・チルドレンを支援するためにNPOを始めた高遠
菜穂子さん(34)、フリーランスの写真家郡山総一郎さん(32)、劣化ウラン弾に関心を持つ
フリーランス・ライターの今井紀明さん(18))の行動は、怒っている日本人にとっては、身勝
手だった。別の事件で誘拐され、解放された他の2人(フリーランスのジャーナリスト安田純
平さん(30)、反戦団体のメンバー渡辺修孝さん(36))も同様に、有罪だった。

(9) 政府に反抗して、個人の目的を追求し、日本に迷惑を掛けることが、断じて許せな
かったのだ。しかし解放された人質は、ある政府から公式に賞賛を受けた -- アメリカ政
府からだ。

(10) 「そうですねー、すべての人が、彼らが危険な地域に入ることによって負っているリスク
を、理解すべきです。しかし、もし誰も進んでリスクを冒さないならば、我々は決して前進
できないでしょう。我々は、世界を前進させることはできないでしょう」

(11) 「ですから、私は、これらの日本人が、より大きな善、よりよい目的のために、進んで
危険を引き受けたことを喜んでいます。日本国民は、自分たちの中に、このように進んで
そうする国民がいることを誇りに思うべきです」

(12) それに対して、日本政府のスポークスマン、福田康夫官房長官は、捕らわれていた
人々の苦難についてこう言った。「彼らは、自分たちの裁量で行ったのかもしれませんが、
彼らの行動のためにどれだけ多くの人に迷惑を掛けたのか考えなくてはなりません」

 (13) 批判は、最初の3人の民間人が2週間前に誘拐されたほとんど直後から始まった。
小池百合子環境大臣は、彼らを、無謀だと非難した。

(14) 人質の家族が、政府は誘拐犯の要求に従って、イラク南部から550人の部隊を撤
退させることを要求したあとから、彼らは、嫌がらせの手紙、ファックス、e-メールを受け始
めた。日本人は、シャーリー・ジャクソンの「The Lottery(くじびき)」に出てくる村人たちの
ように、日本人は、石を投げなければならなかった。

(15) 誘拐犯が、まだ3人の人質を生きたまま焼き殺すと脅迫していたときでさえ、竹内行
夫外務次官は、3人について、「生命や安全の問題ということになると、私は、彼らに、自
己責任という基本原則を認識してもらいたいと思います」と語っていた。

(16) 外務省(多くの日本人から畏怖と憤慨の両方の気持ちで捉えられているが)が、この
事件で反抗されたお上であった。外務省の高官は、日本の超エリートであるけれども、普
通の日本人は、彼らを、傲慢で不親切だとみなす傾向がある。それは、彼らが、1941年
にアメリカへの宣戦布告の通知を(開戦に)間に合わせることができず、その結果、日本は
永遠に忍び寄って奇襲攻撃をする国として知られるようになったということを思い起すから
だ。 

(17) お上に反抗しているのは、解放された人質たちのような、組織に属さないフリーラン
サーの人たちやNPOのメンバーといった、若い日本人たちである。彼らは、寄らば大樹の
陰の国で、もともと尊敬される程度が低いと考えられている。彼らは、また、多くが伝統的
な日本の生活を拒否してきた世代に属している。多くは、その代わり、漠然としたものを
捜し求めて、マンハッタンのイースト・ビレッジのような場所に引き寄せられた。

(18) 一般的に言って、大手メディアの出先が、危険な場所を避けたので、その他の人々
は、真実の話を報道しようと考えて、イラクへ行ったのだった。(その出先のほとんどすべて
は、第二次大戦後最も重要な日本の軍事ミッションを報道機関が基本的に見捨てた状
態にして、政府がチャーターした飛行機で先週中にイラクを引き上げた。)

(19) 安田さんは、(彼は、人質の二番目のグループにいて、自分の帰国のストレスを、イ
ラクで捕らわれていたときに感じたものより遥かに大きい、と述べた)は、フリーランサーとして
イラクから報道するために地方紙所属の記者の地位を辞していた。

(20) 「我々は、日本政府がイラクでやっていることを自分たちでチェックしなければなりませ
ん。これは、日本の国民の側の責任です。しかし、人々は、すべてを政府に任せきりにし
ているように思われます」と、安田さんは、22日の夜、インタビューで語った。

(21) お上は、そのような反抗に激怒で応えた。政治家の中には、日本人が危険な国へ
旅行することを禁止する法律を提案した者もいた。さらに多くの政治家が、人質たちは、
彼らの解放を確保するために政府が負担したコストを支払うべきである、と発言した。

(22) 「これは、検討されるべき考えである。そのような法令は、他の無謀な、独りよがりの
ボランティアを抑止するかもしれない」と、日本最大の日刊紙、読売新聞は、社説で述べ
た。

(23) 解放された二人の人質が、仕事を続けるためにイラクに留まりたいあるいは戻りたい
と述べたとき、小泉純一郎首相は、怒って、彼らに分別を持つように強く促した。

(24) 「多くの政府職員が、寝食さえ忘れて彼らを救うために努力しました。彼らは、まだそ
んなことを言っているんですか?」と彼は、語った。

(25) そのコメントは、意味の深いものであり、アメリカ政府からは恐らく聞かれたくないコメン
トだった。ここで、日本政府は、今、危険な地域へ行く人たちの「自己責任」を吹聴して
いる。要は、旅行者は、政府に対して彼らの安全を確保するためや難を逃れるためのい
かなる支援も期待すべきではないと言っているわけである。

(26) ここでもやはり、日本の政治家は、誰も敢えてこの考えを非難しなかった。

(27) 実際、小泉首相の人質事件への対処は、各種世論調査でプラスの評価になって
現れた。そして、その問題は、次の点から注意を逸らすことになった。つまり、イラクの悪化
する治安情勢と、この国の戦争を放棄している憲法によれば、日本の部隊は非戦闘地
域にいることになっているという事実から、である。

(28) 人質たちは、自分たちに対する日本の態度を理解して、自分たちが激しいプレッ
シャーを受けていると自覚している、と斉藤医師は、語った。

(29) 彼によれば、18歳の元人質、今井さんは、血圧が高い値を示した。高藤さん(彼女
の脈拍は、毎分120以上を示した)は、急に泣き出す状態が続いた。同医師が、彼女
に、あなたは、イラクでよい仕事をしましたねと言ったところ、彼女は、泣きじゃくり、「でも、
私は悪いことをしたんでしょう?」と言った。

(30) 20日に、高藤さんは斎藤医師が彼女に与えた精神安定剤を飲んで、やっと北海道
の故郷に向けて東京を発った。報道機関は、高藤さんが、自宅に戻るのが怖いと語った
と伝えたが、彼女は、帰国についてそう言っておいたほうがよかった。「直ぐに帰国したい気
がします。でも帰国するのが怖いです」と。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。