語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-04-24)

2004/04/25

 2004-04-24
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

        【英文記事より】 (無料版)  〈No.107〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The Washington Postの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************************************************
The Washington Post    (2004-04-06)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A53056-2004Apr5.html

日本企業の復活:ハイエンド製品に特化
Luxury Electronics Power Japan's Recovery
New Factories Reflect High-End Focus
By Anthony Faiola
*******************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) KAMEYAMA, Japan -- This ancient resting stop on the western road to 
Tokyo once impressed weary travelers with sweeping vistas of jade-colored hills 
sloping gently toward Pacific shores. But another dramatic view has suddenly 
emerged on Kameyama's horizon: a glistening panorama of new factories and 
construction sites dubbed Japan's Crystal Valley.

(2) In one of the most visible signs of this nation's long-awaited economic 
recovery, Japan's high-tech titans blasted a vale out of the mountains here over 
the past two years, creating a massive new center for the nation's booming liquid 
crystal display industry.

(3) The rise of Crystal Valley, anchored by a three-month-old, $1 billion Sharp 
Corp. plant, underscores a pivotal shift in the world's second-largest economy, 
which has suffered through 13 years of repeated recessions. Brand Japan is 
attempting to revive its fortunes in part by repositioning itself in the global 
marketplace as the Gucci of consumer electronics.

(4) After a decade in which Japanese companies shifted manufacturing to nations 
with cheap labor such as China, the 12 new and expanded factories here are 
churning out LCD flat-screen television sets, electronic components and cellular 
phone panels capable of crystal-clear digital displays. With global demand surging 
for ultra-up-market gadgets, a broad variety of local companies making new 
investments on Japanese soil, including Sharp and Canon Inc., are posting record 
profits.

(5) During the 1960s and 1970s, electronic gadgets made in Japan earned a 
worldwide reputation for being cheaper than American and European products. 
Then they became synonymous with high quality at a reasonable price. Now 
Japan's electronics industry, armed with proprietary technologies aimed at 
improving quality, is seeking to duplicate successes such as Toyota's luxury 
Lexus, banking on the fact that customers will now routinely pay a premium for 
the "Made in Japan" label.

(6) Canon, once known for copiers and Sure Shots, is peddling $10,000 digital 
cameras from a factory on the southern island of Kyushu. In 2003, Sharp 
generated more profits from sales of advanced flat-screen TVs produced in 
Japan than from its regular TV sets, now made in China, Mexico and elsewhere. 
These sets range in price from about $1,000 to $7,000 or more.

(7) "We think this recovery is definitely for real," said Kathy Matsui, chief 
strategist and Japan analyst at Goldman Sachs. "It's pretty clear now that there 
is finally a shake-up in Japanese industry going on, with lower cost 
[manufacturing] going to China. But that's okay, because the highest value-added 
products are staying here and growing, and the brand image of 'Made in Japan' is 
going premium."

(8) The transformation of the economy is far from complete, and Japan faces 
fierce, lower-cost competition from South Korean companies such as Samsung 
Corp. and LG.Philips Displays, already dominant players in flat-screen TVs and 
other high-end electronics. Also, while Japan's unemployment rate has recovered 
slightly -- down to 5 percent from a record high of 5.5 percent in January -- the 
growth of high-end electronics and component manufacturing is unlikely to make 
significant new reductions in unemployment, because such factories rely heavily 
on automation.

(9) Japan's lingering problem with deflation, the continuous drop in prices, is 
steadily lessening, but the economy is still plagued by relatively weak domestic 
demand. That, plus tough access to credit and the slow pace of structural 
reforms, continues to weigh down the economy.

(10) "There is a recovery, but if it's sustainable or not is debatable," said Richard 
Jerram, chief economist with ING Financial Markets in Tokyo. "There is still no 
movement in Japan's basic unwillingness to make meaningful reform."

(11) Nevertheless, a growing number of financial analysts argue that Japan has 
reached a turning point, one that could reposition Asia's economic powerhouse as 
a vital engine of global growth.

(12) For fiscal 2003, which ended last week, Japan's Nikkei 225 stock index 
jumped 46.9 percent, the fourth-largest increase since World War II. The 
economy has now grown in every quarter for the past 12 months, outpacing both 
the United States and Europe during the three months that ended in December. 
Gross domestic product rose at an annualized 6.4 percent during the last three 
months of 2003, the biggest rise since the second quarter of 1990, right before 
the economy plunged into a disastrous tailspin as share prices and real estate 
values collapsed.

(13) The recovery is buoyed by a surge in exports coupled with capital 
investment at home. Exports to China soared 33.2 percent to $62.5 billion in 
2003. In the midst of major infrastructure projects, the sizzling Chinese economy 
is sucking up steel and heavy machinery almost as fast as Japanese factories 
can produce them, helping to boost overall exports by 4.7 percent in 2003 to 
$514.6 billion.

(14) "You can't minimize the impact of China," said Kunio Noji, senior executive 
officer of Komatsu Ltd. Sales of its heavy cranes and bulldozers rose 11.8 
percent in the past year, fed by China's 9.1 percent economic growth rate. "But 
we also cannot count on linking the economic future of Japan too closely to 
China's growth. The Japanese economy is still far bigger, and it needs to change 
independently, repositioning itself globally," he said. "There is no way Japan can 
compete with South Korea and Taiwan on price. . . . We need to have a superior, 
value-added product."

(15) During the 1990s, Japanese companies helped fuel China's growth by shifting 
production there. Now, they are beginning to plug the hole in the manufacturing 
sector at home with what economists are calling the new divine vessels of the 
economy -- digital cameras, liquid crystal display TVs, DVDs and high-end cellular 
phones.

(16) Industrial output by Japanese companies is at its highest level in three 
years, with an estimated 100 new or expanded factories opening in the past year 
and a 24.6 percent surge from fiscal 2002 to 2003 in land acquisitions for factory 
expansions or new manufacturing plants, according to analyst reports and 
government data. The growth spurt is partially linked to consumer electronics; 
cellular phone production alone jumped 28.8 percent in 2003, contributing 7.2 
percent of Japan's overall increase in industrial production. Digital camera 
production jumped 48.4 percent, adding 4.7 percent to industrial output, 
according to government statistics.

(17) The emphasis on premium products, analysts said, is particularly important 
considering the surging yen, which is now near 31/2-year highs against the dollar 
and which has made Japanese exports less competitive.

(18) Electronics giant Canon is an example of the shift to pricier products with 
higher profit margins. Canon opened its first Chinese factory in September 1989; 
today it has six production sites with almost 15,000 employees there. While 
Canon will continue to shift production overseas for less expensive and complex 
products, it is embarking on a $1.43 billion, three-year investment project in 
Japan -- 80 percent of the company's total capital expenditures until 2006. 
Canon, which is building a factory for high-end digital cameras on the southern 
island of Kyushu, announced plans last month for another new plant north of 
Tokyo for high-end digital copy-fax-printing machines.

(19) Digital cameras now represent three times as much in sales for Canon as 
film cameras, many of which are made abroad.

(20) "We are no longer seeking our source of profitability in low-cost products; in 
Japan, we are now only making digital cameras between 2 million and 11 million 
pixels, the highest quality," Fujio Mitarai, Canon president and chief executive, 
said in an interview. "From Japan, we don't sell cheap products anymore."

(21) At the same time, analysts said, Japanese companies are combining 
top-of-the-line technology with their experience at lowering the price of 
consumer electronics through continuous improvements in productivity.

(22) At Sharp's sprawling new factory in Crystal Valley, for instance, video 
cameras surrounding a corporate campus larger than seven baseball stadiums 
guard what the company views as a major breakthrough in LCD-screen 
technology. Sharp has developed a new method to more cheaply cut larger 
sheets of LCD-screen glass, which has shaved at least 10 percent off the sale 
price of flat-screen TVs.

(23) Overall, Japanese companies are making the decision that this nation, with 
extremely high labor costs, should no longer be in the business of making many 
lower-tech products at home. Sharp, for example, plans to cease selling tube 
televisions in Japan next year, marketing only locally made flat-screen models on 
the home islands.

(24) To date, the largest market for flat-screen TVs has been Japan itself, with 
its culture of early adopters of technology who are more willing to drop large 
sums on the latest gadgets. In the United States, experts said, the price for 
flat-screen TVs will need to come down substantially before they become 
common in American homes.

(25) But Japanese companies such as Sharp insist that because only about 2 
percent of TV owners worldwide have flat-screen TVs, the market is ripe.

(26) "This is Japan's great opportunity. Now is the time for Japan to take 
advantage of our technological edge," Zempei Tani, senior executive vice 
president at Sharp, said in an interview. "In the world of PCs, Microsoft and Intel 
controlled the market, but now, there is a new and much bigger market forming 
for products such as flat-screen TVs. Japanese makers have that very 
technology, and we are now in the middle of a fight for hegemony."

(27) The trickle-down effect of investments by Sharp and others is crystal-clear 
in this sprawling new center of LCD technology. In the region around Kameyama, 
a town of 8,000 located about 190 miles southwest of Tokyo, and whose main 
street is lined with 100-year-old wood-frame houses and storefronts, about 
2,400 jobs related to the new plants have been created in the past two years, 
according to city officials. The town's first high-rise apartment building, a 
nine-story condo, is now going up, part of a mini-surge in housing. Two hotels and 
three taxi companies opened in Kameyama over the past year.

(28) "We've got a big chance to ride the momentum of the recovery," said 
Akihiko Noro, governor of Mie prefecture, where Kameyama is located. "The 
Japanese economy is picking up, with the recovery more broad than before. 
We're trying to make the most of this opportunity."

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 亀山(日本)発 -- 西から東京へ向かう道沿いにある、この古い宿場は、太平洋岸へ
向かって緩やかに傾斜する翡翠色の丘から見える広大な眺望で、かつて疲れた旅人を、
感動させた。しかし、別のドラマチックな眺めが、突然亀山の水平線上に現れた。日本の
クリスタル・バレーと呼ばれる新工場群と建設現場のきらきら光るパノラマである。

(2)日本のハイテクの巨人が、ここの山中から谷を爆破して潰し、同国の好況に沸く液晶
表示装置産業用に大規模な新しいセンターを創った。それは、この国の長く待たれた景
気回復の、最も目に見える兆候の一つである、

(3) クリスタル・バレー(3ヶ月前に10億ドルを掛けて完成したシャープの工場によってがっち
り支えられている)の立ち上げは、世界第2の経済圏における極めて重要な転換を浮き
彫りにしている。日本は、たびたび訪れた不況の13年の間、ずっと苦しんできた。日本とい
うブランドが、自らを、家電のグッチとして、世界市場で位置づけ直すことを一つの方法に
して、その富を復活させようとしている。

(4) 日本企業は、10年にわたり、中国のような労働力の安い国々に生産を移したが、そ
の10年を経て、ここにある12棟の新しい工場や拡張した工場は、液晶薄型テレビ、電子
部品、くっきりとデジタル表示ができる携帯電話の表示盤、を量産している。超高級な小
型家電に対する世界的な需要の高まりを背景に、日本国内に新しく投資をしている広
い範囲の地元企業(シャープやキャノンを含め)が、記録的な利益を達成している。

(5) 1960年代と1970年代に日本製の小型家電製品は、アメリカやヨーロッパの製品より
安いことで世界的な評判を獲得した。それ以来、それは、値段も手ごろで高品質という
言葉と同義語になった。今や、日本のエレクトロニクス産業は、品質改善に狙いを定めた
独自技術で武装し、顧客が、今や「日本製」のレッテルにプレミアムを日常的に払うであ
ろうという事実を頼りに、トヨタの高級車レクサスのような成功を再現しようとしている。

(6) キャノン(かつて、複写機やSure Shot(注:Canonの外国向け商品シリーズ名)で知ら
れた)は、九州という南の島にある工場で製造された1万ドルのデジタル・カメラを売ってい
る。2003年にシャープは、日本で生産された新型薄型テレビの販売から、現在中国やメ
キシコなどで生産されている普通のテレビ以上の利益を上げた。これらの製品の価格は、
約千ドルから7千ドルあるいはそれ以上の範囲に広がっている。

(7)「私たちは、この景気回復は、間違いなく本物だと思います。ようやく日本の産業の大
改革が進行しているということが、今や、極めて明らかです。より低コストを求める製造業
は中国に行く、という状況を背景にしてですが。でも、それでよいのです。その訳は、最高
の付加価値を付けた製品は、国内にとどまって成長を続け、「日本製」のブランド・イメー
ジが、プレミアムになりつつあるからです」と、ゴールドマン・サックスのチーフ・ストラテジストで
日本アナリストであるKathy Matsui氏は、語った。 

(8) 経済の変貌は、完了には程遠く、日本は、既に薄型テレビや他のハイエンドな電気
製品で優勢なプレーヤーである、Samsung やLG.Philipsのような韓国企業からの、熾烈
な、コスト引き下げ競争に直面している。さらにまた、日本の失業率は、1月の5.5%という
記録的な高さから5%に下がり、わずかながら改善したが、ハイエンドな電気製品と部品の
生産の伸びが、失業の新たな減少を著しいものにしそうにはない。それは、そのような工
場が、オートメーションに依存する所が大きいからである。

(9) 物価の絶えざる下落であるデフレについて日本の長引いている問題は、着実に縮小
しつつあるが、日本経済は、比較的弱い国内需要によってまだ悩まされている。それと、
貸し渋り、構造改革のスロー・ペースが、同経済を圧迫し続けている。

(10) 「回復はしていますが、それが、持続可能であり、議論の余地がなくても、まだ、大き
な改革をするのを嫌う日本の基本的な姿勢に変更がありません」と、INGフィナンシャル・
マーケッツ(東京)のチーフ・エコノミスト、Richard Jerram氏は、語った。

(11) それでもなお、ますます多くのフィナンシャル・アナリストたちが、日本は、転換点に達
した、つまり、世界の成長の極めて重要なエンジンとして、(日本という)アジア経済の原動
力を位置づけ直すことができる点に達した、と主張している。

(12) 先週終了した2003年度中に、日本の日経(225種)平均は、第二次世界大戦以
来4番目となる46.9%の上げ幅を記録した。同経済は、今や、過去12ヶ月間四半期毎に
成長して、10月〜12月期の3ヶ月間にアメリカとヨーロッパのいずれをも凌いだ。GDPの成
長率は、2003年の最後の3ヶ月に、年率換算で6.4%を記録した。それは、株価と不動産
価格が暴落したために同経済が悲惨なきりもみ状態に落下する直前の、1990年の第2
四半期以来最大の上昇である。

(13) 景気回復は、国内設備投資と連動した輸出の急増によって支えられている。中国
向け輸出は、2003年に33.2%も急増し、625億ドルになった。過熱する中国経済は、主
要なインフラ計画の真っ只中で、鉄鋼や重機械を、日本の工場がそれらを生産できる速
さとほとんど同じ速さで吸い尽くしており、2003年に(日本の)輸出全体が4.7%増加し、5
千146億ドルになることに貢献した。

(14) 「中国の影響を軽視することはできません」と、小松製作所の上級執行役員ノジ・ク
ニオ氏は語った。大型クレーンやブルドーザーの売り上げは、中国の9.1%の経済成長率に
助けられ、過去1年に11.8%伸びた。「しかし、我々は、日本経済の未来を中国の成長と
あまりに過度にリンクさせることを当てにもできません。日本経済は、まだ遥かに巨大なの
です。それは、自らの世界的な位置付けをし直して、他に依存しないで変わる必要があ
ります。日本が、韓国や台湾と価格競争できるという見込みはありません…。我々は、優
れた付加価値の高い製品を持つ必要があるのです」と、彼は、語った。

(15) 1990年代に、日本企業は、生産を中国へ移すことによって、中国の成長促進を助
けた。現在、彼らは、国内の製造業部門の穴を、エコノミストの所謂日本経済の新しい
神器、つまり、デジタル・カメラ、液晶テレビ、DVD、ハイエンドな携帯電話で、塞ぎ始めて
いる。

(16) アナリストのレポートや政府の資料によれば、昨年、およそ100件の新設工場あるい
は拡張工場が操業を始め、また、工場新設や工場拡張のための土地買収が、2002年
度から2003年にかけて、24.6%も急増し、日本企業の工業生産高は、今、過去3年の
最高水準にある。成長の急伸は、一部は、家電製品に関連している。携帯電話の生
産だけで、2003年に28.8%も急増し、日本の全工業生産の増加に7.2%貢献した。デジ
タルカメラの生産は、政府統計によれば、48.4%も急増し、工業生産高に4.7%を加えた。

(17) プレミアムのついた製品に重点を置くことは、円高(対ドル円相場は、現在、3年半
ぶりの高値近辺にある。円高が、これまで、日本の輸出の競争力を削いできた。)を考慮
すると、特に重要である、とアナリストたちは、語った。

(18) エレクトロニクスの巨人、キャノンは、より大きい利幅のある、より値段の高い製品へ
転換した実例である。キャノンは、1989年9月に最初の中国の工場を開始した。今日、
同社は、現地に、ほぼ1万5千人の従業員を擁する6箇所の生産拠点を有している。
キャノンは、より安くて、より簡単な製品の生産を海外に移し続けている一方で、同社
は、日本で、14億3千万ドルに達する、2006年に終了する3ヵ年投資計画(同社の全設
備投資の80%に上る規模)に乗り出している。キャノンは、今、九州という南の島でハイエ
ンドなデジタル・カメラの工場を建設中であるが、先月、ハイエンドなデジタル・コピー・ファッ
クス・プリンター複合機向け新工場を東京の北方に別に建設する計画を発表した。

(19) キャノンのデジタル・カメラの売上高は、現在、フィルム・カメラの3倍である。フィルム・
カメラの多くは、海外で生産されている。

(20) 「我々は、もはや、コストの低い製品に収益性の源泉を求めてはいません。日本で
は、今、200万画素から最高品質の1千100万画素までのデジタル・カメラだけを作ってい
ます。日本からは、もはや、安い製品は売りません」と、キャノン社長でありCEOの御手洗
富士夫氏はインタビューで語った。

(21) 同時に、アナリストたちは、日本の企業は、特定ラインの最高技術と、生産性の絶
えざる改良により家電の価格を引き下げた経験を兼ね備えている、と語った。

(22) たとえば、シャープのクリスタル・バレーにある不規則に広がっている新しい工場では、
野球場7個分より大きい会社の敷地を取り囲むビデオ・カメラが、同社が液晶画面技術
の大発見と考えている物を警備している。シャープは、液晶画面ガラスからもっと大きな画
面をもっと安くカットする新技術を開発したところだ。それは、薄型テレビの販売価格を少
なくとも10%削減してしまう。

(23) 全体として、日本企業は、労働コストが極めて高いので、国内で、よりロー・テクの製
品を生産する事業は、もはや、継続すべきでない、という決定をしている。たとえば、
シャープは、来年、国内では、地元で生産した薄型テレビだけを市場に出し、日本でブラ
ウン管式テレビを販売することを止める計画である。

(24) 今までのところ、薄型テレビの最大の市場は、最新の小型製品に喜んで高い金額を
払う、新しい技術好きの文化を持っている日本自身であった。アメリカでは、薄型テレビを
家庭に普及させるためには、その価格をしっかりと下げる必要がある、と専門家たちは、
語った。

(25) しかし、世界中のテレビ保有者のわずか約2%しか、薄型テレビを持っていないから、
その市場の機は熟しているのだ、とシャープのような日本企業は、主張する。

(26)「これは、日本の、絶好のチャンスです。今や日本が、自分たちの先端技術を利用
する時なのです。パソコンの世界では、マイクロソフトとインテルが市場を支配しました。し
かし、今や、薄型テレビのような製品の、新しいそして遥かに大きな市場が、できつつあり
ます。日本のメーカーは、まさしくそのような技術を持っています。そして、我々は、今や、
覇権を目指す戦いの真っ只中にいるのです」と、シャープの谷善平取締役副社長は、イ
ンタビューで語った。

(27) シャープその他による投資の副次的効果は、この不規則に広がる液晶表示技術の
センターで、非常に明瞭である。亀山一帯、つまり、東京の約190マイル南西に位置し、
そのメインストリートには、築100年の木造民家と店が並ぶ、人口8千人の町に、市の職
員によると、その新しい工場に関わる約2千400の雇用が、過去2年間に創出された。同
町初の高層アパート建築である9階建てのマンションが、今、建設中で、ミニ・スケールの
住宅急増の一環になっている。過去2年で、ホテル2軒とタクシー会社3社が、亀山に新
しくできた。

(28) 「我々は、景気回復の機運に乗る、大きなチャンスを持っているのです。景気回復
が以前より広がっている状況であり、日本経済は、上向きつつあります」と、野呂昭彦三
重県知事は、語った(亀山は、三重県にある)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。