語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-04-10)

2004/04/11

 2004-04-10
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

  【英文記事より】 (無料版)  〈No.105〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*****************************************************
The New York Times       (2004-04-03)
http://www.nytimes.com/2004/04/03/international/asia/03MISS.html

日本のミサイル防衛により、勢力均衡に変化
Japan Support of Missile Shield Could Tilt Asia Power Balance
By NORIMITSU ONISHI
*****************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) TOKYO, April 2 -- As the United States races to erect a ballistic missile 
defense system by the end of the year, it is quietly enlisting Japan and other 
allies in Asia to take part in the network, which could reshape the balance of 
power in the region.

(2) Last week, a few days after the United States Navy announced that it would 
deploy a destroyer in September in the Sea of Japan as a first step in forming a 
system capable of intercepting missiles, Japan's Parliament approved spending $1 
billion this year to start work on a shield that would be in place by 2007.

(3) On Wednesday, the Pentagon said it would sell Taiwan $1.78 billion in radar 
equipment to increase the nation's ability to detect ballistic missiles. Australia 
decided in December to join the United States-sponsored system, and American 
officials are holding talks with India.

(4) But the network will eventually require the sharing of critical information and 
coordination among its members, which could split Asian nations into two camps: 
those inside and those outside the system. Those inside the system say the 
shield will be a defense against the missile buildup by nations like China and North 
Korea; those outside say it will destabilize the region and start an arms race.

(5) China, already displeased with Japan's decision, said Thursday that the radar 
sale to Taiwan sent the "wrong message," and it reiterated its opposition to 
America's selling "advanced weapons" there. The United States has vowed to 
protect Taiwan against an attack by China, which has 500 missiles pointed at the 
island.

(6) North Korea said Thursday that the Navy's deployment of the destroyer was 
preparation for war and part of its "attempt to dominate the Asia-Pacific 
region." Indonesia, which does not have ballistic missiles, has said Australia's 
decision could also ignite an arms race.

(7) For Washington, getting its allies aboard makes it easier politically and 
financially to push ahead with a system that critics have described as too costly 
and unproven. President Bush, who withdrew from the 1972 Antiballistic Missile 
Treaty, made a missile defense shield a campaign promise in 2000.

(8) In Europe, Britain has signed on, but interest there has been generally tepid 
compared with the reception in Asia, where the missile buildup in China and North 
Korea, and the proliferation of nuclear technology from Pakistan, are driving the 
rise in the region's military spending.

(9) Japan's role in missile defense is particularly significant because deployment 
could force it to alter long-held pacifist practices and re-examine its 
Constitution.

(10) The immediate threat for Japan comes from North Korea, which launched a 
missile in 1998 that flew over Japan before it fell into the sea. North Korea has 
ballistic missiles that could easily strike Japan. China's successful launching of a 
manned space capsule last year and the increasingly frequent movement of 
Chinese naval vessels near Japan's territorial waters have also unnerved the 
Japanese.

(11) Japan has stressed the North Korean threat, trying to persuade a skeptical 
China that the shield would be purely defensive.

(12) Howard Baker, the United States ambassador to Japan, acknowledged that a 
shield would rob missile-armed nations of offensive power and could encourage 
the development of shield-piercing missiles, but he said it would not destabilize 
Asia.

(13) "Missile defense is a unique military concept," Mr. Baker told reporters here 
on Friday. "It is inherently incapable of offensive operation. It is purely defensive. 
And therefore I don't think anybody should be concerned about it."

(14) Japan would spend $10 billion in this decade to develop a two-layer shield. In 
the 10 minutes or so that it would take a ballistic missile fired from North Korea 
to reach Japan, one of Japan's advanced destroyers with the Aegis weapons 
system would try to intercept it by firing ship-to-air missiles. If that failed, 
Patriot missiles based around key cities would have a second chance to knock 
down the enemy missile.

(15) To build the shield, Japan plans to modify its four Aegis destroyers by adding 
the interceptor, the Standard Missile-3, and by purchasing 16 new versions of 
the Patriot missiles. To track incoming missiles, Japan would rely on intelligence 
from United States satellites, but it also plans to construct a land-based radar 
network and a command and control system.

(16) In the last two years, the United States has conducted five tests of its 
Aegis-based Standard Missile-3, completing four successfully. The United States 
and Japan are expected shortly to conduct joint tests of an upgraded version of 
the missile that would incorporate four components developed together: an 
infrared seeker, kinetic warhead, rocket motor and nose cone.

(17) The first joint test is to take place in late 2005, followed by another in early 
2006, said Lt. Cmdr. Alvin Plexico of the Navy, a spokesman for the Defense 
Department.

(18) The production of these components -- and the likelihood that they will 
eventually be sold to other nations joining the network -- could force Japan to 
abandon one of the cherished tenets of its postwar pacifism: a ban on arms 
exports. Although Japan has long had one of the world's largest military budgets, 
its arms industry has been barred from exporting since 1967.

(19) Shigeru Ishiba, Japan's defense minister, who has publicly floated the idea of 
rescinding the ban, said Japan would not become a "merchant of death, selling 
weapons all over the world to make huge profits." But he added that there might 
be components that could be produced only in Japan.

(20) "We don't know how things will turn out yet," he said.

(21) Another necessary change might be a redefinition of Japan's concept of 
collective self-defense. Japan has maintained that it has that right, but chooses 
not to exercise it because it is not allowed under its Constitution, which was 
imposed by the United States during the postwar occupation.

(22) The government has argued that intercepting a missile aimed at Japan 
amounts to a pure act of self-defense and emphasizes that the shield will be a 
Japanese one. But others point out that Japan will be part of a system linking 
the continental United States and other friendly nations.

(23) Complicated situations can also arise: How does Japan react if United 
States naval vessels in international waters are attacked, or if another country in 
the network is attacked?

(24) Hideaki Kaneda, director of the Okazaki Institute here and a former admiral 
in the Self-Defense Force, said adopting missile defense, like sending troops to 
Iraq, was evidence of Japan's fundamental rethinking of its security and its desire 
to become a more active partner in the security alliance with the United States.

(25) "Japan will protect U.S. troops stationed in Japanese territory" against a 
missile attack, Mr. Kaneda said. "This would make the nature of the Japan-U.S. 
alliance more mutually responsible."

(26) The United States had been urging Japan to adopt missile defense at least 
since 2002, but Tokyo had hesitated until late last year, mainly out of fear of 
upsetting China, said Robyn Lim, a professor of international relations at Nanzan 
University in Nagoya, Japan.

(27) "The United States's message was that it could build missile defense with or 
without Japan," Ms. Lim said.

(28) In an Asia still suspicious of Japan, missile defense is the safest way to 
accommodate Japan's new security interests, Ms. Lim said, especially when talk 
of acquiring nuclear weapons is no longer the taboo it was only a few years ago.

(29) "The Japanese are going to have to tackle the nuclear issue and the threat 
from North Korea one way or another," she said. "For China and the rest of 
Asia, it's better for Japan to do this within the framework of the U.S.-Japan 
security alliance."

(30) In a meeting with Mr. Ishiba in Beijing in September, China's defense minister, 
Cao Gang Chuan, warned that Japan's adoption of an antimissile system would 
disrupt the global strategic balance and set off an arms race.

(31) An effective shield would challenge China's military power by curbing the 
effectiveness of its missiles, which can now strike Taiwan or American forces 
stationed in Okinawa and elsewhere.

(32) Russia said in February that it was developing a so-called hypersonic missile 
technology capable of piercing the United States' system.

(33) But Mr. Ishiba said he did not believe that a shield would encourage other 
countries to develop missiles that would defeat the system. "If you launch a 
missile and it gets shot down," he said, "you give up missile production."
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 4月2日 東京発 -- アメリカが、年末までに弾道ミサイル防衛システムを構築しよう
と急いでいる中、日本と他のアジアの同盟国に静かにその防衛網に参加するよう協力を
要請している。同防衛網は、同地域の勢力の均衡を改変する可能性がある。

(2) 先週、アメリカ海軍が、ミサイル迎撃が可能なシステムを作る第一歩として9月に日本
海にイージス艦を配備すると発表したその数日後に、日本の国会は、2007年までに配
備するシールド(盾)に関する作業を始めるために、今年10億ドル支出することを承認し
た。

(3) 先月(3月)31日に、国防省が、台湾の弾道ミサイル探知能力向上のために、17億8
千万ドル相当のレーダー施設を同国に売却すると述べた。オーストラリアは、12月にアメリ
カの支援するシステムに参加することを決めた。アメリカ政府高官は、インドと交渉してい
る。

(4) しかし、同防衛網は、結局そのメンバー国の中で重要情報と調整を共有することを
必要とする。それが、アジア諸国を、二つの陣営、つまり、そのシステムの中の国と、その外
の国に分ける可能性がある。そのシステムの中の国々は、そのシールドは、中国や北朝
鮮のような国によるミサイル増強に対する防衛であると言う。その外の国々は、それが、地
域の不安定化を招き、軍拡競争を始めさせると言う。

(5) 中国(既に日本の決定に対して不快感を表明している)は、今月1日、台湾へのレー
ダーの売却は、「誤ったメッセージ」を送った、と述べ、アメリカによる台湾への「新型兵器」
の売却に対する反対を改めて表明した。アメリカは、中国からの攻撃に対して台湾を守
ると断言した。中国は、台湾に標的を合わせた500基のミサイルを保有している。

(6) 北朝鮮は、今月1日、アメリカ海軍によるイージス艦の配備は、戦争の準備であり、ア
メリカがアジア太平洋地域を支配しようという企ての一環である、と述べた。インドネシア
(弾道ミサイルを保有していない)は、オーストラリアの決定は、軍拡競争に火を点ける可
能性もあると述べた。

(7) ワシントンにとっては、その同盟に参加すれば、批判派がカネがかかり過ぎるし(効果
が)証明されていないと評したシステムの推進が、政治的経済的に、より容易になる。ブッ
シュ大統領(彼は、1972年のABM条約を離脱した)は、ミサイル防衛シールドを2000年
の大統領選挙の公約にした。

(8) ヨーロッパでは、イギリスが、参加を約束した。しかし、そこでの関心は、一般的に言っ
てアジアでの受容に比べて、低調である。アジアでは、中国と北朝鮮のミサイル増強とパ
キスタンからの核技術の流失が、同地域の軍事費の上昇を促進している。

(9) ミサイル防衛における日本の役割は、特に重大である。配備によって、日本が、長く
維持されてきた平和的なやり方を変えて、憲法を再検討するようになる可能性があるか
らだ。

(10) 日本にとっての差し迫った脅威は、北朝鮮から生じている。北朝鮮は1998年にミサ
イルを発射した。ミサイルは日本上空を飛び越えて海に落ちた。北朝鮮は、日本を容易
に攻撃できる弾道ミサイルを保有している。昨年の中国による有人宇宙カプセル打ち上
げ成功と日本の領海近辺における中国海軍艦艇のますます頻繁な展開もまた、日本
人の神経を高ぶらせている

(11) 日本は、疑いを抱く中国に、そのシールドが純粋に防衛的なものであることを説得し
ようとして、北朝鮮の脅威を強調している。

(12) ハワード・ベーカー駐日アメリカ大使は、シールドは、ミサイルで武装された国々から
攻撃力を奪い、シールド突破ミサイルの開発を促進しうることを認めた。しかし、彼は、
シールドが、アジアを不安定化することはない、と語った。

(13) 「ミサイル防衛は、類のない軍事上の考え方です。それは、本質的に攻撃的な軍
事行動ができません。純粋に防衛的です。ですから、誰もそれを心配するはずがないと思
います」とベーカー氏は、2日、当地の記者団に語った。

(14) 日本は、二層のシールドを開発するために、北朝鮮が、これから10年間に100億ド
ルを支出するであろう。北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に到達するのに要する
10分かそこらの時間の間に、イージス兵器システムを備えた日本の最新式駆逐艦の一
隻が、艦対空ミサイルを発射して、それを迎撃しようとするだろう。もしそれが失敗しても、
重要都市に配備されたパトリオットミサイルが、敵のミサイルを打ち落とす第二のチャンスを
持つだろう。

(15) そのシールドを築くために、日本は、スタンダード・ミサイル3型という迎撃ミサイルを加
え、そして、新型のパトリオット・ミサイルを16基購入して、4隻のイージス艦を改修する計
画である。侵入してくるミサイルを追尾するために、日本は、アメリカの衛星からの情報に
依存するが、日本は、地上配備のレーダーネットワークと指令制御システムをも構築する
計画を有している。

(16) 過去2年間に、アメリカは、イージス艦に搭載するスタンダード・ミサイル3型のテストを
5回行い、4回成功した。アメリカと日本は、間もなく、同ミサイルの改良型の共同テストを
実施すると考えられている。それは、赤外線追尾装置、速動的な弾頭、ロケットエンジ
ン、円錐形先端部という、一緒に開発された4つの部分から構成されるだろう。

(17) 最初の共同テストは2005年後半に行われ、続いて2006年にもう一度行われる予
定である、と国防省スポークスマンのAlvin Plexico海軍少佐は、語った。

(18) これらの構成部分の生産 -- と、それらが、防御網に参加する他の国々に結局は
売却されうるという可能性 -- によって、日本が、戦後大切にされてきた平和主義の信
条の一つ、すなわち、武器輸出の禁止を、捨てることになることもありうる。日本は、長い
間世界の最大軍事予算を持つ国の一つであったが、日本の兵器産業は、1967年以降
輸出を禁じられている。

(19) 日本の石波茂防衛庁長官は、公にその禁止令を撤廃するという考えを表明したの
だが、日本は、莫大な利益を上げるために、世界中に兵器を売って死の商人になるつも
りはないと語った。しかし、彼は、日本だけでしか生産することができない構成部分がある
かもしれないと言い添えた。

(20) 「私たちは、事態がどういう結果になるのかまだ分かりません」と、彼は、語った。

(21) もう一つの必要な変更は、日本が考えている集団的自衛概念の再定義かもしれな
い。日本は、これまで、その権利を有しているが、それを行使しないことを選択しているの
だ、その理由は、憲法上それが許されないからだ、と主張してきた。日本国憲法は、戦
後の占領中にアメリカによって押し付けられたものである。

(22) 日本政府は、日本に向けられたミサイルを迎撃することは、純粋に自衛的行為にな
ると主張し、同シールドは、日本を守るシールドである、と強調している。しかし、日本が、
大陸アメリカと他の友好国とを繋ぐシステムの一環になると指摘している人々もいる。

(23) 複雑な状況も起こりうる。たとえば、もし、アメリカ海軍艦艇が、公海上で攻撃を受
けたり、防御網に入っている別の国が、攻撃されたら、日本は、どのように対処するの
か? 

(24) 東京の岡崎研究所の特別研究員で元自衛隊海将の金田秀昭氏は、ミサイル防
衛の導入は、イラクへの部隊派遣と同様、日本が安全保障を抜本的に考え直し、アメリ
カとの安保体制においてより積極的なパートナーになりたいと願っている証拠であると、
語った。

(25) 「日本は、日本の領土に駐留している米軍をミサイル攻撃から守ります。このこと
は、日米同盟の性格をより相互に責任を負い合うものにするでしょう」と、金田氏は、
語った。

(26) アメリカは、日本に、少なくとも2002年からミサイル防衛の導入を働き掛けてきたが、
東京は、昨年後半まで主に中国に気兼ねしてためらっていた、と日本の名古屋にある南
山大学の国際関係論の教授、Robyn Lim女史は、語った。

(27)「アメリカのメッセージは、日本が協力してもしなくても、アメリカは、ミサイル防衛を構
築できる、ということなのです」と、Lim女史は、語った。

(28)「日本にいまだに疑念を持っているアジアでは、ミサイル防衛は、日本の新しい安全
保障上の利益を受け容れる最も安全な方法なのです。特にほんの数年前にはタブーで
あった核武装の話が、もはやタブーではないときには、です」と、Lim女史は、語った。

(29)「 いずれにせよ、日本人は、核保有の問題と北朝鮮からの脅迫とに取り組まなくて
はならなくなります。中国とその他のアジア諸国にとっては、日本が日米安保体制の枠組
みの中でそうするほうがまだいいのです」と、彼女は、語った。

(30) 北京における昨年9月の石波長官との会談で、曹剛川中国国防相は、日本のミサ
イル迎撃システム導入は、世界の戦略上のバランスを崩し軍拡競争を招くだろう、と警告
した。

(31) 実効性のあるシールドは、中国のミサイルの有効性を抑え込むことによって、中国の
軍事力への挑戦になるだろう。中国のミサイルは、現在、台湾や、沖縄その他駐留の米
軍を攻撃可能である。

(32) ロシアは、2月、アメリカのシステムを突き破ることのできる、いわゆる極超音速ミサイ
ルを開発中である、と述べた。

(33) しかし、石波長官は、シールドが他国による同システム突破可能ミサイルの開発を
促すとは思わない、と語った。「発射したミサイルが打ち落とされると分かっているなら、ミサ
イル製造は、断念するものです」と、彼は、語った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。