語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-04-03)

2004/04/03

 2004-04-03
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

       【英文記事より】 (無料版)  〈No.104〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The Washington Postの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*****************************************************
The Washington Post     (2004-03-26)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A28197-2004Mar26.html

「ハルウララ人気の背景」
And She's Off, Way Off
Japan's Underdogs Cheer Plucky Mare
By Anthony Faiola
*****************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) KOCHI, Japan -- The over-capacity crowd at an oceanside horse track here 
erupted in cheers as Splendid Spring trotted haltingly toward the starting gate 
alongside much larger steeds. Her theme song -- a hot-selling Japanese country 
western ode to the nation's favorite chestnut mare -- boomed over the 
loudspeakers as delighted fans shouted for her to "try your best!"

(2) She took her position, and silence fell over the 13,000-plus throng that 
arrived in this fishing town from all across Japan to watch Splendid Spring's 
106th race. During a less than stellar career, the 8-year-old's hoofs have yet to 
grace the winner's circle, leading to a national outpouring over her remarkable 
losing streak.

(3) On a drizzly afternoon this week, it also brought Japan's most celebrated 
jockey -- Yutaka Take -- to this backwater track. Dressed in a shiny pink shirt, 
he agreed to ride her to bolster the horse's shot at glory. Fans bet a record $1.2 
million that 106 would be Splendid Spring's lucky number -- wagers made, given 
her shorter strides and notorious track record, with hearts, not heads.

(4) "But it doesn't matter if she wins; we are here because she loses and loses 
and yet still gives her all, day after day," said Hidenori Tanaka, 56, an office 
worker in Tokyo, 400 miles to the northeast. "She is like so many Japanese who 
keep trying their best but can't manage to win deserved credit. With the 
recession, the competition in the workplace is getting worse, and there's always 
someone younger, someone faster. But we keep staying in the race anyway, just 
like she does."

(5) Splendid Spring is the little horse that couldn't, and for that, Japan loves her. 
In one of the world's most competitive societies, she has become a national 
phenomenon and the epitome of Japan's ganbare culture, which consoles losers 
by placing an extraordinary value on determination and will regardless of whether 
they take home the gold.

(6) After Kochi's local paper published a story last June on Splendid Spring's 
losing streak, she was quickly hailed as an equine heroine. Since then, thousands 
of Japanese have made pilgrimages to the Kochi Race Course, many on package 
tours.

(7) Millions across the nation have been stricken with Splendid Spring fever, 
scooping up memorabilia including three hot-selling books, DVDs, CDs, dolls, 
stuffed toys, even cellular phone holders. Hello Kitty has become her new 
sponsor. A beer company features the horse in a commercial. TV stations have 
aired documentaries about her life. A full-length movie is in the making.

(8) Even Prime Minister Junichiro Koizumi weighed in on Splendid Spring, whose 
name is Haru-Urara in Japanese. She "gives people hope that they shouldn't give 
up, even if they lose," he said this month on the floor of the parliament.

(9) She has struck a nerve particularly among the victims of Japan's more than 
decade-long economic slump, which is only now beginning to lift after sapping the 
nation of much of its confidence. Those left jobless from corporate downsizings, 
as well as middle-aged employees and mid-level managers who now find 
themselves bogged down with thankless hours of extra work, say they see 
Splendid Spring and her futile crusade as their embodiment on all fours.

(10) The horse has become an inspiration to Japan's handicapped, her handlers 
say. Despite living in the world's second-largest economy and one of the richest 
nations, handicapped Japanese are still fighting for greater access to buildings 
and public transportation, not to mention career tracks. The ill and the 
wheelchair users have written Splendid Spring's trainer with heartfelt letters, 
sending little gifts that adorn her stable stall.

(11) "I had one letter from a woman with breast cancer which particularly moved 
me," said Dai Munaishi, the horse's trainer and a former jockey whose long career 
was marked by ups and downs, including a bout with alcoholism. "She found the 
strength to go on after watching Splendid Spring run her hardest even despite 
her losses. You can see it in her eyes -- Splendid Spring never gives up."

(12) Splendid Spring, sociologists say, underscores how embracing the underdog 
has become an art form in Japan.

(13) This is no country of high-fives. Victory is savored in private -- and the 
agony of defeat, as long as one gives one's all, is purposely blunted by society, 
leaving honest losers no reason to lose face. Importance is placed on team effort, 
not on individual notoriety.

(14) Most large Japanese companies, for instance, still award blanket raises to 
employees, not pay based on merit. During the 1980s, Japanese primary schools 
began dropping the practice of awarding first, second and third place ribbons to 
children at annual track and field events. One school in Osaka, Japan's 
second-largest metropolitan area with a population larger than that of greater 
Los Angeles, even opted to have faster children slow down and hold hands with 
their less nimble classmates so they could cross the finish line together.

(15) "These are the only events when students' parents and peers all gather to 
watch them in public," said Motonari Taguro, head of physical education for the 
Tokyo Metropolitan School System. "It is considered unfair to give out place 
ribbons only to those students who excel at sports just because the others might 
excel in other areas. The winners still know who they are, and there is no shame 
in losing."

(16) Japan's most successful film series of all time chronicles the life of Tora-san, 
a pudgy, middle-aged man who dreams of glory, only to be slapped in the face by 
reality and his humble life as a traveling salesmen. Though he befriends many 
lovely women, he never gets the girl.

(17) "We have an old saying that goes 'losers are winners,' " said Shu Kishida, 
professor of sociology at Tokyo's Wako University. "That sentiment dates back 
centuries." After losing a war against China in Korea, Kishida said, "the feudal 
lords feared an invasion, uniting Japan as a nation because of the defeat abroad. 
So we Japanese have a history of unity through defeat. . . . But now, the 
economic pain of the recession has many more people feeling like losers. It makes 
us relate to losers more than ever."

(18) Ente8r Splendid Spring. Born on the northern island of Hokkaido, she was 
shipped off for what was expected to be a lackluster career in Kochi, a sleepy 
city of 280,000 on Shikoku, the smallest of Japan's four main islands. The track 
had been in decline for years, and Splendid Spring's career fared no better. 
Although she finished in second place once, her run for the roses led only to 
thorns.

(19) But the newspaper story changed things. Indeed, she was slated for 
slaughter until a nonprofit organization in Tokyo heard her tale and offered to 
save her. That only improved her cachet, leading to wider media coverage.

(20) Now, spared from an end as horsemeat, she no longer needs a free ride. 
Attendance at the Kochi track is doubling and tripling during her races. The track 
is also turning a buck selling Splendid Spring talismans to ward off traffic 
accidents. Kochi tourism is in high renaissance.

(21) She drew her largest crowd this week to see if Take could turn her losing 
streak into a last blaze of glory. But Spring came late in Kochi yet again. She 
finished 10th in a field of 11.

(22) "She may not be a winner, but she is definitely not a loser," Yoko Hasuo, 58, 
said in tears from her wheelchair. Hasuo broke her spine four years ago and lost 
her job. For six months, she has collected news clippings and mementos of 
Splendid Spring. "She's the best horse out there because she tried her best. 
Nothing gets her down."

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 高知(日本)発 ― Splendid Spring(素晴らしい春)(訳注:ハルウララのこと)が、自分
よりずっと大きな馬と並んで立ち止まりながら小走りで出走ゲートに向かったとき、海に近
い高知の競馬場に詰め掛けた収容能力を超える群集は、歓呼の声を爆発させた。大
喜びのファンたちが、彼女に頑張れと叫ぶ中で、彼女のテーマソング ― 国民的人気の栗
毛の雌馬のために作られた、カントリーウエスタン日本版の叙情的な歌 ― が、ラウドス
ピーカーから大音響で流された。

(2) 彼女が位置につくと、1万3千人の観衆に、沈黙が訪れた。彼らは、Splendid Spring
の106回目のレースを見るためにこの漁業の町へ日本中からやってきたのだ。決して星と
輝いていない経歴の中で、8歳のこの馬は、まだ勝ち馬表彰式を飾ったことがなく、それ
が、彼女の目を引く連敗記録に対する国民感情の盛り上がりをもたらしている。

(3) 今週、時雨模様の午後、それで、日本で最も有名な騎手武豊までも、この田舎の
競馬場にやってくることになった。彼は、艶のあるピンクのシャツを着て、Splendid Springの
栄光の場面を盛り上げるために彼女に乗ることに応じた。ファンは、106がSplendid 
Springのラッキーナンバーになることに、記録的な120万ドルを賭けた。計算ではなくて気
持ちから賭けが行われ、賭け金は、他の馬より短いストライドと最悪で名高い成績に投じ
られた。

(4) 「しかし、彼女が勝つかどうかは問題ではありません。私たちは、彼女が負けて負け
て、それでもなお、来る日も来る日も全力を尽くすのでここに来ているのです。彼女は、ベ
ストを尽くし続けて、でも、どうしてもそれにふさわしい賞賛を得られない大変多くの日本
人に似ているのです。不景気で、職場の競争がひどくなりつつあり、いつも(取って代わる)
もっと若い人,もっと速い人がいます。しかし、私たちは、ちょうど彼女がそうしているよう
に、ともかくレースに留まり続けています」と、東京(ここから北東に400マイル離れている)の
サラリーマン、タナカ・ヒデノリさん(56)は、語った。

(5) Splendid Springは、勝てなかった小さな馬である。そのせいで、日本は彼女が大好き
なのだ。世界で最も厳しい競争社会の一つで、彼女は、全国的な関心事となり日本の
ガンバレ文化そのものとなってしまった。それは、金メダルと獲得するかどうかとは関係なく、
決意や意志に極端に価値をおくことによって敗者を慰めるのだ。

(6) 高知の地方新聞が昨年6月Splendid Springの連敗の話を公にしてから、彼女は、
急に馬のヒロインとしてもてはやされるようになった。そのとき以来、何千という日本人が、
高知競馬場を巡礼している。多くが、パッケージツアー客である。

(7) 全国で数百万人が、Splendid Spring熱に罹ってしまい、売れ行き好調な本3冊、
DVD、CD、人形、ぬいぐるみから、さらに携帯電話のストラップまで含めて、記念グッズを
買いあさっている。ハロー・キティーが、彼女の新しいスポンサーになった。ビール会社が、そ
の馬をコマーシャルに起用し、テレビ局は、彼女の半生のドキュメンタリーを放映した。長
編映画が、現在制作中である。

(8) 小泉純一郎首相までも、一枚加わってSplendid Springに肩入れした。その名前は
日本語ではハルウララという。彼女は、「人々に、『負けても諦めてはいけない』という希望
を与えています」と、今月、国会のフロアで語った。

(9) 彼女は、特に、日本で10年以上続いている不況による犠牲者の痛い所を衝いた。
不況は、国民から自信をがっちり搾り取ったあとで、やっと今解消し始めている。自分たち
がサービス残業で身動き取れないと感じている中年の従業員や中間管理職だけでなく、
人員削減で失業した人々が、自分たちは、Splendid Springと彼女のむなしい取り組み
を自分とぴったり重なったものだと思っている、と言っている。

(10) 「ハルウララは、日本の身体障害者にとって励みになりました」と、彼女の調教師たち
が話している。世界第2の経済圏であり、最も豊かな国の一つで生活しているにも拘ら
ず、体に障害のある日本人は、就職、昇進は言うまでもなく、建物、公共交通機関への
より大きなアクセスの獲得を目指して今なお闘っている。病人や車椅子利用者は。
Splendid Springの調教師に心のこもった手紙を書き、厩舎内の彼女のスペースを飾る
ちょっとした贈り物を送った。

(11) 「乳がんの女性から一通の手紙を貰ったんですが、私はそれに特に感動しました。彼
女は、ハルウララが、負けても負けても全力で走るのを見てから、続ける強さに気がつきま
した。人は、ハルウララの目にそれを見ることができます。ハルウララは、決して諦めません」
と、Splendid Springの調教師であり元騎手のムナイシ・ダイさんは語った。彼の長い経歴
にも、アルコール依存症になった一時期を含めて浮き沈みがあった。

(12)負け犬が一つの芸術形態になってしまうことが、日本ではいかに受け容れられやすい
かということを、ハルウララは、浮き彫りにしている、と社会学者は、述べている。

(13) ここは、ハイファイブ(訳注:勝利を人前で喜び合うこと)の国ではない。勝利は、ひっそ
りと味わわれる。そして敗北の苦悩は、全力を出し切る限り、社会によって意図的に和ら
げられ、それが、誠実な敗者に面子を失う理由を残すことはない。個人の評判にではな
く、チームの努力に、重きが置かれる。

(14) たとえば、ほとんどの日本の大企業は、今なお実力に基いて従業員に給料を払うの
ではなく年功賃金を与えている。1980年代に、日本の小学校は,毎年恒例の運動会
で、子どもたちに1等2等3等のリボンを与える習慣をやめ始めた。ロサンゼルス郡より多
い人口を持つ日本第二の大都市圏大阪の、ある学校は、一緒にゴールのラインを切るこ
とができるように、他の子どもより速い生徒にスピードを落とさせ、遅いクラスメートと手をつ
ながせることを選択することまでした。

(15) 「これは、生徒の親や仲間がみんな、衆人環視の中で生徒たちを見るために集まる
唯一の行事なのです。スポーツに優れている生徒だけに何等かを示すリボンを渡すこと
は、不公平だと考えられています。その理由は、ただ、そのほかの生徒も、他の領域では
優れているかもしれないということです。勝者は、それでも彼らが誰かを知っています。負け
ることに恥ずかしさはありません」と、東京都School Systen(日本名称不明)の体育の責
任者、タグロ・モトナリ氏は、語った。

(16) 空前絶後の日本映画史上最大のヒットシリーズは、ずんぐりした中年男、寅さんの
人生を記録したものだ。彼は栄光を夢見るが、結局、現実と、旅回りのセールスマンとし
ての質素な生活によって頬を打たれる。多くの綺麗な女性たちと友達になるが、彼は、
けっしてその女性を得ることはない。

(17) 「『負けるが勝ち』という古い諺が、日本にはあります。その感情の元は、数世紀前に
遡ります」と、東京にある和光大学での社会学の岸田秀教授は、語った。「(朝鮮で中
国(明)との戦争に負けた後、)大名たちは、侵入されることを恐れ、外国での敗北ゆえ
に、日本を国として一体化させました。そういうわけで、我々日本人は、敗北によって一
体化を図った歴史を持っています…。しかし、今、不況という経済的な痛みのために、
もっと多くの国民が敗者のような気になっています。それが、ますます我々を敗者に適応さ
せているのです」と、岸田氏は、語った。

(18) Splendid Springについて調べてみよう。彼女は、北海道という北の島で生まれ、高
知でぱっとしない経歴になるだろうと予想された馬として、送り出された。高知は、日本の
四つの主な島のうちいちばん小さな四国にある、人口28万の活気のない都市である。そ
の競馬場は、何年も衰退の道を辿ってきて、Splendid Springの経歴も、低迷を続けた。
彼女は一度2等でゴールしたが、薔薇の栄光を目指す走りは、ただ茨へと続くだけだっ
た。

(19) しかし、新聞記事が事態を変えた。実際、東京のNPOが、彼女の話を聞いて彼女
を救うことを提案するまで、彼女は処分される予定だった。それだけで、彼女の威信は向
上し、報道機関からより大きく報道されることになった。

(20) 今や、彼女は、馬肉としての終焉から救われ、もはや、ただ乗りを必要としない。高
知競馬場の観客動員数は、彼女のレースの間は、2倍3倍になる。同競馬場は、また、
交通事故を防ぐSplendid Springのお守りを販売して、カネになりつつある。

(21) 彼女は、今週最大の観客を引き寄せた。武騎手が、彼女の連敗記録を最後の燦
然たる栄光に変えることかできるかどうかを見る観客である。しかし、またしても、春が高
知には来るのは遅かった。彼女は、参加11頭中10着でゴールした。

(22) 「彼女は、勝ち馬ではないかもしれません。でも、全然負け馬じゃありません。彼女
は、そこでは最高の馬です、最善を尽くしたのですから。彼女を挫くものは何もありません」
と、ハスオ・ヨウコさん(58)は、車椅子から、涙ながらに話した。ハスオさんは、4年前に、
脊椎を骨折して仕事をなくし、この6ヶ月、彼女はSplendid Springのニュースの切抜きと
グッズを集めてきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。