語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-03-20)

2004/03/20

2004-03-20
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

         【英文記事より】 (無料版)   〈No.102〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

***********************************************
The New York Times       (2004-03-15)
http://www.nytimes.com/2004/03/15/books/15VERT.html

「日本の小説、アメリカでファンを掴めるか」 
Now That Japan Is Cool, Its Fiction Seeks U.S. Fans
By MOTOKO RICH
***********************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) In his small office on Park Avenue South, Ioannis Mentzas is surrounded by 
more than 1,000 books, nearly all in Japanese. Most, he said, aren't worth 
translating for an American audience. It is his task ? his obligation, his burden ? to 
pick the few that are.

(2) Mr. Mentzas said that as editorial director of Vertical Inc., a tiny publishing 
house dedicated to translating contemporary Japanese fiction into English, he 
tried to find novels that "should appeal to readers who are not necessarily 
interested in Japan."

(3) It is not lost on him that Japan is increasingly viewed as a source of hip 
culture, fueled by the popularity of anime, Japanese fashion and even the 
independent film "Lost in Translation," the story of two lost souls in neon-lighted 
Tokyo, which won its director and writer, Sofia Coppola, a screenwriting Oscar.

(4) "Japan has become a brand in terms of good storytelling and cool stuff, and I 
think that can carry over into literature," Mr. Mentzas said recently, his smudged 
glasses and battered sneakers betraying his former incarnation as a doctoral 
candidate in English and comparative literature at Columbia University.

(5) Born and reared in Japan to a Greek father and Japanese mother, Mr. 
Mentzas still keeps student hours, rolling into the office at 2 p.m. and staying 
after midnight, reading new novels or editing translations. He even slept in his 
office once to ensure that he wouldn't miss an 11:30 a.m. interview the next day.

(6) The company, founded by Hiroki Sakai, a former book editor and business 
journalist in Japan, published its first 10 titles last year. They included two 
volumes of "Buddha," a graphic novel by Osamu Tezuka, considered the 
godfather of the Japanese comic art form known as manga; Koji Suzuki's "Ring," 
on which the Japanese horror film of that title and an American remake were 
based; and "Twinkle Twinkle," a novel by Kaori Ekuni about a woman who marries 
an alcoholic gay man to assuage their parents.

(7) This year the company plans 16 more titles, including "Sayonara, Gangsters" 
by Genichiro Takahashi, a novel that Mr. Mentzas described as "a postmodern 
masterpiece."

(8) When Mr. Sakai used to visit the United States he was struck by how few 
Japanese novels he could find in American bookstores. In 1998 he moved to New 
York with the idea of selling modern Japanese writing to American publishers. He 
tried unsuccessfully to sell four or five children's books. When he recruited Mr. 
Mentzas in 2001, he decided to form his own publishing house.

(9) Mr. Sakai persuaded Itochu International, a Japanese trading and investment 
company, to invest $600,000. Nihon Keizai Shimbun Inc., or Nikkei, as it is 
commonly known in Japan, Mr. Sakai's former employer, kicked in $200,000.

(10) When Mr. Sakai and Mr. Mentzas were looking for a name for the new 
publisher, they didn't want something that was too obviously Japanese. "So no 
Cherry Blossom Press for us," Mr. Mentzas said.

(11) Still, Vertical subtly refers to the fact that Japanese characters are written 
and read vertically rather than horizontally.

(12) So far Vertical's books have attracted a handful of reviews in publications 
like Time Out New York, The Guardian of London and Tricycle, a Buddhist 
magazine. Sales are quite modest. According to Nielsen BookScan, the first 
volume of "Buddha" has sold 1,400 copies. "Ring" has sold 7,900 copies and 
"Twinkle Twinkle" just 130.

(13) But those who are interested in translated literature are excited about 
Vertical. "There is, I feel, far too little Japanese fiction translated into English," 
said Robert Weil, executive editor of W. W. Norton, which has brought some 
foreign titles, mostly European works, to the United States.

(14) Few modern Japanese novelists have found American audiences. Haruki 
Murakami, author of critically acclaimed novels like "The Wind-Up Bird Chronicle" 
(Alfred A. Knopf, 1997) and "A Wild Sheep Chase" (Kodansha International, 
1989), and Banana Yoshimoto, who wrote "Kitchen" (Grove Press, 1993), are 
among the handful who have a following in the United States.

(15) A few other publishers are trying to bring more Japanese books to 
English-speaking readers. The American arm of Kodansha International, a 
Japanese publisher, translates one or two Japanese novels a year. In January it 
published "In the Miso Soup," a thriller set in underworld Tokyo by Ryu Murakami 
(no relation to Haruki).

(16) Random House recently started a joint venture with Kodansha to publish 
books in Japan, and Kodansha hopes to translate some works into English.

(17) Anyone trying to sell translations faces a difficult market. "Opening the door 
in many cases to a very different culture makes that aspect of the business 
wonderfully exciting," said John Glusman, editor in chief of Farrar, Straus & 
Giroux, which got its start translating European literature in the 1940's. "But at 
the same time it's very challenging, especially from an economic view."

(18) Much of Vertical's success will depend on the books it selects from the 
hundreds published in Japan every year. So far Mr. Mentzas and Mr. Sakai have 
chosen novels whose plots can be easily described in a few sentences and, they 
hope, might readily translate to film.

(19) "If there is a lot of good Japanese writing to be translated, then I would say 
great," said Marty Asher, editor in chief of Vintage Books and Anchor Books, 
units of Random House. "But if they're just doing it because Japanese is this 
week's literary flavor of the month, then I would be more skeptical. I hope they 
find lots of treasures." (Next year Mr. Asher's Vintage, which publishes Haruki 
Murakami's work in paperback, will publish "Out," a mystery novel by Natsuo 
Kirino that was first published by Kodansha in hardcover.)

(20) Paul Anderer, a professor of Japanese literature and film at Columbia whose 
former students include Mr. Mentzas and a number of Vertical translators, said 
that he supported Vertical's efforts but that he wondered whether some of the 
company's novels would attract strong reviews or readers. "I'm not sure that all 
of the fictions, as fictions, are necessarily going to hold up, no matter how 
cleverly packaged or marketed," he said.

(21) Mr. Sakai admitted that his friends in Japan think he is crazy. But that 
hasn't stanched his ambition. His goal? "One million copies of one title, within this 
year," he said. He paused. "Within several years," he appended, smiling.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) Park Avenue Southに面した小さなオフィスで、Ioannis Mentzas氏は、千冊以上の
本に囲まれている。そのほとんどは、アメリカの読者のために翻訳する価値がないと語っ
た。翻訳する価値のある少数を選ぶのが、彼の仕事―責任、義務―である。

(2) Mentzas氏は、現代の日本語の小説を英語に翻訳することを専門にしている、小さ
な出版社ヴァーティカル社の編集責任者として、「必ずしも日本に興味を抱いていない読
者にアピールする」小説を見つけようとしているのだ、と語った。

(3) ますます日本がカッコいい文化の源泉だと見られていることは、彼に対して影響が及ば
ないことはない。それは、アニメ、日本のファッション、そして更に独立系映画「ロスト・イン・
トランスレーション」の人気で更に加速されている。同映画は、ネオン輝く東京で迷った二
人の物語であり、監督兼脚本担当のソフィア・コッポラは、アカデミー賞オリジナル脚本賞
を獲得した。

(4) 「物語が面白く、品物がカッコいいことで、日本は、一つのブランドになりました。私は、
それが文学にも波及しうると思っています」と、最近Mentzas氏は、語った。彼のメガネの
汚れと、ボロボロのスニーカーからは、前に彼が、コロンビア大学で英語と比較文学の博士
候補だったとは思えない。

(5) Mentzas氏の父親はギリシャ人、母親は日本人で、彼は、日本で生まれ育った。生
活時間は、研究者のままで、午後2時にオフィスに転がり込み、夜半過ぎまでそこにいて
新しい小説を読んだり、翻訳をチェックする。彼は、かつて翌日の午前11時半のインタ
ビューをすっぽかさないように自分のオフィスに泊り込んだこともある。

(6) 同社(日本の元書籍編集者であり経済ジャーナリストである、サカイ・ヒロキ氏が設
立)は、昨年最初の10作品を出版した。その中には、日本のコミックという芸術形態(マン
ガとして知られる)の名付け親と看做されている手塚治虫による長編コミック、「ブッダ」2
巻、鈴木光司の「リング」(同名の日本のホラー映画とアメリカ版リメーク映画の原作)、江
國香織の小説、「きらきらひかる」(親をなだめるために、ホモでアル中の男と結婚する女性
の話)が、含まれている。

(7) 今年同社は、高橋源一郎の「さよなら、ギャングたち」(Mentzas氏が、ポストモダンの
傑作と評している小説)を含めて、あと16作品を計画している。

(8) サカイ氏が、アメリカを何度か訪れたときに、アメリカの書店には、日本の小説がなんと
少数しか置かれていないかに驚かされた。1998年に、彼は、現代の日本の作品をアメリカ
の出版社に販売しようという考えを抱いてニューヨークに移り住んだ。彼は、4、5冊の児
童向けの本を販売しようとしたが失敗した。2001年に、Mentzas氏をスカウトしたとき、彼
は、自分の出版社を設立することを決心した。

(9) サカイ氏は、日本の貿易投資会社である伊藤忠インターナショナルを説得して60万ド
ルを出資してもらった。日本経済新聞社(普通日本では日経として知られている、サカイ
氏の前の勤め先)も、20万ドルを出資した。

(10) サカイ氏とMentzas氏が、新しい出版社の名前を探していたとき、見るからに日本的
過ぎるものは望まなかった。「ですから、自分たちにサクラ出版とかいう名前は付けたくな
かったんです」と、Mentzas氏は、語った。

(11) それでも、ヴァーティカルは、日本語の文字が横よりは、縦に読んだり書いたりされると
いう事実をうまく取り入れている。

(12) これまでに、ヴァーティカル社の本は、Time Out New York誌、ロンドンの The 
Guardian 紙、Tricycle誌, 仏教雑誌といった新聞、雑誌の、ほんの一握りの書評が取り
上げた。売上げは、全く振るわない。Nielsen BookScanによれば、「ブッダ」の第1巻は1
千400部、「リング」は7千900部、「きらきらひかる」は、わずか130部売っただけである。

(13) しかし、翻訳文学に関心のある人々はヴァーティカルに沸き立っている。「日本の小
説で英語に翻訳されたものが、あまりにも少なすぎます」と、W. W. Norton社のRobert 
Weil氏は、語った。同社は、これまでに若干の外国の本、主にヨーロッパの作品を、アメリ
カに紹介している。

(14)日本の現代作家のうち、まだ少数しかアメリカの読者を得ていない。「ねじまき鳥クロ
ニクル」(Alfred A. Knopf, 1997)「羊をめぐる冒険」( 講談社インターナショナル、1989)の
ような高い評価を得た小説の著者、村上春樹と「キッチン」(Grove Press, 1993)を書い
た吉本バナナが、アメリカにファンを持つ、その一握りの中に入る。

(15) 他に少数の出版社が、英語を話す読者にもっと多くの日本の本を紹介しようとして
いる。日本の出版社である講談社インターナショナルのアメリカ支店は、日本の小説を年
に一冊か二冊翻訳している。一月には、村上龍(村上春樹とは関係なし)の、東京の犯
罪社会を舞台にしたスリラー「イン・ザ・ミソ・スープ」を出版した。

(16) ランダムハウスは、最近、日本で本を出版するために、講談社と合弁会社をスタート
させた。講談社は、数作品を英語に翻訳できたらと望んでいる。

(17) 翻訳を販売しようとしている者なら誰でも、難しいマーケットに直面する。「多くの場
合、非常に異なった文化に門戸を開くことは、翻訳ビジネスのその側面を素晴らしくエキサ
イティングなものにします。しかし、同時に、特に経済的な観点からは、やり甲斐があるん
ですが非常に難しいです」と、Farrar, Straus & Giroux社のJohn Glusman編集長は、
語った。同社は、1940年代にヨーロッパ文学の翻訳を手がけ始めた。

(18) ヴァーティカル社の成功の大部分は、毎年日本で出版される数百冊の本の中から
選ぶものに懸かっている。これまでに、Mentzas氏と サカイ氏は、そのプロットが、いくつかの
文章で、簡単に説明することができ、容易に映画化できそうに思える小説を、選んでき
た。

(19) 「翻訳してもよい日本語の出版物がたくさんあるなら、私は、すごいと言うでしょう。で
も、日本語で書かれたものが、目下の流行(はやり)だからという理由で、翻訳しているだけ
なら、私は、もっと懐疑的になりますね。彼らがたくさんの宝を見つけてくれたらいいとは思っ
ていますが」と、Random Houseの一部門であるVintage Books とAnchor Booksの編集
長であるMarty Asher氏は、語った。(Asher氏の Vintage―村上春樹の作品をペーパー
バックで出版している―は、最初、講談社インターナショナルからハードカバーで出版された
桐野夏生のミステリー小説「アウト」を来年出版する。)

(20) コロンビア大学で日本文学と日本映画を教えるPaul Anderer教授(彼の教え子の
中に、Mentzas氏や数人のヴァーティカル社の翻訳家がいる)は、同社の取り組みを支持
しているけれども、同社の小説のいくつかが確固とした書評や読者を引き付けるかどうか
疑問に思っていると、語った。「包装や売込みがどんなに上手でも、その小説の全部が全
部、必ずしも小説として持ちこたえるかは、確信が持てません」と、彼は、語った。

(21) サカイ氏は、日本にいる友人たちが、彼のことをクレージーだと思っていることを認め
た。しかし、それは、彼の野望を止めはしなかった。彼の目標は? 「今年中に、一つの
小説で100万部」と言って,彼は、一息ついた。そして、笑いながら、「数年で」と付け加え
た。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             メロンパン http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium-2.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。