語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版)

2004/03/06

 2004-03-06
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

     【英文記事より】 (無料版)  〈No.100〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

***************************************************************
The New York Times    (2004-03-02)
http://www.nytimes.com/2004/03/02/business/worldbusiness/02YUAN.html?hp

「日本の後継者中国、アメリカの競争相手へ」
Like Japan in the 1980's, China Poses Big Economic Challenge
By KEITH BRADSHER
***************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) GUANGZHOU, China -- When Japan, at the zenith of its economic power, 
built a huge airport in Osaka in the late 1980's, the project set off a seven-year 
trade battle with the United States over the nearly complete exclusion of 
non-Japanese companies.

(2) China, Japan's heir as Asia's rising star, is now completing its own immense 
airport here in Guangzhou, the sprawling commercial center of affluent 
southeastern China. But the Chinese are going about it differently.

(3) American companies designed the terminal, its air-conditioning system and 
the flight information system. A German company engineered the vaulting roof, a 
Danish company produced the boarding gates and a Dutch company, the 
check-in counters. Chinese women in broad-brimmed straw hats wield shovels 
and brooms across from a modern air-traffic-control tower designed by a 
company from Singapore.

(4) The welcome that China is offering to multinational companies and foreign 
investment has left many Western business executives, so critical of a closed 
Japan more than a decade ago, enthusiastically embracing China, its cheap work 
force and its huge markets.

(5) But that same openness -- combined with China's vast population of 1.3 
billion and military muscle -- makes it an even greater long-term economic 
challenge to the United States than Japan seemed to be in the 1980's, according 
to a growing number of executives, economists and officials.

 (中略)

(24) China has 10 times the population of Japan, with more unemployed adults in 
rural areas than the entire American work force. Raising the wages of so many 
people to the levels found in industrial nations will take a long time.

(25) Through the 1970's and 80's, Japanese wages rose 70 percent faster than 
American wages, according to data from the International Labor Organization. 
That, together with rapid appreciation in the value of the yen, helped push up 
Japanese factory wages from one-third of American levels to rough parity.

(26) Chinese wages, though, were no more than 4 percent of American and 
Japanese wages in 2002, the most recent year available. While official Chinese 
statistics show that wages doubled from 1996 to 2002, some factory owners say 
pay has been flat -- or even declined slightly -- in recent years, as rural 
migrants continue to pour into the cities.

(27) In the meantime, China's productivity gap is being closed by a rapid 
investment in infrastructure, as China puts a third of the world's steel production 
and half its cement into extending modern roads, power grids and 
telecommunications links across the country.

(28) BBK Electronics is an example of how China has benefited from opening up 
to the global economy. Money from Taiwan and Russia, as well as local Chinese 
money, helped build the company's factory seven years ago, said Louis Leung, 
the marketing manager, and BBK now makes many devices sold in the United 
States under the Memorex, Philco and Lafayette brand names.

(29) If Japan profited handsomely from selling videocassette recorders two 
decades ago, China is coming to dominate the production of the next generation 
of DVD technology. BBK started by licensing technology from Sony, but it now 
has 300 researchers coming up with refinements, Mr. Leung said. On a laptop 
computer, he plays a company presentation that ends with BBK's two long-term 
goals: "to realize modernization" and "to challenge Sony."

(30) Japan rapidly caught up with the West by licensing technology from 
companies like Caterpillar that failed to foresee the risk of Japanese competitors 
like Komatsu. But China has both licensed technology and used the attraction of 
its potentially huge market to lure foreign investment.

(31) That has not only brought further investment but until recently has also 
helped insulate China from trade clashes. Many of the same multinationals that 
once fought with the Japanese, like the Detroit automakers, are now big investors 
in China -- investors that oppose trade restrictions on it.

(32) But as the Chinese work to build industrial cornerstones like the auto and 
semiconductor industries, this may change. Nor has China avoided some trade 
conflicts. Executives in many industries describe China as more open to imports 
than Japan, but still not nearly so open as the United States. From soybeans to 
commercial banking, American businesses complain that China has thrown up 
regulatory barriers that limit their ability to compete.

(33) Daryl Hatano, vice president for public policy at the Semiconductor Industry 
Association in San Jose, Calif., said his group might ask Washington to file a 
protest with the World Trade Organization if China did not halt its practice of 
charging taxes as low as 3 percent for domestically produced computer chips, 
compared with 17 percent for imported chips.

(34) Even with those taxes, imported chips hold 85 percent of the Chinese 
market; by comparison, it took tense negotiations in 1986 for President Ronald 
Reagan's administration to win an agreement giving American manufacturers a 
goal of 20 percent of the Japanese market; by 1995, the sales rose to 30 
percent.

(35) So far, the Bush administration has limited its Chinese trade cases to fairly 
small categories of exports like brassieres, a few kinds of furniture and color 
television sets.

(36) In part, analysts say, Washington chooses to act gingerly out of geopolitical 
considerations. China is a nuclear power that, unlike Japan, does not depend on 
the United States for military protection. Yet the United States looks to Beijing 
for help in coping with problems in countries including North Korea, Pakistan and 
Afghanistan. So while American officials, for example, can press the Chinese to 
let the yuan float, they cannot press as hard as they did with Japan in 1986, 
when Tokyo was spurred into letting its currency rise sharply against the dollar, 
eroding the competitiveness of Japanese exports.

(37) "Washington is concerned about China setting its own agenda," said John S. 
Chen, the Hong Kong-born chairman and chief executive of Sybase, an American 
software company that has expanded aggressively in both Japan and China. "The 
Japanese were more friendly."

(38) The biggest question lingering over China is how vulnerable it remains to 
acute setbacks -- a banking failure, an inflationary spiral, even a temporary 
economic bust. Citing overcapacity and excessive investment in some sectors of 
the economy, the Chinese central bank warned recently that "we really cannot 
be optimistic about the situation of inflation." A crack in the economy could 
shake governments across East Asia that have tied their economies to China's, 
warns Ajay Kapur, a strategist in Hong Kong with Salomon Smith Barney.

(39) For a parable about economies that seem as if they could prosper 
indefinitely, Chinese officials need look no farther than to Osaka and its huge 
airport. The artificial island on which it was built a few years ago is slowly sinking 
in the Pacific.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 【広州(中国)発】日本が1980年代末期、その経済力の絶頂期に、大阪に 巨大
空港を建設したとき、そのプロジェクトは、アメリカとの非日本企業のほぼ完全な排除に関
する7年にわたる通商戦争を発生させた。

(2) アジアの上昇中の星として日本の後継者である中国は、豊かな中国南部の不規則
に広がる商業の中心地、ここ広州で、今、自らの広大な空港を完成しようとしている。し
かし、中国人は、それについて、違ったやり方をしている。

(3) アメリカ企業が、ターミナル、空調設備、航空情報システムを設計した。ドイツ企業
が、丸屋根、デンマーク企業が、搭乗ゲート、ドイツ企業が、搭乗手続き窓口を、それぞ
れ製造した。つばの広い麦藁帽を被った中国女性が、シンガポールの企業が設計した近
代的な航空管制センターの真向かいで、スコップと箒を巧みに使っている。

(4) 中国が多国籍の企業群と外国からの投資に対して歓迎の意向を示しているので、
多くの西洋企業の幹部たち(10年以上前に、閉鎖された日本に非常に批判的であった)
は、中国を、つまりその安い労働力とその広大なマーケットを、これ幸いと熱狂的に受け
入れている。

(5) しかし、ますます多くの会社幹部、エコノミスト、政府高官たちによれば、その同じ開
放性が、13億人の莫大な人口や軍事力と相俟って、中国を1980年代に日本がそうであ
るように見えた以上に、長期的にいっそう大きい経済上の手ごわいライバルにするという。

 (中略)

(24) 中国は、日本の10倍の人口を有し、農村部には、アメリカの総労働人口以上の未
就業成人が存在する。それほど多くの人々の賃金を工業国で見られるレベルに引き上げ
るには、長い時間を要するだろう。

(25) 1970年代と80年代を通して、日本人の賃金は、ILO(国際労働機関)のデータによ
ると、アメリカ人の賃金よりも速く、70%上昇した。それは、円相場の急上昇とあいまって、
日本人の製造業賃金を、アメリカ人のレベルの1/3から、ほぼ同水準へと押し上げるのを
助けた。

(26) しかし、中国人の賃金は、直近の入手可能な2002年のデータで、アメリカ人や日本
人の賃金のわずか4%に過ぎなかった。中国の公式統計は、賃金が1996年から2002年の
間に倍増したことを示しているのに対し、工場オーナーの中には、近年は賃金が横バイ
か、農村からの移住者が都市部に流入し続けるにつれ、むしろやや低下してさえいる、と
言う者もいる。

(27) その一方で、中国の生産性格差は、インフラへの急速な投資によって、なくなりつつ
ある。中国が、世界の鉄鋼生産の1/3そしてセメントの半分を、近代的な道路、電力供
給網、通信インフラの全国的拡張につぎ込んでいるからだ。

(28) BBK電子は、世界経済へ門戸を開くことから中国がどのようにして利益を受けてい
るかを示す実例である。台湾とロシアからの資金も(地元の中国の資金だけでなく)、7年
前の同社工場建設の助けになったと、販売責任者のLouis Leung氏は、語った。今や、
BBKは、多くのデバイスをアメリカで、Memorex、Philco 、Lafayetteのブランド名で販売
している。

(29) 日本が、20年前に家庭用VTRを売って立派に利益を上げたのなら、中国は、次世
代DVD技術による生産を支配するようになるだろう。BBKは、ソニーから技術供与を受け
ることからスタートしたが、今や300人の研究者に改良点を出させている、とLouis氏は語っ
た。ノートパソコンで、彼は、会社のプレゼン(用動画ファイル)を開く。それは、2つの長期
目標で終わる。「近代化の実現」と「ソニーへの挑戦」である。

(30) 日本は、キャタピラのような企業から技術供与を受けることによって西洋に急速に追
いついた。キャタピラは、小松のような日本の競争相手が出現するリスクを予見できなかっ
た。しかし、中国は、技術の供与を受けると同時に、潜在的に巨大な市場が外国資本
を引き付けるその吸引力をも使った。

(31) それは、更なる投資をもたらしただけでなく、最近まで中国を貿易衝突から絶縁する
助けにもなった。デトロイトの自動車メーカーのような、かつて日本人と闘ったのと全く同一
の多国籍企業の多くが、今、中国では大投資家であり、中国に対する貿易制限事項に
反対する投資家である。

(32) しかし、自動車産業や、半導体産業のような産業の基礎を建設することに、中国
人が、取り組むにつれて、これは変化するかもしれない。また、中国は、ある種の貿易摩
擦を回避しなかった。多くの業界の幹部たちが、中国を、日本よりは輸入に対して開放
的であるが、それでも、とてもアメリカほど開放的ではないといっている。大豆から商業銀行
業まで、アメリカ企業は、中国が、彼らの競争力を制限する規制障壁を急いで造り上げ
たと不満を漏らしている。

(33) カリフォルニア州サンホセにある半導体工業協会の公共政策担当副会長のDaryl 
Hatano氏は、彼のグループは、中国が、コンピューター用国産半導体の課税率を、輸入
半導体の17%に比べ、3%という低水準に設定するという慣行を中止しないならば、ワシン
トンに、WTOに対して抗議を申し入れるよう要請するかもしれない、と語った。

(34) それらの税金にも拘らず、輸入半導体は、中国市場の85%を占めている。それに比
較して、レーガン政権が、アメリカの製造業者に日本市場の20%という目標を与える合意
を勝ち取るのに、ピリピリした交渉が必要だった。1995年までに、その売り上げは、30%に
上昇した。

(35) これまで、ブッシュ政権は、対中国貿易問題を輸出品のかなり小さいカテゴリー、たと
えばブラジャー、数種類の家具、カラーテレビのようなものに限っている」



(36) 「一つには、ワシントンは、地政学的な考慮から非常に慎重に行動することを選んで
います」とアナリストたちは、言う。中国は、日本と違い、軍事的防衛のためにアメリカに頼
らない核保有国である。しかし、アメリカは、北朝鮮、パキスタン、アフガニスタンを含む国
々が抱える諸問題の取り組みに中国が援助するよう北京に期待を寄せている。そのた
め、たとえばアメリカ政府当局は、中国政府に人民元の変動相場制移行を強く求めるこ
とができる一方、1986年に日本に対してしたほどには強く求めることはできない。あの時、
東京は、対ドル円相場を急騰させる方向へ加速させられ、それが、日本の輸出の競争
力を徐々に奪っていった。



(37) 「ワシントンは、中国が自らの政治課題を設定することを危惧しています。日本人の
方が、もっと友好的でした」と、日中両国で積極的に展開してきたアメリカのソフト会社、
サイベースの香港生まれの会長兼最高経営責任者であるJohn S. Chen氏は、語った。



(38) 中国に残る最大の問題は、銀行破綻、インフレ・スパイラル、更に一時的な経済恐
慌といった急性の副作用に対し、中国がどの程度脆弱なままなのか、ということである。
中国の中央銀行は、最近、同国経済のいくつかの部門における過剰設備と過剰投資を
引き合いに出して、「我々は、インフレ状況について本当に楽観的でいることはできない」
と警告した。在香港、ソロモン・スミス・バーニーのストラテジスト、Ajay Kapur氏は、中国
経済のひび割れは、東アジア諸国の経済を同経済に結びつけている東アジア中の各国
政府を震撼させるかもしれない、と警告している。

(39) あたかも永久に繁栄できるかのように見える経済圏についての寓話のために、中国
当局は、大阪やその巨大空港へ飛んでいくのと距離的に同じぐらいの近さに見えることを
必要としている。数年前に巨大空港が建設された人工島が、ゆっくりと太平洋に沈みつ
つある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
            メロンパン http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium-2.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。