語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版) (2004-02-14)

2004/02/14

 2004-02-14
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

        【英文記事より】 (無料版)  〈No.97〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The Washington Postの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで 
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 
  詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
********************************************************
The Washington Post          (2004-02-05)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A14093-2004Feb4.html

「東南アジア:翻弄されつつも中国経済に依存」
Made in China -- With Neighbors' Imports
Region Growing Dependent on Giant Market
By Peter S. Goodman
********************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) TANGKAK, Malaysia -- With a decisive yank of his long-handled scythe, the 
worker sliced away a palm frond, then pulled magenta-ripe bunches of fruit down 
to the soil. The harvest of the Sagil Estates palm oil plantation began its journey 
to the ports of China, a route that traces a reordering of the global economy.

(3) As China's economy rapidly adds mass, it strengthens its pull on the rest of 
Asia. Rubber plantations in southern Thailand are filling demand for tires as 
China's auto industry accelerates by 75 percent a year. Rice farmers in northern 
Thailand now ship half of their premium jasmine rice exports to China and Hong 
Kong. Steelmakers in Japan and Korea, supplying the spines of the skyscrapers 
filling China's cities, now call China their largest customer. Computer chip plants 
in Taiwan, Korea and Malaysia press to satisfy the demand from the factories of 
coastal China, which now assemble vast quantities of electronics. And as China 
seeks to diversify its sources of energy while struggling to meet demand for 
power, it is tapping oil and gas fields in Indonesia and Australia.

(4) In the United States, Europe and Japan, fretful attention has been trained on 
the $438 billion worth of goods that China exported last year, provoking talk that 
its rise as a trade power is decimating manufacturing communities in the rest of 
the world. But here in Southeast Asia, the focus has largely shifted to the 
counterpart number -- the $413 billion worth of goods China imported last year, 
with the region's economies capturing a disproportionate share of the spoils.

(5) Last year, Malaysia, Thailand, Singapore and the Philippines all saw exports to 
China swell by more than 50 percent, helping to change perceptions of China 
from potential threat into a land of opportunity. But the shipments also create 
some new concerns: Southeast Asia's dependence means that its own growth 
could be vulnerable if China's economy cools. And as Chinese manufacturing 
grows in sophistication, it likely will eat into the flow of finished products those 
countries send directly to the United States, Europe and Japan.

(6) For now, the biggest problem is simply keeping up with demand as China's 
relentless industrial expansion absorbs larger quantities of material. During the 
first nine months of 2003, China bought more than $15 billion worth of machinery 
and transportation equipment from Southeast Asia, according to Goldman Sachs, 
a leap of more than 70 percent from the same period a year earlier. Over the 
same period, China's imports of minerals, oils, chemicals, plastics and rubber from 
Southeast Asia jumped by half, to $6.4 billion.

(7) "For 2003, China was our biggest buyer," said Yong Chin Fatt, general 
manager of the commodities section at IOI Group, the Malaysian conglomerate 
that owns Sagil Estates along with more than 60 other palm oil plantations. 
Malaysia's shipments of palm oil to China have nearly doubled over the past two 
years as has the price for its crop. IOI is now planting new acreage in anticipation 
of greater demand. "We don't see China as a threat," Yong said. "We see China 
as a savior."

(10) In recent months, China's leaders have signaled that they fear the economy 
could be overheating, tightening credit flowing to the country's fastest-growing 
sectors such as autos and real estate. They are cognizant that too much 
investment can spawn a disastrous bubble, a supply glut that eventually sends 
prices down. If such an unraveling were to occur in real estate, it could force 
China's banks, already stocked with some $500 billion in bad loans, to write off 
tens of billions more.

(11) Most economists now expect China to slow somewhat this year from a torrid 
pace that has seen growth in excess of 9 percent a year for the past two 
decades. Even a marginal slowdown could have an impact on China's neighbors. In 
a November report, Morgan Stanley estimated that China's purchases amounted 
to 20 to 30 percent of the total export growth for Malaysia, Thailand and 
Singapore, and added that "a slowdown in China would hardly be a trivial 
consideration."

(16) Only a few years ago, before the financial crisis of 1997 and 1998, Southeast 
Asia was the darling of foreign investors. But that title has since been ceded to 
China, whose 1.3 billion people amount to the world's largest potential market for 
seemingly everything. More than $100 billion in fresh capital has poured into 
China over the last two years alone. Much of this investment is being plowed into 
improving the country's technology. And while substantial slices are being spent 
on factory machinery made in plants in Korea, Taiwan and Malaysia, the goods 
those machines will eventually produce will carve into their current exports.

(17) "It's a kind of trade-off," said Sompop Manarungsan, an economist at 
Chulalongkorn University in Bangkok. "The more we export our raw materials and 
machinery to China, the greater the potential that China will export finished 
materials to third countries."

(18) Southeast Asia's leaders are now intent on preserving their place in the 
global supply chain by raising their production standards and shifting into more 
high-tech goods, avoiding price competition with China.

(19) The island-state of Penang, in northern Malaysia, is a case in point. A 
bustling British trading port in the 19th century, it more recently turned itself 
into "Silicon Island," attracting semiconductor and computer factories. Today, 
roughly 40 percent of Intel's computer chips are made in Penang, and nearly all 
Dell Inc. laptops sold in the United States originate there.

(20) Four years ago, the island's economy was shaken when Seagate, the 
U.S.-based manufacturer of computer disc drives, opted to shut down one of its 
two existing plants and move to China. Then came the meltdown of the 
technology world, which sharply diminished demand for Penang's goods. Then 
came the rise of China, sowing fears that the island was destined to repeat its 
colonial history and disintegrate from a critical entrepo^t into a backwater.

(21) Now, Penang is making a push into biotechnology, while aggressively training 
workers. In a recent interview, Penang's chief minister, Koh Tsu Koon -- who also 
chairs the government-run Penang Development Corp. -- said he is again feeling 
fairly confident about the island's place in the global economy. While 
labor-intensive production of simpler electrical components will continue to shift 
to China, companies are keen to keep their design and development work in 
Penang, he said, reluctant to shift that sort of work to China, still a den of 
intellectual property piracy.

 (後略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) マレーシア、TANGKAK発 –労働者が、柄の長い鎌を思い切りよくぐいっと引いて油ヤ
シの葉を取り去り、それから赤く熟れた房状の果物を地面に引っ張って落とす。Sagil 
Estatesパーム油農場の収穫が、中国各地の港への旅、つまり世界経済の再編成を追
跡するルートの出発点だった。

(3) 中国経済が、急速に規模を拡大するにつれて、アジアへの影響を強めている。中国
の自動車産業が、年率75%で急成長しているので、タイ南部のゴム農園が、タイヤ需要
に応えている。今や、タイ北部の米農家は、高級ジャスミン米の半分を中国と香港に出
荷している。日本と韓国の鉄鋼メーカーは、中国の都市に溢れる超高層ビルの背骨を供
給し、今や中国を最大の顧客と看做している。台湾、韓国、マレーシアのコンピューター・
チップ工場は、中国沿岸部の工場の需要を満たすのに追われている。そこでは、今膨大
な量のエレクトロニクス製品が組み立てられている。中国は、一方で電力需要に応えるよ
う頑張りながら、今エネルギー源を多様化しようとしているので、インドネシアとオーストラリ
アで油田、天然ガス田を開発している。

(4) アメリカ、ヨーロッパ、それに日本では、中国の昨年の輸出額、4千380億ドルに苛々
する注目が向けられており、そのことで、貿易大国としての中国の浮上が他国の製造業コ
ミュニティの多くを壊滅させつつあるという話が、起きている。しかし、ここ、東南アジアで
は、同地域の経済が、その戦利品の不釣合いなほど大きな分け前を得ているので、その
焦点は、それに対応する数字、つまり中国の昨年の4千130億ドルという輸入額に大体
移っている。

(5) 昨年、マレーシア、タイ、シンガポール、フィリピン各国は、すべて、対中輸出が50%以
上増加し、それが、中国の受け止め方を、潜在的な脅威からチャンスの国へと変化させ
るのに役立った。しかし、その出荷は、また、若干の新しい心配を生み出すことにもなる。
東南アジアの依存は、中国経済が減速すれば、自分たちの成長も打撃を受けやすくなり
うることを意味する。中国の製造業が、高度に成長するにつれ、それらの国々が直接アメ
リカ、ヨーロッパ、日本に出荷している最終製品の流れに、中国が、食い込むことに恐らく
なるだろう。

(6) 中国の容赦のない産業の拡大が、より多量の原材料を吸収するので、今のところ、
最大の問題は、単に、需要に追いついていくことである。ゴールドマン・サックスによれば、
2003年年初から9ヶ月間で、中国は、150億ドル以上の機械と輸送手段を東南アジアか
ら購入した。それは、その1年前の同時期に比し、70%以上の急上昇である。同時期
に、東南アジアから、中国が、鉱物、原油、化学製品、プラスチック、ゴムを輸入した額
は、50%跳ね上がって、64億ドルになった。

(7) 「2003年は、中国が、我々の最大の得意先でした」と、Yong Chin Fatt氏(Sagil 
Estates他60以上のパーム油農場を所有する、マレーシアのコングロマリット、IOIグループ
の物資部門統括マネージャー)は、語った。マレーシアから中国へのパーム油の出荷量
は、その製品価格と同様に、過去2年でほとんど倍に上がった。IOIは、より大きな需要を
見込んで、新たな土地にヤシを植えている。「我々は、中国を脅威とは見ていません。我
々は、中国を、救世主と思っています」と、Yong氏は、語った。

(10) ここ数ヶ月、中国指導部は、経済が加熱する可能性があると懸念していることを示
唆し、自動車、不動産のような同国の急成長部門に流入する貸出を引き締めてきた。
指導部は、過剰投資が、悲惨なバブル、つまり、結局は物価を引き下げる過剰供給を
発生させる可能性を認識している。もし万一、不動産にそのような崩壊が起これば、それ
は、中国の銀行(既に約5千億ドルの不良債権を保有)による数百億ドルの更なる回収
不能を引き起こす可能性がある。

(11) ほとんどのエコノミストは、今、中国が、過去20年間年率9%以上で成長してきた超
ハイペースを今年はやや落とすと予想している。限界的な減速でさえ、中国の近隣諸国
に強い影響を及ぼす可能性がある。モルガン・スタンレーは、11月の調査報告で、中国の
輸入が、マレーシア、タイ、シンガポールにとっては、輸出全体の伸びの20%から30%を占
めると推定し、中国の景気の減速が、取るに足りない検討材料ではとてもありえないと、
付言した。

(16) つい数年前のことだが、1997年、1998年の金融危機以前には、東南アジアが、海
外投資家のお気に入りだった。しかし、その称号は、それ以来中国に譲られている。中国
の13億の民は、いずれあらゆる物の世界最大の潜在的市場になるように思われる。1千
億ドル以上の新規資本が、過去2年間だけで中国に流れ込んだ。この投資の多くが、同
国の技術革新にまわされた。そのかなりの割合が、韓国、台湾、マレーシアの工場で製
造された工場用機械設備に費やされている間に、それらの機械設備が結局生産するこ
とになる製品が彼らの現在の輸出の中にじわじわと入っていくだろう。

(17) 「それは、一種の『こちらを立てれば、あちらが立たず』という状態なのです。我々が、
原材料と機械を中国に輸出すればするほど、中国が、製品原材料を第三国に輸出す
る可能性がますます大きくなるわけです」と、バンコクにあるチュラロンコン大学のエコノミス
ト、Sompop Manarungsan氏は語った。

(18) 東南アジアのリーダーたちは、生産水準を引き上げ、更にハイテクな製品へとシフトし
て中国との価格競争を避けることによって、世界的なサプライ・チェーンにおける自己の立
場を守ろうと今一生懸命である。

(19) マレーシア北部のペナン島州は、よい事例である。そこは、19世紀にはイギリスの貿
易港であったのだが、つい最近は、「シリコン・アイランド」に変わり、半導体やコンピュー
ターの工場を惹きつけた。今日、インテルのチップのおおよそ40%が、ペナンで作られており、
アメリカで販売されているデルのラップトップ・パソコンのほとんどすべては、そこが原産地であ
る。

(20) 4年前、アメリカを本拠とする、コンピューターのディスク駆動装置の製造メーカーであ
るシーゲイトが、それまで二つあったの工場のうち一つを閉鎖し、中国に移すことを選択し
たとき、ぺナン島の経済は、衝撃を受けた。それで、その技術集積地のメルトダウンが起こ
り、それが、ペナンの製品に対する需要を急激に減少させた。それから、中国が浮上し、
ペナン島が、その植民地の歴史を繰り返して、重要な集散地から僻地へと衰退する運
命にあるという懸念が広まった。

(21) 今、ペナンは、バイオテクノロジーに力を入れ、一方で、積極的に労働者を教育して
いる。最近のインタビューで、ペナン島州の首相であるKoh Tsu Koon氏(国営ペナン開発
会社の会長を兼ねる)は、世界経済における同島の地位に、またかなり自信を持つよう
になっていると語った。より単純な電気部品の労働集約的な生産は、中国に移転し続
けるだろうが、企業各社は、設計と開発の仕事を、いまだ知的所有権侵害行為の巣窟
である中国に移転するのを渋り、その種の仕事をペナンに残すのに熱心だと、彼は語っ
た。

   (後略)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Pubzine  http://www.pubzine.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium-2.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。