語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版)

2004/01/18

 2004-01-17
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

      【英文記事より】 (無料版)    〈No.94〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
 一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
 読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

************************************************************
The New York Times       (2004-1-11)
http://www.nytimes.com/2004/01/11/movies/11KEHR.html

「アニメの次世代をリードする、今敏(こん・さとし)」
New Contender for the Anime Throne
By DAVE KEHR
************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) JAPANESE animation has its elder statesman, Hayao Miyazaki, 63, whose 
"Spirited Away" won last year's Oscar for best animated feature.

(2) And now a new generation is asserting itself, led by Satoshi Kon, 40, whose 
"Millennium Actress" was released in the United States in September, and whose 
latest creation, "Tokyo Godfathers," opens on Friday.

(3) If Mr. Miyazaki is Japan's Walt Disney -- a beloved cultural institution, who 
even has his own museum in Tokyo -- Mr. Kon has no obvious peers in American 
animation. He makes his movies for adults, using an intricate narrative style that 
weaves in and out of the past and the present, the subjective and the objective, 
the real and the imagined, as in "Millennium Actress" (available on DVD). In the 
film, an aging star being interviewed by a pair of television journalists recounts a 
century of filmmaking in Japan and, through the eras evoked by her films, 1,000 
years of Japanese history. Mr. Kon's characters, though they may have the wide 
eyes and round faces of stock anime figures, are psychologically complex, even 
-- as in his first feature, the 1997 "Perfect Blue" -- to the point of 
schizophrenia.

(4) "Tokyo Godfathers" shows off Mr. Kon's graphic style at its subtlest and 
most evocative. Set in a fully imagined back-alley Tokyo on a snowy Christmas 
Eve, the film avoids the bright colors usually associated with animation in favor of 
muted tones of brown, green and yellow, punctuated by pools of darkness. His 
images are formally exquisite compositions designed with a depth of field unusual 
for anime; movement is added sparingly. His films have a hushed, melancholy 
atmosphere and end-of-the-day reflectiveness that are rare in anime.

(5) His storytelling, however, is charged with action and incident. The heroine of 
"Perfect Blue," a teenage pop sensation struggling to make the transition to a 
career as a dramatic actress, is possessed by multiple identities, including the 
ghost of her innocent pop idol persona and a violent stalker who may be the 
embodiment of her own self-loathing.

(6) For Mr. Kon the fluid boundaries between dimensions simply reflect the world 
as we experience it.

(7) "For instance, here I am talking with you," Mr. Kon said during a recent visit 
to New York to present "Tokyo Godfathers" at the 2003 Big Apple Anime 
Festival. "But I am still able to think about a job back in Japan. And so actually I 
am in New York, but I am also in Japan, and this is reality. Human nature is 
multilayered inside, and this is a fact I love to bring into my work."

(8) Mr. Kon, who dresses entirely in black with tiny glasses and a goatee that give 
him a suspicious resemblance to the chief interviewer in "Millennium Actress," 
said that his interest in anime came relatively late. A successful creator of 
manga, the black-and-white Japanese comic books that can run to dozens of 
volumes and thousands of pages, and an occasional designer for animated 
television series, he was asked by Masao Maruyama, the president of Japan's 
Mad House animation studio, to take over the direction of "Perfect Blue." Mr. 
Kon agreed on the condition that he be allowed to rework the script. (The project 
had originally been planned as a live-action film.)

(9) "This was my first director job," Mr. Kon said through a translator, "and so I 
struggled and searched and finally decided to make something that I would really 
want to see." He and the screenwriter Sadayuki Murai devised a new plot and 
the idea of the layered narration, and in the end, Mr. Kon said, "the only thing in 
common between the original story and my movie was the characters."

(10) Mr. Kon also collaborated with Mr. Murai on "Millennium Actress," and 
although he began with a blank slate, he again chose an actress as his heroine. 
"Actors and actresses always work both in reality and in fantasy," Mr. Kon said. 
"And so I just thought it's the perfect situation for me to use an actress to 
create this kind of tricky world."

(11) Though Mr. Kon said that Chiyoko, the central figure of "Millennium 
Actress," is based on no one in particular, she bears a strong resemblance to 
Setsuko Hara, the stoic, always smiling, always dutiful daughter of many of 
Yasujiro Ozu's films of the 50's and early 60's. Chiyoko becomes an actress 
hoping to attract the attention of the lost love of her youth, a painter and war 
protester who seems to have disappeared into the Japanese campaign in 
Manchuria. As her career progresses during and after World War II, she appears 
in films modeled on different Japanese genres, including the feudal adventure as 
practiced by Akira Kurosawa and the geisha melodramas of Kenji Mizoguchi and 
Mikio Naruse.

(12) "I didn't watch movies in order to make `Millennium Actress,' " Mr. Kon said. 
"In my life I have seen a lot of movies and television, and so I had some 
impressions of various movies and periods. And to me the impression was the 
most important.

(13) "The most difficult aspect was animating the sequences that take place only 
40 or 50 years ago. Then the Japanese wore Japanese costumes, and they did 
everything in the traditional way, which has been lost completely in modern 
culture. It was a total shock to realize that we didn't even know how they moved 
and how they lived. So we had to do a lot of research on behavior, learning how 
they stood up, for example, by looking at a book on good manners."

(14) "Tokyo Godfathers" is set in present-day Tokyo and at first seems strikingly 
traditional with its more sentimental plotting and more affectionately drawn 
characters, almost as if Mr. Kon were treading on Mr. Miyazaki's more emotional 
territory. The story, about three homeless people (an alcoholic, a transvestite 
and a runaway girl) who find a baby in a heap of garbage bags on Christmas Eve, 
has been borrowed, Mr. Kon readily acknowledged, from John Ford's 1948 
Western "3 Godfathers." The storytelling is almost completely linear, fixed in 
space and time where Mr. Kon's other films float freely.

(15) And yet Mr. Kon's themes are fully present: the transvestite, too, is a 
performer, inhabiting the zone between reality and fantasy; the alcoholic is 
haunted by his past as a champion bicycle racer; and the runaway, like the main 
character of "Perfect Blue," is caught between childhood and adulthood. The 
Christmas setting, too, is typically multilayered. "In Japan," Mr. Kon explained, 
"the last week of December and the beginning of January represents a 
cross-culture of religions. Christmas is Christian, then, on Dec. 31, the Japanese 
listen to the end-of-the-year gongs. That's Buddhism. And Jan. 1 is a Shinto 
holiday. I tried to express this cross-religious culture in my movie, and how the 
Japanese look at this."

(16) Mr. Kon has already begun work on his new project, a television series set in 
a future world. Does he see a museum of his own, like Mr. Miyazaki's, in his 
future?

(17) "Before I have a museum," Mr. Kon said, "I would like to have my own house."  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 日本のアニメには、宮崎駿(63)という長老がいる。彼の「千と千尋の神隠し」は、昨年
の最優秀アニメーション映画のオスカーを獲得した。

(2) そして今氏、新しい世代が、その存在を主張している。その筆頭が、今敏(こん・さと
し)氏(40)である。彼の「千年女優」は、アメリカで9月に公開された。彼の最新作、「東
京ゴッドファーザーズ」は、金曜日(1月16日)に公開される。

(3)もし、宮崎氏が、日本のウォルト・ディズニー つまり 愛すべき文化的有名人(彼は、東
京に、自分自身の美術館までもっている)だとすると、今氏に、はっきり相当する人は、ア
メリカのアニメーション界にはいない。彼は、「千年女優」(DVDで市販されている)のよう
に、過去と現在、主体と客体、現実と想像の間を行きつ戻りつする、込み入った物語の
スタイルを使って、大人向けの映画を作っている。同映画では、一組のテレビ・ジャーナリス
トからインタビューを受けている年老いたスターが、日本の映画制作の百年と、彼女の出
演映画が想起させる時代を通じて日本の歴史の千年を、物語る。今氏のキャラクターた
ちは、ストックしてあるアニメの登場人物たちの持つ大きな目と丸い顔をしているかもしれ
ないが、彼らは、彼の最初の作品、1997年の「パーフェクトブルー」でそうであったように、
精神的には、統合失調症の程度にまでも、複雑である。

(4) 「東京ゴッドファーザーズ」は、最高水準の繊細さと喚起性で今氏のグラフィックスタイル
を誇示している。映画は、雪の降るクリスマスイブの、全く想像上の東京の裏町が舞台
で、茶色、緑、黄色の抑えた色調〈それも部分的な暗闇で遮られている〉 を選んで、普
通アニメーションで連想される鮮やかな色を避けている。彼の映像は、アニメにとっては珍
しく深い被写界深度で描かれた、本格的に精密な構成になっている。つまり、動きが、慎
重に加えられている。彼の映画には、静かでメランコリーな雰囲気と、アニメには珍しい一
日の終わりの反省がある。

(5) しかし、彼のストーリー展開には、行動と事件が詰まっている。「パーフェクトブルー」のヒ
ロイン(ドラマ女優として出世したいとあがく、十代の人気アイドル)は、多重人格の持ち
主である。彼女自身の自己嫌悪の体現とも思える、彼女の無垢な人気アイドルのペルソ
ナと暴力的なストーカーの亡霊も含めて。

(6) 今氏にとって、局面と局面の境界が流動的であるのは、我々がそれを経験しているよ
うに、ただこの世を反映しているにすぎない。

(7) 「たとえば、ここで私はあなたと話していますが、私は、それでも、日本での仕事につい
て考えることができます。ですから、実際には、私は、ニューヨークにいますが、私は、同時
に日本にもいるのです。これが、現実です。人間の本性は、内面では多層をなしているの
です。これが、私が、自分の作品の中に取り入れたいと思っている事実なんです」と、今
氏は、「東京ゴッドファーザーズ」を2003年ビッグ・アップル・アニメ・フェステバルで紹介するた
めに、最近ニューヨークを訪れた際に、語った。

(8)「千年女優」に出てくるチーフ・インタビューアーに怪しいほどに似た印象を与える、小さ
なめがねとヤギひげに、全身黒尽くめという格好で、今氏は、彼のアニメに対する関心は、
比較的遅くやって来たと語った。彼は、何十巻、何千ページに上るマンガ、つまり日本の
モノクロコミック本の成功した作者であり、時には、テレビのアニメシリーズの監督も務めて
いるので、日本のマッドハウス・アニメスタジオの丸山正雄社長から、「パーフェクト・ブルー」
の監督を引き受けるように要請された。今氏は、台本を書き直してもよいという条件で同意した。(そのプロジェクトは、当初は、実写映画として企画されたものだった。)

(9) 「これは、私の初めての監督としての仕事でした。ですから私は、一生懸命調べ、自
分が本当に見たくなるものを作ろうとやっと決心しました」と、今氏は、通訳を通して語っ
た。彼と脚本家の村井さだゆきは、新しいプロットと重層的なナレーションのアイデアを考
え出した。結局、「元の話と私の映画の共通点は、ただ登場人物だけになりました」と今
氏は、語った。

(10) 今氏は、「千年女優」でも村井氏と共同作業を行った。彼は、白紙状態で始めた
が、ヒロインに再度女優を選んだ。「男優も女優も、いつも現実と空想の両方で仕事をし
ているわけですから、この種の手の込んだ世界を作り出すためには、女優を使うのが、私
にとって、ぴったりの状況だと、ただちょっと思っただけなんです」と今氏は語った。

(11) 「千年女優」の中心人物である千代子は、特にモデルはいないと、今氏は語った
が、彼女は、1950年代、60年代の小津安二郎の映画の多くの作品で、禁欲的でいつも
微笑んでいて、いつも素直な娘を演じた原節子に極めてよく似ている。千代子は、若い
ころ失恋した相手(満州で日本軍の軍事行動の中に消えていったように見える反戦の画
家)の注意を引きたいと望んで、女優になる。第二次世界大戦中から戦後にかけて、彼
女が出世を遂げていくにつれ、彼女は、黒澤が作ったような時代劇や溝口健二、成瀬
巳喜男の芸者のメロドラマを含めて、日本映画の他のジャンルを手本にして作られた映
画に出演する。

(12) 「私は、『千年女優』を作るために、映画をじっくり見るということはしませんでした。私
の人生でこれまでたくさんの映画やテレビを見てきてますので、私は、いろいろな映画や時
代ついて若干の印象を持っていました。私には、その印象が最も重要でした」と、今氏は
語った。

(13) 「最も難しい面は、つい40年か50年前に起こった一連の出来事をアニメ化することで
した。当時日本人は、日本式の着物を着ていたのです。彼らは、すべて伝統的なやり方
に従ってました。それが現代文化では完全に失われているんです。当時の人たちがどう動
いたかとか、どう暮らしていたかということさえ、私たちは知らないことに気づいて、完全に
ショックを受けました。ですから、たとえば、彼らの立ち方を、良い礼儀作法について書かれ
た本を見て学んで、立ち居振る舞いについて多くの調査をしなければなりませんでした」

(14) 「東京ゴッドファーザーズ」は、今日の東京が舞台で、初めは、より感情の入った描き方とより愛情を込めて描かれた登場人物について、ほとんどまるで今氏が,宮崎氏のもっ
と感情豊かな領域に踏み込みつつあるかのように、著しく伝統的に見える。そのストーリー
は、クリスマスイブに、ゴミ袋の山の中で赤ん坊を見つける三人のホームレス(アル中、女
装倒錯者、家出少女)のことを描いたもので、アイデアは、ジョン・フォードの1948年の西
部劇、「3 godfathers」から借りたことを、今氏は、ためらいなく認めた。話の展開は、ほと
んど完全に一直線に進み、時間と空間上で固定されている。今氏の他の映画は、時間
と空間上を自由に浮動しているのだが。

(15) しかし、今氏のテーマは、十分に今日的である。女装倒錯者も、演技者であり、現
実と空想の狭間に住んでいる。アル中は、競輪のチャンピオンだった過去を引きずってい
る。家出少女は、「パーフェクト・ブルー」のメインの登場人物のように、児童期と成人期の
中間に掴まっている。クリスマスの設定も、典型的な重層構造である。「日本では、12月
の最後の週と、1月の初めは、多宗教の文化的横断状況を示すのです。クリスマスは、キ
リスト教のものです。次に12月31日に、日本人は、除夜の鐘を聞きます。それは、仏教の
ものです。それから1月1日は、神道の休日です。私は、この宗教横断的な文化と、それ
から日本人がこれをどう見ているかを、私の映画で表そうとしました」と今氏は、説明した。

(16) 今氏は、彼の新しいプロジェクト、未来の世界を舞台にしたテレビ・シリーズについ
て、作業を既に始めている。彼は、宮崎氏の美術館のように、自分の美術館を将来見
るのだろうか。

(17) 「私は、美術館を持つより先に、自分の家を持ちたいです」と今氏は、語った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Pubzine  http://www.pubzine.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium-2.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。