語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版)

2004/01/11

 2004-01-10
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

        【英文記事より】 (無料版)   〈No.93〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●The Washington Postの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*************************************************************
The Washington Post      (2003-12-27)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A33261-2003Dec26.html

「最大の輸出品:日本文化」
Japan's Empire of Cool
Country's Culture Becomes Its Biggest Export
By Anthony Faiola  Washington Post Foreign Service
*************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) TOKYO -- In the supercharged air of Shibuya, Tokyo's fiercely hip teen 
quarter, music videos by Japanese pop stars topping the charts throughout Asia 
boom from towering, outdoor liquid-crystal display screens. The streets below are 
clogged with hordes of young women wearing the Japanese schoolgirl look -- 
streetwalker's makeup, sexy stockings and plaid miniskirts -- styled by 
international fashion magazines as the height of child-delinquent chic.

(2) Under a galaxy of neon, cubicle-sized stores sell trendy trinkets, including 
phone mascots -- cute characters first dangled off cell phones here years ago, 
now common in Seoul and Hong Kong and seen in Sydney, New York and Paris.

(3) In the cacophony of cool, foreigners mingle with streams of Japanese 
descending by a cave-like hole into the entrance of Mandarake, the world's 
largest Japanese manga -- comics -- and anime department store. They buy 
original celluloids, or cels, from Japanese animation, most at about $30 each, 
along with comic books, action figures, posters and CDs. Hundreds of online 
orders come in daily to operators speaking Japanese, English, Spanish, French 
and Korean.

(4) Company President Masuzo Furukawa, whose office is entered through an 
anime-like tube with round, orange electronic doors, is direct about the reason: 
"If it's Japanese, the world wants it. Japan is hot."

(5) Even as this country of 127 million has lost its status as a global economic 
superpower and the national confidence has been sapped by a 13-year economic 
slump, Japan is reinventing itself -- this time as the coolest nation on Earth.

(6) Analysts are marveling at the breadth of a recent explosion in cultural 
exports, and many argue that the international embrace of Japan's pop culture, 
film, food, style and arts is second only to that of the United States. Business 
leaders and government officials are now referring to Japan's "gross national 
cool" as a new engine for economic growth and societal buoyancy.

(7) Revenue from royalties and sales of music, video games, anime, art, films and 
fashion soared to $12.5 billion in 2002, up 300 percent from 1992. During the 
same period, Japanese exports overall increased by only 15 percent. Its cultural 
exports are now worth three and a half times the value of all the televisions this 
nation exported in 2002, according to a report by the research arm of the trade 
conglomerate Marubeni.

(8) "Japan is finding a new place in the world, and new benefits, through the 
worldwide obsession with its culture -- especially pop culture," said Tsutomu 
Sugiura, director of the Marubeni Research Institute. "The global embrace of 
things Japanese has given us a new kind of influence, different than what Japan 
once had, but influence nonetheless."

(9) Sushi in Sao Paulo

A new crop of internationally famous architects have led Japan's emergence as a 
force in international design.

(10) Shigeru Ban recently won the competition for the new Pompidou Center in 
Metz, France, and Tadao Ando, winner of both the Pritzker Prize and the 
American Institute of Architects Gold Medal, designed the Modern Art Museum in 
Fort Worth. Ando is currently working on the spectacular and huge Francois 
Pinault Foundation for Contemporary Art on an island in the Seine in suburban 
Paris.

(11) Takashi Murakami, whose "superflat" art movement has earned him the 
reputation as a new Andy Warhol, inaugurated a whimsical, high-profile, anime-like 
sculpture at Rockefeller Center this fall. His playful works on canvas, scooped up 
mainly by foreign buyers, have fetched prices near $600,000 at New York art 
auctions. Louis Vuitton designer Marc Jacobs collaborated with Murakami to 
create a series of Vuitton handbags that was one of its top sellers last year.

(12) Rei Kawakubo, who established Comme des Garcons, and the houses of 
Issey Miyake and Yohji Yamamoto have for years been at the top of international 
fashion. But they now hold court alongside younger Japanese designers such as 
Jun Takahashi of the Undercover label, dubbed by several leading fashion editors 
as the hottest breakout designer in years. Junya Watanabe, a Kawakubo protege, 
has also made a big stir in fashion circles.

(13) Japan's culture of kawaii, or cute, epitomized by playful designs in ice cream 
colors such as cherry-blossom pink and tea green, is increasingly as recognizable 
around the world as Americana. France's Pierre Herme, the Paris dessert chef 
and retailer, picked kawaii as the theme for his fall/winter 2003 designs, with 
fantasy pastries in the soft, silky hues of kimonos and anime.

(14) Sushi, once an urban trend, has become as globally ubiquitous as the Big 
Mac. Brazil's Veja Magazine reported this month that there are now more sushi 
restaurants than Brazilian barbeques in Sao Paulo, South America's largest city, 
where residents consume an estimated 278 sushi rolls per minute. And in Paris, 
on the Rue de la Gaite, the entire street has filled with sushi restaurants over 
just the past two years, said Patrice Jorland, cultural attache at the French 
Embassy in Tokyo. "This is Paris, yes, Paris," he said.

(15) Even traditional Japanese culture, which long ago influenced the French 
Impressionists and furniture design in Europe, is reaching farther afield. A school 
of ikebana, Japanese flower arranging, recently opened in South Africa, and 
ikebana conventions have been held in Zimbabwe and Taiwan. The next one is 
scheduled for Vienna next year. The drumming group Kodo has won international 
acclaim, playing New York's Carnegie Hall as well as the Acropolis in Athens.

(16) And a tea-ceremony school recently opened in Nova Scotia. "We had one 
nurse come in and say she wanted to learn the way of tea and wear a kimono 
just because she had read all the books coming out on geisha life," said John 
McGee, a 30-year master of Japanese tea who left Kyoto in the 1990s to found 
the school near Halifax. "It has gotten completely out of control."

(17) Beyond Hello Kitty

Inside the anime department store, Andy, a 42-year-old from London, was buying 
dozens of original anime cels -- paintings on transparent plastic sheets used to 
create an animation -- for his own collection and resale at home. One cel frame 
depicted a doe-eyed young man who looked like a character from "G-Force," a 
Japanese cartoon popular in the United States during the 1980s. "Forget it; this 
character is much newer," he said, unwilling to give his last name for fear such 
resales may not be entirely legal. "If that were really 'G-Force,' it would be 
vintage. We're talking eight times the price, more, back in London."

(18) Lighter-fare manga and anime franchises such as Pokemon, translated into 
more than 30 languages and available in 65 countries, are still hugely popular and 
contributing to the global fascination with Japan's youth culture. But around the 
world, Japan is not just about Hello Kitty anymore. Shonen Jump, a leading 
Japanese comic, was launched in the United States last year and has reached a 
monthly circulation of 540,000. Video games with Japanese themes, such as 
Tenchu and The Way of the Samurai, rank among the hottest sellers worldwide.

(19) "There are millions of kids around the world listening to the Japanese 
language, sometimes without even realizing it, when they play a video game," said 
Noriyuki Asakura, a former "J-pop" star who composes musical scores for Sony 
PlayStation video games. "Our audience has never been greater."

(20) The mania has also touched Hollywood. Spoken partly in Japanese and with 
a long anime sequence, Quentin Tarantino's hit "Kill Bill" incorporates Japan's 
ancient traditions and Tokyo's modern pop culture in an homage to Japanese 
coolness. Tom Cruise joined a host of celebrated Japanese actors in the new 
epic "The Last Samurai." And the costumes and atmosphere of the recently 
concluded "Matrix" series were rooted primarily in Japanese manga.

(21) In Japanese film, Hayao Miyazaki's "Spirited Away" won the Oscar this year 
for best animated feature, while Takeshi Kitano's "Zatoichi" walked away with the 
coveted best director's award at this year's Venice Film Festival.

(22) Japan's emergence today as a cultural superpower is, observers say, the 
product of various factors. In the United States, Japanese anime and manga, the 
key source of Japan's newfound popularity, were embraced during the 1970s and 
1980s by a fertile subculture of technology-minded Americans, some of whom 
went on to spark the dot-com explosion.

(23) "The geeks who read manga as kids went on to become the millionaires of 
the 1990s," said Washington-based journalist Douglas McGray, who wrote an 
article in Foreign Policy magazine on Japan's gross national cool and is credited 
with coining the term. "They spread their interest in things Japanese."

(24) A record 3 million people around the world are now studying the Japanese 
language, compared with only 127,000 in 1997, according to the Japan Foundation 
and Tokyo's Marubeni Research Institute.

(25) David Janes, program officer for the New York-based U.S.-Japan 
Foundation, attributes the huge increase in Japanese-language students to the 
spread of Japan's pop culture. He said he visited a high school in Iowa with 80 
kids in a Japanese program and "what really amazed me is that when we asked 
why they were studying the language, the majority of them didn't hesitate. They 
said manga and anime."

(26) Cultural Kaleidoscope

Japan's role in the world has changed dramatically over the decades, from 
expansionist military empire in the first half of the 20th century to global 
economic superpower in the 1980s. Although its economy is still the 
second-largest in the world, the bursting of Japan's economic bubble in 1990 and 
its limping economy of the past decade have dimmed the American perception of 
Japan as a global financial competitor.

(27) Meanwhile, outside the United States, Japan is being viewed as a more 
neutral, alternative source of entertainment at a time when anti-Americanism is 
running high.

(28) In Asia, where resentment of Japanese invasions before and during World 
War II still runs deep and Japanese cultural imports in many countries were 
banned, Japan's pop icons have easily overtaken their U.S. counterparts.

(29) A ban in South Korea only increased the cache of Japan's pop culture 
among many young South Koreans, and created a huge black market in Seoul for 
Japanese magazines, comics, music and films. As the two nations have moved 
toward closer ties in recent years, those restrictions have gradually loosened, 
with the ban scheduled to be completely lifted in 2004.

(30) Across East Asia, J-pop -- a cuter, softer and Japanized version of 
American pop -- rules supreme. Groups such as Kinki Kids and Glay, both 
Japanese boy bands, have topped the charts in Taiwan, China and Hong Kong. 
Despite the still-frosty relations between Japan and China, Glay played to one of 
their largest crowds ever in October 2002 in Beijing, luring a sold-out audience of 
35,000.

(31) "Japan led the funk and punk culture of the young generation," said Karl 
Hwang, a Seoul-based Korean entertainment-industry analyst. "For Korean kids, 
coming out of the military era, Japanese culture was full of those things that 
Koreans were deprived of. The Japanese successfully transformed Western 
culture into their own. And for Koreans and other Asians, the similarity in 
appearance helped us accept Japanized Western culture rather than directly 
copying Western culture. Take blue jeans for example. Japanese made blue jeans 
are much more comfortable in size, fit and design for Koreans than U.S.-made 
jeans."

(32) Critics say that Japan is merely a cultural prism, absorbing influences from 
abroad and reflecting them back, albeit altered to Japanese taste. But many say 
that it is precisely the attraction.

(33) "Japanese culture absorbs things, but then puts a different interpretation to 
it," said Naoki Takizawa, a top designer for the fashion house of Issey Miyake. 
"Some people may say that we don't correctly understand the history of what 
has come from overseas. But we attach a different creativeness to things . . . our 
own sense of beauty. If you take a look at Shibuya, you see an energetic 
performance going on there, all the girls who want to be like dolls, like characters 
[in anime]. . . . Japan is a creative culture and the world is beginning to 
understand that."
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 東京発 – 東京の極めて流行に敏感な十代の街、渋谷の活気溢れる空気の中で、
アジア中のヒット・チャートで一位になっている日本人の人気歌手の音楽ビデオが、高くそ
びえる野外液晶表示スクリーンから、音をガンガン流している。その下の通りは、日本の女
子生徒ルックの -- つまり、街の女風のメークをし、セクシーなストッキングを履き、格子柄
のミニスカートを履いた-- 若い女性の群れで埋まっている。その格好は、国際的なファッ
ション雑誌から、垢抜けた非行少女と呼ばれている。

(2) たくさんの輝くネオンの下で、箱のような小さな店が、ケータイのマスコットを含めて最新
流行のアクセサリーを売っている。可愛いマスコットは、数年前にここで初めてケータイにぶ
ら下げられ、今やソウルでも香港でもありふれており、シドニー、ニューヨーク、パリでも見ら
れる。

(3) 洞穴のような穴を通って、世界最大のマンガ(コミックのこと)とアニメのデパートである、
まんだらけの入り口へと降りてくる日本人の流れに、外国人たちが、クール、クールと言い
合いながら、混じっている。彼らは、日本のアニメのセルロイド原画、つまりセル画を、ほと
んど、マンガ本、アクション・フィギャー、ポスター、CDと一緒に、一枚約30ドルで買ってい
る。数百件のインターネットによる注文が、日本語、英語、スペイン語、フランス語、韓国
語を話す係員に舞い込んでくる。

(4) 会社社長のフルカワ・マスゾーは、(彼のオフィスは、丸くて、オレンジ色の電子式ドアの
ついたアニメのようなチューブを通って入る)その理由について率直である。「それが日本製
なら、世界がそれを欲しがるんです。日本が、流行なんです」

(5) 人口1億2千7百万人のこの国が、世界的な経済大国としての地位を失い、国民の
自信が13年にわたる経済不況で挫かれながらも、日本は、改革の真っ最中である、今
度は、世界一カッコいい国として。

(6) アナリストたちも、最近の幅広い文化的輸出の急増に驚嘆している。多くの人が、映
画、食べ物、生活スタイル、芸術作品など、日本の大衆文化の国際的受容は、アメリカ
に次いで第二位であると論じている。財界人も政府高官も、今や、日本のGNC(国民
総クール)を経済成長と社会全体の回復の新しい動力源と呼んでいる。

(7)ロイヤリティー収入と音楽、テレビゲーム、アニメ、アート、映画、ファッションの売り上げ
は、2002年には、1992年比3倍増の125億ドルに急増した。同時期に、日本の輸出全
体は、15%増えただけである。総合商社丸紅の調査部門の発表によれば、日本の文化
的輸出は、今や、この国が2002年に輸出したテレビ全部の価値の3.5倍に値する。

(8) 「日本は、日本文化、特に大衆文化に対する世界中の関心を通して、世界に新し
い立場、新しい特権を見つけつつあります。日本的な物の世界的な受容が、我々に日
本がかって持っていたものとは違う新しい種類の影響を、それでもやはり影響は影響なん
ですが、もたらしています」と、丸紅経済研究所の所長、杉浦勉は、語った。

(9) サンパウロのすし

新しい一団の国際的に有名な建築家たちが、国際的建築設計の一大勢力として日本
が登場するよう導いた。

(10) 坂茂は、最近、フランスのMetzで行われた新しいポンピドー・センターのコンペで優勝
した。プリツカー賞とアメリカ建築家協会のゴールド・メダルの両方を受賞している安藤忠
雄は、フォート・ワースの近代美術館を設計した。安藤は、現在、パリ郊外のセーヌ川の中洲で、巨大な堂々たるフランソワ・ピノー現代美術財団に取り組んでいる。

(11) 村上隆(彼の「スーパーフラットな」芸術活動は、彼に新しいアンディー・ウォーホルだ
という評判をもたらした)は、風変わりで人目を引く、アニメのような彫像の展示を、この秋
ロックフェラー・センターで始めた。キャンバスに描かれた、彼の遊び心のある作品は、主に
外国人バイヤーによって買いあさられているのだが、ニューヨークの美術オークションで60万
ドル近い値段で売れた。ルイ・ヴィトンのデザイナー、Marc Jacobsは、村上と共同して、
一連のヴィトンのハンドバッグを創った。それは、昨年ヴィトンで最もよく売れた物の一つ
だった。

(12) コムデギャルソンの創立者である川久保玲と、三宅一生と山本耀司のブティックは、
何年もの間、国際的なファッションのトップにある。しかし、彼らは、何人かの一流のファッ
ション編集者から、ここ数年で最も爆発的人気のあるデザイナーと呼ばれている、アンダー
カバー・レーベルの高橋盾のような、より若手の日本人デザイナーと並んで、今ももてはや
されている。川久保の弟分である渡辺淳弥も、ファッション界で一大センセーションを巻き
起こしている。

(13) 可愛い(cuteを意味する)という日本の文化は、桜のピンクとお茶の緑のようなアイス
クリーム色の、遊び心のあるデザインに典型的に示されているが、それは、アメリカ的な物と
同じくらいに世界中でますます見受けられるようになっている。フランスのPierre Herme
は、パリのデザート菓子のシェフであり販売店主であるが、その彼が、着物とアニメの柔らか
くてシルキーな色合いのファンタジー・ペストリーについて、2003年秋冬物のテーマとして可
愛いを選んだ。

(14) かつて都会の流行だったすしは、ビッグ・マックと同様、世界中どこにでもあるものに
なった。ブラジルのVejaマガジンは、今月、今や南アメリカ最大の都市サンパウロには、ブラ
ジリアン・バーベキューより多くのすしレストランがあり、住人は、1分当たり推定278本のす
しロールを消費していると報じた。パリでは、Gaite通りで、通り全体がついこの2年のうち
に、すしレストランで一杯になったと、在東京フランス大使館の文化アタッシェである
Patrice Jorlandは、述べた。「これが、パリなんです。ええ、パリなんですよ」と彼は語っ
た。

(15) 伝統的な日本の文化は、ずっと前にはフランス印象派やヨーロッパの家具のデザイン
に影響を及ぼしたが、それでさえも、故郷を遠く離れて更に遠くまで到達しつつある。日
本の生け花の学校が、最近南アフリカでオープンした。生け花の大会は、これまでジンバブ
エや台湾で開かれてきたが、次の大会は来年ウィーンで開かれる予定である。鼓童という
和太鼓のグループは、アテネのアクロポリスだけでなく、ニューヨークのカーネギーホールでも
公演し、国際的な称賛を勝ち得ている。

(16) 茶道の学校が、最近、ノバ・スコシアにオープンした。「入ってきた一人の看護婦さん
に、お茶の作法を習いたい、着物を着たい、と言われました。その理由はただ、彼女は、
芸者の生活について出ている本を全部読んでしまったからでした。気持ちが、完全に抑え
切れなくなってしまったのです」と、ハリファックスの近くにその学校を建てるため1990年代に
京都を発った、30歳の茶道の師匠John McGeeは、語った。

(17) ハロー・キティーを越えて

アニメのデパートの中で、ロンドンから来ている40歳のAndyは、何十枚というセル原画(ア
ニメーションを創るために使われた透明なプラスチックのシートに描かれた絵)を自国での自
分自身のコレクションと転売のために購入していた。一枚のセル画のフレームには、1980
年代にアメリカで人気があった日本のアニメ、ガッチャマンのキャラクターに似ている、あどけ
ない眼をした若者が描かれていた。「やめとこう。このキャラクターはもっとずっと後のもので
す。もしそれが本当に「ガッチャマン」なら、それは、掘出し物です。我々は、ロンドンに帰
ればその8倍以上の値段を付けるでしょう」と、彼は、そういう転売が完全に合法と言えな
いかもしれないことを恐れ、苗字を出すことを渋って、言った。

(18) ポケモン(30以上の言語に訳され、65カ国で入手可能)のような、より手軽な料金の
マンガやアニメの販売権は、今なお非常に人気が高く、日本の若者文化の世界的な魅
了に貢献している。しかし世界中で、もはや、日本と言えば大体ハロー・キティーだという
わけではない。代表的な日本のマンガ雑誌である少年ジャンプは、昨年アメリカで売り出
され、月間発行部数が、54万部に達した。日本的なテーマのテレビゲーム(例えば、天
誅とか侍道など)は、世界中で、最も人気のある売れ筋の中にランクされている。

(19) 「世界中の何百万という子どもたちが、テレビゲームをするとき、ときにはそれに気づく
ことさえなく、日本語を聞いています。我々の聴衆が今より多かったことはありません」と、ソ
ニーのテレビゲーム、プレイステーション用に曲を作っている、元Jポップの歌手だったアサク
ラ・ノリユキは語った。

(20) その熱意が、ハリウッドをも感動させた。クウェンティン・タランティーノのヒット作「キルビ
ル」では、一部日本語が使われ、また、長いアニメ部分が取り入れられているし、日本の
カッコよさに敬意を払って、日本の古くからの伝統と東京の現代の大衆文化が、盛り込ま
れている。トム・クルーズは、新しい大作「ラスト・サムライ」で、たくさんの有名な日本人俳
優たちに加わった。そして、最近完結した「マトリックス」シリーズの衣装と雰囲気は、主に
日本のマンガにルーツがある。

(21) 日本映画では、宮崎駿の「千と千尋の神隠し」が今年長編アニメ部門でオスカーを
受賞した。一方、北野武の「座頭市」は、今年のベニス映画祭で、誰もが欲しい最優秀
監督賞をあっさりと受賞した。

(22) 日本の、今日の文化的超大国としての登場は、様々な要因の産物だと、観察者
は言っている。アメリカでは、日本の最近著しくなった人気の主要な源泉である日本のア
ニメとマンガは、1970年代と1980年代に技術志向のアメリカ人の多産な一派によって受
容された。彼らの中には、続けてドットコム企業の急増の口火を切った者もいた。

(23) 「子どものときにマンガを読んだオタクたちは、続いて1990年代の大金持ちになりまし
た。彼らが、日本的なものへの関心を広げたのです」と、ワシントンを本拠にしているジャー
ナリストDouglas McGrayは、語った。彼は、日本のGNC(国民総クール)についてフォーリ
ン・ポリシー誌に記事を書き、その言葉を初めて作った功績があると信じられている。

(24) 国際交流基金と丸紅経済研究所によれば、1997年のわずか12万7千人に比べ、
現在は、世界中で300万人という記録的な数の人々が日本語を学んでいる。

(25) ニューヨークを本拠とする米日財団のプログラム・オフィサーであるDavid Janesは、日
本語学習者の極めて大幅な増加は、日本の大衆文化が広まったおかげだと考えてい
る。彼は、日本語プログラムでアイオワの、生徒80人の高校を訪れ、「私を本当にびっくり
させたのは、我々がなぜ日本語を勉強しているのかと尋ねたとき、彼らの大半がためらわ
なかったことですね。彼らは、マンガとアニメと答えたんですよ」と語った。

(26) 文化の万華鏡

世界における日本の役割が、この数十年の間に、20世紀前半における拡張主義的軍
事帝国から1980年代の世界的経済超大国へと、劇的に変化した。その経済は依然世
界第二位であるけれども、1990年の日本のバブル崩壊と過去10年の跛行経済が、地球
規模で経済上の競争相手であるという、日本に対するアメリカ人の受けとめ方を弱めてい
る。

(27) 一方で、アメリカの外では、日本は、反米主義が高まるときの、より当たり障りがなく
て代りになる娯楽の源泉と見られている。

(28) アジアでは、第二次世界大戦前や大戦中の、日本による侵略に対する恨みがまだ
根深く、多くの国々で日本文化の輸入は禁止されたが、そのアジアで、日本の人気ス
ターたちは、簡単に彼らのアメリカの人気スターたちを追い越してしまった。

(29) 韓国での禁止は、多くの若者の間で日本の大衆文化の隠匿を増やし、日本の雑
誌、マンガ、音楽、映画の巨大な闇市場をソウルに創っただけだった。両国は、近年、よ
り緊密な関係へと接近しているので、それらの制限事項が次第に緩和されてきており、そ
の禁止は2004年に完全撤廃される予定になっている。

(30) 東アジア中で、J-pop(アメリカン・ポップスの日本版。より可愛くよりソフト。)は、抜群
の最高の地位を占める。Kink KidsやGlay(両方とも日本の男性バンド)のようなグループ
が、台湾、中国、香港でヒットチャートの一位を占めたことがある。まだ凍りついているよう
な日中関係であるが、Glayは、2002年10月、北京で、これまでの最大規模の一つに数
えられる群集に向けて演奏した。チケットは売り切れで、3万5千人の観客を集めた

(31) 「日本は、若い世代のファンキーでパンクな文化をリードしました。軍隊時代に耐えた
韓国の若者にとって、日本文化は、韓国人たちが奪われていたあの物たちでいっぱいだっ
たのです。日本人は、西洋文化をうまく自分のものに変換しましたね。そして、韓国人や
他のアジア人にとっては、外観が似てるってことが、我々が西洋文化を直接コビーするの
じゃなくて、日本化した西洋文化を受け入れることを助けたのです。たとえばブルー・ジー
ンズを例に取るとよく分かります。日本製のブルー・ジーンズは、アメリカ製のジーンズより
も、サイズ、フィット感、デザインの面で遥かに着心地がいいのです」と、ソウルを本拠にして
いる娯楽産業のアナリストKarl Hwangは、語った。

(32) 批判する者は、日本は、単なる文化的なプリズムに過ぎず、日本的な味付けを加
えはするけれども、外国から影響を吸収してそれを反射して返すだけだと言う。しかし、多
くの人は、それは、まさにそれ自体の魅力だと言っている。

(33) 「日本の文化というのは、物事を吸収しますが、次ぎに、それに異なった解釈を付け
加えるんですよ。私たちは海外から入ってきたものの歴史を正しく理解していない、と言う
人がいるかもしれません。けれど、私たちは、物事に異なった創造性 – 私たち自身の美
的センスを付け加えるのです。渋谷を見ると、そこではエネルギシュなパフォーマンスが進ん
でいるのを目にできます。人形みたいに、[アニメの]キャラクターみたいになりたい女の子た
ちがみんな、そういうふうに……。日本は、創造力のある文化国家です。世界はそのこと
を理解し始めています」と、三宅一生のブティックのトップ・デザイナーである滝沢直己は、
語った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Pubzine  http://www.pubzine.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium-2.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。