政治・経済

福祉とまちづくりを語ろう!

身近な問題でも、よくわからない福祉や介護、それからまちづくり。施設の経営者として、また元村議会議員としての見地から日頃考えていることなどをお知らせし、皆さんと考えていきたいと思っています。

全て表示する >

福祉とまちづくりを語ろう! 私のプロジェクトX

2003/12/26

三上 直樹です。
議会の定例会、それが終わってからは公職選挙法に抵触すると知り
つつの年賀状づくりに忙殺されて、3週間も発行間隔が空いてしま
いました。
さてメルマガを書く前に、もう一つ持ち越してことをしておこうと
思って、ビデオを見ました。それには、ちょうど今の自分を励ます
かのような叔父の姿が映っていましたので、今回はそれをテーマに
書きたいと思います。

見たビデオは、あのNHK「プロジェクトX」の11/4放送分、「津軽
に実れ 悲願のリンゴ」です。今では津軽ばかりか、世界で一番生
産されているリンゴ、「ふじ」が一人のリンゴ職人の手で育て上げ
られていった過程を取り上げた内容です。
当日の放送、再放送も見逃していたのですが、偶然にもそのリンゴ
職人、斎藤昌美さんの孫が長慶苑の職員として働いているので、
NHKから届いたというビデオを借りておりました。私が見たかった
理由は、「リンゴの鬼」と呼ばれた斎藤さんの生き様もさることな
がら、当時を語る弟子として、義理の叔父である相馬金精(かねや
す)さんが出演しているからです。
妻の母の長兄である叔父は、私にとっては特別の存在です。結婚に
至るまでに、私の迷いが原因で妻にはつらい時期を送らせてしまっ
たのですが、初めて相馬家に正月のあいさつにうかがった際、一家
で温かく迎え入れてくれ、「これから本当の家族だと思って、つき
あいをしてくれ」と言葉をかけていただいたので、私の中にあった
強ばった思いが溶けて、その夜は酔いつぶれてしまいました。
それからお会いするたびに、農業にかかわったことのない私に、今
のリンゴの状況や土地改良・農業後継者などに関する疑問などを話
してくださるので、議会に臨む際にもヒントとなることが多く、心
から信頼できる方なのです。

その叔父が先生と慕う斎藤さんを中心とした農業者や、試験場の努
力で「ふじ」が作られていくのですが、私にしても子どもながらに
品種が変わっていくのを知っている、実感のわく歴史であるだけに、
その苦労や困難、そして成功は涙なしで見ることができませんでし
た。
その中で、叔父がまだ確立されていない時期に「ふじ」の接ぎ木に
取り組んだ際、妻の祖父にあたる父親にすべての枝を切られてしまっ
たというエピソードが紹介されていました。
それを叔父は、「情けなかった、おかげでいらない喧嘩をした」と
振り返っていましたが、数年後「ふじ」が市場で高値で取引される
ようになった時には、その父親も一緒に作業に加わった後日談も付
け加えられていました。
つまり叔父は、父親にいくら反対や妨害をされても、師と信じた人
の教えを守り、今日の「ふじ」成功の礎の一人となったのです。

奇しくも、ちょうど今日私は、父である理事長とグループホームを
どのようなやり方で建設するかで口論をしたばかりでした。
民家改修でというわけにはいかず、長慶苑の敷地内に作ることにな
るので、それだけに最高の建物を造ってよいケアがしやすいように
したい私と、これまでの業者への義理ばかりを気にする父とでは、
意見が一致するわけもないのですが、延々と先延ばししているわけ
にもいきません。
確かに親を親とも思わない言い方をする私に、非があるのも重々承
知ですが、ここで譲ってしまっては、そこを利用することになる方、
働く職員に満足してもらえないですし、仮に安上がりでできたとし
ても、それこそ銭失いになってしまいます。
さっそく何とかするための手はずも練りはじめたところですが、ちょ
うどその時期を待っていたかのような叔父のエピソードは、今回は
やはり信念を貫くべきことなのだと、私に教えてくれているように
思えました。
実際には、まだまだこれから紆余曲折を経ることになるとは思いま
すが、これからの取り組みもリアルタイムでみなさんにお知らせし
ていきたいと思います。

その「ふじ」を育む津軽の大地も、未だ積雪のない暖かい年末になっ
ております。みなさんも、よいお年をお迎えください。来年もよろ
しくお願いします。

--------------------------------------------------

このメールマガジンは、三上 直樹が個人的にメールのやりとり
をさせていただいた方にも、代理登録してして配信させていただ
いております。突然のメルマガ配信にびっくりなさった方々には、
おわび申し上げますとともに、今後ともご愛読のほどよろしくお
願いします。

また、発行元のMelma!からのご案内のメールも届くことになり
ますので、ご了解ください。それらのメールマガジンの退会・解
除はこちらです。http://www.melma.com/taikai/

ご意見、ご感想また登録変更や解除につきましては、下記までお
願いします。 mikami@navi.hitobito.net

転載を歓迎します。みなさんの周りでぜひお広めください。その
際、よろしかったらメールにてご連絡ください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ 福祉とまちづくりを語ろう!/発行者:三上 直樹
_/  意見はこちら: mikami@navi.hitobito.net
_/  福祉はこちら: http://www.cnet.or.jp/
_/  議員はこちら: http://homepage1.nifty.com/naokim/
_/  まちはこちら: http://www.hitobito.net/np/machi.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-19  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。