政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.763

2019/11/15

AC通信 No.763 Andy Chang (2019/11/14)
AC論説 No.763 魔女狩りからサーカスへ

水曜日13日、トランプの弾劾調査はこの日から公聴会となった。公聴
会だから公平な裁判になるかと言うとそうでもなく、相変わらず民主
党のシフ委員長が10人ほどの証人喚問を来週の金曜日まで並べてい
る。共和党側の証人喚問要求は再来週になる。しかも公聴会での諮問
時間も公平に両党議員に分けられるのでなく民主党が先に質問し、共
和党側の反対尋問は時間切れになる可能性もあるという。相変わらず
シフ委員長の独裁裁判だ。

元は密告者の告発があったからトランプの弾劾調査が始まったのだ。
ペロシ議長が総会議決を取らずに弾劾調査を始めたのは違法である。
シフ委員長は非公開証言を三週間も続行し、トランプに不利な証言だ
けを公開していた。これが違法と言われたのでペロシは「後出しジャ
ンケン」で下院の票決を取って弾劾調査を正当化しようとした。

そのうちに密告者がバイデンの部下でウクライナの汚職問題について
働いていたことが明らかになり、密告者は罷免陰謀の片割れだと言わ
れるようになった。つまり弾劾調査は魔女狩りだと言われるようにな
った。それでシフ委員長は弾劾調査を非公開から公聴会に変更して不
公平な調査を公平に見せるようにした。公聴会は一方的な「魔女狩り
裁判」を公平に見せかけて国民がテレビで観戦する「サーカス」とな
ったのである。

公聴会の初日の証人はシフ委員長が選んだテイラー駐ウクライナ臨時
代理大使と国務院のジョージ・ケント国務次官補代理だった。二人と
もトランプ大統領に不利な証言をすると思ったが証言の結果は反対と
なったようだ。メディアはトランプがバイデンの調査を見返り要求し
たと証言したと報道した。実際には共和党議員の反対尋問で二人とも
直接経験した証拠がないことがハッキリした。この他にもシフ委員長
に不利な証拠が出て第一日目の公聴会はシフ委員長の惨敗と言える。

ケント氏は証言で「政敵の調査を外国に要求するのは適当でない」と
述べた。テイラー大使は冒頭証言で「私は誰の見方でもない。知って
いることだけを証言する」と述べた。ところが共和党議員の反対尋問
になったら二人の証言は誰かからの又聞きや、新聞の報道で知ったこ
とだったので、「又聞きは証拠ではない」と言われて沈黙する場面が相
次いだ。共和党のヌーネン副委員長は「どうして民主党が特に選んだ
証人はトランプ大統領に「異見」がありながら証言は又聞きばっかり
で証拠にもならない」と述べた。

ジム・ジョーダン議員が二人に対し、「貴方は大統領に会ったことがあ
りますか?」と聞いたら二人ともノーと答えた。次に「大統領と電話
で話したことがありますか?」と聞かれ、二人ともノーと答えた。そ
れでジョーダン議員が「トランプ大統領が罷免に値する罪を犯したと
思う人は手をあげて下さい」と言ったら二人とも手を上げなかった。
シフ委員長が選んだトップ証人が「有罪と言えない」と証言したのだ。
実に惨憺たる結果である。

共和党側はハンター・バイデンを喚問することを要求したが、シフ委
員長は断固拒否した。ハンターバイデンは父親のバイデン副大統領の
おかげでブリスマの顧問になって毎月5万ドルの月給取りとなったが、
その後でウクライナの司法が調査を始めたのでバイデン副大統領は米
国の援助金10億ドルを盾にしてショーキン検察官を罷免させたので
ある。ハンターバイデンを喚問するのは当然だがシフが拒否した。

共和党議員は密告者の証人喚問も要求したが、シフ委員長はこれも拒
否した。密告者の告発があったからトランプの弾劾調査が始まったの
だから密告者を喚問するのは当然だが、シフ委員長は密告者の名前を
秘密にするため証人喚問は許可しないという。誰が考えてもわかるよ
うに、ある人(馬の骨)が勝手な告発をしただけで確認も証言も取ら
ずに大統領を罷免できるはずがない。

だからジョーダン議員が「名前も知らない人の告発があった。この告
発について本人から証拠も説明も取れず、密告者の名前はシフ委員長
一人しか知らないのは荒唐無稽なことだ」と言ったら、シフ委員長は
すかさず「私は彼の名を知らない」と返事した。こいつは大問題だ。
シフは三度目の嘘を吐いたのだ。

9月に密告者の告発があったからシフ委員長の弾劾調査が始まったの
である。その時にシフ委員長は密告者の名前は知らないと公言した。
ところが数日後に密告者がシフ議員の部下に告発を相談したことがわ
り、シフ議員はこれを認めて密告者の名は知っていると認めた。つま
りシフは二度ウソを吐いたのである。そして今回の公聴会でシフ氏は
三度目の嘘、密告者の名は知らないと述べたのである。

シフのウソ発言で今後はシフ委員長と密告者、二人の「宣誓証言」を
求める方向に進むと見られる。この二人が宣誓して証言台に立つなら
弾劾調査のクライマックスとなに違いない。

魔女狩り裁判は最初は密告者の告発だった。しかし密告者が弾劾陰謀
の片割れとなったので、シフ委員長は密告者を隠して見返り要求がト
ランプの罪だと言い出した。ところが見返り要求は罪にならないこと
がだんだんハッキリして、月曜日から民主党議員は「見返り」を「賄
賂」と言い換えるようになった。賄賂とはトランプ大統領がウクライ
ナへの資金援助でバイデン調査を依頼したというのである。だが見返
り要求を賄賂と言い換えても罪にならないと法学者は一蹴した。

最後に、民主党は強引にトランプ罷免を票決して上院に持ち込むと見
られる。そして上院はこれを受けて裁判を開始すると言われている。
裁判が長引けば来年一月の民主党の候補者のプライマリー選挙に影響
するので民主党に不利となる。結果はどうなるかわからない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/11/16

    2006年にマックを買い求めpcを始めた次第です。宮崎評論家が日本チャンネル桜の座談会上で名前こそ出さなかったが、あんたの存在を紹介していました。私にはすぐ誰かがやかりました。国際情報の観点から言えば宮崎氏が随一の評論を成しえるかたです。那智高雄拝。11?14?19.

  • パイプ2019/11/15

    偏向した日本のメディアやCNN、BBCなどからは全く報道されない話で、大変参考になります。AC通信が少しでも多くの人に読まれることを願います。