政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.745

2019/07/08

AC通信:No.745 Andy Chang (2019/07/07)
AC論説 No.745 台湾に米軍基地を作れ

米国は今年に入ってから頻繁に軍艦を南シナ海を航行し、中国が勝手
に造成したスプラトリー諸島(南沙諸島)の人工島の12海里以内を航
行する「航行の自由」作戦を実行してきた。また米海軍の艦隻のほか
にもカナダ、インド、フランスなども軍艦を派遣して南シナ海で航行
している。特に台湾海峡では米国海軍の軍艦が一カ月に一回の割合で
艦隻を通過させている。

ところが最近のニュースではトランプがG20 で習近平と会見して貿易
戦争の一時休戦を発表したあと、中国は南シナ海で対韓弾道ミサイル
と見られるミサイル発射実験を行った。対艦ミサイルは大型艦艇を攻
撃目標として攻撃する終末誘導方式ミサイルで、海上を移動する空母
を攻撃できる「空母キラー」と呼ばれる。これは米軍の航行の自由作
戦に対抗する「12海里以内の接近阻止」作戦と思われる。

中国は2013年にスプラトリー諸島付近でフィリピンと対峙する事件
が起きたあとフィリッピン政府は国際法廷に同諸島の主権帰属につい
て提訴した。国際法廷は2016年に中国の主張する「9段線」は法的根
拠がないと判決したが、中国は判決を無視して人工島の造成を続けた。
しかも当初は人工島は軍事目的に使用しないと発表したにも拘わらず、
やがて滑走路を作り、レーダー基地の設置を始めた。習近平は2015年
9月に訪米し、ホワイトハウスの米中主脳会談後に南シナ海の人工島
は軍事拠点化しないと声明を発表した。国家主席が嘘を吐いたのだ。

南シナ海から台湾海峡を通るシーレーンは一日に800隻以上の商船が
行き来する海域である。中国がスプラトリー諸島に対艦ミサイル基地
を作れば南シナ海と台湾海峡を通行する全ての船舶が脅威に晒される。
これに対抗するにはアメリカが台湾に軍事基地を設置すべきである。

中国が主張した9段線とは日本から台湾、フィリピン、インドネシア、
マレーシアなど諸国を包囲するラインを中国の覇権拡張の範囲と決め
たもので、スプラトリー諸島の人工島造成も、尖閣諸島も中国の覇権
主張に包含されているのである。

私は10年ほど前に中国の9段線に対抗する「東南アジア平和聯盟
(PASEA)」でアジア諸国が団結して中国の覇権拡張に対抗すべきだと
して台湾の民間運動を促したが、中国覇権に民間が対抗できるはずも
なく反応は薄かった。

しかし中国がスプラトリー諸島の人工島を軍事化し、ミサイル基地を
作る動きが出てきた今は新たに東南アジア諸国連合(PASEA)を推進す
べき時期が来たと思う。アメリカとアジア諸国が連合して中国の覇権
を阻止する時が来た。アメリカは台湾に米軍基地を作るべきである。

中国に対抗するにはアメリカが台湾に軍事基地を作るのが早急の課題
である。中国の南シナ海拠点の軍事化にアメリカは台湾を軍事化させ
て対抗すべきである。沖縄と韓国にある米軍基地の半分を台湾に移し
て台湾海峡のシーレーンを確保すれば中国のスプラトリー諸島基地よ
りはるかに強力な軍事拠点となる。沖縄と台湾間の尖閣諸島付近の中
国の勝手な行動や、台湾とフィリピン間のバシー海峡を通過する中国
の艦隻を監視するには台湾の南北にイージス艦を配置すればよい。ま
た、台中の清泉崗空港は嘗てベトナム戦争時代の米軍基地だったから
ここを再利用すれば簡単だ。

アメリカが台湾に駐屯すれば中国は激しく抗議するだろう。中国は勝
手に台湾の主権を主張し台湾が独立すれば武力行使も厭わないと恫喝
していた。しかしアメリカが「給油や物資補給のため」と称して軍艦
や飛行機を「暫定駐留」させても中国が武力行使をすることはないだ
ろう。暫定的が永久的になるのは中国のスプラトリー諸島の開発を同
じ手段である。中国がアメリカの台湾軍事基地に反対するなら中国が
先に南シナ海の人工島から撤退すればよい。

アメリカは台湾に軍事基地を作るべきである。これが私の提案だが、
読者諸氏が賛成するならアメリカの関心を喚起するよう、みんなで日
本、台湾、アメリカ、各地のメディアで討論していただきたい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。