政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.732

2019/03/21

AC通信:No.732 Andy Chang (2019/03/20)
AC論説 No.732 台湾の総統候補者選び

ずいぶん長い間台湾の記事を書いていない。台湾に興味がないのでは
ないが、台湾の政情は混沌としていて書くべきものがないからである。
来年一月に台湾の総統選挙が行われるので、今年四月までに民進黨と
国民党が候補者選ぶため党内選挙が行われる。

去年の中間選挙では蔡英文の現状維持に失望して民進黨が大敗北を喫
した。本来なら台湾人民は独立願望があり、国民党の統一路線に警戒
心が強いからいくら蔡英文に失望しても国民党に票を入れる筈がない
と思っていたが結果は違った。人民は国民党絶対反対ではなく中国の
台湾併呑に対する警戒心が薄い。国民党が勝てば中国の統一工作が一
段と進み、「両岸和平協議」が統一を進める一歩となるだろう。

総統選挙の主題は、独立、統一、現状維持の三つの選択である。中国
は一貫して台湾が独立すれば武力行使も辞さないと恫喝している。だ
から民進黨は現状維持で独立に反対で国民党も独立に反対だ。民進黨
は中国と「両岸平和協議」を行うことに反対で国民党は賛成である。

蔡英文の現状維持路線は人民が既に去年の選挙で否決したから民進黨
の候補者が蔡英文なら国民党に負けると言われている。このため数日
前に民進黨の頼清徳が出馬を発表し、蔡英文も出馬を発表した。民進
黨は蔡英文を支持すると発表したが人民は蔡英文の現状維持に反対、
頼清徳は現状維持でなく台湾独立を主張したので人気が高まった。民
進黨は現職の総統を支持しないわけに行かない。党内選挙では蔡英文
に有利と言われているが民意調査では頼清徳の出馬に期待している。

一方、国民党の候補者は朱立倫と王金平である。朱立倫は中国人と台
湾人の混血で外省人の支持が高く中国の蔭の援助もある。一方、台湾
人の王金平は長年国会議長を務めた経験があり、リーダーシップより
も協調と談合に長けている人物なので勝負は五分五分と言ったところ
である。

ところが民間の調査によると朱立倫と王金平の二人は、どちらが出馬
しても民進黨の頼清徳に負けると言う結果があり、代わりに高雄市長
に当選した韓國瑜を出せば頼清徳に勝つと言う。党首の呉敦義は国民
党が政権をとるため最有力な候補を出すべきだから党内選挙でなく、
韓國瑜を徴発して国民党代表としたいと述べた。これは既に立候補し
た朱立倫と王金平に不公平であるが、国民党が勝つためと言われれば
彼らは反対できない。でもこの民間調査は不正確と言う意見もある。
去年の選挙で韓國瑜が当選したのは中国の介入があったからで、彼が
もう一度国民党を代表して総統選挙に出れば反中国意識が高まって国
民党が負けると言う意見もある。

台湾人民は民主主義の選挙では民進黨と国民党の二つの選択肢がある
と思っている。これが台湾の政情を混乱させた原因である。三年前、
民進黨が政権を取ったあと蔡英文は国民党の政治家を閣僚に任命した
りで国民党が生き残った。しかも人民が大きな期待を寄せた国民党の
腐敗調査、転型正義を徹底して陳水扁の違法裁判を調査すること、国
民党の違法資産の調査も進展しなかった。蔡英文は現状維持を主張し、
台湾は中国の一部ではないと主張しながら国民党との二党政治を維持
している。台湾が独立するなら国民党と共存できるはずがない。

台湾独立運動はどうなったのか。三年前に民進黨が政権を取ったあと
で独立派の党首蔡丁貴がアメリカに来た時、我われ独立派は民進黨に
一時期だけ政権を預けても2020年の選挙で独立派が勝つと述べた。そ
れなのに最近はすっかり影をひそめてしまった感がある。

これだけでも来年の選挙はかなり複雑だが、もう一人台湾の総統選挙
を左右する人物が居る。現職の台北市長柯文哲である。柯文哲市長は
「両岸一家親」と言う親中国発言で多くの台湾人が批判し反対してい
るにも拘らず高い人気を維持している。彼はまだ出馬を発表していな
いが選挙に出る可能性は高い。柯文哲が出馬すれば民進黨と国民党に
加えた無党派の三人の選挙となり、民進黨の票が柯文哲に横取りされ
て国民党が勝つかもしれない。国民党が勝てば台湾は危ない。

民進黨、国民党は誰が出馬するか、柯文哲は出馬するか。独立派は代
表をだすか。四月になれば結果が出ると思われる。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。