政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.725

2019/01/28

AC通信:No.725 Andy Chang (2019/01/27)
AC論説 No.725 民主主義には節度が必要である

国会がトランプ大統領の要求した国境の塀を作る資金57億ドルを拒
否したためトランプが国家予算に署名を拒否し、一部の政府公務員が
35日も失職状態となった。

民主党のペロシ議長やシューマー上院議員などは2006年と2013年に
塀を作る予算に賛成投票している。それなのに今ではトランプに反対
するため塀を作る資金をストップしている。アメリカは国境に塀を作
る、作らないの論争を13年以上も続けている。トランプがこの長引い
た状況を解決するため国会が資金を拒否するなら国家予算に署名しな
いという強硬手段を取った。民主党側はトランプの署名拒否に抵抗し
ているが、本音は塀を作ると公言したトランプの選挙公約を実現させ
ないために反対しているのだ。

このように今のアメリカでは反トランプのためとか、政党闘争のため、
個人的な主張を通すために論争を起こし、政治が停頓し社会の紊乱が
続いている。トランプが苦境におちいったと見て来年の大統領選挙に
立候補を発表した民主党政治家は6人もいるが、みんな社会主義的主
張で国民の歓心を買おうとしている。

私は社会主義、共産主義が大嫌いである。社会主義的主張やポピュリ
ズムの勝手な主張は得票に繋がるらしい。例えば減税とか小さな政府
に賛成する人は多くても得票に繋がらない。そのかわり金持ちに70%
の課税とか、大学学費無料、国民健康保険無料などは得票に繋がる。
金持ちは他人のことだから我関せず、政府が金持ちから金を取って国
民に与えると言えば賛成するものが多い。

中間選挙で民主党のアレクサンドリア・オカショ・コルテスが国民健
保無料化と大学学費無料を主張をしてなんと75%の得票率で当選し
た。当選後も不合理な放言が続いているが人気は衰えていない。誰も
オカシイーヨと言わないばかりか、同じ民主党から立候補したエリザ
ベス・ウォレン議員も金持ちに大幅な課税をすべきと発表した。

政府から金を貰うと言えば賛成者が多い。政府の金は何処からくるの
かと聞けば金持ちから、企業から取ればよいと答える。これは共産主
義である。アメリカは資本主義国家である。自由経済が発達している
からこそ今日の発展がある。個人の努力で発達を遂げ、金持ちになっ
たのは自由主義のお蔭であるが、金持ちになったから課税するのは不
合理である。こんな人間が大統領になったらアメリカは大変だ。

オカショ女史はなんと「金持ちは不道徳だ」と喝破した。毛沢東の言
った「黒五類」つまり金持ち、地主、医者、学者などを粛清した共産
党と同じである。言論の自由がコントロール不能となって暴論が多く
なってしまった。サヨクの特徴は理性的な討論をしないことだ。自説
に反対するものはみな間違いで邪悪だと言う。

ペロシ国会議長は「トランプが主張する国境に塀を作ることは不道徳
だ」と喝破した。国境を守るのは大統領、国民全体の責任であるのに
反対する理由がどこにあるのか。国境に塀を作ると言ったトランプの
選挙公約を実現させないために反対するペロシの方が不道徳である。
ペロシ個人のトランプ憎悪で権力乱用になってしまったのだ。

民主主義だから言論の自由、行動の自由があると言うが勝手な言論や
行動で社会の紊乱を招く。今のアメリカでは毎日のように各都市でい
ろいろなデモンストレーションが起きている。曰く、女性の権利、黒
人の権利、同性愛者の権利、堕胎の権利、胎児の生きる権利など。数
百人から数千人の群衆が集まって街頭デモを行っても効果があるのだ
ろうか。しかも群衆デモが暴徒化して破壊行動に移った事例が少なか
らずある。

デモ群衆の主張に同感を覚える人と反感を覚える人の比例はどれぐら
いか。言論の自由から行動の自由に発展しても国民が賛成より迷惑の
方が多いと思う。自由とか権利を主張するが、不合理な主張や破壊行
為や社会の紊乱を招くのはダメだ。民主主義のもとで言論や行動の自
由には節度が必要である。

民主自由は国家社会の安全と平和を守る範囲内と限定すべきである。
おのれの自由は他人の自由を妨げるべきではない。行動は社会の動乱
を招くべきではない。今の民主主義はどんどんサヨクが増えて社会主
義化を抑えることが出来なくなっている。行き過ぎた自由を節度のあ
る自由に改善するにはどうすればよいのか。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。