政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.721

2018/12/23

AC通信:No.721 Andy Chang (2018/12/23)
AC論説 No.721 動乱の2018年

2018年は動乱・騒乱の年だった。今年の主なニュースを表題だけで示
すと、トランプ、サヨク、政党闘争、米中対決、衆愚デモである。世
界各地で起きたサヨク騒乱のキーワードは、差別、セクハラ、リベラ
ルメディアである。今年の騒乱・動乱は再来年の選挙まで続くかもし
れない。或いはサヨクの騒乱がやがて国民の反省と反動を促すかもし
れない。

●世界中がトランプに振り回された

今年は世界中がトランプに振り回された。連日のように反トランプの
ニュースが世界を揺るがした。これはトランプが民主党の「闇の帝国
(Deep State)」に振り回されたとも言える。アメリカの主要都市の新
聞テレビはすべて反トランプで、国民の大半は理性的な判断がなく、
メディアの報道を信じるので女性、若者は反トランプである。

発言はすべて歪曲して報道されるからトランプ大統領はツイッターし
か正しい意見を表明する方法がない。それがまたメディアの反感を買
って更に歪曲され批判される。

トランプは性格が悪く挑戦的なのですぐに反感をそそる。しかしトラ
ンプの主張を冷静に判断すれば正しいことが多い。国境に塀を作る、
WTO脱退、北朝鮮交渉、米中対決などはアメリカにとって良い事であ
り、歴代大統領がやりたくても出来なかったことを決断し、推進した
に過ぎない。要するにトランプはこれまでの大統領より決断力と行動
力があると言うことだ。これまでなかなか出来なかったことをやった
功績は認めるべきである。

●リベラル野党と衆愚の反乱

民主党、闇の帝国はトランプ降ろしのためロシア癒着をでっち上げて
マラー特別検察官を任命したが、2千万ドルを浪費し一年半も続けて
調査しても癒着の証拠が挙がらない。だが民主党がトランプの政策に
反対するため正しい政策も妨害されてなかなか実行できない。

国境を守るために50億ドルで塀を作る予算が「民主党の理由なき反
抗」に遭って通らないのでトランプは対抗策で上院の国家予算にサイ
ンを拒絶すると脅かして国政が停頓している。

サヨクは理性的判断力がなく社会道徳の欠如した愚民に歓迎される。
自由の質が低下して個人の勝手な自由が社会に蔓延り、社会に共通す
る自由と融和を尊重しない。サヨクの煽動で各地でデモが乱発しアメ
リカ各地の騒乱の元となっている。民衆は社会の道徳観念と理性的判
断がなく、サヨクに煽動されてデモを乱発する。民衆は政府に頼りな
がら野党に唆されやすい。フェイクニュースの煽動に踊らされる衆愚
が増えれば選挙で与党が負ける結果を招く。

野党は与党に反対なら正しい政策でも反対する。アメリカは国境に塀
を作り違法入国を阻止することができない。日本では憲法改正を提出
することも出来ない。台湾では国民党の違法所得資産を裁く司法正義
さえ通らない。

●米国と中国の対決が世界反中聯盟に発展

トランプの最大の功績は米中対決を決断し推進したことである。中国
はWTOに加盟して数万兆ドルの暴利を貪ったがルールを守らず勝手な
主張を通してきた。諸国は中国の横暴に対して姑息な対応しかできず、
姑息がならず者の横暴を容認し、ならず者国家に迎合して共に暴利を
貪る企業が増えた。しかも中国はハッキングで諸国の国家機密や企業
の機密を盗んで今ではアメリカに比較できる軍事大国となった。

中国は約束を破ることや勝手な主張で南シナ海の埋め立て、尖閣諸島
や台湾併呑を主張しても諸国は阻止できなかった。やがて中国が一帯
一路を発表して近隣諸国の買収と侵略を始め、ようやく諸国が覇権国
家中国に危機感を覚えるようになった。

オバマは無能で8年も横暴な中国の覇権拡張に対抗できず、トランプ
が大統領に就任してから初めて中国を世界平和の敵と看做して対決の
姿勢を明瞭にした。ファーウエィの孟晩舟逮捕は対決の始まりである。
トランプの対中対決はすぐに各国の共感を得て欧州、日本でもファー
ウエィやZTEをボイコットすると発表したので、まるで反中聯盟
(Global Anti-China Union)が成立したようである。

●将来の展望

中間選挙の結果でねじれ国会となったのでトランプと闇の帝国の戦い
は今後も熾烈を極め、再来年の大統領選挙まで続くと思われる。アメ
リカの騒乱はトランプのロシア癒着が無実と判明し、ヒラリーの巨悪
が糾弾されて闇の帝国の敗北が決まるまで続くだろう。

米中対決ではアメリカが勝てるかと疑問視する声もあったが、ファー
ウエィ事件と諸国の同調で中国が勝つ見込みは無くなった。但しこれ
が将来どのような結果を生むかは未定である。中国が態度を改めれば
ナイーヴな諸国は簡単に中国を容赦するかもしれない。これではダメ
だ。世界諸国は中国人の本性を認識すべきだ。中国人は4千年来「シ
ナ人根性」を改めていない。

中国が悪いのではなく共産主義が悪い、つまり中国共産主義国家が悪
いのだと言う人もいる。
?中国が共産国家でなくなったら覇権拡張をやめるか?
?諸国は安心して中国と対等な政治経済交流が出来るか?
?チベット、東トルキスタン(新疆)と台湾の独立を認めるか?
?南シナ海から撤退して航海の自由が再開できるか?
?一帯一路の近隣侵略を破棄するか?
結論は明らかにノーである。

共産主義が悪いことはソビエト連邦の崩壊で証明された。中国人と共
産主義の結合、「兇惨シナ」はソビエト連邦より数倍も邪悪だ。シナ人
は共産主義の本質より悪い。世界諸国は絶対にシナ人の本性を見誤っ
てはならない。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。