政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.718

2018/11/26

AC通信:No.718 Andy Chang (2018/11/24)
AC論説 No.718 民進黨に失望した台湾人

中間選挙の結果は民進黨の惨敗となった。せっかく二年前に政権を取
って「完全執政」と得意がっていたのに蔡英文は現状維持で何もしな
いので政治政策が停頓し、中国の圧力で台湾との外交国を三つも失い、
内政、経済の停頓状態が続いていた。国民が民進黨に失望したから負
けたのだ。

問題は台湾人が現政権に失望したから国民党に投票したことである。
台湾人にとって中国の脅威とその台湾独立が最大の課題であるのに、
民進黨は現状維持で国民党の巨悪を放置し、国民の期待していた転型
正義が実現しなかったから民衆が失望したのである。

意外だったのは、いくら台湾人がバカでも現政権に失望しても、民衆
が汚職まみれの国民党に投票するはずがないと思っていたのに、台湾
の民衆は簡単に民進黨を見捨てて外省人に政権を渡すという大きな間
違いを犯したのである。

つまり民進黨に失望した民衆の中国に対する警戒心のなさが大問題で
ある。現状維持を続けて中国の恫喝にもひたすら忍従する蔡英文の政
策に失望したのだ。国民党は台湾の政党ではない。中国と繋がってい
る国民党を「台湾の二大政党」と認める民主政策の間違いである。

民衆にとって民進黨と国民党の二つしかない二大政党制度で、涙を呑
んで民進黨に投票するか、国民党に投票するかの選択しかなかった。
国民党と中国は台湾人の敵なのに敵を潰す勇気がない「姑息で奸を養
った」民進黨が負けたのだ。

民進黨の敗北は惨憺たる有様で、地方建設に全力を尽くした台中市の
林佳龍市長が政治経験のない相手に負けて落選;20年もずっと民進黨
贔屓だった高雄市でも民進黨の大物陳其邁が落選;以前新北市で好成
績をあげた蘇貞昌元県長が再出馬して落選した。

選挙の結果、地方首長の8割が国民党の勝利で、今後二年間は地方政
治が国民党のコントロールに入った。この結果として二年後の大統領
選挙も民進黨が苦戦、国民党が再び政権を握る結果となって中台接近、
台湾併呑が実現に近づく危機を迎える。NYタイムスは今後二年のあい
だ、地方の国民党首長が中国と連携して中央政権を抑え、台湾が併呑
される危機を迎えると予測した。

蔡英文の無為無策に失望したのは納得できるが、台湾人がホンの数年
前の国民党の暴政や汚職を忘れ、再び外省人の暴政に投票したのは意
外だった。台湾併呑の危機に鈍感で自力独立の意欲がない台湾人は滅
亡の危機である。

10年前の台湾では民進黨に失望しても絶対に国民党に政権を渡さず
「含涙投票」、涙を呑んで民進黨に投票する決心があった。今回は台湾
人が民進黨を捨ててシナ人に権力のバトンを渡した、民進黨に失望し
た台湾人が自ら墓穴を掘ったのである。

10年前の選挙で緑色の民進黨と青色の国民党が戦った時、緑の大統領
候補謝長廷が「中間路線」と称して青緑色の旗やジャケットで選挙に
出て惨敗した。今回は蔡英文の現状維持政策が民衆の失望を買って惨
敗した。民進黨は過去の間違いから何も学んでいない。

台湾人にとって中国人は不倶戴天の敵である。統一を主張する中国と、
中国に同調する国民党は独立を主張する台湾人と絶対に共存しない。
中間路線や現状維持は通らない。選挙に負けた原因はいろいろあるが、
根本的な原因は民進黨が独立を支持せず外省人と融和共存する政策の
結果である。台湾の将来は台湾独立の外に方法がない。台湾人はこの
ことを骨身に徹して理解し努力すべきでアメリカの援助を恃むだけで
はダメである。
 
国民党が大勝利して国民党が再び地方政治の権力を握る結果となった。
国民党勝利で台湾はどうなるか。二年後の総統選挙で台湾人は苦戦す
ることが予想される。台湾人はどうすべきか:
(一)、地方政治の8割以上が国民党の勢力範囲となったので中国の圧
力が倍加する。中国の脅威に対する台湾人の認識不足が投票結果とな
って国民党が再び政権を握る可能性大である。国民党が政権をとれば
中国の台湾併呑が可能となる。
(二)、民進黨政権は今後二年の間も外交では無為、無策、無力で、内
政面では政府の実績が国民党の地方首長に横取りされ、民衆は民進黨
を支持しなくなる。
(三)、蔡英文総統の続投は無い。蔡英文の第二期立候補は民衆に唾棄
されるだけである。蔡英文に代わる政治家は現首相の頼清徳だけで、
国民党側は恐ろしく不人気な呉敦義だけだろう。この他に台湾独立派
から誰かが出馬するはずだ。
(四)、二年後の選挙は民進黨(緑色)と国民党(青色)のほかに独立
派の代表(白色)が立候補して三つ巴の戦いとなる。現状では台湾独
立を主張する候補者には選挙の基盤がなく、民進黨が台湾独立を妨害
するかもしれない。民衆は独立賛成なので民進黨が独立反対なら国民
党が漁夫の利を得て当選するかもしれない。
(五)、アメリカは公然と選挙を応援しないが中国は公然と選挙に介入
する。人民の政治意識が希薄ならたとえ独立賛成でも中国の脅威、侵
略戦争を恐れて国民党に投票する者が出る。

民進黨にとって焦眉の課題はたくさんある。現状維持を放棄して独立
推進に切り替える。党改革を断行して民進黨の癌、新潮流派を追放す
る。転型正義を徹底し国民党の不当資産を撤回する。閣僚人事改革で
国民党員を除去する。軍隊の再組織と国防意識の強化、米国と日本と
の国際関係の強化などである。これらの課題を実現できないなら人民
は民進黨を放棄するだろう。むしろ独立派の台頭に期待したい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。