政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.715

2018/10/30

AC通信:No.715 Andy Chang (2018/10/29)
AC論説 No.715 怒りと鬱屈

先週月曜日、民主党を金で支持している大富豪ジョージ・ソロスの住
所にテロ爆弾が送りつけられ、その次の日からオバマ、ヒラリー、ウ
ォータース議員、CNNのオフイス宛に元CIA長官ブレナン、ホールダー
元司法長官などに続けてテロ爆弾が送られ、大事件となった。しかし
金曜日になるとフロリダで爆弾テロの犯人が逮捕され、数時間後には
セッションズ司法長官がテレビで「これにて一件落着」と述べた。

ところが翌日土曜日の朝にはピッツバーグのユダヤ人の礼拝所シナゴ
ーグに侵入して銃を乱射した事件が発生し、11人が死亡し、6人が負
傷した大事件が起きた。この二つの事件は爆弾テロの犯人が共和党贔
屓でユダヤ人殺しの犯人はトランプとユダヤ人が大嫌いな男と言われ
ている。

あと8日で中間選挙の投票日である。爆弾テロは明らかに選挙と関連
がある事件で、共和党贔屓の犯人が民主党側の共和党候補に対する暴
力事件や、コリンズ上院議員に猛毒リシンを郵便で送った事件などへ
の反発とみられる。第二の事件は選挙と関係のないユダヤ人に対する
ヘイト暴力である。

二つの事件に共通しているのはアメリカに蔓延している「怒りと鬱屈」
の感情である。これは民主、共和両党の政治闘争、選挙運動での人身
攻撃の外にカバノー最高裁判事の任命に関わる民主党側のセクハラで
っち上げ事件と大いに関係がある。信じる、信じない論争、やり場の
ない不満が国民全体の鬱屈した感情を募らせているのだ。

アメリカ人は明るくて楽天的な国民と言われてきた。それがオバマの
8年とトランプの二年で暗い闘争的な社会になってしまった。アメリ
カはいろいろな面で分裂している。民主、共和の分裂と闘争のほかに
黒人と白人、男と女、ホシュとサヨク、国境を守れと主張する共和党
と国境を開放せよという民主党。これらすべてが社会不安の原因とな
っている。

アメリカの分裂最大の原因はトランプと闇の帝国(陰険なオバマの影
の政府)の闘争である。この二つは結合性双生児のようなもので、一
方は嫌われ者トランプ、一方はトランプに負けた民主党とヒラリー、
この二つが社会の不安を作っているのだ。トランプが当選した後も恨
みは消えず、「影の政府」がトランプ反対を操作し、ロシア癒着の証拠
がないのにマラー検察官はトランプの調査を続け、ヒラリーやウォタ
ース議員のヘイトスピーチでサヨクの反共和党デモが激化し、国民全
体に「行きどころのない怒り」が蔓延しているのだ。

投票がどのような結果を生むかはわからない。民主党が国会で過半数
を制すればトランプ反対は更に激しさを増す。国民の怒りと鬱屈もサ
ヨクの暴徒化も激しさを増すだろう。選挙の後で国民の感情が沈静化
し、お互いの自由を尊重する社会を取り戻すことが出来るか、それと
もサヨクが勝って社会の混乱が増すかは予測不能である。

人間の社会はお互いの自由を尊重することで平和を保っている。公共
道徳のない、お互いを尊重しない社会は民主社会ではない。自分の主
張を無制限な手段で推進し、相手の言論を数と力で沈黙させる民主党
のサヨク言動は毛沢東の紅衛兵運動とソックリである。国民はサヨク
デモ、民衆の暴徒化に反対である。国民の怒りと鬱屈はサヨク独裁が
原因である。

政治とは政権奪取や政党独裁であってはならない。政治とは国の繁栄、
国民の自由と尊厳、社会の安定を目標とすべきである。政治家は国に
忠誠を誓うことを目標とし、民主党が二年来続けてきた陰険な政党闘
争を終止すべきである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/30

    全くをもって同感です。