政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.712

2018/10/03

AC通信:No.712 Andy Chang (2018/10/02)
AC論説 No.712 民主国家アメリカの頽廃

この一か月というもの毎日が不愉快だった。私は政治家ではないけれ
ど民主党がでっち上げたセクハラ騒動で最高裁判事の任命投票を一か
月も遅らせ、テレビや新聞の嘘八百を見るのは不愉快この上ないこと
だった。

政権奪取のため証拠のないセクハラ告発で清廉潔白な人とその家族の
将来を滅茶苦茶にした民主党の悪辣な策謀は民主主義国家アメリカを
無法な国としたのである。

10月1日からアメリカ政府は新年度が発足したが、民主党の時間稼ぎ
が成功したおかげで最高裁のケネディ判事が引退してカバノー氏の任
命投票が行われず、最高裁判事は8人のみとなった。なぜカバノー氏
の任命を遅らせたのかというと、民主党は中間選挙まで判事任命を遅
らせ、上院で過半数を取ればトランプ大統領の推薦する人事をすべて
否決して政権を麻痺させ、続いてトランプ大統領を罷免するという、
サヨクがアメリカ民主国を乗っ取る国家転覆の陰謀である。

上院議員とは国家の政治を司る政治家のことである。そんな政治家が
ウソを指摘されても顔色一つ変えず白々とウソを繰り返す。国家の最
高議会を制覇する、そのあとでトランプ大統領を罷免する。そのため
に一人の立派な司法官とその家族の将来を踏みにじる策謀はまったく
唾棄すべきだが、議会における奸智陰謀のやり取りを見ながらどうす
ることのできない国民の焦燥と失望が一月も続いたのだ。

セクハラは女性にとって大問題である。女性だけではなく無実の告発
を受けた男性にとっても大問題である。告発が真実か誹謗かを調査す
るのは細心の注意が必要だ。セクハラ告発はNYタイムスのたった一度
の記事だけなのに、民主党と左翼メディアはセクハラがあったように
報道し、告発した女性の談話も顔写真もないのにカバノー氏を犯罪者
扱いで宣伝したのである。

無実の告発をされたカバノー氏は即日これを断固否定して、上院の司
法委員会で公聴会を開くことを要求した。これに反して告発者のクリ
スティーン・フォードと民主党の議員はあれこれ理由をつけて公聴会
を遅らせた。新聞の記事一つだけで民主党議員は争ってセクハラを受
けた女性を「信じる」と発表したのである。この女性の談話も説明も
ない、たった一度の新聞記事でカバノー氏を犯罪者と断定したのだ。
彼らに判断力がないのではない。判断を避けてウソの告発を支持した
のである。国家の最高議会の民主党議員が正義、真実、倫理や道義な
どを一切無視して断罪を下した、恐るべきことである。

NYタイムスの記事だけで、告発した女性はセクハラが起きたと称する
年月日も不明だし、パーティに参加した証人もいない。しかも新聞が
報道した後も本人は沈黙したままだった。共和党の委員会議長は双方
を公聴会に招致したが、告発者フォード女史は公聴会は嫌だ、秘密会
議でなければダメだ、飛行機に乗るのが怖いから行かない、カリフォ
ルニアで質問を受けるのも拒否するなどあれこれ条件を上げて、最終
的に公聴会に来ると同意しても月曜日はダメ、木曜日にするなど理屈
をつけて公聴会を三週間も遅らせたのである。

呆れたことにこの三週間の間に第二、第三の女性がセクハラを受けた
と言い出した。しかし二人ともカバノー氏とのかかわりを証明するも
のは一つもなかった。それでも民主党側はこの三人の言いがかり、で
っち上げを取り上げて、FBIの調査を要求して判事の任命投票を遅ら
せようとしたのだ。FBIはこれまで6回もカバノー氏の身元調査を行
ったことがあるが、民主党はFBIが7回目の調査をすれば任命投票を
中間選挙まで遅らせることが出来るという策略に出たのである。

公聴会を開くことが決まったあと民主党側は、委員会の共和党議員は
みんな男性だから(民主党側には女性が三人)ダメと言い出したので
ある。それで議長はやむなくアリゾナ州のセクハラ事件調査に詳しい
Rachel・Mitchell 検察官を招聘してフォード女史の質問にあたらせた
のだった。

公聴会が終わった翌日、議長は上院総会でカバノー判事を最高裁判事
に任命投票することの票決を取ろうとしたが民主党側の10人は反対、
そしてFBIのセクハラ告発事件の調査を要求した。司法委員会議長は
両党委員の同意のもとに、FBIが一週間を限ってカバノー判事のセク
ハラ調査をすることに同意し、総会における任命投票はマッコーネル
上院議長の決定に任せると決定した。これで司法委員会のカバノー判
事の最高裁判事任命の任務は終わったのである。

10月1日、公聴会でフォード女史に事情質問をしたRacehl・Mitchell 検
察官が5ページの結果報告書を公表した。結論として9点からなる理
由を挙げてフォード女史のセクハラ告発はあまりにも証拠薄弱で検察
官としてカバノー氏を起訴はできない、「彼がどうした彼女がどうした
と言った悪魔の証明」ではなく彼女の陳述は記憶不十分、証人不在、
経過が曖昧などで、少しも信憑性がないと言う報告書を提出した。

Mitchell検察官の報告によるとフォード女史はセクハラがあった日付
も場所も覚えていない、誰が彼女を車を運転したか、セクハラを受け
たあとで誰の運転で家に戻ったかも記憶がない。彼女がパーティに参
加したとして挙げた男三人と女一人はパーティはなかったと証言した。
しかも名を挙げた女性は、パーティなどなかったしカバノーという人
も知らないと弁護士を通じて証言した。

これは司法委員会の公聴会の結果報告、つまり公聴会の公式発表であ
る。ところが今日10月2日のサヨク新聞、ロスアンジェルス・タイム
ス、NYタイムス、ワシントンポスト、すべてMitchell検察官の報告書
を報道していない。

FBIの調査報告は両党側委員の同意により今週金曜日に公表すると決
まっている。これ以上カバノー氏の任命投票を遅らせる理由はない。
マッコーネル上院議長は今週中に総会で任命投票すると発表した。

以上が今日までの国中を騒がせた判事任命の経過である。女性にとっ
てセクハラは大事件だが、共和党側がこの事件を処理した態度は公正、
公平だったにも拘わらず民主党側の態度は呆れるほど悪辣だった。リ
ベラルがホシュを倒す陰謀と言えども正義が通らない、平気でウソを
吐く、政党のために無実の人を罪に陥れる政治家は唾棄すべきである。

オバマが大統領になって以来アメリカは分裂が酷くなった。オバマが
黒人の犯罪を弁護したため人種分裂が起き、続いて民主党と共和党の
分裂、男女の人権分裂、同性愛者と性転換者の権利主張などが起きた。
オバマ民主党はヒラリー当選のためヒラリーの犯罪を無視し、クリン
トン一家の巨悪を増長させ、FBI/DOJの高官が選挙に介入し、トランプ
のロシア疑惑をでっち上げた。アメリカは民主が頽廃し、正義の通ら
ぬ言論暴力国家になってしまった。民主党に正義感や反省はない。こ
の国が更に堕落するか、立ち直ることが出来るかは不明である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左上部の「登録する」をクリックすれば自動配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。