政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.703

2018/08/03

AC通信:No.703 Andy Chang (2018/8/02)
AC論説 No.703 ロシアの選挙干渉について

これまでメディアが何回も報道していたロシアの選挙干渉について、
トランプ政権は本日(8月2日)、ホワイトハウスの記者会見で5名の
重要閣僚を檀上に並べて11月の中間選挙にはロシアの選挙干渉を防
止する決心を示した。

会見に参加した閣僚はホワイトハウス安全顧問ジョン・ボルトン(John 
Bolton National security Adviser)、国家インテリジェンス局長ダン・
コーツ(Dan Coats Director of Nationa Intelligence)、国土安全保障局
長カースチン・ニールセン(Kirstjen Nielsen Homeland Security 
Secretary)、FBI長官クリス・レイ(Christopher Wray FBI DIrector)、
及び国家安全局長ポール・ナカソネ(General Paul Nakasone National 
Security Agency Director)である。以上の五人がそれぞれ檀上で防諜
の重要性と中間選挙に対する各々の責務を簡単に述べた。

コーツ局長はこの会見について「選挙における外国の干渉を防ぐこと
は最も大切であるとした大統領の特別指示があったので、我われはそ
れを実施した」と述べた。その他4人もそれぞれの任務について説明
と決心を述べた。

トランプ大統領はこれまで何度も2016年の大統領選挙でロシアの干
渉を憂慮していたが、閣僚たちの証言では2016年の選挙ではロシアの
干渉があった、現在でもまだ干渉している証拠があると述べた。

ただし閣僚の談話では誰もロシアの干渉が実際に選挙の結果に影響し
たとは言っていない。つまり干渉はあったが、選挙の結果に影響はな
かったというのである。今回の記者会見では2016年の選挙でロシアの
干渉はあったし今でもロシア側は多少の干渉をしているが、アメリカ
の中間選挙では絶対に干渉させないと述べたのである。

トランプ大統領がこのような異例の記者会見を催したのは彼が就任し
て以来、民主党側がトランプのロシアゲートを追求し、マラー検察官
を任命して一年半以上の「ロシア癒着の調査」を止めないからである。

マラー検察官が調査を開始してからこれまで32人を起訴したと言わ
れる。このうち3人はトランプの選挙に多少介入した人物で、12人は
ロシア人である。FBIのローゼンシュタイン副長官はトランプがヘル
シンキでプーチンと首脳会談を行う二日前にわざと12人のロシア人
の選挙介入を発表したが、それでも彼はロシアの介入はあったがアメ
リカ人の介入はなかったと述べた。それにも拘らず民主党側は95日後
に行われる中間選挙のため2016年にはロシアの選挙介入があったと
宣伝する。今回の記者会見はロシアの選挙介入はさせない、民主党の
言いがかりも阻止する決心を示したのである。

ロシアの政府関連の組織または個人がヒラリーの個人サーバー、民主
党本部のコンピューターをハッキングしたことはこれまで何度も報道
されている。しかしハッキングが選挙に影響したとは言っていない。
民主党側の宣伝ではあたかもロシアがトランプの当選を援助したとし
ているがマラー検察官の調査で証拠は一つも上がっていない。

選挙介入は候補者の誰かに有利、または不利な情報を提供すること、
そして実際に投票の結果、どちらかの票数を変更することの二種類が
あるが、2016年の選挙で民主党側がハッキングされた事実はあっても
結果が左右された事実は一つもない。おかしなことにFBI/DOJ はこれ
まで民主党側がハッキングされたと発表したのに共和党側がハッキン
グされたかどうかは一度も言及していない。

民主党側はトランプが当選したのはロシアが有利な宣伝、或いは票数
を変更したような宣伝しているが事実ではない。そもそもロシアがト
ランプを援助する理由が一つもない。オバマやヒラリーのようなロシ
アに融和政策をとっていた政権を継続させるほうがロシアに有利だっ
たはずだ。これまでに判明した選挙に介入した実際の証拠はFBI/DOJ
の官僚がヒラリーの当選確実と見て選挙に介入したことで、これがヒ
ラリーゲートである。

つまりトランプのロシアゲート疑惑は民主党側のでっち上げである。
今回の記者会見の目的はトランプがロシアの選挙介入を民主党側の宣
伝材料にさせないための措置であったと思う。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は
自動的に配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。