政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.693

2018/05/23

AC通信:No.693 Andy Chang (2018/5/22)
AC論説 No.693 米韓首脳記者会見

韓国の文在寅首相が訪米し、米韓首脳の記者会見が二時間前に終わった
ばかりである。ちょうどテレビをつけていたので35分の会見を見ることになっ
た。私は新聞記者ではないので速報を書くことはないし記者会見の内容に
ついて各報道陣での違いもあると思うが、以下は私の要点である。

●米朝会見は中止になったか

新聞記者の第一の質問は6月12日のトランプと金正恩の会見は中止にな
ったのかということだった。トランプは6月12日に予定されたシンガポールの
改憲が中止になるかどうか、北朝鮮の方から通知が来ていない以上は予定
通り行われるはずだ。だが北朝鮮の方から中止を申し入れてくれば会見は
中止になるかもしれないが、7月12日とか8月12日になっても米朝会談は
行われると述べた。これは北朝鮮の金正恩が先に言い出した首脳会談を取
りやめることがないように釘を刺したと思われる。

北朝鮮はこれまでに何回も会談をすると言い出しながら途中で取りやめる事
があったが、トランプは二度と中止にならないように記者会見で発表したの
である。トランプは金正恩をスマートな政治家と持ち上げ、核廃絶を実施す
れば北朝鮮の経済発展につながる示唆し、更にトランプは北朝鮮の金正恩
政権を潰すことはしないとも述べた。

●核廃絶の処理について

トランプは北朝鮮の核廃絶に向けての核物資の処理についても言及した。ト
ランプは北朝鮮の核物質の処分について全てをアメリカに運びネバダの核
処理場に貯蔵する案があるが、韓国側は核物質の階段的処分を提案して
いるとも述べた。

アメリカ側にとって北朝鮮が核廃絶を段階的に行うことは受け入れる筈がな
いと思われるが、文在寅の訪米目的の一つは核廃絶についての処分方法
を提案することだったと思われる。アメリカは核の完全且つ徹底的な消滅が
条件だから、韓国、北朝鮮の階段的処理の提案に同意することはない。

●南北統一について

記者の当選半島の南北統一についてトランプは以下のようにのべた。


もともと朝鮮半島は38度線の国境によって分離されているが、この国境線は
米国が決めたものでもある。米国は韓国に多大な援助、1兆ドル以上の援
助を行ってきた。米国の経済援助によりサムソンやLGなどの大企業が成長
し、韓国は繁栄した。

北朝鮮が核の完全廃絶を実施すればアメリカは韓国と同様に経済的に北
朝鮮を援助して繁栄させる用意がある。北朝鮮の人民は勤勉で聡明な人た
ちであるから経済援助があれば平和が齎され繁栄するはずだ。北朝鮮が平
和になれば韓国、日本、中国の三つの国が経済援助をする用意がある。

南北が経済発展を遂げたあと朝鮮半島の統一について南北が統一を望む
なら米国は別に反対するつもりはない。

●金正恩の二度目の中国訪問

トランプは金正恩が二度目に中国を訪問したあと、金正恩のシンガポール
首脳会談についての態度が変わったことに不快感を示した。トランプは金正
恩の一回目の中国訪問はよく知られていたが、二回目の突然の訪問は予
想外だった。

二回目の中国訪問のあと、北朝鮮はシンガポール会談を中止するような態
度を示しているが、習近平と金正恩の会談で何があったのか、習近平がど
のような介入をしたのか知らないが、非常に不愉快だと警告した。

●中国の動向と貿易戦争

このあとトランプは中国側が求めてきたトランプ政権による中国通信機器大
手、中興通訊(ZTE)への制裁の緩和に向けて進展があったと報じられたこ
とについて意見を述べた。

トランプは、中国の企業を潰す気持ちはないが、ZTEは中国の大会社の一
つであり、アメリカに対し大きな損害、10億ドル以上の損害を加えていた。そ
れだからアメリカは罰金を課する。会社のマネージメントがアメリカに損害を
あたえない事を望むし、そうなったら米国の企業や雇用に有益となる。

これはZTEの単独な案件ではなく、習近平も同様である。習近平は私の友
人で素晴らしい政治家だが北朝鮮問題に介入しないでほしい。

以上が米韓首脳の記者会見の概要である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信のバックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は自動的
に配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。