政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.691

2018/05/15

AC通信:No.691 Andy Chang (2018/5/14)
AC論説 No.691 不誠実と呼ぶ疫病

アメリカの各大学では卒業式が始まっている。二学期の終わりは学年の終
わりだが卒業式は学期の終わりより二週間ほど早い。

土曜日(12日)の私の母校ライス大学の卒業式で、ブルームバーグ元ニュー
ヨーク市長が式典の基調演説を行い、最近のワシントンで流行している「不
誠実と呼ぶ疫病(Epidemic of Dishonesty)」は共産主義やテロリズムより
危険であると卒業生に警告した。

この数年来、ワシントンの政治家は民主党側も共和党側もウソ、でっち上げ
でお互いを攻撃している。国政の二極分裂はトランプ政権に始まったので
はなくオバマ政権時代に過激になった。今ではトランプが就任して以来、民
主党のトランプ降ろしが国政を麻痺させている。

卒業式で社会に出ていく若者に対する教訓で、国家政治で「事実に替るも
の(Alternative reality)」が蔓延るのはアメリカの民主主義の危機であると警
告したのは立派だが、彼の講演の内容はトランプ攻撃に終始していた。つま
り、ブルームバーグの講演こそ「事実に替るもの」だったのだ。

●トランプ攻撃は「事実ではない」

ブルームバーグはトランプを名指ししなかったが、(トランプは)ホワイトハウス
に入ってから「何百もの虚偽または誤解を招くような声明」を出したと述べた。
これこそ根拠のない民主党側のトランプ批判である。続いて彼は、極端な政
党支持こそ「事実に替るもの」の蔓延を招くと述べた。

アメリカの民主/共和両党の二極化はオバマ民主党時代にどんどん悪化し
たことである。政党闘争がアメリカの政治の危機であることは確かだが、この
責任はトランプでも共和党でもない。それをトランプの責任のように決め付け
ることこそ不誠実だ。

ブルームバーグはトランプ批判の例として、ロシア疑惑の調査で幾人かのト
ランプの仲間が刑事責任に直面していると述べた。この調査で3人が偽証
を行ったと訴えられたと述べた。しかしこれは事実とは違う。マラー検察官が
起訴事実とした3人の行為はトランプのロシア疑惑と関係がない。それをまる
で3人の起訴によってトランプのロシア疑惑の事実が証明されたかのように
述べたのは全くのウソ、でっち上げである。

結論としてブルームバーグは、「不誠実を許容するようになれば犯罪を許容
するようになり、これが汚職、或いは権力悪用、或いはその両方となる」と喝
破した。だが実際に起きた数々の汚職や権力悪用はオバマ政権の8年間
に起きたヒラリー、オバマ、閣僚などが犯した事なのだ。

●嘘つき政治家の番付け

私は共和党員でも民主党員でもないし、トランプは嫌いだ。ブルームバーグ
は選挙の時からトランプを詐欺師と呼んでいたほどで、多くの民主党員もトラ
ンプ嫌いで、あることないことを過大宣伝して大統領罷免に熱中している。
民主党側がトランプを嘘吐きと呼ぶこそ政治が二極化している証拠である。
しかし、アメリカで嘘吐き政治家の番付をとるなら、ヒラリーがトップで、2番が
オバマ、3番にビル・クリントン、そして4番がトランプとなるだろう。

ヒラリーの最悪の嘘はベンガジ事件である。アルカイーダに武器を横取りさ
れた事件でアメリカ大使を含む4人が殺害された。それにも拘らずヒラリー、
オバマ、スーザン・ライスなどが公然と嘘を吐き通した。

ウラニューム・ワン事件ではヒラリーがアメリカで産出するウラニュームの20%を
ロシアに売却した。ウラニュームは戦略的物資で、それを仮想敵国に売却
するのは売国罪に相当する。加えて私有スマホとサーバーの使用、機密デ
ータ消去、違法選挙陰謀などヒラリーには未解決事件が15件ほどある。

選挙に関してはコーメイFBI長官、マッケーブ副長官が免職になったが、こ
れは民主党政権が国家機関を使ってヒラリーの選挙応援した事件である。
この他にブレナン元CIA長官、クラッパー元国家安全局長など、辞職したF
BIの職員など多数いる。国家職員の腐敗はオバマ時代が最も酷かったので
ある。

オバマの嘘もかなり多い。Fast and Furious事件で1500挺のライフルをメ
キシコ・マフィアに渡した事件で一人が死亡した。オバマは事件の調査を拒
否し、ホールダー司法長官は国会侮辱罪に問われたが辞職しなかった。

オバマ二回目の総選挙では違法な税務署の国民データを使って共和党員
を調査した事件があり税務署長が罪を被って辞職した。今回の総選挙では
オバマ政権がFBI,司法部などを使ってヒラリーが絶対当選するように信憑
性のないスティール文書を使ってトランプのロシア疑惑をでっち上げた。

トランプに関する嘘とはロシア疑惑のことだが、マラー検察官が一年かけて
調査しても確証が見つからない。しかもトランプのロシア癒着が事実だとして
も大統領を罷免に値する根拠にならない。

●ブルームバーグこそ不誠実だ

卒業生が社会に出て行く式典でワシントンの政治が「不誠実と呼ぶ疫病」に
犯されていると警告したのはよいが、ブルームバーグは卒業生にトランプ、
共和党は嘘吐きだと政治演説、つまり共和党とトランプの悪口を並べたてる
政治宣伝だったのだ。この演説で挙げた幾つかの事実も信憑性に欠けるも
ので、これこそ「事実に替る」事を挙げたに過ぎない。

ブルームバーグはライス大學の卒業式の講演に招待されたチャンスを使っ
て卒業生に公然と共和党批判と民主党の宣伝をしたのである。ブルームバ
ーグこそ不誠実な政治家である。

トランプ嫌いは沢山いる。民主党だけでなく共和党の議員にもいる。ただし、
トランプは正当な投票で選ばれた大統領であり、好き嫌いや政党所属は別
として政治家の成果は正当に評価すべき、これこそ「誠実な態度」である。卒
業式の講演に招待された機会を利用してトランプ批判の政治運動を行った
ことは唾棄すべきである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信のバックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は自動的
に配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。