政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.678

2018/01/27

AC通信:No.678 Andy Chang (2018/1/26)
AC論説 No.678 FBI内部の秘密結社

前回の記事でFBIの上級幹部が組織がらみでヒラリーの選挙を助けていた
と書いたが、これはFBIが国会情報委員会の要請に応じて提出したFBI職
員のメールの内容からわかったことである。

FBI(連邦調査局)という政府機関が特権乱用でFISA(外国情報監督法)を
申請し、トランプ不利な情報とヒラリーの選挙応援をしたのは明らかな憲法違
反で、民主国家アメリカの歴史に無かった大事件である。だが問題はFBIだ
けでなくもっと上級の秘密命令があったかもしれない。

コーメイFBI長官、マッケィブ(Andrew McCabe)副長官、部下のPeter Strzokと
Lisa Page法律顧問がヒラリーの選挙応援に関与していた。StrzokとPageの二
人は親密な関係があり、二人の交信メールから「ヒラリー当選の保険を作る」
ためのアンチトランプ陰謀が発覚したのだった。

アメリカではは毎日新しい衝撃的なニュースが出ている。セッションズ司法部
長はFBIの選挙介入の調査を命令したが、新しい情報がどんどん出て来る
ので事件の大きさや関係者リストも確定できていない。今回は最近の発展を
書くことにした。

●アンチトランプの複雑な過程

これまでの過程は実に複雑で簡単に書くのは難しいが、発端はヒラリーが大
統領選挙に立候補すると発表したあと、国務長官時代に個人スマホを使っ
て国外から国内の関係機関と機密情報の交信をしていたことが発覚した。
更にヒラリーがクリントン家のサーバーを使っていたこと、サーバーにあった
32000通のメールを違法消去したことなどが問題となり、調査が始まった。

オバマを始め民主党はヒラリーに勝たせたい。司法部やFBIはトランプがヒラ
リーに勝てるはずがないと判断していた。FBIの職員はヒラリーが次期大統
領ならヒラリーに不利な結果は出せない。一部の上級幹部はヒラリー応援に
回り、コーメィ長官はFBIがヒラリーを喚問する四日前からヒラリー不起訴の結
論をリンチ司法部長に伝えていたことがFBIのメールでわかった。

FBIのPeter StzrokとLisa Pageなど、複数の幹部はヒラリーの金でFusion GPI
が英国のChris Steeleを雇って作成した「ロシア文書と呼ぶガセネタ」を使って
FISAの調査を申請し、公然とトランプのロシア疑惑を調査したのだった。メデ
ィアはロシア文書のことをSteele Dossierと呼んでいる。

ところが予期に反してトランプが当選した。トランプ政権になるとヒラリーに加
担したFBIが罪に問われる。そこでトランプ就任後もトランプ罷免を画策し、ロ
シア文書を使ってトランプのロシア癒着を問題視したので、トランプが任命し
たセッションズ司法長官はマラー元FBI長官を特別検察官に任命した。トラ
ンプは一貫してロシア癒着はなかったと主張している。

一方、国会の情報委員会はFBI職員のメール記録の提出を要求し、FBIが
提出したメールの解読によってFBI幹部が選挙に介入したことが発覚した。
委員会はFBIの選挙介入と関連人物のリストなどを4パージの報告書に作
成し、Devin Nunes委員長はこの報告書を機密解除して国会議員に公開す
ると発表した。民主党は公開をストップさせようとしている。国会情報委員会
は既に4ページの報告書を国会議員全体に公開することを投票し可決して
たが、民主党の強い反対があるのでまだ公開していない。。

この報告書が公開されればFBI 上級職員の犯罪でFBIの信用もガタ落ちと
なるし、マラー特別検察官の調査もガセネタを基にして設置されたと判明す
れば信用できなくなる。

●FBIが5万通のメールを消去した?

事件はまだ続く。本月15日、情報委員会のRon Jhonson上院議員はFBIが
委員会に提出したメールにStzrokとPageが交わしたメール5万通が含まれ
ていないと発表した。StzrokとPageはヒラリー当選のための保険としてトランプ
の調査を画策した中心人物である。これでFBIの誰かによるメール隠しでは
ないかと新たな疑惑が生じた。

要点は紛失したメールの時期が16年12月14日から17年5月17日までと
なっていることである。この五か月間にトランプの大統領就任、フリン将軍の
ロシア疑惑、ハワイトハウスの権力闘争と幹部の更迭、コーメイFBI長官の罷
免などが起き、5月18日にマラー氏が特別検察官に任命された。

StzrokとPageの二人のメールが12月から5月17日まで紛失し、マラー氏が
検察官に任命された5月18日以降は存在しているのは、この5か月間に彼
ら二人のメールにトランプ降ろしに関連する情報があったと考えられる。

22日、司法部はFBIが紛失した5万通のメールは文書保存の手続きの間違
いによって紛失した、紛失したメールの修復は出来ないと発表したので疑惑
は更に広がった。FBIが情報を紛失した、しかも修復できないとは誰かの企
みと言われてもおかしくない。

オバマ政権時代には、ヒラリーの消去したメールが復旧不能だった。税務署
が消去したメールとディスクも回復不能だった。今回のFBIのメールも回復不
能なら疑惑はオバマ政権全体に及ぶ。

23日、Ron Jhonson議員は紛失した5万通のメールの外に、FBI内部には反ト
ランプの秘密結社が存在する、証拠があると発表した。この発表とは別に、
コーメィ長官の助手だったRatcliff 氏はすでに辞表を提出したとFBI長官が発
表し、FBIのAndrew McCabe副長官も今年3月に辞職すると発表した。

●蟒蛇(うわばみ)の頭

25日、Daily MailはRyan Saavedra記者の「Head of Snake(蛇の頭)」と題した記
事を発表して、オバマが絶対にヒラリーを起訴させない理由を説明した。

ヒラリー国務長官が機密保持のない個人スマホで国務院やホワイトハウスと
交信していたことは、ホワイトハウスや国務省が送信者のールアドレスを見れ
ばすぐにわかることである。つまりホワイトハウスも国務院もヒラリーの違法を
承知していながら何もしなかったのだ。

しかもヒラリーのメールから受信者のアドレスを見ればホワイトハウスでも同じ
ように個人スマホを使っていたことが判明する。たとえオバマが本名を使って
いなくてもヒラリーが機密メールをやり取りする相手がオバマであることは明ら
かである。

つまりヒラリーがメール事件で起訴されればオバマも罪に問われる。だからオ
バマは絶対にヒラリーを起訴させてはならない。コーメィ長官がヒラリーのメー
ル調査でヒラリーを喚問する前から不起訴と決定していた理由はリンチ司法
部長からオバマまで遡ることが出来るのである。

ヒラリーが起訴されれば蟒蛇(うわばみ)の頭はオバマであることは一目瞭然
である。FBIがヒラリーを不起訴とし、トランプのロシア疑惑を調査した事件は
オバマまで遡ることが出来る。これはFBIだけでなくオバマ政権全体に関わ
る大スキャンダルである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはメルマ:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は
自動的に配信されます。
ご意見はbunsho2@gmail.comまで
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/01/29

    素晴らしい!

  • 房ノ助2018/01/29

    オールドメディアには出来ない報道で実に素晴らしい!今後共に頑張って下さい。