政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.651

2017/07/22

AC通信:No.651 Andy Chang (2017/07/21)
AC論説 No.651 トランプ丸は沈没寸前か

今朝21日、ワシントン時間の10時にホワイトハウスの報道官ショーン・スパ
イサーが辞職したと言うニュースが流れてメディアは騒然となった。トラン
プ大統領はアンソニー・スカラムッチをホワイトハウスの主任広報官に任命
し、スパイサーの後任にサラ・ハッカビーを主任報道官に任命すると発表
した。ワシントンでは毎日のようにトランプのニュースが世間を驚かし、おま
けに賛成は少なく批判が多い。スパイサーの辞任はトランプ政権にとって
大打である。トランプ政権は半年だけで報道官が更迭されたのである。

スカラムッチはニューヨークのビジネスマンで政治に関しては素人だが絶
対的なトランプ弁護者だと言う。スカラムッチを入れたのはトランプの強力
な弁護者が欲しいからと言う。一説にはトランプがスカラムッチをパリ大使
に任命したが彼は受けなかったと言う。報道によるとレインス・プリーブス
幹事長は政治経験のないスカラムッチを主任広報官に任命することに反
対したがトランプは意見を却下したと言う。

今日12時のホワイトハウスの定期記者会見でスカラムッチ本人は、プリー
ブス幹事長とは6年来の友人でとても仲が良い、兄弟でも意見の相違が
あるのは当たり前だから問題はないと言った。

NYタイムスのグレン・スラッシュ記者によると、スパイサーはスカラムッチの
部下として報道官を続けることに絶対反対で、トランプが慰留したとき彼は
その場で辞職したと言う。スパイサーはトランプにスカラムッチの任命は大
間違いだと述べたそうである。

記者団の評論では「トランプ丸」は大破して、船体が傾むいたと言う。これ
はスパイサー辞任だけでなく、ホワイトハウスがメディアから攻撃されてい
るのにトランプが自から攻撃される事件を作っているのだ。「ロシアゲート」
は毎日のように新しいニュースが出てきてトランプ丸は大破の様子を示し
ている。トランプの息子がロシア人と会見した事件は参加人物が7人と報
道された後すぐにもう一人の8人目が出てきた。コーメイFBI長官の罷免
の後ロシアゲートの調査にマラー弁護士が特別検察官に任命されたが、
数日前に彼がトランプとロシアの金融関係を調査すると言うニュースが出
ると、トランプはホワイトハウスの弁護士にマラー検察官を罷免できないか
と相談したと言われる。火のないところに煙は立たないと言うがこんなニュ
ースが出たらロシア癒着の疑惑は更に増幅される。

トランプ最大の問題は彼の暴言、放言癖である。問題がたくさんあるのに
新しい放言で世評が更に悪くなる。一昨日はトランプがNYタイムスのイン
タビューで自ら司法長官に任命したセッションを批判して物議をかもした。
これまでにコーメイFBI長官を罷免し、セッション司法長官を貶し、ローゼ
ンバーグ副長官まで貶したと言う。トランプはメディアと敵対しているが、メ
ディア自分の部下の批判を述べるとはまったく愚かなことだ。

トランプのもう一つの問題は部下を信用しないことである。スパイス報道官
だけでなく、ホワイトハウスの部下を信用しない。だから娘のイバンカや婿
のクシュナーをホワイトハウスにいれる。プリーブス幹事長はスカラムッチ
の任命に反対意見を具申したがトランプは彼を信用しない。スパイサー報
道官が記者会見でトランプ擁護に全力を尽くさなかったから新しい絶対
的服従者を入れたと言う。信用されていないとわかった部下が辞めるのは
当然だ。

トランプ丸が立ち直れるかどうかは彼本人にかかっている。報道官だけで
なく弁護士が何人も辞めている。報道によると数日前にホワイトハウスの
弁護士Mark Corello が辞任し、Marc Kasowitzトランプの個人弁護士も昨
日辞任した。理由は明らかにしていない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはメルマ:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は
自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。