政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.637

2017/04/06

AC通信:No.637 Andy Chang (2017/04/05)
AC論説 No.637 シンガポールにて思うこと

シンガポールに来て一週間になる。ロスから飛行機で20時間かけて
常夏の国に着いたら夏ボケと時差で生活のテンポが遅くなってしま
ったように感じる。世界各地で起きている時事が望遠鏡で見るよう
に遠い事としか思えない。

パソコンを開いて見たらホワイトハウスではスティーブ・バノンが
国家安全保障会議から外されたとか、北朝鮮がミサイルを発射した
とか報道している。シンガポールにいると対岸の火事を見ているよ
うだ。アメリカに居ると毎日がトランプのニュースでウンザリだが、
シンガポールに居ると他人事だから平気でいられる。

それにしても北朝鮮のミサイル発射でトランプの制裁は必ず起きる
と思うのに日本のニュースは豊洲問題や森下学園、安倍首相夫人の
関与の有無で騒いでいる。今にも北のミサイルが飛んでくるかもし
れないのに呑気なものだ。アメリカが金正恩を制裁すると言ったが、
金正恩がミサイルを発射したのだから制裁は必ず起きるとみてよい。
シンガポールの新聞を見るとローカルニュースは大したことはない。
それだけ平和な国と言える。

●差別の少ない国

シンガポールはいろいろな人種、言語と宗教が入り交ざった国だ。
漢民族が人口の8割で仏教と道教が主な宗教だが、マレーシア人は
マレーシア語を話す回教徒でインド系人はタミル語を話す人が多い
らしい。国民の殆どが最低二つ以上の言語を話し、英語はお互いの
共通語である。

こんな雑多な環境でも差別待遇とか抗議デモは起きない。アメリカ
ではテロ分子の入国を禁止するためトランプが中東6か国からの入
国ビザを一定期間禁止すると言い出して問題になったが、シンガポ
ールでは回教も道教も仏教もあり、人々には信仰の自由がある。

原語についていえば漢語が主体だが、漢民族は多言語の民族だから
いわゆる北京語(マンダリン)の外に福建語、広東語、客家語などが
ある。教育制度は小学校一年から二つの言語教育で、学生は北京語、
マレー語、タミル語などを選べる。学校は北京語が主体である。

●独裁的な民主主義

60年代にマレーシアで起きた排華運動で漢民族が追い出されてシ
ンガポールを建国したとき、リークアンユーはかなり厳しい規則を
作ったのでシンガポールは独裁的国家だと批判された。たとえばチ
ューインガムを禁止し、タバコの吸い殻を捨てたら罰金、痰唾を吐
いたら罰金などと言われていた。当時は街角で小便するとかゴミを
捨てたりするケースが多かったからである。それが独裁制度で改善
した。今のシンガポールは清潔で平和な民主国である。

日本でも中国人の多い地区では町が汚いと言う。こんな状況を改善
するにはリークアンユーのように厳しい規則を作る必要がある。シ
ンガポールは建国して50年でこのような悪習をすっかり改善した
と言える。

ところが今回シンガポールに来たら、道端に座ってタバコを吸って
いる人を方々でみかけて驚いた。タバコを吸っても吸い殻を捨てた
わけではないが、タバコの灰は地面に落としているらしい。去年ま
では見かけなかった現象だから、リークアンユーが亡くなって数年
たって制度が緩くなったのかもしれない。一昔前まではシンガポー
ルは独裁的で住み辛いとも言われていたが最近は政府の規則が緩和
されて暮らしやすくなったのか。この変化は良いことか悪いことか、
簡単に判断できない。

●民主主義は一定の規則が必要

タバコを吸うのは構わないが吸い殻のポイ捨ては禁止、これが今の
シンガポールらしい。新聞を読めばタバコは禁止しないがマリファ
ナは絶対禁止だ。

シンガポールと違ってアメリカではマリファナを合法化する州が増
えている。アメリカは民主主義国家で自由と平等を尊重する国だと
言うが、麻薬も禁止できないし人種差別、男女差別などの抗議デモ
が毎日のように起きる衆愚政治になった。

マリファナを合法化すれば当然のように常用者が他の麻薬を試すよ
うになり、麻薬がどんどん蔓延る。だから麻薬密輸の違法入国が絶
えない。マリファナ禁止の規則さえ作れないアメリカとマリファナ
を厳しく取り締まるシンガポール。シンガポールは規則の厳しい民
主主義で、アメリカは放漫な民主主義だとしたらどちらが良いか迷
ってしまう。

民主主義とは自由と平等だがアメリカのような無制限な自由はダメ
だ。制限が厳しすぎたら独裁国家になるが、アメリカよりも最近の
シンガポールのように規則がある民主のほうが理想的な民主国家に
近いのではないか。これがシンガポールに来た私の感想である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはメルマ:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は
自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。