政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.634

2017/03/15

AC通信:No.634 Andy Chang (2017/03/13)
AC論説 No.634 台湾独立の基本

アジアはキナ臭くなった。北朝鮮のミサイル発射、金正男暗殺、ア
メリカの先制攻撃、韓国の朴槿恵大統領罷免とTHAADミサイルの設
置など、現状は刻々と変わっている。戦争になれば日本も台湾も巻
き込まれる。台湾の蔡英文総統は情勢変化に対応できていない。

1964年に「台湾人民自救宣言」を発表して逮捕されたあと国民党の
監視をかいくぐって台湾を脱出した彭明敏教授が「台湾に与える備
忘録」と言う新書を発表し、11日の新書発表会には多くの政治家が
参加し、台湾の将来について活発な討論が行われた。

発表会で新憲法を制定するか、現憲法を修正するかと聞かれた彭教
授は、「制憲も修憲も似たような問題を抱えているが、大切なことは
台湾の領土は台湾澎湖のみと確定すること。領土範囲を確定しなけ
ればいくら討論しても一切無駄だ」と述べた。「中華民国憲法では、
中華民国の領土を台湾、中国大陸のほかにチベットも外蒙古も入れ
ている。こんな憲法は世界では通用しない。領土を確定しなければ
民主国家として世界が認めるはずがない」とも述べた。いろいろな
正名制憲論がある台湾で彭教授の意見は核心をついたと言える。

台湾の領土は中国大陸やチベットを含まない。更に、蔡英文は尖閣
諸島と南沙群島の太平島(Itu Abn Island)を台湾(中華民国)の領
土と主張するのをやめるべきだ。

●国の基本は領土と国民

中華民国憲法は統治していない領土まで自国の領土としているが、
こんな憲法は通用しない。領土の範囲と同時に台湾国民は台湾をわ
が国と認識すべきである。私は「国家の基本」は領土の外に国民も
入れるべきと思う。国民とは祖国を認め、他国の国民ではないと認
識する事である。

台湾には自分が台湾人だと言う者が85%、台湾人だが中国人でもあ
ると言う者が12%、自分は中国人だと言う者が3%いる。おのれは中
国人と認めれば台湾独立を認めるはずがない。台湾人であり中国人
でもあると言うのは蝙蝠のようなものだ。台湾の憲法は領土の範囲
を台湾澎湖とする。国民投票は台湾を祖国と認めるものが投票する。
当然のことながら今の台湾では曖昧になっている。

政党も国民と同じである。台湾國の政党なら台湾と中国は違う国だ
から中台統一を主張すべきではない。現在の台湾は領土も国民も曖
昧になっている。台湾国民党なら中台統一を主張すべきではない、
中国国民党なら追放すべきだ。蔡英文は「台湾=中華民国」を主張
すべきではない。国民党も民進党も国の立場が曖昧だから独立でき
ないのだ。

●中国の恫喝

中国は台湾が独立を主張すれば武力で統一すると恫す。台湾は武力
では勝てないが中国も勝てない。米国の態度は曖昧で台湾問題に介
入するか台湾を放棄するか態度を明らかにしない。確かなのは中国
が武力行使すれば台湾も中国も大損害を受けることだ。

中国は経済断交で台湾を脅すかもしれない。台湾の経済は40%ぐら
い中国に頼っている。しかし経済断交も双方が損害を受けるだけで
なく、アメリカや日本、欧州が介入すれば中国の受ける打撃の方が
大きくなる。つまり経済断交も武力行使も台湾側が一方的に不利で
中国側に有利ということではない。台湾が独立主張をしても中国は
何もできないのだ。

●被動的対応から主動的対応へ

彭明敏が述べたように台湾独立は最初に領土範囲と国民資格を明確
にすべきである。蔡英文政権は現状維持にこだわりすぎる。中国や
国民党の圧力に対応できない。正名制憲は論外、92共識は沈黙、中
国の恫喝に怯え、メディアにも対処できない。アメリカは台湾の現
状維持を望んでいるが、北朝鮮や韓国の情勢が大きく変わっている
のに台湾が被動的な現状を維持できるのか。台湾はアジア諸国の情
勢に主導的に対応すべきである。

領土を台湾澎湖に限定すれば中華民国憲法に固執する国民党が反対
する。反対できないようにする方法はある。第一に228事件の真相
発表で蒋介石の責任を明らかにし、中国人と台湾人の民族の違いを
明らかにすることだ。中国人は台湾人ではないとわかれば中国人の
影響はなくなる。第二に国民党が違法に取得した日本時代の資産を
取り返して国民党を破産させ消滅する。そのあとで新憲法の制定に
入る。台湾独立を認めない中国国民党や外省人は国外追放する。一
つづつやれば中国人は反対できないはずだ。

蔡英文・民進党は情勢変化に主導的対応ができない。台湾人民は蔡
英文・民進黨に失望したので次の選挙は独立系政党に期待している。
国外の評論家は台湾の情勢に詳しくないので国民党が政権を取り返
すと言う論文が多く、中国の情勢判断もあてにならない。だがだが
台湾人のアイデンティティが明らかになれば国民党が再び政権を取
ることはないだろう。民主主義は後退せず徐々に前進するものであ
る。台湾が再び中国人に統治されることはないだろう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはメルマ:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は
自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。