政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.624

2016/12/31

AC通信:No.624 Andy Chang (2016/12/30)
AC論説 No.624 オバマの最後っ屁

今年はいろいろな「想定外」があったが、トランプが予想を裏切っ
て当選したことは世界史のトップに上がると思われる。私はトラン
プにもヒラリーにも投票しなかったが、トランプ当選後のオバマの
妨害活動は実に卑劣で見苦しい。

オバマはプーチンがヒラリーに不利な情報を流して選挙妨害をした
からトランプが当選したと疑問を呈し国民の反トランプ感情を煽っ
ている。ロシアとの関係を悪化させてもトランプ政治を妨害する陰
謀は卑劣でしかもアメリカの国益に反する。

●ハッキングについて

オバマの任期はあと3週間しかない。今になってトランプ当選はロ
シアのハッキングのおかげだと言い出して、ロシアの外交官35人を
追放した行為は国際関係を悪化させるだけでアメリカのためになら
ない。

ハッキングはどの国でもやっている。中国もロシアもアメリカもや
っている。アメリカがドイツのメルケル首相の電話機をハッキング
していたのがバレて譴責されたのはつい去年の話である。

ハッキングは確かに問題だが、
(1)アメリカもやっているのに他人を譴責するのはおかしい。
(2)アメリカがハッキングされたのはオバマの責任である。
(3)ロシアはヒラリーもトランプもハッキングしていたがヒラリ
ーに悪い証拠があっただけである。
(4)ロシアがヒラリー当選を妨害するためにハッキングした証拠
を発表すべき。
(5)ハッキングのおかげで当選したと煽ってもトランプの就任を
止めることはできない。国民が両極化するだけである。
(6)証拠があれば証拠を出せばよい。証拠もなく外交官を追放し
て両国関係を悪化させ、関係改善の責任をトランプに負わせるのは
卑劣であり、アメリカの国益に反する。

プーチンはオバマを相手にせずトランプの就任後に外交関係を改善
すると述べた。プーチンはアメリカの外交官を追放せず、アメリカ
の外交官と家族をクレムリンに招待して好意を示した。「わざあり」
でなく「一本」、プーチンの完勝である。

●選挙妨害について

トランプとヒラリーの二人のうちどちらが当選すればロシアに有利
なのか。ロシア側はオバマから選挙妨害を譴責され35名の外交官を
追放するほどの関係悪化を招く結果となったが、果たしてプーチン
にとってこんな結果を招くほどヒラリー当選を妨害する必要があっ
たのか。理由が見つからないなら「プーチンのヒラリー妨害」はオ
バマのウソだと言う結論になる。

投票前にヒラリーのメールを発表したのはウィキリークスだった。
ウィキのジュリアン・アッサンジはロシアの情報源を否定し、来源
はヒラリー陣営にあると示唆していた。トランプの当選後になって
オバマはロシアがヒラリーのメールをハッキングしたと発表したが
アッサンジは直ちにロシアとの関連を否定した。

ロシアのハッキングを発表したのはCIAだったが、FBIとNSCは選挙
妨害の確証はないと発表した。FBIはその数日後にCIAの発表に同
意したがオバマの圧力があったようだ。それからオバマはロシアの
ハッキングを理由に外交官追放に踏み切ったのである。つまりオバ
マはトランプ当選にケチをつけたが効果がないので外交官追放まで
エスカレートさせたと思われる。

ヒラリーの国務長官在任中のメールが落選にどれだけ影響したかは
不明だが、ヒラリーの違法行為がFBIの捜査対象となったのは確か
で、これはトランプ有利ではなく自業自得である。

ロシアの選挙妨害で交官追放までやったが、アメリカはロシアより
ももっと酷い選挙妨害をしている。2008年の台湾の総統選挙の時、
アメリカのダグラス・パールが台湾で投票二日前にテレビに出演し
て公然と馬英九支持を発表した。これほど公然と選挙妨害をしたア
メリカがロシアのハッキングを問題視し、外交官を追放するとはお
かしな話である。

アメリカはイスラエルの選挙にも公然と妨害した。オバマは2009年
の首相選挙でネタニヤフを妨害し、2015年のクネセト総選挙でもネ
タニヤフ妨害に多額の金を注ぎ込んことが知られている。2015年3
月にネタニヤフはアメリカの国会で39分間にわたる演説をしてオ
バマ大統領を攻撃した。オバマ政権とイスラエルのネタニヤフ政権
の関係は非常に悪いことで知られている。

●国連のイスラエル非難の元凶はオバマだった

オバマはロシアの外交官を追放しただけでなく、イスラエルとの関
係も悪化させた。12月23日、国連安保理はイスラエルが1967年に
占領したヨルダン川西岸や東エルサレムのユダヤ人入植活動につい
て「国際法に違反するとして2国共存の障害となる」とする非難決
議を採択した。イスラエルのネタニヤフ首相は直ちに決議に抗議と
非難を発表した。

アメリカは否決権を行使しなかっただけでなく、法案の提出から投
票まですべてオバマの陰謀だった、いろいろな証拠があると言われ
ている。トランプは直ちにイスラエル支持を発表し、来月20日の就
任まで我慢しろと激励した。アメリカがイスラエル非難案に関わっ
ていたことはいろいろな証拠があると言うがオバマが退任するまで
は公開されない。

26日イスラエル非難案についてケリー国務長官がアメリカを弁護
する演説をしたが、この時にアメリカの関与を認める発言があった。
ネタニヤフ首相は直ちにケリー長官の演説を非難し、アメリカ国内
でも多くの政治家が激しくケリー演説を非難した。英国のテリー
ザ・メイ首相は今日30日、ケリーの演説を激しく批判し、中東の平
和交渉が30年も後退したと述べた。

あと三週間でオバマ政権は臨終を迎える。私はトランプ政権に期待
していないがオバマ政権は早く終わって欲しい。オバマの往生際の
悪さ、トランプ嫌がらせや、無意味なロシア攻撃とイスラエル・中
東関係の悪化には強い反感を覚える。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信のバックナンバーはメルマ:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマの左側上部の「登録する」欄をクリックして登録すれば以後は
自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。