政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.568

2015/11/21

[AC通信:No.568 Andy Chang (2015/11/19)
[AC論説] No.568 中台会談、習近平の「中国夢」

18日の日本経済新聞で中沢克二編集委員の書いた「中台会談、80秒
握手の深謀.習氏の任期延長への布石」を興味深く読んだ。習近平
は会談の結果で共産党総書記の三選を図るというのである。ところ
が中沢論文ついての読者コメントは中沢氏の見解に相反するものだ
ったのが面白かった。

中国に住む外人記者がメディアの報道を解読した予測と台湾で解読
した予測は全く違う。台湾の報道でも国民党系メディアで予測する
のと民間から見た予測は違う。

中国のメディアが習近平を批判することはあり得ない。台湾の国民
党系メディアも馬習会談を批判しない。だが台湾人は馬習会に批判
的で馬英九の支持率は9%以下だから、習近平が馬習会談を使って
中国共産党総書記の三選を図るのは無理だと思う。2024年まであと
8年もある。この期間に何が起こるかは台湾だけでなく米国やアジ
ア諸国の出方も見なければならない。

●中沢氏の「習近平の深謀」とは

中沢氏の記事、中国側の解読と台湾側の反応は大きな違いがある。
簡単に書くと以下のようになる:

第一に、習近平は81秒の長い握手で中国と台湾の首脳が握手で和議
に入ったという歴史的事実を作りあげたと言う。だが「中台会談」
のを成果を大袈裟に報道したニュースはすぐに各国のメディアで否
定されたように、「中台会談」ではなく、中華人民共和国の総書記と
中華民国総統の「中中会談」である。

中国メディアは歴史的握手と賛美したが、これは中国側の一方的解
釈である。台湾は中国の領土ではない。中華民国は台湾に亡命した
蒋介石政権である。1952年のサンフランシスコ平和条約で日本が台
湾の「主権を放棄した」が中国に譲渡したのではない。台湾の国際
的地位は未定であり、中華民国には統一を協議する権利はない。

第二に、習近平と馬英九は「92共識」と「一つの中国」を強調し、
統一の合意があるとする狙いがあった。中国の新聞はそう書いたけ
れど台湾では逆に台湾は中国の領土ではない、馬英九は売国奴だと
糾弾した。つまり「一つの中国」を主張したため台湾独立の意識を
高める逆効果となり、合意は無かった事がわかった。

第三に、会議のあと習近平が強調したように、92共識と一つの中国
を中台協議の条件とする。国民党が政権を失っても「一つの中国」
の緊箍咒(きんこじゅ)で民進党を縛ることが出来る。国民党は中
台パイプの影響力を維持し、馬英九は中台パイプ元老の権威を維持
できると言うのである。

だがこの意図は台湾では通じない。92共識は存在しない嘘である。
台湾人は一つの中国を認めない、中国と台湾は二つの違う国である。
一つの中国を条件にした協議は人民が承知しない。

●鄧小平の遺言から現在まで

中国の台湾政策は鄧小平によって企画され、周知のように中国共産
党総書記は鄧小平の遺言により、江沢民→胡錦濤→習近平の移譲が
指名された。鄧小平の遺言録音は中国共産党の機密だが知る人も多
い。台湾問題について簡単に書けば次のようになる:

(1)台湾問題は中国の生死存亡、共産党の生死存亡である。
(2)台湾は香港と違って租借ではない。早急に解決すべきだ。
(3)出来れば胡錦濤の二期、2012年を越さないうちに解決すべき。
(4)江沢民は台湾問題で焦って冒険してはならない。

鄧小平の死後、江沢民、胡錦濤から習近平まで、中国共産党の主導
者は鄧小平の遺言に沿って台湾併呑を計画してきた。台湾併呑は武
力でなく「和平解決、不戦而勝」を目標としている。

それでも江沢民の時代には部下の陳良宇、王守業などが果断な手段
で台湾を解決する計画を進言したが江沢民は拒否した。胡錦濤が
2005年に軍の権力を手中にすると王守業、陳良宇は逮捕され、汚職
の名義で処罰された。胡錦濤も習近平も政界や軍部の大物を粛清す
るときは汚職を理由にしている。

2002年に胡錦濤が中共総書記になると国民党の最高権力者の買収を
始めた。胡錦濤は2008年6月に政治局拡大会議を開催し、彼の幕僚
令計画が作った三つの主要計画、「台湾問題解決の政治戦略」、「台湾
軍事闘争に関する預案」、「台湾統一に関する政治法律処置の預案」
を通した。この年に馬英九が政権を取り、連戦、宋楚瑜などが争っ
て中国詣でを始め、中台貿易の利権を手にした。民進党の政治家も
中国投資に熱中した。だが胡錦濤は2012年に台湾問題を解決するこ
とはできなかった。

習近平が総書記になったあとも和平統一路線を続け、馬英九も合作
して強引にECFA(経済合作枠組み協定)、経済市場一体化と金融一
体化を推進した。

台湾問題の外に習近平は「中国夢」を発表し、汚職追放、南シナ海
進出など世界覇権の夢を推進した。中国の太平洋進出では台湾が最
大の課題である。台湾を併呑すれば太平洋の東半分は中国の勢力範
囲となる。

●「ヒマワリ学生運動」と台湾アイデンティティ

中国の台湾併呑計画が挫折したのは2014年のヒマワリ学生運動の
おかげである。国民党が国会で強引に提案30秒だけでサービス貿易
協定を通そうとしたために起きた学生の反対運動だった。

この運動のあと台湾人の反中意識が高まり、同年11月の総合選挙で
国民党は惨敗した。こうして台湾人の反中、反統一が高まり、来年
の総統と立法委員選挙では国民党の総統候補者・朱立倫は落選し、
立法委員過半数も取れないと言われている。

馬習会談は一つの中国と中台のパイプを掲げて選挙に勝つことだが、
逆効果で惨敗する可能性の方が高い。民進党が選挙に勝てば国民党
の汚職追放、国民党違法資産の追及、司法改革、国民投票法改革な
どで独立意識が高くなる。

米国は中国の台湾併呑に反対だから中国の台湾に対する武力行使は
出来ない。習近平は和平路線の他に方法はない。中沢氏の予測した
習近平の総書記三選は実現しそうもない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーは:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマに入ったあと左側上部の「登録する」をクリックして登録
すれば今後の記事は自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。