政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.561

2015/10/03

[AC通信:No.561 Andy Chang (2015/10/01)
[AC論説] No.561 國民黨の瓦解

来年1月の総統選挙では民進党の蔡英文当選確実、国民党の洪秀柱
落選と言われ、メディアは国民党の内部分裂で洪秀柱を降して代わ
りに党主席の朱立倫を立てると報道している。調査では朱立倫が出
馬しても蔡英文に勝てないから朱立倫が出馬するわけがない。

国民党内部で洪秀柱おろしの噂が絶えないのは、立法委員の候補者
が洪秀柱と一緒に選挙運動をしたら人が集まらないと言うので彼女
を敬遠するからだ。

国民党員の間では党の人気が低いのは洪秀柱が原因だろうか。立法
委員選挙も総統選挙も負けるとしても負け方による、惨敗すれば国
民党の存続にかかわる一大事と言う。現在の調査では国民党は国会
の30〜40議席しか取れず、過半数の57席に及ばないと言う。

●洪秀柱の不人気は国民党の責任だ

洪秀柱は総統になる資格はないと言うが、5月に党が候補者探しを
していた時は有力候補とみなされていた朱立倫、王金平などがみな
出馬を断ったので候補者が居なかった。その時に洪秀柱が出馬する
と言いだして7月19日の党大会で洪秀柱が国民党の公認候補となっ
たのだ。人気がないとはいえ、党の公認を得たのだから党が支持し
なければならないのは当然である。

ところが7月以降も人気は低迷を続け、立法委員の候補者たちは洪
秀柱と一緒に選挙運動をしたら人が集まらず、立候補を辞退するも
のや個別に選挙活動をするものが出てきた。国民党の有力地区と言
われる新北市、桃園、新竹、苗粟などでも国民党の人気は下がる一
方だから党員の危機感が高まり、洪秀柱を降して朱立倫を立てる、
「換柱挺朱」が表面化したのだ。

党公認の候補を降ろすのは規則違反である。しかも朱立倫が出馬し
ても落選するなら彼が出馬するほどバカではない。それでも朱を立
てる理由は何故かと言うと、洪秀柱なら国会では30議席しか取れな
いが、朱立倫が出馬すれば朱が落選しても国会で40議席は取れる、
国民党としては3分の1以上の議席を確保したいのだ。

党公認の候補を支持するのは党員全体の責任だが、党員たちは逆に
彼女に責任を押し付けている。党公認の洪秀柱が自分から辞任する
条件、慰撫金か国民党の地位かを模索中と言う。

洪秀柱はこのような噂にかなり不満で、「国民党員は総数88万人、
党員が一人10票を集めれば少なくとも800万票、当選は確実である」
と述べた。だが不人気な国民党の党員が一人10票集められるか疑問
である。

国民党がこれほど落ち目になったのは台湾人の反中国意識が強烈に
なった、中国の台湾統一路線がシャットアウトされたからである。
去年のヒマワリ学生運動、11月の中間選挙の惨敗に加え、国民党の
名誉主席連戦が中国の「抗日70周年記念パレード」に参加したこと
で人民の反中国意識が高まったので国民党は惨敗するだろう。

●「台湾国民党」の提案

最新の満意度/不満意度の調査では、馬英九(15.8/73.8)、国民党
(19.8/61.3)、民進党(40.3/35.6)となっている。馬英九に対する
不満は73.8%、国民党に不満が61.3%では政権交代は当然である。

国民党が最も驚いたのは本土派と言われる党員が分裂を起こす気配
が出てきたことである。9月29日の新聞では台中県地方派の重鎮と
言われる廖了以・元台中県長が雲林県の張栄味・元雲林県長と合同
で「台湾国民党」を組織すると言い出した。国民党の派閥を作るの
か、それとも国民党を脱退して新政党を作るのかは不明だが、報道
によると国民党本土派は洪秀柱に不満だから分裂したとしている。

●民進党も振わない

しかし調査データを見れば民進党に対する不満度も35.6%、決して
安心できる数字ではない。民衆は国民党に不満だから民進黨に票を
入れても、民進党が政権を取って中国の脅威から逃れ、台湾独立を
達成できるかが知りたいのだ。

蔡英文に対する不満は2012年の選挙で「台湾は中華民国で、中華民
国は台湾だ」と述べたことである。台湾は中華民国ではない。独立
が台湾人の願いである。民進党が現状維持を続けて中華民国の名義
を台湾共和国に変更しなければ独立はできない、これが不満なので
ある。

台湾の国際関係は複雑である。中国は台湾併呑を目ざしているから
台湾が独立すれば武力行使もありうると恫喝している。米国は現状
維持を要求しているから独立に反対である。

今年春に蔡英文がアメリカを訪問した際に、台湾は独立ではなく現
状維持を続けると述べて米国の了解を得たと言われている。現状維
持が民進党に対する不満の原因の一部だが、最大の不満は新潮流派
の主張する親中路線である。民進党の新潮流派の幹部には中国に投
資しているものが多いと言われている。彼らにとっては独立よりも
現状維持が有利なのだ。

蔡英文は親中派と独立派を抱える民進党で綱渡りをしているような
ものだが、9月30日に台南市の市議会で頼清徳台南市長(民進党)
が台湾独立を主張すると述べたので大騒ぎとなった。頼市長の独立
主張は蔡英文の現状維持とは大いに違うから民進党の投票率に影響
するかもしれない。しかし政治家が公然と独立を主張できるように
なった台湾の現状はプラスの効果が大きいかもしれない。

●国民党惨敗で中華民国は滅亡

以上のような状態で民進党は国会で過半数を取れない。しかし民進
党のほかに独立主張を表明する台聯党、時代力量、自由台湾、台湾
独立党などの候補が当選して民進党を助けることになると言われて
いる。

国民党は3分の1議席を取れるかどうかが存亡の鍵となる。国会の
3分の2議席が「台湾派」なら国民党の主張はすべて通らなくなる。
国民党が惨敗すれば中華民国の滅亡は時間の問題である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーは:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマに入ったあと左側上部の「登録する」をクリックして登録
すれば今後の記事は自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。