政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No,541

2015/05/16

[AC通信:No.541 Andy Chang (2015/05/15)
[AC論説] No.541 アメリカは差別社会

長い旅行から戻ってきて五日目、まだひどい時差ボケが解消してい
ない。一時間の時差を直すには一日かかると言われているが台湾と
ロスには15時間の時差があるから時差ボケを直すには15日かかる
わけだ。

アメリカに戻ってすぐに感じたことはアメリカが差別社会であるこ
と、そしていろいろな差別はオバマが政治的に拡大したと思われる。
オバマは差別問題を政治と選挙に利用して本来からあったアメリカ
社会の二極化を更に大きくしたと思う。

ちょうど「頂門の一針」3660号に加瀬英明氏の「相変わらず米国の
人種差別」という記事が載っていたが、米国の差別問題は人種問題
だけでない。現在の差別問題は黒人主義者のオバマが大統領になっ
てから差別を政治に利用するからである。

来年の選挙を控えてオバマと民主党は選挙対策として人種だけでな
くいろいろな差別を政治的に利用する傾向がある。共和党の大統領
候補は差別問題よりも経済、国際問題、テロなどを討論しているが、
民主党側の唯一の候補者ヒラリー・クリントンは女性問題や黒人差
別、貧富の格差などを挙げている。

●差別問題の重要度

アメリカには差別問題がたくさんあるが、その最たるものが黒人問
題である。ある評論家は差別問題について、アメリカの差別問題は
その社会における重要性で6つあると言う:(1)黒人問題、(2)
同性愛者、(3)ラティノつまり南米系移民と違法移民、(4)女性
差別、(5)貧富の格差、(6)最後にユダヤ人とアジア系人だが、
これは殆ど問題ではないという。なぜこれらが問題かというと、オ
バマを始め、民主党がこれらを選挙に利用するからだ。

今のアメリカでは黒人とラティノを合わせた人口が白人人口を上回
り、これに同性愛者、女性差別などに迎合する言論を発表すれば選
挙に勝つと言う。白人の発言力が低下しているのだ。

アメリカの政治問題は沢山あるが、社会問題はその一部に過ぎない。
アメリカの大問題は世界的影響力が低下していることだが、民主党
は政権を取ることを優先する、社会問題を先にすれば国民の関心と
選票が得られるとみている。それには差別問題の発言で国民の関心
を買うことである。中間選挙で負けた民主党は差別問題を優先して
国際問題、経済問題は後回しにしている。これに反して共和党の候
補者は国際問題、経済問題などを優先している。

●差別問題の変遷

差別とは社会の違いを作ること、つまり社会を二極化することであ
る。黒人問題はその一つ、差別のない社会なら黒人が大統領になっ
ても問題は起こらない。オバマが当選したのはアメリカでは黒白の
差別が少なくなっていたからであった。だが大統領になったオバマ
は黒人優先主義者だから問題になのだ。フロリダとミズーリで起き
た警察が黒人を射殺した事件では明らかに犯人が悪かった。警察は
自己防衛で犯人を射殺したのだった。ところがオバマが黒人の肩を
持つ発言をしたため暴動が起きて長引いたのだ。

大統領の権威は非常に大きい。黒人オバマが大統領になってから黒
人が大いに威張りだして白人は抗議さえできなくなった。大統領が
後ろ盾になっているから黒人が暴動を起こしても我慢している。

アメリカは越境違法入国を取り締まることさえできず、違法入国し
た未成年者を送還できず、オバマは違法入国者を特赦して居住権を
与えると言いだした。これは明らかに不公平だが、ラティノはオバ
マの違法入国を優遇する処置を歓迎している。オバマの人気取りで
ある。国境を守ることが出来なかったら違法入国は増える一方だが、
オバマは国境を守れないからテキサス、アリゾナ、ネバダなどの州
が悲鳴を上げている。

黒人問題と違法入国に次いで問題なのが同性愛者とマリファナの合
法化、その次が女性差別である。民主党は差別問題に迎合する発言
が多く、共和党は差別に無関心だと宣伝する。

●オバマとアメリカの衰退

昔から言われているように、共和党と民主党の違いは、共和党は小
さな政府と自由競争を目指し、民主党は大きな政府を目指す。大き
な政府とはすべてが政府主導で、大きな予算と赤字の増大、社会福
祉、増税、金持ちから取って貧乏人に与えるなどである。

黒人には貧困者が多い。社会福祉で金をばら撒けば彼らの支持は集
まるが金を与えただけで貧困は解決できない。アメリカ社会は成功
する機会が多く、個人の努力次第で成功することが出来る。アジア
系の移民は努力して成功するものが多い。福祉に頼ってばかりでは
貧困から抜け出せない。雇用を増やす、教育を普及させるなど基本
的政策が大事である。

オバマは民主党員で社会主義者だが、黒人で成功したことで傲慢に
なり独裁的傾向が強い。大統領の権限を拡大し、憲法無視、国会無
視、法制無視、大統領命令を最大限に使うなどと言われている。あ
まりにも法を無視するので去年の中間選挙で共和党が上院下院で多
数となりオバマはレイムダックとなった。

オバマは一貫して中東問題をブッシュの責任として攻撃してきたが、
オバマの中東政策でテロがブッシュ時代よりさらに悪化し、ISIS、
タリバン、アルカイーダなどを制御できなくなった。アジア政策も
リップサービスだけで中国の横暴な領土拡張を抑えきれず、アメリ
カの勢力衰退が明らかである。更にオバマが強引に結んだイランと
の非核協定はアメリカだけでなくアラブ諸国も反対している。オバ
マは先週アラブ諸国の首長をキャンプ・デビッドに招待して会議を
したが、わずか二人の首長が参加しただけで残りは代表を送っただ
け、何の結果も得られなかった。

●アメリカは差別の国だが…

確かに加瀬先生の言う通り、アメリカは差別の国であり、人種問題
やほかの差別は今でもある。オバマが大統領になって黒人問題が悪
化し、白人が沈黙したままだから差別がひどくなったのである。

いまの人種差別は白人優先ではない。黒人が威張って白人は小さく
なっているのだ。黒人が悪くても暴動が起きれば白人は沈黙してい
る。オバマが大統領になったお蔭で黒人たちは大統領がかばってく
れると威張りだした。中東外交が失敗してアラブテロの復讐が始ま
り、アメリカの国威が衰頽し諸国はアメリカを軽視、ISISがアメリ
カに復讐を公言するようになった。

過去30年のアメリカの政治を見れば、カーター、クリントン、オバ
マの民主党政権の「大きな政府」は失敗だらけで、アメリカが国際
的にバカにされる時代であった。特にひどい最近の衰退はオバマの
責任であり、国内でいろいろな差別問題が政治的に利用され、オバ
マは史上最低の大統領と言われるようになった。これが現代アメリ
カの実像である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーは:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマに入ったあと、左側上部の「登録する」をクリックして登録
すれば記事は自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。