政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.539

2015/04/21

[AC通信:No.539 Andy Chang (2015/04/21)
[AC論説] No.539 台湾丸の将来は他人事?

「どうですか、台湾丸は沈没しますか?」と聞いたのは品川さんだ
った。台湾ではいろいろ違ったグループの人と会ったが、台湾丸の
将来を聞いたのは品川さんだけだった。台湾事情はアメリカに住む
私の方が聞きたいことだし、台湾の住人みんなが関心を持つべき事
なのに聞いてくれたのは品川さんだけ。ほかの台湾人の友人たちは
私の方からこれを聞いてそれぞれ違った返事をした。

●台湾丸の沈没

品川さんは50年も台湾に住み、心から台湾を愛し、台湾に骨を埋め
るつもりの人である。私が「台湾丸の沈没?」を発表したのは2000
年9月だった。この本の最後に李白の詩を引用して「両岸ノ猿声啼
キテヤマズ(不住)、軽船已ニ過グ萬重ノ山」と書いたことを覚えて
いたのである。

2009年に馬英九が政権を取ると中国接近を始め、中国を恐れるよう
になり、それまで使っていた「中共」と使わなくなって、中共の代
わりに「両岸」と呼ぶようになったのは両岸のお猿さんたちだから
面白い。

私が品川さんの質問に「台湾丸はだいぶ浸水しているようですね」
と答えた。つまり中国の合法、違法の入国者が増えたと言ったのだ。
彼は、「いや、最近はヒマワリ学生たちのおかげで持ち直しています
よ」と答えた。ヒマワリ学生運動のことは、品川さんと同じように
元産経記者の迫田さんも去年の選挙の後は台湾人の主張がはっきり
してきたと言っていた。

●群盲象を撫でる台湾事情

アメリカで見聞する台湾事情と台湾で見聞するのとは違うのは当然
だが、今回の台湾旅行で感じたのはアメリカで見聞するニュースは
台湾の友人たちの知っていることよりも多く早いと言うことだった。

国外に住む台湾人たちはインターネットを通じて台湾のニュースを
読むから大体において政治、経済や汚職スキャンダルなどに詳しい。
インターネットで読むニュースは要点を伝え、台湾で発売される新
聞より早く種類も多い。台湾で友人と話していると彼らの知らない
ことが多いのに驚かされる。現地に住み、見聞している人たちには
毎日のニュースを詳しく読まない人がたくさん居る。

台湾には新聞を読まず、テレビも見ない、読んでも何も感想がない
といった感じの人が多い。台北は生活環境がよくなって暮らし向き
もよく、交通が発達しているので暮らしやすいが、南部は北部と違
って収入も少ない。台北と南部で見聞する事情や友人の反応は相違
が大きいが、一概に言って生活水準が上がったと実感できる。この
ため汚職問題や軍隊のスキャンダルなどに無頓着になった人も多い
のではないかと思う。生活が楽になると大きな問題に関心を持たな
くなる。私が会った人々の反応は群盲が象を撫でるようにいろいろ
違った意見があるので実情を知るのが難しいと感じる。現地に住む
人々は生活が向上すると政治に関心が無くなる。国外の台湾人は故
郷を思う心が強く汚職問題や政治問題などに敏感になる。

●政治事情の遅さと無関心

前の「唖然たる台湾軍」の記事に書いた、アパッチ観光団(阿怕契
観光団)のスキャンダルが新聞の第一面トップで毎日大きく報道さ
れているときに、ある友人が「オイ。阿怕契って何だ?」と私に聞
いたときは唖然となった。別の友人が「あれはアメリカン・インデ
ィアンのことだ」と答えたときも疑問が残った。

彼はアパッチ観光団のスキャンダルを知らないのか、それとも「阿
怕契」とはアパッチ・インディアンの中国語訳と知らなかったのか、
またはなぜ新型ヘリにアパッチという名を付けたのかが分からない
のか、私には判定できない。わかるのは台湾にはこんなレベルの人
が居ると言う事実である。

台湾事情でさえ知らないのだから国外事情になると尚更である。台
湾の新聞には国外ニュースが一つか二つしかない。しかも政治、国
際関係などより面白いニュースを先に報道する。政府が世界のニュ
ースを報道しない愚民政策を取っているのだろう。

アメリカの新聞にも責任の大半がある。アメリカの三大テレビ、大
新聞はたいてい民主党系で、オバマやヒラリーのスキャンダルは報
道しない。オバマやヒラリーの醜聞を台湾の新聞が報道しないのも
当然である。

友人の間でヒラリーのスキャンダルを知る人は殆どいなかった。ア
メリカ事情を知る人もヒラリーには好意的であった。ベンガジ事件、
個人のスマホを公務に使用した機密漏洩疑惑や国務大臣の任期中に
国外の献金を受け取っていた汚職疑惑など知らないし、説明しても
理解できない。ヒラリーがいくつもある疑惑で起訴される可能性が
強くなっても世界でヒラリーの人気が高いのはマスコミが報道しな
いからである。

ある民進党幹部が、ヒラリーの来年の大統領選挙に立候補したこと
でヒラリーがアメリカの時期大統領に当選すると予測した記事を書
いた。ヒラリーは中国に強い態度を示しているからヒラリーが当選
すれば台湾に有利だと書いていた。

スキャンダルで人気が落ちていることも知らない台湾の政治家はア
メリカの内情を理解していない。オバマ、ヒラリーがこの7年の間、
中東問題にかかりっきりで横暴な中国の行為にリップサービスしか
していないとは知らない。こんな政治家が台湾の将来に影響を与え
ているのだから心が寒くなる。

●自国の将来も他人事

気になるのは暮らしが向上したことで人々が太平楽をきめて、馬英
九政権の眼にあまる汚職や軍隊の国防意識の欠如などを他人事と思
っていることである。

私はいろいろ違った友人と話をしているときは、いつも台湾の将来
について皆の意見を聞いた。彼らの返事は大体において、去年の選
挙で国民党が大敗したのは国民の愛国意識の表れで、中国の台湾併
呑は遠のいた、今の台湾はヒマワリ学生たちが政治に関与するよう
になり、国民党は再起できないと言う見方が強かった。

しかしいま大問題になっている5つの台北市内の建設の汚職につい
ても、アパッチ観光団事件についても、あるいは来年の総統選挙に
ついても、若者がやるから大丈夫だと言う。自分も若者に加わって
政治をよくする、国や軍隊の改善に力を貸すとは言わない。国防も
政治、経済もみな他人事なのだ。

最近兵器を持っていても兵隊に闘志がなければ戦争に負ける。独立
に関心を持っていても国民全体が参加しなければ独立はできない。

なんでも他人事として自ら関与しない態度は、兵士が国防意識を持
たず最新兵器も玩具扱いにする態度と違いはない。国民全体が国の
存亡に危機意識を持って独立運動に参加すべきである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーは:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマに入ったあと、左側上部の「登録する」をクリックして登録
すれば記事は自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。