政治・経済

AC通信

国際ニュース解説と評論記事

全て表示する >

AC通信 No.425

2012/12/25

[AC通信:No.425]Andy Chang (2012/12/24)
[AC論説] No.425 愛国有罪?

今年もいよいよ終りに近づいた。今年はいろいろな国で選挙があり、
いろいろな国で動乱があった。右傾化した国もあったが、逆にアメ
リカがどんどん左傾したので世界的な不穏が続くと思われる。

民主国家で言論自由だと、メディアが人民の勝手な言論を発表する
ようになり、政治家は当選を目指して人民に迎合する。こうして政
治家は左傾化し、民主国家はバラマキ政策で国が破産する。

アテネが滅亡したと同じく、アメリカは左翼メディアとオバマ社会
主義のため、財政赤字が増え、予算カットは国防費だけとなった。
オバマ政権はアジア回帰と言いながらアジア諸国を守る力がなく、
現状維持を唱えるばかりである。

●LATimesのアジア選挙批判

ロスアンジェルス・タイムスのバーバラ・デミック(Barbara Demick)
記者は「東北アジア諸国のナショナリスムの波」という題目で、東
アジア諸国の選挙でナショナリズムが高まり、紛争が起きる可能性
が高まったと警告した。

デミック氏の記事では、日本の選挙で阿部自民党が勝ち、韓国では
保守系与党のセヌリ黨の朴槿恵(パクウネ)が当選したため、日本と
韓国が愛国主義になると、中国の習近平や北朝鮮の金正恩の恫喝に
対抗するようになり、紛争が起きる可能性が高まるとしている。中
国や北朝鮮に対抗するのはよくないと言いたげな論調でる。

中国や北朝鮮の覇権拡張主義がアジアの不穏を招いていることに言
及せず、アジア諸国のナショナリズムが悪いとでも言うのか。

アメリカのメディアはシナのお先棒を担いでいるとしか思えない。
シナ人が愛国無罪と叫んで暴動を起こしたときアメリカのメディア
は譴責しなかったのに、民主国家の選挙でナショナリズムが台頭し
たら慌てて警告を発する。愛国有罪?

●アメリカは張子の虎

アメリカのサヨク記事は、日本や韓国が愛国主義になったから中国
や北朝鮮と戦争になると警告しているのだ。日本や韓国は中国や北
の恫喝に反応してはいけない、大人しくオバマさんの言うとおり、
「現状維持」で中国に迎合しろ、というのか。

アメリカはオバマの国防費半減で、今では一方面作戦もおぼつかな
い状態になっている。嘗てクリントンが国防費削減をした時は、世
界の各地で二方面作戦を行う能力があると威張っていたが、アメリ
カの現状はアフガン派兵だけでも精一杯で、日本や韓国が大人しく
していろと要求する。中国はアメリカの実態を知り尽くし、今のア
メリカは張子の虎(紙老虎)と見ている。習近平が強気な言動をする
のはこのためである。

中国が尖閣諸島の近海に偵察機を飛ばしたあと、アメリカは慌てて
中国に警告したが、実際に紛争が起きればアメリカはどうするか。
米国国防部は日本が先に自衛しなければアメリカは助けられないと
明言している。ところがサヨクメディアは日本が強くなるとシナ人
に同調してナショナリズムが悪いと書く。

アメリカは頼りにならない、日本は自衛力を強化すべき時期に来て
いる。アメリカは日本が強くなり自衛できることを歓迎すべきだが、
サヨクメディアが勝手な記事で、あたかも日本は中国に叩頭すべき、
弱い日本を歓迎するような言論を吐いて国民を惑わす。メディアは
シナに買収されたのではないか。

●愛国はアメリカに有利

阿部や朴槿恵(パクウネ)が当選したのは、日本と韓国の人民が中国
や北朝鮮の覇権や横暴に反撥したから首相に選んだのである。当然
ながら中国や北朝鮮はこの結果に反対だが、アメリカの新聞記者が
偉そうに中国の肩を持って、愛国主義はアジアの不穏を招くと書く
のはもってのほかである。

アメリカが弱くなったからこそ諸国が強くなって中国に対抗できる
武力を持つべきなのだ。アメリカはアジア諸国でナショナリズムが
台頭し中国の覇権拡張を抑えることを歓迎すべきだ。

●民主と自由について

もう少し視野を広げて物事を考えるべきだ。民主自由とは国家全体
を優先すべきであり、個人の自由民主は二の次である。

民主自由とは社会と国家の総体的平和と安全を保障するものであり、
個人勝手な行動は制限されるべきである。言動には「一定の限度」
があると知るべきである。

民主自由だからマリファナを合法化するのは間違いである。現にア
メリカのワシントン州では同性愛結婚とマリファナの使用を合法化
した。メディアが個人の勝手な行動を容認するような報道をし、思
考能力の薄い政治家がこれに賛同するようになれば社会不安を招き、
政府が庶民にバラマキ政策を行えば国は破産する。メディアはこの
ような事態を防ぐべき、これこそメディアの使命である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーは:http://www.melma.com/backnumber_53999 
メルマに入ったあと、左側上部の「登録する」ボックスをクリックし
て登録すれば記事は自動的に配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-18  
最終発行日:  
発行周期:月刊、不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/12/25

    極めて良い、優れている、と書きたいと思います。

    然り然りと同感、共鳴し、勇気づけられもします。

    ご主張を強く支持します。 半田

  • 名無しさん2012/12/25

    この意見は、是非LAタイムズに投稿してください。少しは気が晴れます。