AC通信

RSS

国際ニュース解説と評論記事



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. AC通信 No.643

    5/27

  2. AC通信 No.642

    5/19

  3. AC通信 No.641

    5/10

  4. AC通信 No.640

    5/7

  5. AC通信 No.639

    5/1

メルマガ情報

最終発行日:
2017-05-27
発行部数:
715
総発行部数:
317058
創刊日:
2001-12-18
発行周期:
月刊、不定期
Score!:
99点

最新のコメント

  1. 民主主義と二大政党制は緩慢な亡国に至るシステムだ、ということを実感しています。恐ろしいことです。

     2017/5/27 このコメントがついた記事>>

  2. 本質を突いた記事でした。邪悪、という言葉はヒラリー及び夫のクリントンと彼らを支持している中国共産党及び国際金融資本家勢力にあるおt思います。コメイ長官、頑張って欲しい。

     2017/5/7 このコメントがついた記事>>

  3. 共産主義隠れ蓑の民主党や メディアの策略にのっているようなトランプ批判だと思う。TPPは無国籍というか国際企業が各国の主権を奪うもので危険だ。台湾のためにアメリカが強くならなければいけない。 トランプを叩くメディアをどうしたらよいのか、そこを分析 提言してほしい。

     2017/5/1 このコメントがついた記事>>

  4. 輝かしい古代中国と未成熟半野蛮巨大現代中国。台湾と日本のみならず、世界の人々がどのように向き合うかに、困惑していると思います。国内国外の情勢に、予断を持たず、慎重な対応が必要です。ただ、民主主義陣営の盟主米国との友好深化だけは、絶対必要条件です。

     2017/3/21 このコメントがついた記事>>

  5. 228事件の真実が解明され、正当に処理・補償され、台湾の人々の深い傷が癒されることを祈っています。

     2017/2/28 このコメントがついた記事>>

  6. 愛読してます。取材申し込みはどちらからですか?

     2017/2/12 このコメントがついた記事>>

  7. ボルトン発言を国内メディアが無視するのは、シナの意向。殆どのメディアがシナに汚染されている恐るべき現実。こりゃ櫻井よしこさんが怒る訳だ。

     2017/1/31 このコメントがついた記事>>

  8. アメリカの弱体化は いったい 誰によって為されているのでしょうか??それと中国との関係は?

     2016/10/30 このコメントがついた記事>>

  9. 日本では、トランプが酷いので、そんなヒラリーでもトランプより ましだ、という金融関係者がいて、驚きます。

     2016/10/7 このコメントがついた記事>>

  10. 良いどころではなく国際政治を見据える立派で素晴らしい識見と、感服します。
    日本の外務省、政府、政治家たちに送ってください。
    半田俊夫

     2016/9/9 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24273人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

Andy(紅柿)

Andy(紅柿)

過去の発行記事