政治・経済

地域からの発信

「首都圏の田舎」千葉県四街道市の市会議員となった筆者(元新聞記者)が発言する。国政・国際レベルのニュースについて地域住民の視点での発言。「市民の手によるまちづくり」のための発言など。





全て表示する >

地域からの発信四街道のまちづくり・田中良太私案30

2005/06/27

 「四街道のまちづくり・田中良太私案」30
 第2章 区・自治会を生かすまちづくり 4
 私は市会議員に当選後、名刺には「地域に力を」と刷り込んで
います。「地域」というのは、国に対して四街道市ですが、四街
道市に対しては、私の住んでいる<みそら>となります。昨年2
月の市議選のさい、私はみそらの「地域代表」であることを鮮明
にして戦いました。ずっと「地域党」で一貫しているつもりです

 区・自治会を生かすまちづくりを展開するのですから、市役所
は当然、変わらなければなりません。
 いまの市役所は、国・県の方に顔を向けた組織になってきてい
ます。例えば環境経済部は、国の環境・農水・経済産業各省が担
当している業務を市のレベルで担当しています。都市部は国土交
通省の業務、健康福祉部は厚生労働省のうち旧厚生省の業務です
。教育委員会は文部科学省の業務です。
 同じ子ども向け施設でも、幼稚園は市教委が担当し、保育所は
健康福祉部が担当します。国のレベルで幼稚園は文科省、保育所
は厚労省となっている官僚の縄張り争いが、そのまま市の行政に
も持ち込まれています。
 これまで国は、補助金のシステムで自治体を縛り付けてきまし
た。市の仕事は補助金を受けて行う部分が大きく、組織を国と同
様の縦割りシステムにするこても、合理性があったといえます。
しかしいま国は三位一体改革と称して、どんどん補助金を削って
います。ですから、組織を国の省庁と同じ縦割りにする必要はな
くなりました。大胆な機構改革を断行して、市民本意の組織にす
るチャンスです。
 私の構想は、「市民のための行政」をになう組織として「市民
部」をつくり、そこに職員の半数程度を配置します。
 市民部には、まず地域課を置きます。市内には五つの中学校区
がありますから、中学校区ごとに担当者を置きます。そのほかに
、子ども課、高齢者課、婦人課、それに通勤者課など、市民の各
層を担当する課をつくります。
 市民部の職員の使命は、市民が市行政に何を求めているのか?
 市民のニーズ(要求)を把握することです。地域課の職員の仕
事は、担当地域の住民の話を聞くことです。この章で提案してい
る新たな自治組織・地区をはじめ、区・自治会の役員はもちろん
、一般住民とも対話を重ね、何に不自由しているのか、何を市に
求めているのか、しっかりと話を聞くことを基本にします。
 市民各層担当課の職員も同じことです。高齢者・婦人・通勤者
などと話し、そのニーズを掌握します。子ども課の職員は、市内
の子どもにどういう問題があり、市はどういう施策をしなければ
ならないのかを把握してもらいます。
 市民部以外には、事業部と総務部を置きます。事業部は健康福
祉・経済環境・都市の三部を統合したものです。総務部は、現在
の総合政策・総務・財政三部を統合したものです。人事や財政を
担当します。
 政策立案の流れは、まず市民部が、市民のニーズに応える施策
を提案します。事業部は、その施策が国や県の交付金・補助金を
利用できるかどうか検討します。交付金・補助金を利用できない
場合も含めて、最終的には総務部も含めた協議を行い、その施策
を実施するか否か決定します。こういう形で、市民のニーズを生
かした行政が実現することになります。
********************************************************
田中 良太
gebata@nifty.com
http://www.simin-ykd.com/
〒284-0023四街道市みそら4-5-4
TEL&FAX043-432-5501
********************************************************
 ご意見をお寄せ下さい。
 http://9009.teacup.com/ryotnk/bbs
 への書き込み、あるいは
 gebata@nifty.com
 へのメールで、
 お願いいたします。

 登録・解除は
 http://www.simin-ykd.com/
 から。

 バックナンバーも
 http://www.simin-ykd.com/
 で。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-03  
最終発行日:  
発行周期:おおむね週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。