政治・経済

地域からの発信

「首都圏の田舎」千葉県四街道市の市会議員となった筆者(元新聞記者)が発言する。国政・国際レベルのニュースについて地域住民の視点での発言。「市民の手によるまちづくり」のための発言など。





全て表示する >

地域からの発信 番外・メディアが見せたいじめの見本

2005/05/18

 地域からの発信 番外
 あさひかわ新聞05年5月17日付
「田中良太のニュースを読む」
 メディアが見せたいじめの手本
 新聞、テレビなど巨大メディアによるJR西日本叩きがすさま
じい。本州のJR三社の中で赤字ローカル線の比率が高い「西」
は、京阪神の都市部をアーバンネットワークと位置づけ、私鉄と
の競争に勝って「稼ぐ」路線をとった。その経営戦略をメディア
は、「旧国鉄の親方日の丸体質から脱皮した」とほめていたので
ある。事故を起こしたら、掌を返すように「安全無視だ」と叩く
。いまの子どもの世界は「弱みを見せた相手は徹底的に叩け」と
いういじめの論理が支配している。そのお手本となっているのが
、メディアだということが分かった。
 国鉄分割・民営化が成立し、JR各社が発足したのは一九八七
年。十年後の九七年五月十日、朝日新聞大阪本社版経済面に
 <目覚めた獅子 JR西日本民営化十年>
 という記事が載っている。その前文は
 <国鉄の分割・民営化で誕生して満十年を迎えたJR西日本の
経営は、「眠れる獅子(しし)が目を覚ました」と競合する私鉄
を驚かせる好業績の光と、先行きのさまたげとなる構造的な問題
のカゲが交錯する。山陽路を疾走する世界最速の新型「のぞみ」
に代表される輸送力の増強、サービスの向上による経営改善の軌
跡を追うと同時に、将来に重くのしかかる赤字ローカル線や、国
鉄の債務問題の行方を探る>
 となっている。
 記事の内容はおもに、山陽新幹線での「稼ぎ」が賞賛されてい
るのだが、アーバンネットワークについても、以下の記述がある


 <JR西日本は民営化後、京阪神地域の線区を「アーバンネッ
トワーク」と名付け、重点的に輸送力を増強してきた。阪神大震
災のあった九四年度に輸送人員こそ足踏みしたものの、収入につ
ながる輸送人員と輸送距離を乗じた輸送人キロは初年度に比べ四
五%伸び、鉄道収入に占める割合は山陽新幹線に迫る三八%に達
した。>
 そういう「稼ぎ」について問題点も提示している。
 <しかし、長期的には企業のリストラや少子化で通学・通勤の
利用者の増加が頭打ちとなるだけに、今後の収入増の柱が何にな
るのか、明確な見通しは立っていない。
 JR西日本の経常利益は、九六年三月期に五百六十六億円とな
り、民営化初年度の八八年三月期の約七倍になった。売上高も今
年三月期には、阪神大震災前の九四年三月期の九千三百七十六億
円を上回る見通しだ。こうした「好業績」の裏にひそむ構造的な
弱点を同社は抱えている。>
 これが記事の締めくくりとなっている。
 要するに「採算性」一色でまとめられた記事なのである。朝日
でさえこうなのだから、読売その他はどういう記事になっていた
か? テレビのニュースショー番組はどうなっていたか? 紙面
の都合で省略するが、ご推察いただきたい。
 こういう形でメディアがこぞってほめたたえるから、企業は安
全性を無視し、採算性だけで突っ走る。その「採算性一色」がダ
メというなら、メディアも同罪なのである。自分の罪は棚にあげ
て、JR西の責任ばかり追及するのはひどい。
 ゴルフやボウリングの大会、宴会など集団お楽しみが多いのに
は、驚かされた。しかしこれは労組が四つもあるという、複雑な
労務事情が背景にあるからだろう。おそらく労使協調路線の労組
員と管理職が顔を合わせる催しをできるだけ多くして、ぎすぎす
した雰囲気が職場を支配しないよう努力していたはずだ。
 事故後も中止・延期などしなかったのはおかしいが、「懇親が
仕事」という上からの指示があまりにも強烈だったのだろう。相
手の事情については、できるだけ配慮するのが上品というものだ

 自分の責任をまったく考えず、弱みを見せた相手の事情を配慮
することもなしに、ただただ下品な攻撃を続ける。これこそいじ
めの原点だろう。
 新聞の場合は、記者が事実を確認して記事化するのだから、ま
だ許せる。しかしテレビ芸人の場合、その事実確認の作業がない
ままに、「ひどいですね。JR西日本は」などと言えばすむ。お
そらくいじめは、子どもたちがテレビ芸人の真似をするところか
ら始まったのだろう。
 【寸評】▼イラクでまたまた日本人救出劇=こんどの「捕虜」
は元自衛官で、英国の「戦争会社」員。「日刊現代」が、「この
ケースこそ自己責任。戦闘で死ぬのは覚悟のうえではないのか」
という主旨の記事を掲載している。
 どうして日本のメディアは、「日本人」なら誰でも救おうとす
るのか? 「外人部隊でメシを食うような人は許せない」と言え
ないのはおかしい。
 ▼北朝鮮核開発=核燃料棒取り出しに成功したと当局が発表。
米国は偵察衛星で北朝鮮核施設を常時監視している。北朝鮮の核
開発が完成一歩手前の段階となったら、米国はミサイルを撃ち込
んで破壊するはずだ。
 いま米朝間でやっているのは、言葉だけの外交ゲーム。北朝鮮
の発表を「ウソだ」と否定しても、米国はトクしない。外交ゲー
ムで頑張っているという印象を米国民や諸外国に与えた方がメリ
ットが大きい。
 ところで日本政府も、北朝鮮監視のための偵察衛星を持ってい
る。政府の記者会見で「衛星から見て、北朝鮮発表は事実なのか
」という質問が、どうして出ないの? ウソだと分かっていても
、「核開発をめぐる緊張」を否定しない方が、メディアにとって
トクだから……というのが、私の推測。
********************************************************
田中 良太
gebata@nifty.com
http://www.simin-ykd.com/
〒284-0023四街道市みそら4-5-4
TEL&FAX043-432-5501
********************************************************
 ご意見をお寄せ下さい。
 http://9009.teacup.com/ryotnk/bbs
 への書き込み、あるいは
 gebata@nifty.com
 へのメールで、
 お願いいたします。

 登録・解除は
 http://www.simin-ykd.com/
 から。

 バックナンバーも
 http://www.simin-ykd.com/
 で。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-03  
最終発行日:  
発行周期:おおむね週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。