海外旅行

たびそら

旅写真家・三井昌志が送るビジュアル・メルマガ。等身大のアジアの表情を、美しい写真と旅情溢れる文章で綴ります。このメルマガから生まれた本は「アジアの瞳」「スマイルプラネット」をはじめとして6冊を数えます。

メルマガ情報

創刊日:2001-11-30  
最終発行日:2018-01-17  
発行周期:週1回  
Score!: 100 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

[ たびそら ] 想像力のスイッチを切る

2018/01/17


「インド・バラナシ撮影ツアー・第三弾」を2018年3月15日〜18日に行います。10名限定のツアーなのでお申し込みはお早めに。

2018年度の卓上カレンダーが完成しました。世界各地で撮影された風景、笑顔、働く姿が、ひと月ごとに入れ替わります。








ハッピー・ポンガル!

 1月14日は南インドの収穫祭ポンガルでした。屋外のかまどでサトウキビや牛乳、ココナッツなどで甘く煮たおかゆ(ポンガル)を作って、家族みんなで食べる行事。日本のお正月みたいなものです。学校も仕事もお休みで、子供たちはサトウキビを囓り、日々の恵みを太陽に感謝する一日。ハッピー・ポンガル!

 

india18-21881農家の家の前では小さなかまどと素焼きの壺を使ってポンガルを炊く。薪の煙が目にしみて辛そうだったが。

 

india18-21781ポンガルの日はサトウキビをそのまま囓る習わし。収穫したばかりのサトウキビは、みずみずしくて甘い。

 

india18-21873家の前には色粉を使って描く「コーラム」が。サトウキビとポンガルと花の模様が描かれている。

 

南インドの食べ物


IMG_5670南インドを代表するティフィン(軽食)といえば何といってもドーサ。大きなバナナの葉っぱに盛り付けられたドーサは、米粉を発酵させた少し酸味のある生地が最高に美味い。僕は何も入れない「プレーン・ドーサ」がお気に入り。ドーサの持ち味であるパリパリ感を堪能できるからだ。

 

IMG_5671タミルナドゥはコーヒー豆を栽培しているので、インスタントではない本格コーヒーが気軽に飲める。熱々のミルクコーヒーを受け皿にこぼしながら冷まして飲むのがタミル流。

 

india18-19156

タミルナドゥのチャイは、ミルクを高く持ち上げて豪快に泡を立てながら紅茶と混ぜて作る。いつ見ても見事な職人芸。この所作を見てるだけでチャイがうまそうに感じるから不思議だ。

 

india18-15992ミールスは南インドの定食。各種の野菜カレー、酸味のきいたスープ・サンバル、ヨーグルトやスイーツなどの小皿が付き、ご飯はお代わり自由で好きなだけ食べられる。国道沿いのオシャレ系レストランで食べたミールスは、給仕係がご飯にきな粉のような粉末とギー(精製バター)をかけてくれた。ギーをかけるとコクが出てうまくなるんだとか。

 

IMG_5608このレストランでは、食事が終わると「フィードバックを書いてくれ」と黒板を渡された。「おいしかった」と書いて渡したら喜んでいた。素朴な感じの黒板が良かった。

 

IMG_5597ミールスはお代わり自由なので、隙あらばライスを持った給仕係が「もっと食え食え」と皿に盛ろうとする。僕は滅多にお代わりをしない。40を過ぎてそんなに炭水化物ばっかり食べていたら太っちゃうしね。そう、だからインド人の男たちは腹が出ている人が多いのだ。明らかに糖質の取りすぎ。

 

india18-21399ビリヤーニは当たり外れの多い料理だと思う。これはハズレだった。完全なハズレだった。まったく何の味もしなかったのだ。ご飯の甘みも、鶏肉のうまみも、塩辛さもまったくない。自分が味覚障害になったのかと思ったほどだ。ただトウガラシのホットな刺激だけが口に広がるだけ。熱いスプーンを口の中に入れられた感じ。ただの無味ではない、暴力的な無味なのだ。どうやったらこんな料理を作れるのか、聞きたいぐらいだった。
この味のしないビリヤーニは70ルピーだった。食堂の主人に文句を言ってやろうと思ったら、向こうが先に「味はいかがでしたか?」と満面の笑みで聞いてきたから、つい「グッド」と答えてしまった。さすがに本人に正面切って「マズい」とは言えない。でも本人のためにも正直に言うべきだったのだろうか?

 

IMG_5687別の町で食べたチキンビリヤーニは一口食べた瞬間「うまい!」と立ち上がりそうになった。肉のうまみとトマトの酸味が絡み合ったご飯。上からかけるサンバルにも野菜のうまみが凝縮されている。トウガラシは隠し味程度に抑えられ、素材の持ち味を殺さない。こうして前回の「味のないビリヤーニ」のリベンジは果たされたのだった。

 

india18-19954ムスリム経営の店で食べたビーフ・ビリヤーニ。ヒンドゥー教徒は絶対に牛肉を食べないが、イスラム教徒が多い地域ではビーフを出す店もある。牛肉がホロホロで柔らかくてうまかった。しかも40ルピー(70円)という安さだ。牛のモツカレー(30ルピー)も絶品。狭い店だが、いつも男たちで混み合っている。うまい、安い、早い。三拍子揃ったインドの吉野家だ。

 

想像力のスイッチを切る


IMG_5686屋台で売っていたフルーツ盛り合わせ。パパイヤとスイカとパイナップル。みずみずしくて美味い。20ルピー。3種を一度に味わえる。こういうひと工夫が他の店との違いを生む。

なんてことをツイートしたところ「ハエが媒介する感染症が怖くないですか?」という声が。確かにハエはものすごくたかっている。でも、ハエが媒介する病気のことまで気にしていたら、インドで飯は食えない。牛のウンチを気にしていたら街を歩けないのと同じように。インドを気分良く旅するためには「余計なことは気にしない」ってことが必要です。「しゃーない。ここはインドなんだもん」ってことですね。

路上でチャパティを焼いていた男が、手が滑ってチャパティを道に落としてしまい、それを何食わぬ顔で「焼きたてチャパティ」の上に積み重ねているのを見たときから、僕はインドの食べ物の衛生面に関して何も考えないことにしています。余計な想像力は働かせない。考え出したらキリがないから。

考えてどうにかなることなら僕も考えますが、インドって「考えてもどうにもならないこと」が多すぎますよね。「最悪のケースを想定して予め手を打っておく」というきわめて日本人的な対処法が通用しない。だから「ま、なるようになるだろう」というインド人的価値観に染まっていくんだと思います。

そりゃ日本だったら、たとえば缶詰に虫が入っていたらメーカーにクレーム入れて、何万個も回収させるのもアリだと思います。でも、ここはインドだ。虫やホコリや牛のウンチやなんやらを気にしていたら生きていけない。インド人はこの環境で元気に暮らしているんだから、たぶん大丈夫ですよ。

甘いものにアリやハエがたかるのはごく自然なこと。あまり気持ちのいいもんじゃありませんが。ハエがいない日本の都市の方が(自然界から見れば)きわめて特殊な環境なのだと思います。

「想像力のスイッチを切る」というのは、インドを旅する人にとってもっとも必要なことです。不安や恐怖というのは、現実そのものよりも想像によって肥大化していくものだから。目の前の現実に対処し、あるがままを受け入れていけば、インドは全然怖くない。本当です。

 

india17-56458インドの街角で山羊の内臓を売る男。新鮮なモツには当然のごとく大量のハエがたかってくるので、はたきのような棒を振って追い払っている。インドらしい光景だ。

 

写真家・三井昌志の9冊目の著作『渋イケメンの世界』が雷鳥社から発売されました。2年前に出版し、好評をいただいた『渋イケメンの国』の続編となる写真集です。
「目力が強く」「モテることを意識せず」「加齢を恐れない」渋すぎるイケメンたちが多数登場。汗と埃にまみれて働く男たちの一瞬の輝きを捉えました。

・出版元:雷鳥社 ・定価:1600円(税別) ・A5判変型 ・160p

ご注文は「たびそら通販部」からどうぞ。新作ポストカード3枚と著者サインも付けてお届けします。

 



















最新の旅日記はツイッターブログで更新中です











写真家。1974年、京都市生まれ。東京都在住。
機械メーカーでエンジニアとして2年間働いた後退社し、2001年にユーラシア大陸一周の旅に出る。帰国後ホームページ「たびそら」を立ち上げ、写真集「アジアの瞳」を出版。以後、写真家と してアジアを中心に旅と撮影を続けながら、執筆や講演などを行う。これまでに出版した著作は8冊。 (→更に詳しく)










・「たびそら」ホームページは → http://tabisora.com/
・ 購読の解除・メールアドレスの変更は → http://www.tabisora.com/travel/mailmag-kaijo.html
・ このマガジンに対するご意見ご感想は → masa@tabisora.com

・ 当メルマガに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
  Copyright (C) Masashi Mitsui. All Rights Reserved.