海外旅行

たびそら

旅写真家・三井昌志が送るビジュアル・メルマガ。等身大のアジアの表情を、美しい写真と旅情溢れる文章で綴ります。このメルマガから生まれた本は「アジアの瞳」「スマイルプラネット」をはじめとして6冊を数えます。

メルマガ情報

創刊日:2001-11-30  
最終発行日:2019-05-23  
発行周期:週1回  
Score!: 100 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

[ たびそら ] インドの新感覚スイーツ「冷凍トマト」とは?

2019/05/23


年に一度の特別なトークライブ「三井昌志・帰国報告会」を全国4都市で開催します。旅写真のノウハウや心構えを伝授する「写真教室」も併せて開催します。
渋谷(6月2日) 福岡(6月16日) 名古屋(6月22日) 大阪(6月23日)







新感覚スイーツ「冷凍トマト」とは?

 インド西部グジャラート州で流行中の新感覚スイーツが「冷凍トマト」だ。コチコチに凍らせたトマトを輪切りにして、塩とマサラ粉を振りかけた上からかき氷シロップをかける(!)という複雑すぎる食べ物だ。味はご想像にお任せします。実際に食べてみたくなったらグジャラート州へGO!

 

india19-55224冷凍トマトは、古新聞や誰かが使った後の計算用紙とかに包んで売られている。エコなのかもしれないが、インクの味が移りそうなのが気になる。

 

india19-33672インドの軽食を代表するのがサモサ。揚げたてで、皮が薄くてパリパリのサモサを見つけると嬉しくなります。この三角のフォルムもいいですよね。甘いチャイと一緒にどうぞ。

 

india19-33718インド中部マハラシュトラ州の屋台で売られていた揚げ物三品。左にサモサ、真ん中の丸いのはカチョリ。右のカスタパプリはサクサクの具なしサモサだ。いずれも小麦粉とジャガイモを油で揚げたものなのでカロリーは高く、こういうものを朝からもりもり食べているインド人のお腹が出てくるのは当然だ。

 

india19-37658今日のランチはマトンのひき肉団子を揚げたものをパンにはさんだ「ケバブ・パオ」。なんと1個5ルピー(8円)という激安屋台グルメだが、予想を裏切る美味さだった。肉団子の肉汁と油がパンに染みこんで、ハンバーガーを食べているような満足感。さすがはムスリム街の人気屋台だ。

 

india19-41785今日の朝食はミッサル。ベビースターラーメンのような揚げた麺に、豆や刻んだタマネギを入れ、マサラ汁をかけて、レモンを搾った上にヨーグルトをのせる。健康に良さそうでもあり、ジャンクフードのようでもある。ヨーグルトの酸味で、後味がさっぱりしている。20ルピー(32円)。

 

india19-41788小腹が空いたときに、パンの天ぷら(パオラ)はいかが? 何の変哲もない丸いパンに衣をつけて揚げるだけで、あら不思議。すごく美味くなるんです。付け合わせの青トウガラシの揚げ物を囓りながら食べるとより刺激的です。

 

india19-79779庶民に大人気のスナック「ナムキーン」は、小麦粉を練った生地を穴の空いたフライパン状の型で押し出して、油で揚げて作る。香ばしい油の風味が後を引くが、食べ過ぎには要注意だ。

 

 

india19-26901ジャレビは小麦粉の生地を油に直接落として揚げたものを甘いシロップにつけ込んだ、インド伝統のスイーツだ。インドのお菓子はだいたい甘いが、ジャレビの甘さはその中でも別格だ。

 

india19-22435
ジャレビを作る職人のお腹がほぼ全員ぽっこりと出ているのは、決して偶然ではない。見るからにカロリー高そうだもんね。

 

IMG_6857オシャレなドーサ専門店で、チーズドーサを食べる。紙のように薄くクリスピーに焼かれた絶品だ。やっぱりドーサは薄さとパリパリ感が命だよね。チーズの濃厚さが後を引くが、お腹にまったくたまらないのが難点だ。115ルピー(180円)とかなり高価だが、その価値はある。

 

 

india19-50146インドではもちろん毎日が「カレーの日」なわけですが、今日食べたパンジャビターリーは絶品でした。パニールマサラは辛すぎず、しかも濃厚な後味。バターを塗ったタンドリーロティも、ダール(豆スープ)をかけて食べるジーラライスも美味かった。これで110ルピー(180円)はお値打ち!



















最新の旅日記はツイッターブログで更新中です









渋イケメンの世界  2年前に出版した『渋イケメンの国』の続編がついに出版。
 今回も「目力が強く」「モテることを意識せず」「加齢を恐れない」渋すぎるイケメンたちが多数登場します。汗と埃にまみれて働く男たちの一瞬の輝きを捉えました。














写真家。1974年、京都市生まれ。東京都在住。
アジアの辺境をバイクで旅しながら「笑顔」と「働く人」をテーマに写真を撮り続けている。2019年には7度目のインド一周バイク旅を敢行。出版した著作は「渋イケメンの世界」(雷鳥社)など9冊。日経ナショジオ写真賞2018グランプリ受賞。 (→更に詳しく)










・「たびそら」ホームページは → http://tabisora.com/
・ 購読の解除・メールアドレスの変更は → http://www.tabisora.com/travel/mailmag-kaijo.html
・ このマガジンに対するご意見ご感想は → masa@tabisora.com

・ 当メルマガに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
  Copyright (C) Masashi Mitsui. All Rights Reserved.




最新のコメント

  • silas2008-08-31 23:56:33

    猿がめちゃめちゃかわいいですね

    癒されます!

  • ヤマモト タカユキ2007-04-15 17:00:51

    写真好きで大学の写真サークルに所属しているものです。

    ブログのほう見させていただきました。

    大変感銘を受けました。いつか自分も世界中の人物や風景を撮ってみたいなと思っていたので。

    子供の顔がとても生き生きしていて良かったです。

    あ、あと記事を読んでいてびっくりしたのですが、EOS-20Dを譲るとのことでしたが、すでに譲られてしまったでしょうか?

    自分も今、新しいカメラを探していた最中でしたのでちょっと気になりました。



    宜しくお願いします。