口コミ

くーみん・ハルコの食べ食べ旅日記

「テンポのよい2人の掛け合いがオモシロイ」「あるある!って思わず笑っちゃう」と大好評!有名店からお土産、食材まで幅広ーく楽しめる。食いしんぼうの2のウマイもの食べまくり・しゃべりまくりマガジン。

全て表示する >

くーみん・ハルコの食べ食べ旅日記

2001/12/28


      ○   。       ○ ○  。
 ○ 。 ○     ○ 。 ○          ○ ○ 
 ● ● ● くーみん・ハルコの食べ食べ旅日記 ● ● ●  
。 ○ ○           。 ○ 。    ○ 。 ○ 
     。   ○             ○
             =5=          01.12.28
                            
===============================
      。●。そば屋でカステラ??? 。●。
===============================
kuming: アッちゅー間に年末だわっ。1年って早すぎ!
haruko: 1年を締めくくる食べ物といえば、やっぱ「年越しそば」だよね。
kuming: 「年越しそば」っていつ食べるのが正式なの?夕食の時?夜中?
haruko: 昼の年。夕食の年。夜食の年。いろいろあってわからん。
kuming: 大晦日ならいつでもいいわけ?ちなみにウチは毎年夕食派です。
  
kuming: ワタシ、子供の頃 暖かいそばが食べれなくて。
            ざるそばは大好きだったけど。
     ウチは暖かい「年越しそば」だったので、ひとり
            「年越しうどん」を食べていたの。
haruko: なんかわかるー。
    ワタシは子供の頃、外でチチハハが「蕎麦でも食べようか。」と誘ったら、
    「やだ。もっと、楽しいものが食べたい。」と断っていたらしい。
kuming: 子供にはつまらん食べ物なのね、そば。
    「そば好き」はオトナの証明か。
    でも、ワタシたちのアイドル  タクミ(9歳)はそば好きオトコ。
        シブいわ、タクミ(9歳)LOVE!
    ちなみに、今ワタシが住んでいる松山(愛媛県よ)のそばは
            「信州そば」です。
haruko: なんでー??ぜんっぜん信州じゃないじゃん!
kuming: だって、信州そばなんだもん。
haruko: 「蟹」と名乗ってカニじゃなかったり、
            「信州」と名乗って松山だったり、まったく。
kuming: タラバ蟹は、カニではなく、実はヤドカリの仲間ー!だから足は6本。
haruko: その事実を知った瞬間、ワタクシのタラバへの情熱は泡と消えたのでした。
kuming: カニだけにね。
haruko: 偽りだわ、名称詐称。訴えてやるー!
kuming: タラバ蟹を?

haruko: 去年、アナタが住んでいた松江(島根県ね)で 
            本場の「出雲そば」食べたよね。
kuming: 『中国山地 蕎麦工房 ふなつ』というお店を目指して
               バスに乗ったんだけど、
    私のダメダメナビのおかげで、ひとつ先の停留所まで行っちゃった。
haruko: 行っちゃった。暑かった。
    8月の炎天下を「み、水〜」ならぬ「そ、そば〜」とうめきながら、
    歩いて引き返したよねー。
kuming: ・・・ホントすみません。

haruko: ここのそばって、太めで田舎風で、黒っぽいボツボツがあったよね。
kuming: そう。地元産の玄丹そばを甘皮ごと石臼で挽いてるから、
            見た目ワイルドです。
    「挽きぐるみ」っていうの。しかも、つなぎなしの「生粉打ち」だって。  
haruko: そーか。つなぎなしだから、ブツブツ切れるかんじだったのね。
    ナチュラルっぽいよね。
kuming: ツルツルって喉越しを楽しむのではなく、
            噛みしめて味わうソバなんだよね。
haruko: ワタシ達が食べたのは、
            出雲そばの代表アイテム『割子(わりご)そば』¥600。
    そばが丸い3段重ねの器(割子)に入ってるのよね。
    薬味(青ねぎ・もみじおろし・海苔・削り節)をトッピングして、
    そばだしをかけていただきます。
    いろいろ少しずつ好きのワタシとしてはウーレシー♪
kuming: 『ふなつ』では、サクっと揚げた一口サイズのそばがきが添えられます。
            これがまた美味!
    そばぜんざいもついてました。あー、また食べたい!
    松江には、他にも美味しい出雲そばのお店がいっぱいあるよー。

kuming: でも、ざるそば好き女のワタクシ、数年前に出雲そばを
            初めて食べたときには、ざらざらしたそばと、ざるに付き物の
            わさびがないことに軽いショックを受けたものでした。
haruko: ウチは、ざるにわさびが付き物ではなかったので、
            すんなり受け入れられました。
kuming: ざるそば、ナニで食べてたの?
haruko: 素。
kuming: さすが、ハハ。
haruko: つゆのみ。刺激物シャットアウト!
kuming: 子供のためにはヨロシ。ウチなんか、刺激物だらけだったんだわー。
haruko: どんな?
kuming: ちいさい頃から、七味唐辛子とか、からしとか、山椒とかー、なんでも。
haruko: 美味しいじゃんねー。ハハは今でも刺激物シャットアウト。
            娘が激辛女王になるとも知らず。
kuming: ハハの努力、実を結ばず・・・トホホ。


haruko: そば屋では、隅っこの席で酒飲まなきゃだめよ。
kuming: キャッ! 憧れの「そば屋でだし巻きと板わさつまみながら、
            昼間っから一杯」。それ絶対やろう、東京で。
haruko: 東京っていえば、『神田藪蕎麦(かんだやぶそば)』行ったねー。
    藪蕎麦系の総本家。旅人気分になれる雰囲気が好き。
kuming: 店に入った時の「ぃらっしゃーーい」と、調理場に注文を通すときの、
            語尾を延ばして歌うような独特の言い方を聞きたいがためにね。
    なんともいえないフシギな感じ。
            あれは、女将だけがやるらしいね、伝統で。
    これこれ。↓ よかったらみなさんも聞いてみてね。
      http://www.norenkai.net/nonflash/edo/kandayabusoba.html#

haruko: ここのそばは、そば粉10:つなぎ1の「外一」っていうらしい。
    そばの実の上皮を剥き、青っぽい甘皮ぐるみで挽いてるから、
        そばがほんのり緑色なんだって。
kuming: 「せいろそば」¥600を食べました。味はごくフツーだったよね、
        淡白で。 
haruko: それに、量が少なすぎー!おかげでそのあと『神田近江屋洋菓子店』の
        ケーキバイキング楽勝だったわ。
kuming: そうだった、そば3口で終わった。一緒にカステラも食べたよね。
haruko: 食べた!プレーンなのとお抹茶味のがあった、¥250だった。
kuming: っていうか、なんで、そば屋でカステラ?
haruko: そば粉を使って菓子を作ろうとしたらカステラになったのでは?
kuming: おぉ、なるほどー。
haruko: すぐ近所にもう一軒そば屋あったよね。
kuming: 『神田まつや』だね。ここも訪れたい老舗。

haruko: そういえば、何年も前から行きたいと思い続けてるそば屋があるの。
        田無の『ほしの』。 
kuming: 田無って、名前変わったでしょ。保谷と合併して。
haruko: そうだ、西東京市になったんだ!
kuming: ワタシたちの仲良し、花ぴー(♂)のご実家があるので覚えてました。

haruko: 今、『ほしの』のデータ見てるの。う〜ん、すごいこだわり!
     ・契約農家の有機栽培を自家製粉。
     ・そば粉のみで打ったそばは細めでコシあり、のどごし抜群!
     ・つゆにはアルカリイオン水、本かつお節のみ焼いて削る。
kuming: ウマそー!
haruko: 全長35cmのエビ天がのった天もりが名物だって。
kuming: 高そー!
haruko: 天もり¥2,300− おろし&かもせいろ¥1,000−
kuming: 高っ!!
haruko: 静かに食事できない子供&煙草お断り。
kuming: いいぞー!風紀が保たれて。
haruko: 夜は予約宴会あり。風紀委員だった?
kuming: いや。やったことないよ。
     なんでそば屋で宴会するのさー、それは必要なし!
haruko: 星野とも子が作ってるのね。もしおばあちゃんだったらヤバイ!
        早く行かなきゃ。
kuming
 and  : 花ぴー、『ほしの』に連れてってー!!
haruko

========= 今回の食べ食べリスト =============

『中国山地蕎麦工房 ふなつ』 松江市外中原町117-6
                         TEL 0852-22-2361
『神田藪蕎麦』       千代田区神田淡路町2-10 
                         TEL 03-3251-0287

==================================
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。
来年も、くーみん・ハルコの食べ食べ旅日記をどうぞよろしくお願いいたします。
それでは、みなさまよいお年をー。
                          =くーみん・ハルコ=

       。●。年末特別ふろく。●。  
                    
 ****** ハルコの「そば屋・いろいろ」 ******
◆ほしの
 0424−67−0654
 西東京市西原町5−4−19
 是非行きたいけど駅からも遠い場所なのよねー。
 看板もなく、知る人ぞ知る女店主が打つ蕎麦屋だって。
◆出雲そば本家
 03−3291−3005
 千代田区神田神保町1−51
 いろんな薬味で一杯ずついただけるので、
 「いろいろ少しずつ好き」のハルコとしては、ウレシー♪タノシー♪
◆安曇野
 03−3795−3402
 世田谷区太子堂4−20−24
 人気店。こしがあって美味いけど、少なくて高い。
◆本むら庵
 03−3401−0844
 港区六本木7−14−18
 蕎麦の味を楽しむために、つなぎはほとんど入れてない。
 美味いけど少なくて高い。
 荻窪にもお店があるよ。
◆田村正和御用達とウワサの店(成城6丁目)
 データがみつからないー。
 看板もなくて、フツーの一軒家みたいなの。
 広めの座敷で雰囲気良いけど、からめで高かったな。
◆上杉
 0422−42−0521
 武蔵野市御殿山1−3−7
 一茶庵系の蕎麦屋、だって。
 さらしな・田舎・せいろを組み合わせた「三色そば」がウレシー♪
◆よし田
 03−5371−0526
 中央区銀座7−7−8
 名物コロッケそばは、明治時代に考案されたハイカラな一品。
 コロッケといっても、鳥の挽肉にやまといもと卵を混ぜ合わせて揚げたもので、
 揚げしんじょうのような歯ごたえ。この店のオリジナル。
 関東っぽいカンジだったわ。
◆泰明庵
 03−3571−0840
 中央区銀座6−3−14
 やっぱ関東風からめ。なんかまとまりがなかったカンジ。
 人気のかき揚げは、タマネギとイカ使用。
 蕎麦屋になる前は魚屋だったので、イカの秘伝の下ごしらえをしてるとか。


よく本で見てて、前々から行きたいと思ってるそば屋は
●一番町吉田 03−3234−9948
       千代田区一番町15−15
●吉法師   03−3794−5253
       目黒区碑文谷4−2−3

そばは、コシがあるのがスキ!
でも全体的に、美味くても少なくて高い店が多いのよねー。
盛岡に「わんこそば」食べに行きたいなー。たのしそー♪


     。●。年越しそばのご参考にいかが?。●。

  ******発行/編集 くーみん・ハルコ******


==================================
 ◆◆◆ 前回『クリスマスの思い出』に関して、読者の方から
     こんなお便りをいただきましたので、ご紹介します。 ◆◆◆

  あれは小学校2年のイヴの夜。
  明日はサンタさんがプレゼントを枕もとに置いてくれるという両親の言葉を信じ
  床についた純真な私。でも、ワクワクドキドキしてなかなか眠れませんでした。
  1時間もたったでしょうか、子供部屋の戸がそっと開きました。
  ヤバイ!サンタかも、と慌てて目をつぶりました。
  枕もとに何かを置き、去っていく足音、思わず薄目をあけて見たものは……
  太った母の後ろ姿でした。
                    by クリスマス生まれのにーちゃん

  *** にーちゃんさん、どうもありがとうございました! ***

===================================
●ご意見・ご感想は   tabetabe@abox9.so-net.ne.jp

 皆さんの『おそばの思い出』聞かせてねー。
 『オイシイ♪情報 』もお待ちしてます。     次回もお楽しみに。
==================================
バックナンバーはこちらから 
 『melma!』  http://www.melma.com/mag/34/m00052534/                     
==================================

●本メールマガジンは知り合いの方への転送大歓迎です!
 ぜひお友達にご紹介ください。その際は全文での転送をお願いいたします。

==================================
        オイシー♪タノシー♪メルマガ発行
    ○●○「くーみん・ハルコの食べ食べ旅日記」○●○
http://www18.u-page.so-net.ne.jp/fb4/haruko/1107/tabetabe.index.html

==================================
登録・解除はこちらから

●配信のご協力● 
 『melma!』       http://www.melma.com/
 
---------------------------------------------------------------------










規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-23  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。