名言

ビジネスドキュメンテーション「金言」

ビジネスシーンでの指示事項、顧客に指摘されたこと、感動したこと、失望させられたことなどを金言として紹介。清濁あわせ呑む中で、抱える課題を成功事例へと導く知恵を感じる価値ある情報の提供を目指します。

全て表示する >

金言−897:懐かしいSHOE DOG

2019/01/13

--------------------------------------------------------------------------
金言−897:懐かしいSHOE DOG
--------------------------------------------------------------------------
皆さんより、1年遅れでベストセラーに触れました。
ドイツのNO2が香港資本に買収され、世界のNO1がNIKEに首位の座を奪われる直前の
暗黒時代に欧州で働いていました。当時NO1であったHerzogenaurachでの出来事を
懐かしく思い出させてくれました。オレゴン州ポートランドのナイキキャンパスに
は一度だけ誰かに会いに訪れたことがあります。神戸のタイガーとの確執は聞いて
いましたが、ロッキードのNIが肩入れしていたとは知りませんでした。主要な日本
のビジネスパートナーがCIだったからかもしれません。

創業者の自叙伝は、成功物語でありますが勝者の歴史とは少し違います。
勝者が編纂する歴史は現在を正当化するために編纂されるのが世の中の定説です。
第一線を離れた創業者はいい思い出辛い思い出、清濁合わせ呑んで個人史を描いて
いるかもしれません。現在の勝者が記録に残すほどの価値を認めない些細な出来事
ややり取りの中に、創業者の美学を垣間見ることができると考えます。

第三者の意訳を少しでも取り除いて、本人が伝えたい懐かしさに自分なりに触れる
には、やはり原書でしょう。ペーパーバックは、学生時代に中央線三鷹駅からバス
に乗って正門で降り滑走路のような直線道路を通ってロータリーの右手に広がる芝
生で、よく読んでいました。この本に触発されてまた読もうかと一瞬思いました。
入学当時はチャペル前のロータリーにバス停がありました、バスに乗ればキャンパ
スにだれでも入ることができました。検問所もなく、市民に公共バスの営業時間帯
は公開されていたわけです。同時期、米国ではガレージからパソコンやインターネ
ットが始まり、スポーツ用品市場ではナイロンアッパーのランニングシューズ、そ
してアウトソールにエアがはいったバスケットボールシューズが世界一の座を狙っ
ていました。

修羅場を生き残ってきた人たちにとっては、古き良き時代の出来事であります。
--------------------------------------------------------------------------
次号は2019年1月20日発行です。
--------------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-18  
最終発行日:  
発行周期:毎週日曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。