企業

県トラメールマガジン

県トラメールマガジンは物流業に関する話題や社内で起こった身近な出来事を感じたまま皆様にお伝えします。《コンサルかもちゃん》のコラムや,《あっ!言っちゃった》のコーナーは読み応え十分!

全て表示する >

県トラメールマガジン80

2005/04/25



    □
   ■□ 県トラメールマガジン 第80号
  ■□■ 
 ■□■□                           2005年 4月26日 
 _______________________________

     ★毎日更新の空車、荷物情報です。是非、ご利用ください。★
     ★     → http://www.kentora.co.jp/kusya.htm          ★  
  _______________________________
  
   物┃流┃改┃善┃セ┃ミ┃ナ┃−┃終┃了┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
   先日、ご案内致しました、物流改善セミナーが4月20日(水)
   に行われました。おかげさまで、多くのメーカー企業様にご参加
   頂き、ありがとうございました。
 _______________________________
   
     ■JIT手法を取り入れた、生産性の高い物流センターを  ■
     ■是非ご覧下さい!!                                  ■
                             
     ★見どころ★
         1、「5S」、「見える化」による倉庫管理
         2、生産進捗板による生産性管理            など他多数
                                             
     物流センター見学申し込み受付中!!
      お問い合わせはこちらまで → info@kentora.co.jp
                                  担当:鴨島(カモシマ)
 _______________________________

 ■■物流の実態が明らかに!!コストダウンは確実です!!■■
  物流プレ診断はこちら
   → http://www.kentora.co.jp/consulting.htm  
 _______________________________
 
  ■■富山県トラックはこんな会社です。■■
  社員紹介はこちら 
   → http://www.kentora.co.jp/syoukai-top.htm
 _______________________________

 ■■サービスメニューを更新しました!!■■
  新サービスメニューはこちら
   → http://www.kentora.co.jp/servicetop.htm
 ================================================================
  ■目次■
  ▼あっ!言っちゃった
      
        物流コストの削減とアウトソーシング      ・・・勝尾訓雄 

        新入社員が入社して                      ・・・田原淳

    ▼コンサルかもちゃんの物流コラム
     〜セミナー開催〜 コンサルかもちゃん

 ====本文========================================================
 ◆◆あっ!言っちゃった◆◆

  ■物流コストの削減とアウトソーシング■     勝尾訓雄               
     
    物流部門のコスト削減には大きく2種類の方法が存在しています。

     1.自社物流費の削減
     2.支払物流費の削減 です。

    それぞれの企業様にて、独自の改善活動を行っていると思いますが、
    コストを削減していきながらもなかなか縮まらないムダがあります。

    それは作業変動による物流部門の生産性のバラツキです。

    現場の改善を進めてコストが減少するということは、現場の人員が減少
    できる事や、今まで残業が耐えなかったものがなくなってくることです。
    または、今以上の作業量を同じ時間内に行うことが出来るようになる
    ことです。

    しかし、多くの企業では、出荷作業量が一定であるということは少ない
    のではないでしょうか。

    決められた人員で現場作業を行っていると、作業量の変動によりコストの
    上昇が発生してしまうと私は考えます。

    作業が多く、残業が発生してしまうような日には、残業分の余分なコスト
    が発生します。また、作業量が少ない日には、生産性が伸びません。
    このような作業の連続では高コストとなる部分が累積していくのです。

    月間を通してや年間を通しての平均値ではこのムダは出てきません。
    過ぎた時間はその後の作業で挽回することは出来ないのです。

    これらのムダを削減していく方法として、作業の出来高に対して課金
    できるアウトソーシングが好都合なのではないでしょうか。

    外部に漏れるお金と考えずに、無駄を排除していくための支払と考えれば、
    決してコストの増加に繋がることは無いと考えます。

    アウトソーシングを行った後の改善は、専門であるアウトソーシング先
    の企業と協働ですすめていけば良いのです。

    削減できるコストと出来ないコスト。しっかりと見極めて隠れたコスト
    の削減を進めて行きたいですね。

     ★勝尾訓雄(かつおのりお)

  富山県トラック株式会社 運輸課営業係所属 物流技術管理士
  商品管理の経験を生かしお客様からお預かりしている商品の入出
  庫管理、在庫管理業務や、作業改善によるコストダウンを得意と
  する。現在はそのノウハウを活かして提案型営業を展開中。
  個人の趣味としてアイスホッケーをやっており、富山県内の高校
  生の指導も行っている。

  ================================================================
  ■新入社員が入社して■                       田原淳                         
     
    今年も4月に入り、弊社にも新入社員が入社しました。

    男性4名、女性2名が入社し、私の所属する運輸1課に女性2名が
    配属されました。

    非常に元気が良く、事務所の雰囲気も明るくなり、新年度が気持ち
    良くスタートできました。

    私が運輸課に配属されてからは、初めての新入社員です。最初は、
    荷主様の荷物の積付けを計算して、適正な車種を割り当てる配車
    業務を担当しています。

    まだまだ、お客様の品物がわからないながらも、私に質問に来たり、
    時には、現場に行って積込の様子を写真に撮ったりと、懸命に業務
    に取り組んでいます。
   
    私が、入社して今年の4月から6年目に入りますが、このような
    新入社員の姿勢を見ると、まだまだわからない事が多く、現場から
    学ぶことが多いと感じます。

    弊社の社長からは「もっと現場を見て来い」とよく言われます。

    弊社の今年のキーワードは「原点回帰」です。新入社員の頃の気持ち
    を思い出し、初心に返って業務に取組みたいと思います。

     ★田原淳(たはらじゅん)

  富山県トラック株式会社 品質管理室・運輸部運輸1課営業係
  入社以来様々な現場を体験し、実践を通じて物流業界の「いろは」
  を勉強中である。
  
  ================================================================
   ■コンサルかもちゃんの物流コラム■
     
    セミナー開催

    先日4月20日(水)に、弊社主催の第6回“物流改善セミナー”を
    開催致しました。20社より30名の方々の参加を頂き無事終了する
    事が出来ました。参加下さった方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

    今回は、ロジスティクスのコンサルタントではトップクラスの
    ?船井総合研究所の青野様を講師にお招きし、弊社での改善事例と
    合わせて皆様にお伝えいたしました。

    物流コスト削減のポイントや改善の進め方、お客様に対する改善事例
    など広範囲に及ぶ内容であり、参加された方々より「非常に参考なった」
    「改善のポントが掴めた」などの感想を頂きました。

    開催回数を重ねる度に参加下さる企業数や人数も多くなり、物流への
    注目度も高まっているのではと感じました。物流は第3の利潤源と
    言われて久しいですが、改めて物流の重要性も感じております。

    ?船井総合研究所 ⇒ http://www.funaisoken.co.jp/

  ================================================================
  ■■■物流プレ診断のお知らせ■■■
 
  当社では提案型営業として「物流プレ診断」を実施しております。
  当社で培ったノウハウを用い経験豊かな社員が、物流部門でお悩みの
  企業様に物流改善のお手伝いをさせて頂いております。

  一度当社の「物流プレ診断」を実施してみませんか?きっとあなたの
  お役に立つ事間違いありません。

  お問い合わせ ⇒ info@kentora.co.jp 
  
  ================================================================

  ★コンサルかもちゃんの物流コラムが読める★
  バックナンバーはこちらから
   → http://www.kentora.co.jp/melmaga.htm
   
 ================================================================
 ■発行元:富山県トラック株式会社
      http://www.kentora.co.jp
 ■連絡先:info@kentora.co.jp 担当:田原 淳
 ================================================================
 ■あとがき■
  先日、社内で花見を行いました。例年は雨に降られることが多いの
    ですが、今年は天候が良く桜の花も存分に楽しめました。天候が良い
    とは言うものの、まだ朝晩は冷え込みます。皆さん風邪などをひかない
    よう、体調に気を付けて下さい。(田原)
 ================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-10-26  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。