SOHO

SOHO−KYOTO

京都のメダカみたいに群れたがらないSOHOのためのメルマガです。
組織にとらわれず自由にやりたいことをやるのがモットー
オフでも活動中!

全て表示する >

SOHO−KYOTO第167号

2006/10/01

□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
    ◆◇SOHO−KYOTO◇◆ 167号
             発行日2006年10月1日
 発行部数384   
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/irmlkomi/sohokyot.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ◎ セミナーのご案内

 ◎  社労士FAQ 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ☆ 実践!パート・アルバイトの労務管理 ☆ 
           ーーー 日本実業出版社ーーー

「パートに残業代は必要?」といった基本知識からコス
ト削減方法やトラブル対応策まで、パート・アルバイト
に関する問題を一気に解決!正社員に登用する際の留意
点や、現在問題になっている偽装請負、今後施行される
労働契約法も解説します。非正規社員の活用や、年末繁
忙期に向けて人員補充を考える担当者の方まで、ぜひご
参加ください。

日時 10月13日(金)13:30〜16:30

受講料 10,000円(テキスト代/消費税含む)

場所 日本実業出版大阪支社セミナー室
         (大阪市北区西天満6丁目8−1)

講師 小見山 敏郎

お申し込みは
日本実業出版社
http://www.njg.co.jp/seminar/event_seminar.php?itemid=604
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ☆  ☆ ☆  社労士FAQ  ☆ ☆  ☆

 社労士FAQでは労務管理・労働社会保険・助成金
など社労士の取り扱う業務に関しての一般的に良くある
質問、疑問にお答えしています。

 ☆ 特殊な事情のある問題にはお答え致しかねますので
ご了承下さい。

 回答はメールマガジンで行うほか、
 オフィス・THE・小見山 ☆洛南経営労務研究所 
Virtual Officeの社労士FAQ
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/irmlkomi/nks.htm
 にも掲載します。 

 最近似たような傾向の質問をされる方が多くなっています
が、まず、このWEBで該当する回答が既に載ってないか調
べて見てください。
 テキストベースなので、キーワードでの検索をかけられます。

 ここで回答しなかったものについて、個別にメールで回答
することはいたしません 。
 質問者のお名前の取り扱いについては、実名にて掲載させ
ていただいております。

 ☆ 匿名を希望される方はその旨記入して下さい。
ただし、申し込みは実名でお願いします。 
 申し込みフォームは上記のWEBにあります。

 FAQについては、十分な調査・研究を踏まえた上で発表
しておりますが、読者がこれを実行されたことにより損害
その他の問題が発生しても一切責任を負いませんので、
ご注意ください。  


私は大学生で、アルバイトをしています。昨年、父にアル
バイトで稼ぐのは103万円未満にしとけよと言われていまし
たが、気づくと昨年の一年間で120万円になっていました。
すると、父が私を会社の健康保険の扶養から外さなきゃ
いけないから、自分で国民健康保険に入りなさいという事
をいいました。自分の調べでは年収130万未満だったら、
父の健康保険の扶養でいられると思うのです。どうでしょ
うか。
また、もし国民健康保険に入ることになると、だいだい
毎月いくら払わなくてはいけないのでしょうか。
国民年金を学生納付特例制度を使っているのですが、
関係してくるのでしょうか。よろしくお願いします。
         

103万円というのは所得税上の扶養家族の所得の上限で
健康保険の被扶養者の所得の上限はあなたの言われるとおり
130万円。お父さんはそのへんを混同されているようです。
いまのままなら、そのまま被扶養者でいけます。
 自分で国民健康保険に入る必要はありません
学生特例の方は、18年度は本人の前年の所得が118万円
以下(給与収入では194万円以下)の人が対象ですので
こちらも問題ありません。
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
☆☆☆SOHO−KYOTOメーリングリストご案内☆☆☆

 参加資格はとくに設けてませんが、組織とは合わないと
いう理由でSOHOやってる方、組織に 頼らず自由で自立
した仕事で生きていきたいと思ってる人などなどを歓迎します。

 システム運営上、登録には管理人の承認が必要とされます。
 SPAM配布を目的とするもの、その他不適切と判断した
ものの登録は認めません。


 参加方法は  mailto:majordomo@freeml.com  宛てに
 subjectは空白のまま,本文にsubscribe soho-kyoto に続け
てご自分のメールアドレスを記入し,
 改行してendと入力して送信して下さい。
(例)
 メールアドレスがabc@def.ne.jpの場合は
 subscribe soho-kyoto abc@def.ne.jp
 end
 となります。


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 SOHOーKYOTOの全文または一部の文章を
ホームページ、メーリングリスト、ニュースグループ又は他の
メディアに対し許可なく営利目的で転載することを禁止して
おります。
 記事、イベント等の内容に関係したトラブルについては、
執筆者、SOHO−KYOTOならびに編集人は一切責任を
持ちません。各人の自己責任の元にご利用ください。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』を利用して
 発行しています。( http://www.mag2.com/ )
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 後書き
 セミナー講師をすることになりましたので、ご案内を載せまし
た。
どなたでも参加いただけるのですが、ちょっと高額ですので。
    
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 募集中
 SOHO−KYOTOに何か書いてやろうという方、
こんな事やるから載せろという方、こんなイベントがあるよと
言う情報、お知らせ、ETCメール待ってます。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 購読中止は以下で出来ます。
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/irmlkomi/sohokyot.htm
 SOHO−KYOTO 第167号
 編集人 小見山敏郎       
  E-mail webmaster@irml.office.ne.jp
●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△
○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲□○△■●▲

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-10-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期(だいたい月2回)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。