政治・経済

民主党 参議院議員 山根隆治メールマガジン

民主党 参議院議員 山根隆治のメールマガジンです。国政や生活の事について熱く語ります。

全て表示する >

民主党 参議院議員 山根隆治メールマガジン2005/3/17「花粉症特効薬」「県連幹事長辞任」

2005/03/17

==========================================================
■民主党 参議院議員 山根隆治(りゅうじ)メールマガジン
▼2005年 3月17日発行号
==========================================================

▼UFO論議( 3月11日)

総務委員会で、行政改革、地方分権、情報通信政策について質問し
たが、終わってから何人かの議員仲間に党派を超えて声をかけられ
た。話しは皆、異口同音にUFO論議についての関心だった。全体1時
間の中で、10〜15分位を費やしたに過ぎなかったが、事務局からの
話しでは、多分、国会で初めて取り上げられたのでは、とのことで
あった。多分それで関心が高かったのかもしれない。

私は国土の防衛上の観点から、先ずは情報収集すべきでは、といっ
た質問をしたが、時間があれば更に、もし高度の科学技術を学べる
のであれば人類の福祉向上にも役立てる筈、という立場からの議論
もしてみたかった。

UFOとの遭遇の機会を未だ私は得ていないが、麻生総務大臣は答弁
の中で、「私の母はUFOを見たと興奮していたことがあった」と語
った。そして銀河系全体では2,000億個もの星があり、更に宇宙全
体では2,000億個もの星からなる銀河が1,000億個以上もある(名古
屋大学の福井教授)というのだから、人類以上に高度な文明を持っ
た生命体が無い、という方が不自然に私は思うが…と大臣に振った
ら、自身の天文学上の知識を披瀝しながら「私もそう思っている」
と答えた。

家族からは、「誤解され易いので…」とたしなめられはしたが、真
摯に私としてはUFO問題をとり上げたつもりだ。

質問の詳細は
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frame/joho2.htm へ。



▼花粉症特効薬( 3月12日)

春先になるといつも、鼻風邪をひいてしまうなと思っていたところ、
「もしかしたら花粉症じゃないですか」と言われ、その方からその
場で1粒の錠剤をもらって服用したら、瞬く間に効果が現れピタリ
と鼻水とくしゃみが止まった。もう20年以上前の事だ。

あれから錠剤を飲んだり、筋肉注射を打ったりして凌いできた。人
にイメージ療法が効くと言われ、やってみたりもした。ある程度の
効果はあったが、完治した訳ではない。普通の錠剤だとどうしても
睡眠効果も出てきてしまって、会議などでついつい眼を閉じてしま
うので、この季節はいつも辛い思いをしている。

そこで登場となったのが、温州ミカンのエキスで作られた「ブルー
ヘスペロン キンダイ」という錠剤だ。これは参議院の世耕弘成議
員が、どういう訳か薬学系の本を読んでいてアイデアが浮かび、製
法を業者に伝授して作らせたという代物で、私も国際問題調査会と
総務委員会で世耕議員とは親しくさせて頂いているのでプレゼント
され服用してみたが、ピタリだった。

ミカンから採ったものだから、変な副作用はないだろうし、安心で
ある。1ビン4,000円で市販されている。
つくづく友人は、党派を超え持つものだと思った。広告料やマージ
ンは一切無関係だが、お問い合わせ等は下記へどうぞ。

○株式会社ア・ファーマ近大

 TEL/FAX0737-65-3140  a.pharm.kindai@wine.ocn.ne.jp
 和歌山県有田郡湯浅町湯浅2355-2



▼夜明けの声( 3月13日)

自分の政治家としての使命を頭の中では考えてきたつもりだった。
環境、教育、外交・防衛などに取り組んでいこう、ただ当面は、与
えられた事は何でもこなそうと考えていた。実際、国会活動では内
閣委員会、財政金融委員会、総務委員会、決算委員会、予算委員会、
国際問題調査会に所属し、質問の要請を受けた時は、1度もお断り
することなく質疑者席に立ち、政府に挑んできた。

しかし任期を折り返してきた今、国会議員として自分は何を成すか、
このところずっと考えてきた。答えはそう簡単に出せずにいたが、
12日の明け方、まだ床の中でまどろんでいる時、自分自身の心の奥
の方から突き上げるように“生命のことだ”という思いや、あるい
は声が自分の全身を満たした。
夢を見ていた訳でも、起きていた訳でもなく、普通に眠っていたに
過ぎないのだが、その時、確かな決意を自分と違うもう1人の自分
が固めていた。

私は眼を覚ましながら、たった今、湧き上がってきた思いを少しず
つ理性的に頭の中で整理してみた。
生命を守ること。
生命を活かすこと。
生命を全うすること。
政策のジャンルを超えて、このことに全ての力を傾けていこう、私
はそう強く決意した。
これは、当たり前のことと言えるだろうが、思い返してみると、拉
致の問題、中国での法輪功学習者の弾圧問題、動物愛護の問題の時、
私は1番燃えるような思いでいたような気がする。



▼県連幹事長 辞任( 3月14日)

3月12日の民主党埼玉県連大会で正式に私は幹事長を辞任した。県
連結成の1998年12月13日から2001年3月迄と、2003年3月から2005年
3月までの4年3ヶ月の在任だった。

思い出されることは苦しかった事ばかりだが、前期では、議員間で
育ってきた政党・政治文化の違いからくる軋轢の調整が、自分の大
きな任務の1つだったような気がする。私の年齢は当時50才で、年
上の地方議員の方もおられたが、市議会議員初当選が私の場合、昭
和54年であり、それ以前に当選された地方議員の方があまりおられ
なかったのは幸いであった。やはり政界は、当選回数が順列をつく
っている。

もう1つ、自分の心の中には、昭和43年からずっと政治活動をして
きているという自負があったことは、人からの批判に曝されても自
分を支える力となっていたような気がする。
事実、当選回数と政治歴を盾にご自分の主張を正当化される方があ
ったが、私は反論の中でさりげなく自分の政治歴を披瀝して強硬な
主張をいさめることに成功したことがあった。

後半の任期では、参院の補欠選挙と通常選挙(昨年)での候補者調整、
知事選挙での推薦候補者調整などで幾つもの苦い思い出があるが、
今は解放感にひたらせて頂いている。
私の倍以上、苦しかったことの多かったに違いない細川律夫前代表
には、2人3脚でやってきたパートナーとして、心から改めて謝意を
表したいと思う。ご苦労様でした。

枝野・武正両氏は、きっと時代に適応した新しい素晴らしい体制を
つくってくれると思う。口出しはせず、これからは県連サポーター
としての役割をしっかり果たしていきたいと思う。



▼あわやメルマガ休刊( 3月15日)

14日夜、急遽、参議院民主党の国対(国会対策委員会)から電話が入
り、17日の予算委員会集中審議で外交・防衛問題に関して、2日間
しか準備期間がないが質問を用意できるか、とのご下問を頂いた。
人から頼まれた事は、原則としてお断りしない主義だから、2つ返
事で「ありがとうございます」とお答えしたものの、果たして準備
が間に合うかどうか、一抹の不安がよぎってきた。

今週のメールマガジンの原稿は未だ1日分しか書けていないので、
「今回はパス」との思いもあったが、少しでも私のメルマガを楽し
みにして下さっている方もいらっしゃるので、「否々、頑張ろう」
と決意させて頂いた。

予算委員会での質問は、30分のテレビ中継だから、目立つので散髪
にも行かなくては…などと考えたりもしたが、時間がもったいない。
今朝は、地元からスタッフ2人を国会に呼んで、自分のイメージし
ている課題について、資料集めや調査を指示した。しかも、今日中
に資料を読み込んで、論点をまとめる作業となるので、我が事務所
はバタバタ状態である。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

★このメールマガジンは、議員本人が毎日の政治活動や日常生活を
通して、考えたり思ったりしたことをありのままに書き綴った文章
を、そのまま配信しております。

日頃なかなか見えにくい国政の実状や山根りゅうじの思いを、国民
の皆様に広く知っていただき、更には交流・情報交換の場となるこ
とを目指しています。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
▼配信について
このメールマガジンは、山根本人及び秘書に
アドレス入りの名刺をお渡し下さった方、メールを下さった方、
ホームページから配信申込をされた方、
メールマガジン配信サービスにて購読申込をされた方
に配信させていただいております。

名刺を下さった方等、お断りせずに配信しご迷惑をお掛けしている
場合は、恐れ入りますがお知らせ下さい。すぐに解除いたします。

▼配信解除について
配信をご希望でない方は、お手数をお掛けいたしますが、
ryuuji_yamane01@sangiin.go.jp までお知らせ願います。

なお、まぐまぐなどメールマガジン配信サービスをご利用の方は、
各配信サービスの解除ページにおいて解除をお願いいたします。

▼FAX配信
メールを受信できない方には、FAXにて配信させていただいており
ます。又、解除を希望される方は、担当 武藤までご連絡下さい。

▼バックナンバー
バックナンバーはhttp://www.r-yamane.comでお読みいただけます。

==========================================================
■発行者:民主党 参議院議員 山根隆治(りゅうじ)
■ホームページ:http://www.r-yamane.com
■E-Mail:ryuuji_yamane01@sangiin.go.jp
■国会事務所 TEL:03-3508-8707/ FAX:03-5512-2707
==========================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-10-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。