プログラム

(秘)JavaServlet技法

初心者から上級者まで。Java言語によるプログラミングの真髄をレクチャーします。Webシステム開発のエキスパート「株式会社 慶」が発行。

全て表示する >

(秘)JavaServlet技法

2004/06/21

**************************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/  (秘)JavaServlet技法  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************************
第98号  2004/06/21 発行現在の購読者数:4478
  ▼  Servlet技法:第98回
  ▼  コラム
  ▼  次回予告
  ▼  編集後記
  ▼  編集長からのお知らせ

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
  Servlet技法:第98回
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
今回は簡単なJSPを作成してブラウザで表示させてみましょう。

まずは下準備です。

◆下記のようにCドライブ直下にjavasrcフォルダを作成し、
その直下にreiフォルダを作成しこのフォルダを作業用フォルダにしようと
思います。

C:\javasrc\nei


そしてこのフォルダ内のファイルを以下のURLでアクセス出来る様に設定します。

http://localhost8080/rei/


◆フォルダとアドレスを結びつけるためのTomcatの設定を行います。
下記の「rei.xml」という名前のファイルを

c:\jakarta-tomcat-5.0.19\conf\Catalina\localhost

直下に保存します。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<Context displayName="Servlet 2.4 Examples" docBase="c:\javasrc\nei"
path="/rei">
</Context>


◆次はJSPファイルを作成します。
下記のようなJSPファイルを「helloJSP.jsp」という名前で

C:\javasrc\nei\jsp

直下に保存します。


<%@ page language="java" contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>
<html>
<head>
<title>はじめてのJSP</title>
</head>
<body>
こんにちは<br>
はじめてのJSPです
</body>
</html>


◆これで完成です!Tomcatを起動していない場合は起動して実行してみましょう!

・c:\jakarta-tomcat-5.0.19\binのstartup.batを起動する。

・ブラウザを起動してURLを指定します。
    http://localhost:8080/rei/jsp/helloJSP.jsp

   →結果はどうでしょうか?

  こんにちは
  はじめてのJSPです

とブラウザに表示されたら成功です。

                                                                モリモリ
----☆PR☆---------------------------------------------------------------
  オブジェクト指向を勉強したい!,Javaを勉強したい!
  メールマガジン『JavaScript&Javaで目指そう!基本情報技術者試験』
を購読してますか?  (無料)執筆は,宿題メールでおなじみの斎藤末広
  登録  http://www.mag2.com/m/0000066251.htm
  詳細  http://www.3721p.com/java/jmaga/
---------------------------------------------------------------☆PR☆---

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
  コラム
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
ロゴ

ご存知の通り、JAVAという名称はコーヒーの銘柄からきているので、
JAVAのロゴはコーヒーのようになっています。

そのロゴが昨年のちょうど今ごろに変更されました。
誕生、間もないとはいえ、象徴であるロゴを変更することは珍しいことであり、
しかもこの新しいロゴは、それまでのものよりも単純化されるという
極めて稀なケースでした。

これには当然Sunの思惑があります。

Java対応の端末等が一般的になってきた現状を踏まえ、
携帯電話等の小さな画面にもきれいに表示できるように変更し、
直接ユーザーの目に触れるところに新しいJavaのロゴが表示されることで、
「Javaが使われているからこそ、こうした機能が実現できているのだ」という
認知を積極的に獲得していこうというのです。

そしてこの一年、どれだけの人に影響を与えることが出来たのでしょうか。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
  次回予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
  □  Servlet技法:99回
  □  コラム
  □  次回予告
  □  編集後記
  □  編集長からのお知らせ
      次号は、6月28日発行予定です。乞うご期待!!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
  編集後記
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

三度登場、ゆーいちです。
やーやーどうも、こんにちわ(゚ー゚)ノ

長い長ーい梅雨の中休み。いつまで続くんでしょうね?
このメルマガが発行されるころには梅雨再び、でしょうか?
正直、勘弁(ノДT)

でも、梅雨が明けたら、
今度は暑い暑ーい夏が来ますね。
冬生まれの私としては、これからの時期はつらいです。
早く秋になれー( ゚口゚)ノ

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
              *  *  *  編集長からのお知らせ  *  *  *
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
◆━◇ PR ◇━◆
□■□-------------------------------------------------------------------
■◇■モバイルコマースなら「K-CODE」http://kcode.jp/kcode/index.html
□■□-------------------------------------------------------------------

  ┏━━━━━━━━━━━━┓
  ┃携帯メルマガサイト誕生!┃
  ┗━━━━━━━━━━━━┛
  ☆☆☆お気楽"無料"マガジンサイト『プッチマガ』☆☆☆
  登録も配信もラクラク♪3分でメルマガ配信できちゃう!

  ●●●今週のオススメ『プッチマガ』●●●
  真のSEに贈る、品質管理のノウハウ集
  【品質の番人】!これまで誰も書かなかった
  「システムの品質を実現する方法」を具体的に伝授します。
  登録はもちろん無料!毎週火曜日発行です。

  ↓メルマガ購読&登録はコチラ
  http://kcode.jp/pmag/index.html 提供:株式会社慶
-------------------------------------------------------------------------
  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃あなたのソースを再チェック┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━┛
  ☆KSCCでJava、HTML、SQL等々ソースコードを総チェック!☆
  ・性能劣化の原因となるロジックの自動検出機能
  ・プログラムのステップ数計測(Javaは実ステップ数も)
  etc。。他にも機能満載!↓無料お試し&ご注文はコチラ
  ☆近々バージョンアップ予定!☆
  http://kcode.jp/shop/ks 提供:株式会社慶
-------------------------------------------------------------------------
  ┏━━━━━━━━━━━┓
  ┃ソフトウェア業界航海術┃
  ┗━━━━━━━━━━━┛
  ソフトウェア業界の本質をまとめました
  「皆に読ませちゃいました」(某中小ソフトウェア会社社長)
  「こういう視点で書かれた本は他にない。」(某フリーSE)
 「バイブル的存在の位置付けとし、業務に対する考え方(自覚)を、
  社員にも広めて行ければと考えております。」(某大手ソフトウェア会社課長)
   http://kcode.jp/shop/ks 提供:株式会社慶
-------------------------------------------------------------------------
  ┏━━━━━━━━━━━━┓
  ┃航空ファン要チェック!!┃
  ┗━━━━━━━━━━━━┛
  ♪♪♪航空祭でも出店中!♪♪♪
  新作続々登場!ダイキャストモデルも完成しました!
  T-シャツからお子様用飛行服まで豊富な品揃え!
  一度遊びにきて下さいね♪
   http://kcode.jp/shop/bluemax 提供:BlueMax
-------------------------------------------------------------------------
  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃   (秘)Linuxサーバ      ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━┛
  ☆☆新メールマガジン「(秘)Linuxサーバ」☆☆

    Linux初心者が「Linuxとは何なのか」というところから、
    どのようにしてLinuxサーバを構築していけば良いのか
    といったところまで幅広い分野を扱っていくメールマガジンです。
    Linuxに興味をお持ちの方は、ぜひご購読ください。
    なお、5/19(水)第1号発行予定です。

    ↓ご登録はこちらから↓
    http://www.kei-ha.co.jp/magmenu.html  提供:株式会社慶
-------------------------------------------------------------------------
  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  (秘)データベース構築術  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━┛

  ☆☆新メールマガジン「(秘)データベース構築術」☆☆

5月26日からDBのメールマガジンを配信することになりました。
「DBをやってみたいけど〜」と思っていた方、今回を機に登録してみてください。
気づいたらDBを構成できるようになっているはずです。

http://www.kei-ha.co.jp/magdb.html  提供:株式会社慶
-------------------------------------------------------------------------
∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞〜∞

                  このメールマガジンは、

                  まぐまぐ
                  http://www.mag2.com/

                  melma!
                  http://www.melma.com/

                  Macky
                  http://macky.nifty.com/index.htm

                  カプライト
                  http://kapu.biglobe.ne.jp/index.html

                  を利用して発行しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        「(秘)JavaServlet技法」は株式会社慶が発行しています。
                  http://www.kei-ha.co.jp/mag.html
             ご意見・ご質問等はこちら→mag@kei-ha.co.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-10-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週月曜発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。