国際

CNNで世界を追う

最新のCNN英語を使いつつ、世界の情勢を追いかけます。加えて、ニュースに関する知識もフォローしていきます。英語と時事に関心のある方は是非ご購読を。

全て表示する >

CNNで世界を追う 188号

2005/04/25

自衛隊のイラク派遣を打ちきるよう求めます(頻繁更新)
http://ac-net.org/iik/
メディアを創る 天木直人事務所
http://amaki.cc/
プルサーマル、もう一つの意味 [環境問題を考える]
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss024/kondoh03.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://takg619.hp.infoseek.co.jp (新しく必読コーナーを設定しました)
50000アクセスを超えました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「CNNで世界を追う」 188号  5441部(5サイト)
日本の政府広報=マスコミ(戦時下だからもうダメ)は勿論、CNNにも絶望しま
したのでピエール・ブルデュー著『テレビについて』を使用。過去の同著の例
は「ジャーナリズム界のいくつかの特性」
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=335231 (1)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=335402 (2)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=335704 (3)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=336165 (4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
On Television By PIERRE BOURDIEU
(『テレビについて』、ピエール・ブルデュー)

PART ONE(1部) 

In Front of the Camera and Behind the Scenes 
(テレビ)カメラの前と舞台裏

I'd like to try and pose here, on television, a certain number of 
questions about television. This is a bit paradoxical since, in general, 
I think that you can't say much on television, particularly not about 
television. But if it's true that you can't say anything on television, 
shouldn't I join a certain number of our top intellectuals, artists, 
and writers and conclude that one should simply steer clear of it? 

私はここテレビでテレビについて幾つかの問いを提起してみたいと思います。 
これは少し逆説的なことです。一般にテレビで大したことを言うことはできない、
特にテレビついては、と私は考えているからです。しかし、もしテレビで何も言
うことができないということが本当であるならば、一定数のトップ知識人、芸術
家そして作家がするように、私はテレビに出演することをただ避けるべきと結論
づけるべきでしょうか。

pose(〜ポーズをとる、を提起する、引き起こす)
steer clear of(〜を避ける)

It seems to me that we don't have to accept this alternative. I think 
that it is important to talk on television under certain conditions. 
Today, thanks to the audiovisual services of the College de France, I 
am speaking under absolutely exceptional circumstances. In the first 
place, I face no time limit; second, my topic is my own, not one 
imposed on me (I was free to choose whatever topic I wanted and I can 
still change it); and, third, there is nobody here, as for regular 
programs, to bring me into line with technical requirements, with the
 "public-that-won't-understand," with morality or decency, or with 
whatever else. 

私たちはこの(出演するしない)二者択一を受け入れる必要はないように私に
は思えるのです。 私は一定の条件下(という限定付)でテレビに(出演し)話
すことが重要であると考えています。今日、コレージュ・ド・フランス視聴覚
事業部のおかげで、私はまったく例外的な状況で話しているのです。 第一に、
私は時間制限を受けていません。第二に、私のトピックは、私に課されたトピ
ックではなく、私自身のトピックなのです(私はやりたいどんなトピックでも自
由に選べましたし、私はこれからトピックを変えることができるのです)。そ
して第三に、通常の番組のように、技術上の要求、「視聴者が理解できない」、
道徳或いは礼儀などを持ち出し(そのコードに)一致させる人が、誰もいないの
です。

The situation is absolutely unique because, to use out-of-date terms, 
I have a control of the instruments of production which is not at all 
usual. The fact that these conditions are exceptional in itself says 
something about what usually happens when someone appears on television. 
http://www.nytimes.com/books/first/b/bourdieu-television.html

この状況は全く珍しい(状況)なのです。時代遅れの用語(マルクス主義)で
すが、私は、通常ありない(ことですが)生産手段を(自分で)統御できるか
らです。これらの条件が例外的であるという事実だけで、人がテレビに出演す
る時、通常何が起こっているかについて幾らかを(既に)語っているのです。

in itself(それだけで、本質的には)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月22日の自衛隊イラク派兵差止訴訟の会の5回口頭弁論の「更新弁論」の後
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200504231205320000099632000
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200504240521280000099632000
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000099632
に「戦争のつくりかた」池田香代子氏(原告)の話を聞いた所、メディアを支
http://www.ribbon-project.jp/book/
えて下さいと言っていましたが、この意味はテレビ・新聞で良い番組や記事が
あったら葉書を書いたりすることらしいです。自分はテレビ・新聞を視聴・購
読していませんが、ブルデュー氏的に条件付テレビを視聴している人を参照し
てみます(★自分で髪を切れるのでご無沙汰でしたが、久しぶりに髪を切った
際、テレビの説明をしたら美容師は顔が青ざめていましたが、また馴れるでし
ょう)。

姉妹紙185号で登場した外務省職員原田武夫が「英文解釈の極意」によると14日
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=359674
キー局?テレビにも出演していたようです。そもそも彼ごときの若造が何故テ
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200504181456300000068881000
レビに出演できるのか?と疑うのですが、とりあえず、日本の情報機関の無さ、
北朝鮮外交担当者(薮中でしょう)バッシングが行われ、「情けない」という
ナショナルな感情を発生させたようです。『北朝鮮外交の真実』原田武夫著を
読めばわかるように彼は英米情報機関的のようにメディアを使って情報操作し
たがる輩なので、この番組自体情報操作、印象操作の一環だったのでしょう。
http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/1079.html
また、サウジの油田開発契約を失わせ た岡崎久彦が国益だの情報機関強化を
訴えていますし、英米情報機関がイラク侵略で大失敗したことは、記憶に新し
いことです。日本列島住民的には昨年9月の報道統制の際に『大本営発表は生き
ている』の(保守派)保阪正康氏が<政府にとって都合のいい国民とならない
よう、昭和史から教訓を得るとすれば、▽教育の国家統制▽弾圧立法の制定・
適用▽暴力による言論の封殺▽情報発信の一元化−−の四つの動きに警戒>し
http://www.asyura2.com/0406/senkyo5/msg/467.html
ようと言っていたことを想起した方が良さそうです。また、世界5月号 編集後
記 岡本厚氏が佐藤優・外務省元主任分析官の『国家の罠』が<小泉政権成立
後、日本の国家基本政策は大きく変化したという。内政上は競争原理の強化に
よる国力の強化、外交上は民族意識の強化。つまり「内政におけるケインズ型
公平配分路線からハイエク型傾斜配分路線への転換、外交における地政学的国
際協調主義から排外主義的ナショナリズムへの転換」>したの分析通り<「情
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2005/05/pscript.html
けない」というナショナルな感情を発生>に原田武夫は成功しています。

姉妹紙116号で予告しましたように4月15日外務委員会の会議録が出ていました。
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=362948
この会議録を読むと原田武夫はネイチャー記事について指摘せず、薮中を叩い
ているのは、政府上層部のお墨付きなのでしょう。

首藤議員の箇所を抜粋

首藤委員<中略>北朝鮮との関係です。
 その関係が昨年の十一月の外務省の派遣団によって好転の兆しがあった。当
時行かれた薮中さんとかがいろいろ言うと、今回は向こう側も努力してくれま
した、今回はうまく進めるんじゃないかという話だったけれども、遺骨問題が
あって、この遺骨は横田めぐみさんの遺骨ではない、こんな汚いことをする、
うそばかり言うということをびしゃりとたたきつけた。
 その根底が、一私立大学の一講師の単独でやった、非常に国際的には問題の
あるネステッドPCR法によるミトコンドリアのDNA鑑定だということじゃ
ないですか。これが怪しいということは、世界を代表する科学雑誌であるネイ
チャーが三度にわたって指摘している。韓国では大いに報道され、最近ではつ
いにアメリカでも、DNA検査で最も進んでいるアメリカのタイムでもこれを
取り上げました。そして、アメリカではテリー・メルトンというDNAの権威
が、こうした問題にこのネステッドPCR法をやるのはコンタミネーションの
可能性があって非常に危険だからできないというようなことを述べておられま
す。
 こんな状況で、例えば、日本の結果が非常に正しいという客観的な、日本の
結果が正しい、北朝鮮はうそを言っているという、また日本の分析が、たった
一人の私立大学の講師がつくられた結果というものが、鑑定書も何も私は見て
おりませんけれども、別人。日本のその分析が世界最高水準である、これに基
づいて日本の外交は展開していいんだということを主張する根拠はどこでしょ
うか。警察にその根拠を明確にお伝え願いたいと思います。<中略>

○首藤委員 いや、瀬川局長、全然違いますよ。私は、もう本当に警察の方に
こんな文句を言いたくないですよ。しかし、日本の警察がこんなことであったら、
これはもう恥ずかしいと言わざるを得ないじゃないですか。
 科学的検定とは御存じですか。一人がやっていい結果を出したってだめなんで
すよ。それは社会的に認められなければいけない。それはいろいろな形で、複数
の人間が、複数の機関がチェックして初めてそれは科学的検定と認められ、その
過程が公開され、社会的に認知されたときに初めて科学的検定になるんですよ。
一個人が一機関でやって、しかもその結果が鑑定書も出してこないし、科学的な
説明もない。こんなもので科学的検定となって、それに基づいて外交を展開する
とすれば、それはもう極めて日本の外交は危うい橋を渡っていると言わざるを得
ないじゃないですか。
 こうした問題に関して、私はもう一度注意を喚起しますよ。この問題に関して
は集中的に論議する場が恐らく近々出てくるでしょう。しかし、こんなことを警
察が言っていたら、警察に対する信頼が今地に落ちているときに、まさにさらに
それに追い打ちをかけていると言わざるを得ない。私は、警察全体に対して、こ
の問題に関して猛省を促したいと思います。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/
000516220050415005.htm

ちなみに「週刊現代」がネイチャー記事に一回触れた後沈黙し、4月14日毎日新
聞が「遺骨の返還公式に通知」の見出しの後、ネイチャーと書かず、英科学誌と
http://groups.yahoo.co.jp/group/nomorewar/message/17959
一応言及したにも関わらず、週刊現代がずっと沈黙していました。4月1日の個人
http://www.uwashin.com/2004/indexnew.html
情保護法と「噂の真相」の元編集長が名誉毀損事件裁判で有罪確定が影響してい
るでしょう。「月刊ペン事件」(学会の大作)の「私生活上の事実の行状」であ
っても「公共の利害に関する事実」ならOK、「夕刊和歌山時事」事件の「公益を
図る」目的で、「真実なることの証明ありきたるとき」はOKの全部が否定され、
憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由はこれを保障する」
から導きだされる知る権利(報道の自由)が、報道が事実であっても「一部でも
私生活上の行状」を書けばしょっ引くことができることの萎縮効果から週刊現代
では終わったようです。
http://www.jicl.jp/chuukou/backnumber/12.html

昨日は小泉に北朝鮮への経済制裁を求める集会が自公広報戦犯NHKラジオで垂流
されました。池田香代子氏のいうメディアを支えるとは、世界的な科学誌ネイチ
ャーで3度指摘され、国会議員が三度質問した遺骨問題を報道できない日本のテレ
ビ・新聞に対して、報道させるよう働きかけることも意味していたのでしょう。
「政治ホットライン」に民主党の首藤信彦議員が出演し<恐ろしい事は政府が事
http://kokkai.jctv.ne.jp/homepage_new/index.html
実を隠蔽するようになった。情報操作によって新聞・テレビが完全に政府に組み
込まれているから国民は事実を知る事が出来ない。例えば横田めぐみさんの骨の
DNA鑑定については権威ある科学専門誌「ネイチャー」がありえないと否定し
ているのにどこの新聞もそれを書かない。その鑑定をした学者は警察の職員にな
ってしまった。情報隠しとしか思えない>という状況を前提に、おそらく何らか
の働きかけ或いは日本政府、テレビ・新聞に業を煮やしたNature Japan が過去二
本の翻訳記事を無料公開しています。3度目の記事もその内、無料公開されるでし
ょうし、海外の続報記事及び「ネイチャー」の4度目の記事も書かれるでしょう。

<拉致をめぐる日朝間の対立で燃え上がるDNA論争
DNA is burning issue as Japan and Korea clash over kidnaps
David Cyranoski(東京)
Nature Vol.433(445)/ 3 February 2005    
 
火葬された遺骨は、1977年に拉致された日本人少女の運命を語らない。 
http://www.natureasia.com/japan/digest/0504-2.php 

政治と現実
Politics versus reality
Nature Vol.434(257)/17 March 2005   
 
日本の政治家は、科学的不確実性を正面から受け止める必要がある。
北朝鮮との外交戦では、外交手段を駆使すべきであって、科学的公正を損なっ
てはならない。 
http://www.natureasia.com/japan/digest/0504-1.php 


★「横田めぐみ「遺骨」鑑定人の科捜研法医科長栄転は論功行賞か」
http://www8.ocn.ne.jp/~hashingi/page027.html#K21
★日本の警視庁、「にせ物遺骨」と鑑定した吉井さん特別採用
http://blog.livedoor.jp/peacekorea/tb.cgi/18726564
★Disputed Bones:Japan, North Korea and the 'Nature' Controversy
http://japanfocus.org/article.asp?id=258
by Gavan McCormack(オーストラリア国大、マコーマック)

http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/
0020956;jsessionid=ktvr6g91d1
<3回にわたるネイチャー記事により、政府の「にせ遺骨」謀略の
化けの皮がはがされようとしています。

 いま私たちは何をなすべきでしょうか。戦争は謀略を伴います。
日本が戦争に向かうなか、これからも数々の謀略が繰り返されるに違い
ありません。このような謀略を打ち砕くためには、権力がボロを出しか
けたいま、今回の政府の大謀略を大衆的に徹底して暴き、権力を狼少年
に仕立てることが何よりも大切ではないでしょうか。
 今回のような千載一遇とも言うべきチャンスを見す見す拱手傍観して
見過ごすのであれば、私たちは到底、権力の謀略に打ち勝つことはでき
ないのではないでしょうか。

 岡山ではこの2ヶ月の間に、十数回、街頭に出て街宣とビラまきを
してきました。ビラの受け取りも上々です。ビラを食い入るように見る
人もしばしばです。それほどこのテーマは新鮮なのです。
 ぜひ全国各地で「にせ遺骨」謀略を暴露するために街頭に出てくだ
さるよう強く呼びかけます>

情報消費の自己目的化と構造的な健忘症が恒常的になっていると推測されるので、
↑の「数学者」の方の言葉は逆説的にな意味で新鮮です。これは戦争とは別に憲
法23条「学問の自由はこれを保障する」の趣旨の一つ研究発表の自由に関係し、
真理の発見に奉仕する日本の特に科学者は研究者「共同」声明を出さないと国際
的には当然のこと、国内的にも23条の趣旨の一つ「大学の自治」に胡座をかいて
いると思われるはずです。日本の科学者は戦前も現在の戦時下も誤った?国策協
力を拒否できない人が多いかも・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍捏三の捏造の日本史
http://www.geocities.jp/abe_netsuzo21/
僅差で当選した安倍晋三代議士支持の地元・下関市市長に選挙違反疑惑。安倍
事務所も関与との報道も[山岡俊介取材メモ]
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/04/post_7dcf.html
政治結社「正気塾」幹部等に罰金判決。政治的弾圧裏づける結果に
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/cat1732426/index.html
核拡散時代の幕開けを阻止するために 山崎久隆(たんぽぽ舎)
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200504091130340000102032000
だまされることの責任【立ち読みコーナー】著者 魚住昭 佐高信 
http://www.koubunken.co.jp/0350/0329sr.html 
オタクの政治プラス
http://jbbs.livedoor.jp/study/1274/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CNNで世界を追う last year version
http://www.melma.com/mag/05/m00075605/
http://www.mag2.com/m/0000099632.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●21世紀の外交を追う●
日本初の外交メルマガ!激動の21世紀を外交の側面から追います。
英語の名言で英語力もアップ。テレビ・新聞に不満な方は是非ご登録
下さい。1回読み切りですので、何時から登録しても安心です。
http://www.melonpan.net/mag.php?003472
http://www.mag2.com/m/0000098528.htm
http://www.melma.com/mag/62/m00075262/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想・ご意見は re でできます(時短のため匿名無断掲載有) 
メルマガ相互紹介も募集しております(お引受けできない場合有)
http://takg619.hp.infoseek.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。