国際

CNNで世界を追う

最新のCNN英語を使いつつ、世界の情勢を追いかけます。加えて、ニュースに関する知識もフォローしていきます。英語と時事に関心のある方は是非ご購読を。

全て表示する >

CNNで世界を追う 161号

2005/01/19

イラク意見広告の会 (イラク戦争関連情報の更新頻繁)
http://ac-net.org/iik/
環境問題と有明海異変 [環境問題を考える]
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss024/kondoh.htm
〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第50回 
先端医療の保険給付(メディケアに学ぶ)(1) 
カリスマ主婦の入獄と夢の新薬
李 啓充 医師/作家(在ボストン)[週刊医学界新聞]
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2614dir/n2614_08.htm
〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第51回 
先端医療の保険給付(メディケアに学ぶ)(2) 新規抗癌剤の値段 
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2617dir/n2617_05.htm
「混合診療解禁でおこる患者の悲劇」李啓充氏 [日刊ゲンダイ/WSFJ]
http://www.asyura2.com/0406/health9/msg/496.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://takg619.hp.infoseek.co.jp (新しく必読コーナーを設定しました)
44000アクセスを超えました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「CNNで世界を追う」 161号  5548部(5サイト)
日本の政府広報=マスコミ(戦時下だからもうダメ)は勿論、CNNにも絶望しま
したので古いですが、98年「Ecologist」誌のDr. Ricarda A. Steinbrecher氏
/Pat Roy Mooney氏のTerminator Technology (3) の続き 
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=339544
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Terminator Technology The Threat to World Food Security(4)  
(ターミネーター技術 世界食料安保への脅威)
http://www.gse.buffalo.edu/FAS/Bromley/classes/socprac/readings/
Steinbrecher.htm

Hybrid seeds(交雑種子) 

Following the rediscovery of Mendel's Laws in 1900, money-minded plant 
breeders pursued strategies that would force farmers back to the 
marketplace every season to spend their hard-earned money on seeds. 

1900年のメンデルの法則の再発見に続き、金目当ての植物育種家は戦略を追求
した。農民が毎期市場に来て苦労して稼いだお金を種子を買わざるを得なくさ
せる(戦略)のだ。

strategy(戦略)
tactics(戦術)

Although the concept of hybrids evolved with George Shull in 1908, the 
first hybrid maize was not commercialized until 1924 by Henry A. Wallace. 
Two years later, Wallace formed Pioneer Hi-Bred the world's largest 
seed company and still largely controlled by the founding family. 

交雑種の概念はジョージ・シャル氏が1908年に発展させたけれども、最初の交雑
トウモロコシは1924年ヘンリー・A・ウォーレス氏によって初めて商品化された。
2年後、ウォーレス氏は世界一の種子企業パイオニア・ハイ・ブレッド社を創立
し、未だ創設者一族により大部分支配されたままだ。

maize(トウモロコシ)

Wallace went onto become US Secretary of Agriculture and, finally
 (in 1941), Vice-President of the United States. Wallace's championship 
of hybrids made it an immutable, if unscientific, Act of Faith to argue 
that "hybrid vigour" made maize the "bin-busting" bonanza it is today. 

ウォーレス氏は米農務長官になり、(1941年)最終的に米副大統領の職に付いた。
ウォーレス氏が交雑種を擁護(しまくった事)によって非科学的でも、(以下の
ように論じるのが)硬い信念になった。今日「雑種強勢」こそトウモロコシを「
大箱が壊れる(ほど大量に収穫し)」大儲けにしたんだと。

championship(擁護、支持)
immutable(不変の)
act of faith(信念、信仰に基づく行為) 
bonanza(大儲け)

More recently, however, respected scientific and economic critics like 
Jean-Pierre Berlan of France's INRA and Richard C. Lewontin of Harvard, 
as well as Jack R Kloppenburg Jr. of the University of Wisconsin, have 
challenged this assumption insisting that conventional maize-breeding 
programmes would always out-perform hybrids given the same research 
investment. 

しかし、かなり最近フランス国立農業研究所のジャン・ピエール・バーラン氏
やハーバード(大学の)リチャード・C・レォンティン氏の他、ウィスコンシン
大学のジャック・R・クロッペンバーグ・ジュニア氏のような評判の良い科学や
経済の評論家らが、この想定にチャレンジし、同じ研究投資をすれば、従来の
トウモロコシ育種計画がいつも交雑種を超える出来高をほこるだろうと主張し
た。

given(〜ならば)

According to these critics, the only advantage to hybrids lies in their 
profitability for companies. 

これらの評論家たちによると、企業にとって利益があることだけが交雑種の唯一
の利点である。


★遺伝子組み換え作物:全国各地の港湾の周辺で自生相次ぐ [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0403/gm10/msg/496.html
★ Eugenics, Reproductive Technologies and "Choice" by Ruth Hubbard
http://www.gene-watch.org/genewatch/articles/14-1choice.html
★ 『遺伝子万能神話をぶっとばせ』ルース ハッバード (著), イライジャ 
ウォールド (著), Ruth Hubbard (原著), Elijah Wald (原著), 佐藤 雅彦 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4487795508/

★扶桑社版腐れチーズ本を嗤いとばせ!『チーズはだれが切った?』ついに登場
http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/162.html
御投稿者 佐藤雅彦さん
より抜粋 <前略>『チーズはだれが消した?』は<中略>★じゅうぶんオトナの
読者なら、この本が別のメッセージしているのを読みとることだろう。 それは「
抵抗してもムダ」ってこと。変化が起こったら、すぐにそれに迎合しなきゃ置い
てきぼりをくらうのが関の山。 この圧倒的な教訓こそ、権力への盲従を促し、本
書を「部下」たちへの最高のプレゼントにしている所以だ。★ 大企業には、全社
員にこの本を配布することをお勧めする。 とくにリストラで人員削減して株主の
機嫌を取りたいと考えている経営者にはうってつけだ。 ごく短い物語で挿し絵も
ついている。一時間もあれば軽く読めてしまう。しかしこの本に書かれた人間の
腹黒い本性は、一生続く “死ななきゃ治らない” ものなのだ。……ホントにも
う、冗談ぬきで……。
<以下略>
http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/162.html
↑『チーズはだれが消した?』→『チーズはどこへ消えた?』と推測されます。

★『チーズはだれが切った?』激変を生き抜くための悪のおとぎばなし 
・ブラウン,メイソン【著】〈Brown,Mason〉・佐藤 雅彦【訳】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9974993571

(続く)
http://www.gse.buffalo.edu/FAS/Bromley/classes/socprac/readings/
Steinbrecher.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超真面目な方は「ニッポンの論客・水島朝穂」を読んで前号は紙媒体やその他
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=339544
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2005/ronza200501.html
を読んだ自分の総合的印象なので、論客の内容とギャップがあったかもしれま
せん。あえて印象の根拠を探すと水島氏の豊富な軍事知識は、「石破前防衛庁
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2004/1129.html
長官729日の「遺産」」の<自衛隊の準機関紙『朝雲』を定期講読するようにな
ってから24年><『朝雲』よりも1年早く『軍事研究』の定期購読を始めた。自
宅書庫には、その後に古本屋で補充した創刊号(1966年4月号)からの13年分と
合わせて、38年分>読んでいるところ。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2004/1220.html
平和構築、構想は、「A New Security Framework for Northeast Asia 」
http://www.japanfocus.org/048.html
で、立憲主義は、「自衛官の改憲構想と立憲政治」や「法の視点から「いま」を診
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20040524.html
る」でわかります。また、権力層の無茶苦茶ぶりは、「「危機」における指導者の
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20041101.html
言葉と所作」や斎藤貴男さん「国をしばる憲法から国民をしばる 「憲法」へ 」 の
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20040830.html
通り自民党、民主党、公明党が立憲主義を否定し、自民に立憲主義を教えたはずな
<改憲派の論客の一人である小林節慶応大学教授おそろしくなって付き合いきれな
>くなり、小林氏が赤旗に登場したり、「月刊現代」で日本は法の支配、議会制民
http://kodansha.cplaza.ne.jp/mgendai/
主主義が機能してないと書かなくてはならいところ。「ここまでヤバい、今の日本
!」で<斎藤:戦後史の大失敗は、全然勉強してないのに損得だけには長けている
やつらが上のほうにきちゃってること。右翼が恐ろしがるぐらいなんだよね。中山
正暉っていう青嵐会の最近引退した右翼政治家がいるんだけど、この人が石原慎太
郎のことを「安物のヒットラー」って言った。最初僕が「憲法も変えられようとし
て、先生たちにとっては願ったりかなったりじゃないですか」と少し茶化した。そ
うしたら、「いや、違うんだ。私がタカ派なのは戦争をしないためのタカ派なんだ
。今の若い政治家は本気でやろうとするから困る。戦争の怖さが全然わかっていな
い。『北朝鮮がテポドンを打ってくるなら、先制攻撃でミサイル打ちましょうよ、
先生』なんていう。『ちょっと待ってくれ。ミサイルを打ったら、本当に人が死ぬ
んだよ。それを君はわからんのか』と説教したことが何度もある」そう言ってまし
たね>と実は、ミサイル飛んでくるわけないと知りながら、タカ派が恐れるほどお
http://www.kyokiren.net/_protest/saito&key2
リアリティーなく遊び感覚で殺人志向で、縛りをなくすとこれ以上無茶苦茶せられ
ては溜まったものではないと思って不思議ではないでしょう。
http://www.asyura2.com/0411/war65/msg/929.html
ちなみに、「週間現代」で小泉純一郎の罪は「死んだくらいでもあがなえない」と
書いていて、戦犯小泉氏が死ねば許してやろうと思っている自分の甘さを感じて
しまいました。
───────────────────────────────────
前号の水島朝穂氏の「阪神淡路大震災から10年」更新されました。

目次

どのような災害救助組織を考えるか―自衛隊活用論への疑問―
◆長田区の現場から
◆新たな「戦後」
◆消防レスキューの活躍
◆警察と自衛隊は救助組織たりうるか
◆「民間防衛」の脱軍事化傾向
◆非軍事の「国際救助隊」
◆市民の視点で災害対策を

http://www.asaho.com/jpn/

また、「浅井久仁臣の国際情勢ジャーナル」 2005年1月16日号は 「阪神大震
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200501161130000000122824000
http://www.mag2.com/m/0000122824.htm
災から10年」で震災を契機に立ち上げた「ACTNOW」の様子と伴に95年から新潟
、スマトラまで変わらぬマスコミについて痛烈な批判がなされています。
───────────────────────────────────
前号の「有事法制反対ピースアクション」活動が毎日新聞「だけ」報道しました。
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=339544

自衛隊イラク派遣:中止求め「人間の鎖」 名古屋・守山[毎日新聞] 

陸上自衛隊第10師団(名古屋市守山区)のイラク派遣中止を求め、市民団体
などの約1000人が16日、守山駐屯地を「人間の鎖」で囲んだ。

 同師団は、5次隊での派遣が2月にも見込まれている。同市を拠点に平和運
動をしている「有事法制反対ピースアクション」「安保破棄愛知県実行委員会
」「守山からイラク派兵をさせない会」の3団体が、派遣をやめさせようと企
画した。

 この日は、愛知県を中心に同じく派遣が見込まれる隊がある石川、広島両県
などから約1000人が参加した。参加者は、手をつないで駐屯地の外周約2
キロを囲み「イラクに行くな」などとシュプレヒコールをあげた。さらに3団
体の代表者らが10団体の派遣中止を求める申し入れ書を駐屯地当直司令に手
渡した。

 有事法制反対ピースアクション共同代表の水田洋名古屋大名誉教授(85)
は「間違った政策で隊員がイラクに行かされることは許されない」と話してい
た。また同団体は17日から同駐屯地前に座り込み、派遣中止を求めていくこ
とにしている。【清藤天】

毎日新聞 2005年1月16日 22時23分

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/
20050117k0000m040091000c.html

ちなみに、水田洋氏には、アダム スミス 『国富論』、T. ホッブズ『リヴァイ
アサン』エドモンド・バーク 『フランス革命についての省察ほか』訳書他書物
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003410513/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003400410/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121600444/
がありますが、自分が読んだことがあるのは、『社会科学の考え方―人間・知識
・社会』 講談社現代新書 水田 洋 (著)だけです。 「自衛隊イラク派兵差止訴
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406115799X/
http://www.haheisashidome.jp/
訟の会」 の弁護士の人が初めて水田氏に社会問題関係で出会った時に、「先生の
本を一冊も読んでませんけど」みたいなことを言ったら、「あ、そうなの、別に
いいじゃん」といい、一緒にやっていけそうだと思ったと言っていたので、読ま
なくても良いでしょう。


申し入れ書の中身の一つは次です。

<イラク派遣中止を求める申し入れ書 陸上自衛隊守山駐屯地 
第10師団廣瀬師団長及び隊員の皆様へ

 前回12月25日の申し入れで「絶対安全宣言」のお願いを致しました。

1月30日の選挙を前にしてイラク・サマワの状況は急速に悪化しています。「部下
の命を預かる第10師団長の責務として、第五次派遣隊からは一人の犠牲者も出さ
ない」と発言なさることは、憲法99条「憲法尊重擁護の義務」を公務員として果
たすことになり、1968年最高裁における「生命に関わる業務命令は拒否しても違
法とはならない」という判決趣旨に沿うことになると考えます。
 イラクでは、今年に入って、1月30日をイラクの「テト攻勢の日にしよう」とい
う声がひそかに広まっています。37年前、ベトナムで、アメリカ軍が決定的な敗
北をしたあの「テト攻勢」のことです。1月7日、サマワのシーア派サドル派事務
所代表のガジ・ザルガニ師は「自衛隊に対し、1月30日以降聖地ナジャフからどう
いう命令が下されるか、待つ」と声明しています。イラクの現状が悪化の一途をた
どっている以上、「一人の犠牲者も出さない」という宣言は、次の行動「派遣中止
」につながり、それは何よりも政府の作った「イラク特措法」という法律を守るこ
とにつながるのだと私たちは考えます。

 無理に無理を重ねる結果、そのしわ寄せは第一に志願された隊員本人とその家族
が背負うことになります。志願という形をとった防衛庁の強制を見逃すことは、市
民・県民・国民として私たちの責任が問われることになります。本来ならば、日本
政府に対して猛烈に「派遣中止要求」をすることが筋ですが、政府は命令だけ出し
てあとは知らん顔です。小泉首相は「これだけアメリカ兵が戦死している以上、自
衛隊も一桁ぐらいは出さないとブッシュに顔向けできない」という心理に陥ってい
ます。一人一人の隊員やご家族の皆様を、小泉の政治の道具にさせてはなりません
。派遣中止を視野に入れた勇気ある発言をしてください。

 1月21日から始まる通常国会の早い時期に、防衛庁は自衛隊法の改悪を準備して
います。目的は一つです。海外派遣を本来任務にすることです。そうなれば、志願
制もなくなり、いきなり本来任務の命令として隊員の皆様を戦地に送り込むことが
可能になります。今こそ、イラクへ隊員を送り込むためにはなぜ志願が必要であっ
たのか、お考えください。そして、派遣準備の最中であろうとも、さまざまな事情
を抱えた隊員の皆様が辞退しても罰せられないこと、多少給料が下がる程度である
ことを、廣瀬師団長の口から直接部下に説明してください。部下の発言の自由を最
大限に保障してください。

 自衛隊発足以来50年。「一人も殺さず、一人も殺されていない」・・・この素晴ら
しい伝統を汚さず、壊さず守り抜いてください。この伝統が壊れるとき、皆様はア
メリカ軍の手下として使い捨てにされるだけです。

 最後になりますが、私たちは諦めることなくこの21日からの通常国会で「派遣中
止とイラクからの撤退」こそが焦点となるように、与党野党を問わず働きかけます
。そして、明日17日よりここ10師団正門前にて「取り返しのつかない事態となる前
に、イラクへ行くことを中止してください」というお願いの座り込みに入ります。
私たちの精一杯の本気を、座り込みを通して示していくつもりです。

廣瀬師団長及び隊員の皆様
 どうかイラクへ行かないでください。

2005年1月16日               
                   有事法制反対ピースアクション
        名古屋市昭和区白金1−13−10 
    TEL 052−881−3573     共同代表 水田洋・寺尾光身

http://www.jca.apc.org/~husen/050116of1.htm  >

↓に上記を含む12個の文書がありますが、

「行くな守山自衛隊。もどれ小牧自衛隊」1・16集会と守山基地「人間の鎖」行動
http://www.jca.apc.org/~husen/050116ral.htm

同様の動きは、22日、広島でも行われます。「広島陸自第13旅団のイラク派遣、市
民ら人間の鎖作り反対訴える−−来月22日 /広島」「毎日新聞」
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hiroshima/news/
20041231ddlk34040666000c.html
この記事の取材先が1月16日に出した文書は

要 請 書・予定されている第10師団からのイラク派兵を中止してください(入れるな
核艦船!飛ばすな核攻撃機!ピースリンク広島・呉・岩国 28団体) 
http://www.jca.apc.org/~husen/050116of3.htm
です。岩国では新たな事件が勃発しましたが、来年には米兵だけでなく、政府、与党
への抗議が報道されないどころか、抗議したら逮捕されるかもしれません。

<県平和委など抗議文「地位協定違反の蛮行」 /広島[毎日新聞]

 江田島市沖で今月5日、漁船長が米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属の米兵に
小銃で威嚇された問題で、県平和委員会(藤本幸作・代表理事)と山口県平和委員会
(久米慶典・筆頭代表理事)は連名で17日、警備艇の行為が日米地位協定違反の「
許しがたい蛮行」とする抗議声明を出した。両委員会は同日、両県や岩国市、広島防
衛施設局などに抗議文を渡した。
 同協定は、同基地沖に「提供水域」を設け、日本の艦船が入るのを制限している。
だが、今回の現場は同水域の東約12キロにあり、声明は「明らかな協定の逸脱だ。
米軍は率直に違反を認め、関係者に謝罪すべきだ」などとしている。
 さらに、この米兵が乗った警備艇が、同水域外で執ような捜索を行い、無関係の漁
船を疑って漁業者に恐怖を抱かせたことについて、「通常の警察行為さえ越している
」と厳しく非難した。
 また、共産党県委員会の鍵浦俊文委員長と同党所属の辻恒雄県議は17日、県庁で
、県から岩国基地へ徹底した真相究明を求めるよう申し入れた。【山口一朗】

1月18日朝刊
(毎日新聞) - 1月18日17時36分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050118-00000282-mailo-l34 >
http://smile.hippy.jp/ehon/index.htm

戦犯ラジオ・アクセスで山口県の戦犯安倍晋三氏NHK政治介入問題を扱っていました
が、以下の4つがお勧めです。ベンジャミンン・フルフォード氏が「週間現代」も
っとも情けないのがNHKで、報道スタンスは「臆病」で国民の味方でなく、政府のペ
ットと常識的な見解を書いているのに、戦犯安部氏のペットになりたがりつつメディ
ア通ぶるTBSアクセスリスナー参加者いましたが、「サクラ」でないなら、右滑稽だ
ったようです。

★「NHKに政治介入。政府高官が圧力・干渉、番組内容を改変。受信料問題
に影響も。ETV「裁かれた戦時性暴力」で」[ジャーナリスト坂本衛氏]
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/nhk2.html
★【転載】VAWW-NETジャパンプレスリリース「安倍晋三氏の事実歪曲発言について」
(シバレイのBlogより)
http://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/612.html
NHK番組改ざんの話のこと [きくちゆみ氏のブログ]
http://kikuchiyumi.blogspot.com/ 
いよいよ、ことの経緯は明らかになってきた(「五十嵐仁の転成仁語」1月18日)
【NHKの名誉が今問われている】(五十嵐氏に「匿名」の封書届く!!)
http://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/642.html
http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm
───────────────────────────────────
その他

阪神大震災10年:経済評論家・内橋克人さん[毎日新聞]復興予算措置2兆7600
億円中、生活支援費6%台
http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/107.html
東海地震・浜岡原発放射能災害に関する緊急提言書[大沢ゆたか氏]
国連防災世界会議in神戸
http://homepage2.nifty.com/osawa-yutaka/kannkyou-gennpatu-koubekaigi.htm
ストップ浜岡原発 東海地震が起きる前に! 
http://www.stop-hamaoka.com/
ウラン試験一時中止 六ケ所村[朝日新聞/青森]
http://www.asyura2.com/0403/genpatu2/msg/613.html
新潟県中越地震及び台風こよる災害復興に関する要望書
[日本居住福祉学会(早川和男会長)]
http://www.asyura2.com/0403/jisin11/msg/1013.html
(竹中平蔵)税経新人会全国協議会 - 税経新報・論文 
- 住民税脱税犯における偽計行為(続)- 1 -[日本大学名誉教授・法学博士北野弘久]
http://www.zsk.ne.jp/zeikei/ronbun.html
税経新人会全国協議会 - 税経新報・論文 
- 住民税脱税犯における偽計行為(続)- 2 -
http://www.zsk.ne.jp/zeikei/ronbun_b.html
創価学会が目白・田中真紀子邸を包囲 [日刊ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/641.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●CNNで世界を追う●
最新のCNNニュース英語を用いつつ、世界の動きを
追いかけます。また、関連知識もフォローしていきます。
英語や時事に関心のある方は是非ご購読を(外交版と補完機能を持ちます)。
http://www.mag2.com/m/0000098815.htm
http://www.melonpan.net/mag.php?003413
http://www.melma.com/mag/04/m00048504/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●21世紀の外交を追う●
日本初の外交メルマガ!激動の21世紀を外交の側面から追います。
英語の名言で英語力もアップ。テレビ・新聞に不満な方は是非ご登録
下さい。1回読み切りですので、何時から登録しても安心です。
http://www.melonpan.net/mag.php?003472
http://www.mag2.com/m/0000098528.htm
http://www.melma.com/mag/62/m00075262/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想・ご意見は re でできます(時短のため匿名無断掲載有) 
メルマガ相互紹介も募集しております(お引受けできない場合有)
http://takg619.hp.infoseek.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。