国際

CNNで世界を追う

最新のCNN英語を使いつつ、世界の情勢を追いかけます。加えて、ニュースに関する知識もフォローしていきます。英語と時事に関心のある方は是非ご購読を。

全て表示する >

CNNで世界を追う 160号

2005/01/16

イラク意見広告の会 (イラク戦争関連情報の更新頻繁)
http://ac-net.org/iik/
初嗤い・京都議定書[環境問題を考える]
http://env01.cool.ne.jp/frommanager/fm2005_1.htm#n159
岡崎乾二郎氏「いかなる悪よりもおそろしいもの」 
http://www.eris.ais.ne.jp/~fralippo/demo/voice/OKK030312_terror/index.html
世界の新しい支配者たち ―― 欺瞞と暴力の現場から ―― ジョン・ピルジャー
戦争こそテロである。暴力を守らんとする沈黙を打ち破れ! 解説に代えて
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0236410/top.html
考えられないようなことがノーマルなことになっている(ジョン・ピルジャー) 
http://teanotwar.blogtribe.org/entry-50d3c461162a586959bd250ac019903d.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://takg619.hp.infoseek.co.jp (新しく必読コーナーを設定しました)
44000アクセスを超えました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「CNNで世界を追う」 160号  5548部(5サイト)
日本の政府広報=マスコミ(戦時下だからもうダメ)は勿論、CNNにも絶望しま
したので古いですが、98年「Ecologist」誌のDr. Ricarda A. Steinbrecher氏
/Pat Roy Mooney氏のTerminator Technology (2) の続き 
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=339305
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Terminator Technology The Threat to World Food Security(3)  
(ターミネーター技術 世界食料安保への脅威)
http://www.gse.buffalo.edu/FAS/Bromley/classes/socprac/readings/
Steinbrecher.htm

★前号で訳し落としのパラグラフから

Its declared goal is to promulgate plants that will produce self-terminating 
off-spring - suicide seeds. Terminator Technology epitomizes what the 
genetic engineering of food crops is all about and gives an insight into 
the driving forces behind the corporate campaign to control and own life. 

ターミネーター技術の宣言した目的は、子孫を自身で終わらせる植物、つまり自殺
種子を広めることである。ターミネーター技術は、食品作物を遺伝子工学に関する
すべての縮図であり、生命を支配し自分のものにしようとする企業キャンペーンの
背後の駆動力への洞察を与える。

epitomize(〜を縮図的に示す、を要約する)

The Terminator rides to the rescue of long-suffering multinationals who 
have been unable to hold farmers back from their 12,000 year tradition of 
saving and breeding seeds. Farmers buy the seed once and do their own work 
thereafter. 

ターミネーター(技術)は長く苦しんでいる多国籍(企業)の救済に乗り出してい
る。種子を取っておき、繁殖させる1万2千年の伝統から農民を引き離すことができ
ないままである(多国籍企業の救済に乗り出しているのだ)。農民がいったん種子
を買えば、その後は、自分でやっていける。

Patents and Pinkerton detectives have been employed to stop farmers from 
doing so. The Terminator though provides a built-in biological "patent", 
enforced by engineered genes. Small farming communities of the Third World 
especially, rely upon their own plant breeding since neither corporate nor 
public breeders show much interest or aptitude in breeding for their often 
difficult environments. 

特許とピンカートン探偵社ども(私設探偵の比喩)は農民がそうするのを止めさせ
るために雇われている。けれども、ターミネーター(技術)は組み換えられた遺伝
子を強制されることによって、生物学的に組み込まれた「特許」を提供する。とり
わけ、第三世界の小さな農村は、自分たち自身の植物育種に頼っている。企業も公
的育種家もしばしば第三世界の難しい環境のために育種の関心や適性をあまり示せ
ないからだ。

Pinkerton Detective Agency(ピンカートン探偵社) 
aptitude(適性)

Old-fashioned hybrids and the Terminator Technology with its terminated 
seeds force farmers back to the market every season. Terminator also 
scuttles community conservation of agricultural biodiversity. There's 
nothing to conserve. It is the "neutron bomb" of agriculture. 

旧来の交雑種と自殺種子を組み込んだターミネーター技術により、農民は毎期市
場へ強いられる(ことになってしまう)。ターミネーター(技術)はまた、農村
の農業の生物的多様性の保存を捨てる(ようにする)。保存するものはなにもな
い。(だから)ターミネーター技術は農業の「中性子爆弾」なのである。

scuttle(〜を捨てる、穴をあけて沈める、〜を断念する)

★ターミネーターのからくり[RAFI]
非科学者のための、作物の第二次世代種子を抹殺する恐るべき特許の説明
http://www.gaia21.net/org/rafi/terminator-j.html
★モンサントにインドネシアでの贈賄事件で150万ドルの罰金〔BBC〕
http://www.asyura2.com/0403/gm10/msg/493.html
★軍事国家インドネシアとそれを支える日本 [コモンズ]
http://www.commonsonline.co.jp/column-suharto5yeas.html
http://www.commonsonline.co.jp/column.html
★山下惣一さん(農民作家) 次世代に“遺書”『農から見た日本』
失われた『先憂後楽』の暮らし   [土曜訪問/東京新聞]
http://www.tokyo-np.co.jp/doyou/text/d151.html
★農から見た日本―ある農民作家の遺書 清流出版 山下惣一【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=997848860X
(続く)
http://www.gse.buffalo.edu/FAS/Bromley/classes/socprac/readings/
Steinbrecher.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前号で紹介した水島朝穂氏の災害救助組織論がまだアップされていませんが、
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=339305
http://www.asaho.com/jpn/news.html
<「ニッポンの論客・水島朝穂」(文 /編集部・伊藤千尋 写真/吉田早織)
として、『論座』(朝日新聞社)2005年1月号206-209頁 >で水島氏の人となり
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2005/ronza200501.html
を含めた紹介が読めます。自分は同内容を以前紙媒体で読んで、水島氏は絶対
http://www.emaga.com/info/nttiz.html
護憲派というわけでなく、豊富な軍事知識を元に現行の憲法を生かしながら平和
的環境を構築、構想しつつ、日本の国家権力を動かせる人々が無茶苦茶なので国
家権力を縛るという立憲主義の原則を踏まえた方が理にかなっているといった印
象を持ったのですが、わざわざURLを紹介するのは、「日々通信」なる文学者研究
http://www.emaga.com/info/nttiz.html
http://www.emaga.com/bn/?2005010006741871020367.nttiz
者の方の1月5日号が夏目漱石を反戦平和に生かそうとしながら、当人が漱石につ
いて検討された雑誌「論座」の記述に目を通さずにインターネットで「論座」連
載内容の総括を初めて読んだ事が明らかだったからです。専門家がそこまで「忙
しい」のなら、一般の方々にはURLを付けた方が良いと思ったからです。
★「ニッポンの論客・水島朝穂」
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2005/ronza200501.html

ところで、「月刊現代」で保阪正康氏が「特攻」について連載しています。立ち
http://kodansha.cplaza.ne.jp/mgendai/
読みしただけですが、(先月の)1月号は「特攻」を軍事合理性に基づいて意見具
申か何かの方法をとって特攻を回避した司令官クラスの軍人の記述があり、その
軍人に対して部下が非常に感謝していることが書いてありました。戦犯小泉政権、
戦犯マスコミを「前提」としつつ、司令官に意見具申する勇気を持ってもらおう
と考えているのが「有事法制反対ピースアクション」のようです。以下転載
http://www.asyura2.com/0411/war65/msg/580.html
<航空自衛隊のイラクからの撤退を求める申し入れ

航空自衛隊小牧基地  上田益三  基地司令様

 私たちの申し入れも6月以来これで7回目となりました。毎回受け取ってくだ
さって感謝しております。 8月30日付で新田原基地に異動された前任の基地
司令溝口一佐が、私たちの申し入れ書に目を通してくださっていたという確信が
、私たちの申し入れ行動の支えとなっております。溝口元基地司令が残された次
の言葉を、皆様はどのように受け取られていらっしゃるでしょうか。「平和時に
おける活動が海外派遣の大原則であり、アメリカが勝手に始めた戦争に日本はど
こまで付き合うのか。」
 この問いは今でも価値を失っていないどころか、12月21日のモスルの米軍
基地が真っ昼間に攻撃され、米兵に多くの死者を出してしまったイラク情勢の現
実を考えるとき、今こそこの問いに小泉首相は、そして、命令を受ける皆様はも
ちろん、私たち市民・県民も真剣に向き合わねばならないときに来ていると強く
感じております。この問いに目をそらしたら、何の変わりもない日常が毎日続い
ているという錯覚で、派遣を続けている側の慣れ、反対する側の慣れが生じるだ
けのことです。
 今が戦時であること、戦闘地域に派遣されていることを忘れることこそ、最も
危険な状態を生み出すもとであると考えます。けれども、現実にこの問いと直接
向き合い、慣れるどころか日々危険と向き合う緊張の中におられるのは皆様方で
あることを、誰よりも皆様が承知していらっしゃることでしょう。私たちが、毎
月この正門に立つのは、今が戦時であることを確認し、慣れを拒否する意思を貫
くためであることをご理解ください。取り返しのつかない事態となる前に撤退を
求める私たちの願いを、どうかご理解ください。

 12月16日、19日と第五次派遣隊の前期部隊の皆様がクウェートへ向かわ
れました。送る方も送られる方も、皆さん笑顔でした。笑顔で別れたほうが、そ
のときはいいです。テレビを見た人も笑顔を見てほっとしたかもしれません。け
れども、家族には無理をして笑みをつくらねばならない思いもあったことでしょ
う。そこに秘められた隊員の皆様の心中は、他人にはうかがい知れないものがあ
ると思います。まさに、イラクはアメリカの勝手で侵略され、占領中もイラクの
一般市民が大勢殺され続けています。それに対し反占領の抵抗が激しさを増して
いる国へ、皆様のC130輸送機が、アメリカ軍の支援のために派遣されていま
す。少なくとも、イラクの武装勢力はそう受け止めています。私たちもそう思っ
ています。派遣が開始された1月時点よりもさらに厳しい情勢となっているにも
かかわらず、笑顔で行かねばならない皆様の胸中を思うとき、それを指令した小
泉総理、政府・与党の無責任に激しい怒りを感じます。航空自衛隊のほうが、サ
マワとは違って安全であるとは絶対に言えません。C130が利用するタリル飛
行場がどうなっているか、私たちにすら伝わっています。
 ナジャフやファルージャなど大都市の治安維持、その名目による攻撃に米兵を
回すため兵員不足を補充できず、飛行場の警備が手薄となっていることを、防衛
庁は知っているはずです。防衛庁には、武装勢力のただ中にある飛行場を往復す
る任務を航空自衛隊員に押し付けているという自覚があるのでしょうか。隊員た
ちの命は誰が守るのでしょうか。笑顔で送り送られる方たちを見るにつけ、私た
ちの方が不安にかられます。現地の第五次派遣隊員に対し、「少しでも危険を感
じたら動くな、飛ばすな」と厳しく命令を発信してください。それができるのは
、上田司令しかおりません。

 12月22日付朝日新聞紙上に「陸海空自衛隊幹部座談会」という記事が載り
ました。幹部の方々がマスコミを通して、その考えを自由に述べることに反対は
しませんし、今何を考えておられるのかを知るいい機会であるとすら思います。
しかし、司会者の本田朝日新聞編集委員の質問が的を射ていないせいか、参加さ
れた方々からは軍事評論家の域を越えるような主張はありませんでした。幹部の
方々は評論家とは全く異なり、部下の命を預かっている立場にあるにもかかわら
ず、同僚や部下たちの悪戦苦闘を代弁するような言葉を見つけることはできませ
んでした。第五次派遣隊こそ最も厳しい情勢の中へ放り込まれ、前線に立つ下級
隊員たちがそのしわ寄せをすべて背負わねばならないことを、政府や国民に対し
、あの場を絶好の機会として主張すべきではなかったかと考えます。幹部の方々
が政府や防衛庁を代弁するような余裕が許されるのは平時のときだけです。ロケ
ット弾が何発も撃ち込まれる戦地へ部下を送っている今、「部下を一人も犬死さ
せることなく、どう撤退するか」という考えを貫いてこそ、部下の命を守る責務
を果たすことになるのではないでしょうか。

 しつこく何度でも申し上げます。命は一つしかありません。一人一人の命と引
き換えに出来るものはないのです。皆様の命をもてあそぶ権利は、誰にもありま
せん。取り返しのつかない事態となる前に、何度でも申し入れいたします。

一 イラク派遣は雑則任務であり本務ではありません。あくまで隊員個々の安全
、生命を最優先させることを周知徹底してください。

一 イラクの現実をしっかりと見極め、政府に対し即時撤退の意見具申をしてく
ださい。

一 幹部の声だけではなく、下部隊員の声の発信の自由を保証してください。

よろしくお願い致します。

以 上

2004年12月25日

                 有事法制反対ピースアクション
               名古屋市昭和区白金1−13−10
               TEL     052−881−3573

http://www.jca.apc.org/~husen/041225asofr.htm
http://www.jca.apc.org/~husen/antiyuzi2.htm
http://www.asyura2.com/0411/war65/msg/580.html >

更に保阪正康氏の2月号は過去の「特攻」を犬死か賛美するかの二元論でなく、
http://kodansha.cplaza.ne.jp/mgendai/
遺書を解釈しています。遺書の内容を検討すると、天皇陛下に対してこんな愚
かな作戦を強いるのは止めてくれ、それに気づいてくれ!米国本土に突っ込む
ならまだしも本土でない標的に向かわせる狂気を強いる軍事指導者、軍事シス
テム、美談と持ち上げる報道、それを(しぶしぶでも)支える国民への怒りに
満ちているといった解釈をしていました。したがって、過去の特攻を賛美して
いる現代の人々に対して冒涜、読解力のない人達だと糾弾しています。その上
で、誤りを繰り返さないためには過去の「特攻」への責任の所在を裁判で明ら
かにする必要があり、その提訴側の適役は「特攻」遺族だと結論していました
(★ウロ覚え)。

とおあれ、自衛隊を讃えるだけの小泉政権奴隷より16日の愛知県の<◆〜イラ
ク派兵反対〜 行くな守山自衛隊!もどれ小牧自衛隊!1・16守山基地ピー
http://www.jca.apc.org/~husen/antiyuzi2.htm
スアクション>の人々こそ皮肉にも自衛隊員からも喜ばれている可能性があり
ます。

★抵抗勢力:撤退しなければ非通常兵器使用と日本軍に最終警告[MLアラブの声] 
http://www.asyura2.com/0411/war65/msg/1093.html

また、前号から続いて震災関連の情報を探した所、復興住宅、やまぬ孤独死 
http://www.melonpan.net/letter/backnumber.php?back_rid=339305
発見まで1年8カ月 [朝日新聞]や、阪神大震災 被災者自立支援金支給「対象
http://www.asahi.com/national/update/0114/008.html
外」の9人、差別不当と提訴/兵庫[毎日新聞]の記事がありました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/archive/news/
2005/01/15/20050115ddlk28040640000c.html
早川和男氏は率直に真っ当な発言をしてしまうが故に、最近の新聞記事で発見
http://www.mita.cc.keio.ac.jp/econ/gendaishiso/transcript/011130.htm 
できませんでしたが、16日に「阪神・淡路大震災、 23号台風被害新潟県中越地
震、被災者支援市民検証の集い」をするとわかりました(この集いの中身が報
道されるか否かに注目していますが・・・)。以下転載

<[公的援助法]実現ネットワーク被災者支援センター

 阪神・淡路大震災から10年、その後も各地での地震、台風、豪雨災害、竜巻
、火山噴火災害等々、多発しています。住居を失い、生業を失い、生存の基盤
が壊滅状態に陥ったとき、被災者が生活再建することがいかに困難なものであ
るか、私たちは身をもって感じてきました。ところが被災地がふたたび活気を
取り戻すために国が支援を行うという考えはいまだこの国に根づいていません。
 本年、発生した新潟県中越地震で全村避難の山古志村の村長、台風23号被害
の出石町長を迎えて、その窮状と課題を明らかにし、被災体験を分かち合い、
被災者がいきいきと意欲をもって暮し、被災地が活力を得るためには、その出
発点に国の支援拡充が必要であり、この国で暮す各分野の人々の理解と連帯を
欠くことができないことをアッピールしたいと考えております。

(1)日時 2005年1月16日(日) 午後1時〜4時30分
(2)場所 ピフレホール(定員400人)JR「新長田駅」南前)
         神戸市長田区若松町4-2-15 TEL078-621-1120
(3)プログラム
【part?】うた・演奏
?午後1時〜1時30分 うた 岡本光彰
?午後1時30分〜2時 演奏 パーカッショングループ「散打」(San-Ta)
【part?】被災地から怒りの発信
?午後2時10分〜2時40分 
     講演 小田 実(作家、市民=議員立法実現推進本部代表)
?午後2時40分〜4時30分 シンポジュウム
コーディネーター 早川 和男(日本居住福祉学会会長、神戸大学名誉教授)
発言者 長島 忠美(新潟県山古志村村長)
    奥村 忠俊(兵庫県出石町町長)
    石井 弘利(鷹取商店街振興組合理事長)
    加賀 幸夫(森南町・本山中町まちづくり協議会元会長)
    中島 絢子(「公的援助法」実現ネットワーク被災者支援センター代表)
(4)主催  震災10年市民検証委員会  山古志村復興対策室神戸分室
   後援  アフガニスタン大使館
       イラン・イスラム共和国大使館
(5)連絡先 TEL・FAX 078-366-0140 

http://www6.ocn.ne.jp/~kouteki/newpage-05.1.16tudoi
http://www6.ocn.ne.jp/~kouteki/index.html >

★『居住福祉』(早川和男/岩波新書)[行政ミッドナイト・ホームレス・ブルー]
http://blog.livedoor.jp/kenjiro45/archives/cat_518153.html
★2001年1月27日号 日本居住福祉学会設立
会長の長崎総合科学大学教授の早川和夫さんにお話を伺った
↓URLから音声ファイル
http://www.jnradio.net/column/column_tr2001.html  
───────────────────────────────────
最近読み出したブログなど
ストップ浜岡原発 東海地震が起きる前に! 
http://www.stop-hamaoka.com/
RFIDの国際標準化とペンタゴン・ウォルマート連合[京都大学教授本山美彦氏]
http://www.asyura2.com/0411/hasan38/msg/413.html
国際経済ウォッチング [本山美彦氏]
http://www3.ocn.ne.jp/~iewri/watching/back.html
尊厳死:与党、容認に向け法整備着手へ [毎日新聞]
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/
20050110k0000m010099000c.html
「生命・倫理・学」を考える――「自己決定権」という原理をめぐって 
小松 美彦 [生命倫理21]
http://www.bioethics21.org/document/020922_komatsu.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●CNNで世界を追う●
最新のCNNニュース英語を用いつつ、世界の動きを
追いかけます。また、関連知識もフォローしていきます。
英語や時事に関心のある方は是非ご購読を(外交版と補完機能を持ちます)。
http://www.mag2.com/m/0000098815.htm
http://www.melonpan.net/mag.php?003413
http://www.melma.com/mag/04/m00048504/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●21世紀の外交を追う●
日本初の外交メルマガ!激動の21世紀を外交の側面から追います。
英語の名言で英語力もアップ。テレビ・新聞に不満な方は是非ご登録
下さい。1回読み切りですので、何時から登録しても安心です。
http://www.melonpan.net/mag.php?003472
http://www.mag2.com/m/0000098528.htm
http://www.melma.com/mag/62/m00075262/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想・ご意見は re でできます(時短のため匿名無断掲載有) 
メルマガ相互紹介も募集しております(お引受けできない場合有)
http://takg619.hp.infoseek.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。