国際

CNNで世界を追う

最新のCNN英語を使いつつ、世界の情勢を追いかけます。加えて、ニュースに関する知識もフォローしていきます。英語と時事に関心のある方は是非ご購読を。

全て表示する >

CNNで世界を追う 127号

2003/12/30

●発行者お願い及びお知らせ●
弊メルマガ・サイトを知り合いの方々にお薦め頂けますと励みになります。
http://takg619.hp.infoseek.co.jp (必読コーナー有)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「CNNで世界を追う」 127号  5280部(5サイト)
CNNには絶望したのでThe Meatrixの文を部分転載全文はURLでご覧下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The Meatrix
http://www.themeatrix.com/action/The_Meatrix_script.pdf
ミートリックス
 
Animals are packed as closely together as possible. 
Most never see sunlight, touch ground or get fresh air. Many can’t 
even turn around.These cruel conditions cause fights and disease 
amongst the animals. To fix this, the corporate machine began
systematic mutilation, practices such as debeaking chickens,
and they started adding a constant dosage of antibiotics to their feed, 
just to keep these poor wretches alive.This overuse of antibiotics 
breed super strains of resistant disease-causing germs,every day we get 
closer to an epidemic that can’t be stopped.

動物たちは可能な限りギュウギュウ詰めにされる。ほとんどが一度も日の光を
見ることも、地面に触れたり新鮮な空気を吸うこともない。体の向きを変える
ことさえかなわないのだ。このような残酷な状況は、動物同士のケンカや病気
の原因になる。それを抑えるために企業マシーンは、ニワトリのくちばしを切
除するなど、計画的な切断行為を始めた。さらに、その哀れな生き物を生かし
ておくだけのために、エサに一定量の抗生物質を加えはじめた。そして、これ
をやりすぎたせいで、強力な耐性病原菌の系統を生み出し、日々われわれは、
止めることのできない伝染病の蔓延状態に向かっていっているのだ。
http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~hirakawa/meatrix/
turn around(ぐるりと向きを変える、意見を変える)
cruel(酷い、残酷な)
mutilation(切断)
debeak(くちばしを切除する)beak(くちばし)
antibiotics(抗生物質)
wretch(惨めな人、物)
germs(細菌)
epidemic(伝染病)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
説明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ミートリックスは君の周りすべてを包囲しているのだ、リオ。それは肉や動
物製品がどこからやってくるかを示す我々の物語なのだ。真実を知りたくば赤
いカプセルを飲め。」― 映画Matrixをパロって、利益最優先の工業的畜産が
持続可能な小規模農家を食いつぶし、動物と人の健康、環境を破壊していく様
を描いたクールで痛快なFlashムービーの日本語版スクリプト」がミートリック
ス日本語版の紹介文です。面白いので興味のある方はご覧下さい。ところで、
24日日本ハムが98年から国内未承認ワクチンを投与された豚が市場に流れてい
ると投与が発覚しましたが、米国牛海綿状脳症(BSE)感染牛の問題はもっ
と根が深いようです。にも関わらず、米国政府の御用機関CNNは「全米8州とグ
アム島」に流通地域を限定した上で、「脊髄がある部分は(流通した食肉に)
含まれていない。消費者への危険は限りなく低いと考えている」「消費者への
危険は『実質的にゼロだ』と強調している」と垂れ流し、海外の反応を過剰で
あると牽制している模様です。深刻さの理解には姉妹紙で転載させて頂いた
「asyura米国の狂牛病検査はまったくのデタラメという証拠」をご参照下さい。
http://www.asyura2.com/0311/lunchbreak2/msg/321.html

米国発狂牛病3:米国の狂牛病検査はまったくのデタラメという証拠
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/211.html

要約です。(詳しくは、米国発狂牛病1、2を。下記にリンクあり)

米国では、毎年1000〜2000頭くらいしか狂牛病検査をしていません。
ダウナー牛はほとんど試験していません。
(ダウナー牛とは http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/178.html
免疫組織化学的検査はまともにやっていません。
米国食品医薬品局は、米国型狂牛病の可能性を認めません。
検査にあたる獣医や病理学者は、英国型の狂牛病だけを探しています。
米国型の狂牛病は、英国型の狂牛病と所見がまったく違います。

従って、米国型狂牛病は、野放しで蔓延しています。

文中でダウナー牛は毎年10万頭と書かれています。
これは1992年のマーシュ論文の数値です。
野放しでダウナー牛の死体を飼料として使ってきた結果、現在では毎年数十万
頭とされています。

補足: 今回英国型の狂牛病がダウナー牛から見つかりました。
これは以上のずさんな検査にたまたまひっかかったということにすぎません。

また、現在の、そして今後のマスメディアの報道をよくごらん下さい。
いかにマスメディアが信用できないものであるか、よくわかることでしょう。

----------------------------------------------------------------
狂牛病関連情報
----------------------------------------------------------------
狂牛病「危険部位」は飼料レンダリング工場へ(再処理されてえさになる!!)
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/182.html
・リサイクルされた肉骨粉は養鶏や養豚用の飼料に含まれるタンパク質その他
の栄養素の原料。最後には人間がこれらをまた食べることになる生き物たちに
与えられている。

10年前に発覚していた米国狂牛病(日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/201.html

カナダとアメリカは、BSE運命共同体 笹山登生の掲示板 日時 2003 年 5 月 25 日
http://www.asyura.com/0304/health4/msg/579.html

カナダのBSE発生に、アメリカが神経質になるわけ 日時 2003 年 5 月 22 日
http://www.asyura.com/0304/gm6/msg/112.html

★阿修羅♪狂牛病掲示板9
http://www.asyura2.com/0311/gm9/index.html

最近の狂牛病ニュース
http://www.geocities.jp/forelle2003/index_html/newmad.html
----------------------------------------------------------------
狂牛病関連の【映像・動画】
----------------------------------------------------------------
【映像】NHKスペシャル 2001年9月16日放送。
予定されていた再放送は、議員の圧力により無し。その後放送されず。
[狂牛病1] http://www.asyura2.com/bse/nhk/nhk_bse20010916-1-56k.asf
[狂牛病2] http://www.asyura2.com/bse/nhk/nhk_bse20010916-2-56k.asf
[狂牛病抜粋]http://www.asyura2.com/bse/nhk/nhk_bse20010916-mspamela-100k.asf

[ニクコップンで狂牛病!!!【映像倉庫】の跡地 の勝手ミラー] 
http://www.asyura2.com/bse/
----------------------------------------------------------------
狂牛病関連:高度な資料 日本語訳
----------------------------------------------------------------
米国発狂牛病1:米国では変種狂牛病が野放しで蔓延中だ:本編です 
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/209.html

米国発狂牛病2:米国発狂牛病は英国狂牛病と違い「ダウナー牛」となる証拠 
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/210.html
部分転載終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他必読系
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イランのバム氏(写真・解説文)
http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi0312/hibi0312-29.htm
浜岡原発 地震の前に止める、今が正念場[浜岡町原発問題を考える会 
伊藤 実]【神戸大震災がきっかけ】
http://www.asyura2.com/0311/jisin10/msg/303.html
最後のオチは「陰謀論」だった『お金(マネー)の歴史全書』−「ただごく少
数の人だけが実際にどのように仕事をすればよいかを知っている」−
http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/1188.html
大詰めを迎えた日朝交渉−平沢代議士らと北朝鮮政府高官の接触劇を読む−
http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/1174.html
拉致を承知の上での「ピョンヤン宣言」署名が出発点
http://www.asyura2.com/0311/war45/msg/601.html
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より
http://www.asyura2.com/0311/bd32/msg/630.html
消費者金融と警察 宮崎学
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1241.html
元野村證券田淵節也氏→笹川平和財団会長(海軍系、総会屋復帰)
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1242.html
「天木氏とは会うな」 日本大使館がレバノン政府に圧力 
「民間外交」に横やり[日刊ベリタ]
http://www.asyura2.com/0311/bd32/msg/607.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
姉妹メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●CNNで世界を追う last year version●
「CNNで世界を追う」と併読されますと、世界の変化が一目瞭然です。
http://www.melma.com/mag/05/m00075605/
http://www.mag2.com/m/0000099632.htm 

●21世紀の外交を追う●
日本初の外交メルマガ!激動の21世紀を外交の側面から追います。
英語の名言で英語力もアップ。テレビ・新聞に不満な方は是非ご登録
下さい。1回読み切りですので、何時から登録しても安心です。
http://www.melonpan.net/mag.php?003472
http://www.mag2.com/m/0000098528.htm
http://www.melma.com/mag/62/m00075262/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想・ご意見は re でできます(時短のため匿名無断掲載有) 
メルマガ相互紹介も募集しております(お引受けできない場合有)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-09-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。