トップ > マネー・政治・経済 > 税金 > 週刊節税教室

週刊節税教室

RSS

身近な節税の方法およびその内容を生徒の質問、先生の回答という形でやさしく誰でも分かるように解説します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2016-09-27
発行部数:
4000
総発行部数:
1168012
創刊日:
2001-09-28
発行周期:
週刊
Score!:
78点

最新のコメント

  1. 災害や廃業など特殊な事情がなくても納税猶予の申請はできるのでしょうか?国税通則法何条?

     2012/7/18 このコメントがついた記事>>

  2. 所得の分散は節税になりますが、専業主婦が賃貸業をした場合、一つ屋根の下に事業主が二人できます。夫婦では節税になるかもしれないけど、個々に確定申告が必要になり、アスファルト敷き駐車場では借り主によっては課税対象になり、消費税も納めることに。規模によっては、所得税も多分、ゆくゆくは納めることになると思います。

     2010/3/31 このコメントがついた記事>>

  3. つまらない。

     2009/3/28 このコメントがついた記事>>

  4. 確かに税制の盲点でした。大変参考になりました。

     2008/6/27 このコメントがついた記事>>

  5. 贈与分300万円に係る基礎控除110万円は?

     2008/4/17 このコメントがついた記事>>

  6. 贈与税の基礎控除110万円を引けるのではないでしょうか?

     2008/4/17 このコメントがついた記事>>

  7. いつも役に立つ情報をありがとうございます。

    個人事業申告をしている人たちにとって、おそらく地方税・都民税の改定後の追徴金の納付書が来た人は私だけではないと思われます。

    税金は払って当たり前、あがるのは既に告知していたはず!とは言えども、あまりに酷い値上がりにぐぅの寝も出ません。

    住民税を減らすには、確定申告または青色申告時に収入金額を増やす努力をしなくてはならないのは重々承知していますが、この納得のいかない値上がり方(つまり終了した申告)に何か対処できるような方法はあるのでしょうか?

     2007/7/23 このコメントがついた記事>>

  8. いつも楽しく有意義に拝見しております。発生主義会計ですが、期中は総て現金主義で処理しておいて、決算時に既発生・未計上分をまとめて記帳する、と言う処理でも税務署は発生主義による処理と認めますでしょうか。
    ご主旨に外れるとは思いましたがこの場をお借りしました。

     2007/7/16 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 税務お役立ち情報 UP! Lite 

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    711人

    国税庁記者クラブ加盟社のニュース全文配信サービスです。税務・会計に精通した本誌常駐記者が国税庁や国税局、企業、実務家などを取材。実務に役立つオリジナルニュースを毎週2回リアルタイムでお届けします。

  2. 週刊税務調査日記

    最終発行日:
    2016/12/07
    読者数:
    1432人

    税務調査を知れば税務調査なんて怖くありません。税務調査で問題となった節税法や税金の解説をしながら調査の実態をちょっと面白おかしく紹介いたします。まだ調査経験のないSOHOの方にもきっと役に立ちます。

  3. 超簡単!税情報 初心者のための税のいろは

    最終発行日:
    2016/11/15
    読者数:
    655人

    独立開業にあたってこれだけは知っておきたい税金の知識、確定申告、節税法などを長年培ったノウハウを用いてわかりやすく解説。青色申告会唯一の公式メルマガです。サラリーマン・自営業者・起業家等向け。

  4. 週刊 なるほど!消費税

    最終発行日:
    2016/11/13
    読者数:
    3009人

    消費税をきちんと理解していれば、納税義務が出ても慌てる事はありません。このメルマガでは消費税の仕組みから「この取引は課税?非課税?」といった実務的な内容まで、わかりやすく解説していきます。

  5. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2016/12/10
    読者数:
    3290人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

過去の発行記事